カテゴリ:ローマの日常( 591 )

c0206352_05155747.jpg
木曜日はズンバ♪
ずっとお休みしていたので、本当に久しぶりのレッスンでした。
汗びっしょりになって、気持ちいい~♪
やっぱり、体を動かすことは大切ですね。

10月8日のローマ日本人学校のバザーでの発表会を控えて、出演の皆さま方は、気合いが入っています。
今日は、普通にズンバのレッスンをしたあとで、発表会出演者だけは、30分延長の特訓。
私は皆さまの頑張りぶりを見学していました。
熟女たちの勇姿、格好いいですよ~
10月8日、ローマ日本人学校のバザーにいらっしゃる方は、楽しみにしていて下さいね。
黄色い声援もよろしくね♪
私は出ません、念のため。
残念だけど、お仕事が佳境に入っているため、練習にも参加できませんしね。
たぶん、応援には行けると思いますが・・・。







c0206352_05280379.jpg
ズンバのあとは、時間のある人だけでランチ♪
前から気になっていたけど、まだ行ったことのないレストランに行きました。
他の皆さまは、すでに何回か行ったもよう・・・
なかなか雰囲気の良いところです。








c0206352_05294602.jpg
最近は、どこのレストランも、その近辺で仕事をする人たちを狙って、お手頃価格のビュッフェ・ランチを提供するところが増えていますね。
もちろん、アラカルトメニューもありますけど。
ここは、面白いことに、曜日によってビュッフェのお値段が変わるのです。
今日は木曜日なので、8ユーロ。
ただし、飲み物代は含まれません。
たとえば、火曜日と金曜日は、イタリアではお魚を食べる日なので、魚料理を中心にするため、ビュッフェは12ユーロになります。
お魚メニュー、どんなものなのか気になります~

お店が混むのは13時半以降かな。
休み時間に入ったビジネスマンたちが次々にやってきて、チャッチャッ~と食べて出て行きます。







c0206352_05365486.jpg
今日のランチは3人で♪
お代わりも何度だってできますが、今日は1皿だけにしましたよ~
ただ今、絶賛ダイエット中~
って、そのわりには、食べまくってばかりいる印象の私かな?

しかし、いくらビュッフェが8ユーロというお手頃価格でも、ワインやミネラルウォーター、食後のコーヒーを頼むと、その倍以上の金額になってしまいますね。
でも、今日は(今日も、というべきか?)、ワインが飲みたかった♪
飲める口のメンバーもいたし♪

久しぶりにズンバのメンバーたちに会って、汗を流して、おいしいものを食べて、ワインを飲んで、お喋りをして、楽しかったで~す♪
明日から、お仕事優先の毎日になるので、気分転換ができて良かった♪

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

ただ今、カラヴァッジョの翻訳本を刊行準備中ですが、私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)もよろしくね♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-09-15 05:54 | ローマの日常
c0206352_05052246.jpg
日曜日のローマは大雨でした。
とにかく外に出られないような雨。
ひどい雨でした。
窓が汚くなってしまうので、雨戸も閉めたままにして過ごしましたが、午後から雨が上がりました。
こんな日は何もできないので、せめて日本食品を買いに行こうと、夫とカヴール通りまで行きました。







c0206352_05093294.jpg
カヴール通りのコリアン・マーケット。
ここ、高いんですけどね・・
車でチャチャッと行けるし、ゆめにしき(お米)や納豆(冷凍)が売っているので、ここに来ます。
でも、ローマ在住の日本人には10%引きにしてくれるので、ありがたいです。
お友だちが日本食品も販売していたスーパーマーケットを経営していた時は、彼女のところに行っていたけど、スーパー、売却しちゃったから。






c0206352_05165112.jpg
ゆめにしき♪
お米はゆめにしきが一番おいしい♪
でも、どこにでも売っていないのです~
わりかし、どこにでも売っている「あきたこまち」や「お米さん」はおいしくない!






c0206352_05181630.jpg
おしょうゆも切れていたので買いましたが、11ユーロは高すぎですね・・
11ユーロは、今の換算レートで1430円。
日本だと300円くらいでしょうか?
ヴィットリオ広場のチャイニーズのお店に行ったら、おそらく8ユーロ程度で買えると思いますが、お店をいろいろ回るのはとても面倒なので、少々高めでもここで買います。





c0206352_05222599.jpg
一番買いたかった納豆です♪
左の見慣れないメーカーの納豆が4個パック3.9ユーロで一番安い!
とはいえ、1つ130円という計算になりますが、わたくしは納豆が大好きなので、130円で1回納豆が食べられるのなら、許せるお値段です。
味を比べるために3種類全部買ってみました。
健康のために、1日1納豆を目標にしているわたくしです(笑)。






c0206352_05291209.jpg
あとは、ついでに、もやしやスライスれんこん(冷凍)などを。
もやしは安いです。
1袋1.5ユーロなので、195円くらい。
もちろん、日本に比べたら高いですけどね。
日本だと、時々安売りで10円なんてこともありますが、普通は50円くらいでしょうか?
それとも100円くらいするのかしら?
よく覚えていませんが・・・
ちなみに、もやしは、ごく普通のイタリアのスーパーにも売っています。
こんなにきれいなもやしではありませんが。

普段は意識することはないのですが、改めて考えてみると、海外の日本人は大変ですね。
割高なものばかり買うことになってしまいます。
まぁ、でも、大抵の日本食品は、一時帰国の時に大量に持ってくる人が多いと思います。
わたくしもそうです。
でも、お米とおしょうゆと納豆だけはね~

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

ただ今、カラヴァッジョの翻訳本を刊行準備中ですが、私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)もよろしくね♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-09-11 06:30 | ローマの日常

何やってんだか・・・

c0206352_05512857.png
ポケモンGOを始めてしまいました~
まったく、何やってんだか・・・
こんなことに時間を費やしている場合ではないのに・・

でも、息子がポケモン世代だったので、わたくしも大変な愛着を持っているキャラクターたちなんです。
ピカチュウも好きだけど、ミュウが一番好き♪
しかし、ピカチュウとミュウはレアーなの?
そんなわけないと思うけど、今日1日で36匹(同じ種類も含めて)捕まえたけど、いないのよね、この2匹!





c0206352_05575256.png
近くにいるポケモンを検索したら、コロンナ・ロマーナ(ウチのそばの古代ローマ時代の円柱のある広場)にわたくしがまだ捕まえていないポケモンが隠れていると出てる・・・
行きましたとも!
夜の10時過ぎてたけど。
大抵、行く途中で1匹、帰りに1匹出てくるので、3匹ゲットできるな~






c0206352_06033574.png
コロンナ・ロマーナに向かっていたらホーホーが出現。
ゲット~~!





c0206352_06020019.png
コロンナ・ロマーナに隠れていたのは、カイロスでした。
この画面ではまだ表示されていないけど、CPは342!
けっこう手ごわかったので、ポケモンボールを6つも使っちゃった・・・(大汗)




c0206352_06100224.png
なんとかカイロスを捕獲して家に向かっていたら、ニドランが出現。
ゲット♪
明日は、ピカチュウとミュウに会いたい♪

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

ただ今、カラヴァッジョの翻訳本を刊行準備中ですが、私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)もよろしくね♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-09-08 08:01 | ローマの日常

円安、嬉しい♪

c0206352_05032258.jpg
共和国広場~♪
爽やかな9月の空~♪
ようやくローマの日常も正常化に近づいてきました。
お店はすべて開きました~
でも、学校はまだ始まっていないので、本当の意味でカオスなローマの日常はまだまだです(苦笑)。

ローマの場合、9月15日に新学期が始まるようです。
本当に長い夏休み!
6月初旬からですから、まるまる3か月以上です。
前の年に習ったことなんて全部忘れているのでは!?
それほど宿題が多いわけではありませんし。
息子が子どもの頃、学校のママ友は、先生に宿題を出さないでくれとお願いしていました。
理由は、せっかくの夏休みなのに子どもが可哀相だから。
というわけで、日本風の「夏休みの友」のような宿題もあるにはあったのですが、強制ではありませんでした(汗)。
つまり、するのは自由で提出の義務もなし。
我が家の場合は、もちろんきちんとやらせましたし、日本語の宿題もありましたし、日本で体験学習をしていましたから、そんなに頭はボケなかったと思いますけど(笑)。





c0206352_05051922.jpg
さてさて、今日は、共和国広場の近くにある行きつけの両替屋さんに行ってきました。
わたくしにとっては嬉しいことに、最近、日本円が安くなっているではないですか!
1ユーロ130円超えましたよ~
日本からイタリアへ旅行する方にとっては嬉しくないことでしょうが、ユーロ主体で暮らしている在イタリア日本人にとっては嬉しいことです。

わたくしが一時帰国するのはまだ先ですが、この機会に円を買っておこうと思いました。
これからもっと円安になるかもしれないけど、今のレートでも十分ありがたいのです。
いざ買おうと思って円がなかなか見つからないこともありますしね。

ここの両替屋さんは、手数料無料で、当日の正規レートで交換してくれるのでとってもお得なのです。
なかなか正規レートで交換してくれるところはありません。
たぶん、ここがローマで一番レートが良いところです。
銀行よりもレートが良くて、面倒なことも一切ありません。

ただし、一般的に両替屋さんのレートは悪いということをイタリアを訪れる方は覚えておいて下さいね。
わたくしの行く両替屋さんだけが例外なんです(バルベリーニ広場にもお得なところが1つありますけど)。
観光客の皆さまは、日本で換えてくるのが一番良いですが、どうしてもイタリアで換えなければいけなくなった場合は、銀行に行くのが一番良いと思います。
今はクレジットカードで何でも済ませる人が多いけど、やはり多少の現金も必要ですからね。

というわけで、朝、両替屋さんに電話をして円があるかどうかを聞いたら、あるとのことだったので、ある分全部(そんなにすごい額ではありません)予約しました。
そして、ただちに向かったというわけです。
何しろ、電話予約してすぐに行かないと、銀行に売ってしまうのです。
この両替屋さんも謎が多いです・・
両替で観光客から買った外貨をすぐに銀行に売ってしまうのですが、おそらく銀行だけではなく、黒いお金をマネーロンダリングする人にも売っていることでしょう(なぁんてね)。

とりあえず、日本円をある程度用意したので安心。
何事も、早め早めに準備をしていくわたくしなので、するべきことのリストの一つがクリアーです♪

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

ただ今、カラヴァッジョの翻訳本を刊行準備中ですが、私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)もよろしくね♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-09-05 05:53 | ローマの日常
c0206352_05133832.jpg
変わり身の早いローマの気候♪(笑)
8月の暑さはいったいどこへ・・・

徐々に涼しくなるのではなくて、いきなり、もう本当にいきなり、涼しくなりました。
朝晩はとても涼しくて、寒いくらいです。
日中の日差しもこれまでのものではありません。
完全に空気が変わりました。

雨はちょこちょこ降るようになりましたが、比較的良いお天気です。

例年、9月に入った途端、こんな風にお天気が変化するのが普通ですが、今年の夏は猛暑だったため、そう簡単には涼しくならないのでは?と懸念していたのです。
でも、杞憂に終わりました。
快適~♪

気候は、人の気分を左右しますね。
なんだか、何とはなしに、やる気十分という気分になってきました。
あれもしたい、これもしたいと・・
いえ、ただ単に、様々な用事を片付けるだけですけど。
身体が軽くなったような感じです。

やっぱり、9月、10月がローマを訪れるベストシーズンだなぁ・・

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

ただ今、カラヴァッジョの翻訳本を刊行準備中ですが、私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)もよろしくね♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-09-04 09:13 | ローマの日常
c0206352_02294337.jpg
近所のメルカート(公設市場)♪
9月1日だというのに、メルカートはまだ空っぽ状態・・・
お魚やさん(通常でも、キリスト教国であるがゆえに、お魚を食べる日の火曜日と金曜日にしか営業していません)も、閉まったままでした。

わたくしはあまりメルカートではお買いものをしないのですが、今日は、ここに来るしかなかったのです。
何しろ、近所の小売店がお肉屋さん以外はいまだにヴァカンス休業中で、実に重宝していたスーパーのカルフール(小規模店)が、オープンして1年も経たないのに、火事でクローズしたままになっています。
この火事が起こった時、わたくしはマルタ島にいましたが、不審なにおいがプンプンします。
カッモーラ(ローマのマフィア)に場所代(ピッツォと呼ばれる商店からの巻き上げ金)を払っていなかったのでは?という憶測もあります。

土曜日にお客様が来ることになって、大したおもてなしはできないことは伝えたものの、買い出しには行かなければなりません。
ゆえに、メルカートに行ったのですが、この状態では欲しかったものが買えるはずもなく、メニューは大幅に変更となりそうです。
お魚も買えなかったし・・・
午後に夫と車でスーパーにも行きましたが、メニュー変更は決定です。

もう、普通に家で食べているものを作ります。
だいたい、イタリア人のおウチに呼ばれても、凄いお料理を作る人は少数派で、普通の、本当にごく普通のパスタとかが出てきますから、考えてみれば、わたくしも、そんなに頑張る必要なんてないのです。
あ、国際結婚組の日本人のお友だちのお料理はすごいですけどね~

それにしても、お店が開いてローマに日常が戻るのは、来週の月曜日からでしょうか!?

今日は、雨が少し降ったローマ♪
9月に入るとやはり秋っぽくなりますね。
もっともっと雨が降って涼しくなってほしいな~
いまだにエアコン使用中~

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

ただ今、カラヴァッジョの翻訳本を刊行準備中ですが、私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)もよろしくね♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-09-02 06:28 | ローマの日常
c0206352_06491407.jpg
息子が東京から帰省して、家族が久しぶりに揃いました。
私が息子に会うのは半年ぶりなので、そんなに懐かしい感じもありませんが、夫は1年ぶりなので嬉しそうです。

この時期は航空運賃が高いので、比較的お手頃価格だった大韓航空のチケットを買って、ソウル乗り換えでローマに戻ってきましたが、北朝鮮の挑発がエスカレートしていた時期だったので、夫は少し心配だったようです。
でも、ま、今の時代、いつどこで何が起こるかなんて誰にも分かりませんからね。
また今日、バルセロナでテロが起こってしまったし・・・

空港には夫が行きましたが、息子の高校時代の悪友たちも迎えに来てくれていたそうです。
ありがたいことですね~
遠く離れていても、変わらぬ友情♪

私は、しばらく、ちょっと大変な日々になりそうです。

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-08-18 07:18 | ローマの日常

バタバタばたばた♪

c0206352_06280581.jpg
写真は、お気に入りのマルタ島の写真♪
坂の多いヴァレッタの町からサンタンジェロ要塞が見える地点です♪
首都ヴァレッタとサンタンジェロ要塞のあるヴィットリオーサの町には本当に魅せられてしまって・・・
この写真を見ながら、つい1週間前のことを思い出しています。
って、思い出す暇もないか~~!(笑)

根をつめてお仕事モードに入っていたため、大きな部分はほぼ片付きましたが・・
それでも、まぁ、いろいろとありまして・・・
特に16世紀のローマ教皇庁の件で、自分自身で完全に納得いかない部分があったので(というより、ずっと悩んでいました)、急遽、この土壇場において(笑)、面識のあるイエズス会の学僧さまや知り合いの神父さまにメールを書いたり・・・
いや、でも、やっぱり、こういう時は、友人でもある日本のカラヴァッジョの第一人者の先生に相談したほうが早いかも・・と、またメールを書いて・・・

あまりに難しいことなので、正解はありません。
わたくしは、ただ、アドバイスが欲しかったのです。

そうしたら、友人のカラヴァッジョの第一人者の先生が、もう、本当にすぐに、5分後くらいにお返事を下さって、適格なアドバイスを下さいました♪
ありがたいことですね~
これだけで、本当に、心が晴れましたよ~
嬉しい~

さてさて、今日のわたくしは、お仕事だけでなく、バタバタばたばたと大忙しでした。
息子が明日(日本時間では今日)、東京から帰省するのです。
彼のお部屋をわたくしのいいように使っていたため、原状回復に必死でした(笑)。
よりによって、この時期に・・とは思いますけどね・・(苦笑)

そして、10月にお友だちと4人でナポリに行くので、イタロのチケットをオンラインで買いました。
こちらも楽しみ~
しかし、困ったのは、息子が帰省中にどこのレストランに行けばいいか!
今の時期、ヴァカンス休業で閉まっているお店が多いのです。
でというわけで、めぼしいレストランのHPを探してどこが営業しているかを検索しました。
こうして、いつのまにか夏も終わっていくんだろうな~

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-08-17 06:58 | ローマの日常
c0206352_22022932.jpg
ローマへの帰り道、高速道路のドライブインでお昼ごはんを食べるのがイヤだと言う夫。
それゆえ、高速を降りてトスカーナの海沿いの町チェチナにやってきました。
昔、子どもが4歳くらいの頃、ここに1か月ほど家を借りて過ごしたことがありました。

チェチナの海岸も広大で延々と続きます。
ここの部分はいわゆるスピアッジャ・リベラ(無料の海岸)。
無料の海岸というと語弊があるけど、ビーチパラソルとデッキチェアーを自分たちで持ってきて過ごせる場所です。
お金はかからないけど、面倒。
海岸の一区画の使用許可を持っている海の家的なところ(エレガントです)で、ビーチパラソルとデッキチェアーを滞在期間借りるほうが便利です。
場所にもよりますが、ビーチパラソルとデッキチェアー2つで、一日につき30ユーロから50ユーロが相場です。
トスカーナは結構高めかな。

ブログには書く暇がなかったけど、今回、久しぶりにイタリアの夏の海事情を見てきて、あらためて思ったこと。
いやはや、イタリア人の海にかける情熱、海へのこだわり、日焼け大好きぶりは凄いですね・・・
トスカーナといい、ローマのあるラッツィオ州といい、海沿いは、砂浜、岩礁を問わず、本当に大勢の人であふれていました。

こんなに海にこだわりがあるから、イタリア人は海にセカンドハウスを持つ人が多いのですね。
自分たちは持っていなくても、実家の海の家を一緒に使う人も多いですし。
ローマの人たちは、一般的にローマ近郊の海にセカンドハウス(アパートも含めて)を持っている人が多く、学校が終わると、とりあえず母子だけ海の家に行って、パパは週末通い、もしくは、可能であれば海から通勤する人もいます。
主婦にとっては、場所が変わるだけで、家事に追われてヴァカンスとは言えないような気がするので、わたくしは、どちらかというとホテル派ですが、それでも、息子が小さな頃(小学校に就学前)には海の家を借りていた時代がありました。






c0206352_22202929.jpg
なんだかんだ言って、子どもが中学生くらいまでは、夏休みは、日本への帰省の他、2週間から4週間はイタリアで海のバカンスを過ごしていました。
0歳と1歳の時は、涼しさを求めて、モンブランのイタリア側クルマイヨールで夏を過ごしましたが、そのあとは海かな・・
日本へ帰省のついでに、沖縄や宮崎で海のヴァカンスをしたこともありました♪
イタリアで海の場合は、トスカーナか南イタリアのチレント半島のずっと先に行くことが多かったかな。

ブログを始めたのが、息子が高校の最終学年の時からなので、過去の旅行やヴァカンス、子育てについて、ブログに何も記録が残ってないのが残念です。

イタリアでは、夏を海で過ごさなかった子どもは、その冬必ず風邪を引くと言われていて、日本人のわたくしには、迷信としか思えなかったのですが、小学校の時のイタリア人のママ友たちは、もちろん真剣に信じていました。

余談ですが、冬場に酷い風邪を引いている時には、あえて水泳教室(イタリアではスポーツはすべて個人的に習いに行かせなければ覚えることができません。どこの家庭でも、最初は水泳教室の習い事をさせるのが一般的です。でないと、一生泳げなくなりますから)を休ませずにプールに行かせると風邪が治るとも言われていました(笑)。
プールに入ることで鼻水がよけいにずるずるして鼻水を全部放出してしまうからだとか何とか、訳の分からないことを親しいママ友(インテリな方だったんですけどね、笑)が本気で言っていました(苦笑)。





c0206352_22383432.jpg
というわけで、海辺でサラダ・ランチ♪

ローマに戻ったら、たくさんのローマっ子がヴァカンスに発ったらしく、街の中がガラガラになっていました。

さぁ、わたくしも、マルタ島への出発準備で~す。

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-08-01 06:09 | ローマの日常
c0206352_23052161.jpg
雨がまったく降らないイタリア・・・
こんなに雨が降らないのは、およそ200年ぶりのことなのだとか・・
大げさな気もしますけど。
でも、たぶん半年くらい、まともな雨は降っていないんじゃないかな。

先週、ついに、ローマの水道の供給源の一つ、ブラッチャーノ湖もいよいよ水位レベルが限界に達したため、ラッツィオ州がついにブラッチャーノ湖からの水の供給停止命令を出しました。

いつものごとく、州と水道供給会社とローマ市がもめています。
もう慣れっこ!

水不足なのは、雨が降らないことだけが原因ではないとか・・
まず、水道管のインフラ整備が相当古くて壊れている個所が多々あるそうで、水が流れてくる過程で大量の水を失ってしまうため、それも、水不足の要因の一つ。
そういえば、ローマの街には、雨も降っていないのに道路の水漏れがすごく多いのでした。
さらに、ローマには常に流れ出ているフォンタネッラ(小さな泉)と呼ばれる水飲み場が至る所にあって、それも水の無駄遣いで水不足の原因なのだとか。
確かに、ウチのアパートの廻りだけでも6カ所、常に流れ出ているフォンタネッラがあります。
誰も水なんて飲んでないし、ときどき犬に水を飲ませているのを見かけるだけ。
確かに無駄遣いだな・・

ともかく、事態は相当深刻らしく、7月28日から、ローマの150万世帯において給水制限を実施すると言っています。
一日のうち、8時間は水道が出なくなるのだとか・・

情報を集めようと思ったものの、さすがイタリア!いまだに詳細が分かりません。
本当に実施されるのか、どこの地区での実施なのか、8時間水が出ないというのはどの時間帯なのか・・
今日はもう24日だというのに・・
いつもギリギリで生きてるイタリアですから、ギリギリの27日に発表するのでしょう。
もう慣れっこなので、ため息も出ませんよ。

今のところ分かっているのは、全世帯ではなく一部の地区ということで、給水制限の可能性が高いのは、丘の上にあるモンテ・マリオ地区とパリオリ地区なのだとか・・
でも150万世帯なら、その2つの地区だけでは済まないと思いますが。
相変わらず、トホホなイタリア。
永遠の都と呼ばれ、多くの観光客をひきつけてやまないローマだけど、ここでのサバイバルは本当に大変!

(追記です)
7月24日の夜のニュースの時点では、なんとかローマの給水制限を回避しようと、ラッツィオ州と水道供給会社とローマ市当局で話し合いが続いています。
ラッツィオ州側は、ブラッチャーノ湖からの水の供給は、ローマ全体のわずか8%に過ぎないので、給水制限だなんて大げさな!
もっと他の対策を練ることができるはずだと言ってます。

なんとなくですが、回避できるのではないでしょうか?
もし、給水制限が回避されない場合は、7月28日より、ローマの全地区で順番に1日8時間、水が使えなくなるようです。
でもねぇ、いつも騒ぐだけ騒いで大騒ぎをして、ギリギリで本当にギリギリのところで生きているイタリアなので、大丈夫なんじゃないかなぁ?

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪



by mayumi-roma | 2017-07-24 23:26 | ローマの日常

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma