カテゴリ:ローマの日常( 575 )

c0206352_06491407.jpg
息子が東京から帰省して、家族が久しぶりに揃いました。
私が息子に会うのは半年ぶりなので、そんなに懐かしい感じもありませんが、夫は1年ぶりなので嬉しそうです。

この時期は航空運賃が高いので、比較的お手頃価格だった大韓航空のチケットを買って、ソウル乗り換えでローマに戻ってきましたが、北朝鮮の挑発がエスカレートしていた時期だったので、夫は少し心配だったようです。
でも、ま、今の時代、いつどこで何が起こるかなんて誰にも分かりませんからね。
また今日、バルセロナでテロが起こってしまったし・・・

空港には夫が行きましたが、息子の高校時代の悪友たちも迎えに来てくれていたそうです。
ありがたいことですね~
遠く離れていても、変わらぬ友情♪

私は、しばらく、ちょっと大変な日々になりそうです。

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-08-18 07:18 | ローマの日常

バタバタばたばた♪

c0206352_06280581.jpg
写真は、お気に入りのマルタ島の写真♪
坂の多いヴァレッタの町からサンタンジェロ要塞が見える地点です♪
首都ヴァレッタとサンタンジェロ要塞のあるヴィットリオーサの町には本当に魅せられてしまって・・・
この写真を見ながら、つい1週間前のことを思い出しています。
って、思い出す暇もないか~~!(笑)

根をつめてお仕事モードに入っていたため、大きな部分はほぼ片付きましたが・・
それでも、まぁ、いろいろとありまして・・・
特に16世紀のローマ教皇庁の件で、自分自身で完全に納得いかない部分があったので(というより、ずっと悩んでいました)、急遽、この土壇場において(笑)、面識のあるイエズス会の学僧さまや知り合いの神父さまにメールを書いたり・・・
いや、でも、やっぱり、こういう時は、友人でもある日本のカラヴァッジョの第一人者の先生に相談したほうが早いかも・・と、またメールを書いて・・・

あまりに難しいことなので、正解はありません。
わたくしは、ただ、アドバイスが欲しかったのです。

そうしたら、友人のカラヴァッジョの第一人者の先生が、もう、本当にすぐに、5分後くらいにお返事を下さって、適格なアドバイスを下さいました♪
ありがたいことですね~
これだけで、本当に、心が晴れましたよ~
嬉しい~

さてさて、今日のわたくしは、お仕事だけでなく、バタバタばたばたと大忙しでした。
息子が明日(日本時間では今日)、東京から帰省するのです。
彼のお部屋をわたくしのいいように使っていたため、原状回復に必死でした(笑)。
よりによって、この時期に・・とは思いますけどね・・(苦笑)

そして、10月にお友だちと4人でナポリに行くので、イタロのチケットをオンラインで買いました。
こちらも楽しみ~
しかし、困ったのは、息子が帰省中にどこのレストランに行けばいいか!
今の時期、ヴァカンス休業で閉まっているお店が多いのです。
でというわけで、めぼしいレストランのHPを探してどこが営業しているかを検索しました。
こうして、いつのまにか夏も終わっていくんだろうな~

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-08-17 06:58 | ローマの日常
c0206352_22022932.jpg
ローマへの帰り道、高速道路のドライブインでお昼ごはんを食べるのがイヤだと言う夫。
それゆえ、高速を降りてトスカーナの海沿いの町チェチナにやってきました。
昔、子どもが4歳くらいの頃、ここに1か月ほど家を借りて過ごしたことがありました。

チェチナの海岸も広大で延々と続きます。
ここの部分はいわゆるスピアッジャ・リベラ(無料の海岸)。
無料の海岸というと語弊があるけど、ビーチパラソルとデッキチェアーを自分たちで持ってきて過ごせる場所です。
お金はかからないけど、面倒。
海岸の一区画の使用許可を持っている海の家的なところ(エレガントです)で、ビーチパラソルとデッキチェアーを滞在期間借りるほうが便利です。
場所にもよりますが、ビーチパラソルとデッキチェアー2つで、一日につき30ユーロから50ユーロが相場です。
トスカーナは結構高めかな。

ブログには書く暇がなかったけど、今回、久しぶりにイタリアの夏の海事情を見てきて、あらためて思ったこと。
いやはや、イタリア人の海にかける情熱、海へのこだわり、日焼け大好きぶりは凄いですね・・・
トスカーナといい、ローマのあるラッツィオ州といい、海沿いは、砂浜、岩礁を問わず、本当に大勢の人であふれていました。

こんなに海にこだわりがあるから、イタリア人は海にセカンドハウスを持つ人が多いのですね。
自分たちは持っていなくても、実家の海の家を一緒に使う人も多いですし。
ローマの人たちは、一般的にローマ近郊の海にセカンドハウス(アパートも含めて)を持っている人が多く、学校が終わると、とりあえず母子だけ海の家に行って、パパは週末通い、もしくは、可能であれば海から通勤する人もいます。
主婦にとっては、場所が変わるだけで、家事に追われてヴァカンスとは言えないような気がするので、わたくしは、どちらかというとホテル派ですが、それでも、息子が小さな頃(小学校に就学前)には海の家を借りていた時代がありました。






c0206352_22202929.jpg
なんだかんだ言って、子どもが中学生くらいまでは、夏休みは、日本への帰省の他、2週間から4週間はイタリアで海のバカンスを過ごしていました。
0歳と1歳の時は、涼しさを求めて、モンブランのイタリア側クルマイヨールで夏を過ごしましたが、そのあとは海かな・・
日本へ帰省のついでに、沖縄や宮崎で海のヴァカンスをしたこともありました♪
イタリアで海の場合は、トスカーナか南イタリアのチレント半島のずっと先に行くことが多かったかな。

ブログを始めたのが、息子が高校の最終学年の時からなので、過去の旅行やヴァカンス、子育てについて、ブログに何も記録が残ってないのが残念です。

イタリアでは、夏を海で過ごさなかった子どもは、その冬必ず風邪を引くと言われていて、日本人のわたくしには、迷信としか思えなかったのですが、小学校の時のイタリア人のママ友たちは、もちろん真剣に信じていました。

余談ですが、冬場に酷い風邪を引いている時には、あえて水泳教室(イタリアではスポーツはすべて個人的に習いに行かせなければ覚えることができません。どこの家庭でも、最初は水泳教室の習い事をさせるのが一般的です。でないと、一生泳げなくなりますから)を休ませずにプールに行かせると風邪が治るとも言われていました(笑)。
プールに入ることで鼻水がよけいにずるずるして鼻水を全部放出してしまうからだとか何とか、訳の分からないことを親しいママ友(インテリな方だったんですけどね、笑)が本気で言っていました(苦笑)。





c0206352_22383432.jpg
というわけで、海辺でサラダ・ランチ♪

ローマに戻ったら、たくさんのローマっ子がヴァカンスに発ったらしく、街の中がガラガラになっていました。

さぁ、わたくしも、マルタ島への出発準備で~す。

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-08-01 06:09 | ローマの日常
c0206352_23052161.jpg
雨がまったく降らないイタリア・・・
こんなに雨が降らないのは、およそ200年ぶりのことなのだとか・・
大げさな気もしますけど。
でも、たぶん半年くらい、まともな雨は降っていないんじゃないかな。

先週、ついに、ローマの水道の供給源の一つ、ブラッチャーノ湖もいよいよ水位レベルが限界に達したため、ラッツィオ州がついにブラッチャーノ湖からの水の供給停止命令を出しました。

いつものごとく、州と水道供給会社とローマ市がもめています。
もう慣れっこ!

水不足なのは、雨が降らないことだけが原因ではないとか・・
まず、水道管のインフラ整備が相当古くて壊れている個所が多々あるそうで、水が流れてくる過程で大量の水を失ってしまうため、それも、水不足の要因の一つ。
そういえば、ローマの街には、雨も降っていないのに道路の水漏れがすごく多いのでした。
さらに、ローマには常に流れ出ているフォンタネッラ(小さな泉)と呼ばれる水飲み場が至る所にあって、それも水の無駄遣いで水不足の原因なのだとか。
確かに、ウチのアパートの廻りだけでも6カ所、常に流れ出ているフォンタネッラがあります。
誰も水なんて飲んでないし、ときどき犬に水を飲ませているのを見かけるだけ。
確かに無駄遣いだな・・

ともかく、事態は相当深刻らしく、7月28日から、ローマの150万世帯において給水制限を実施すると言っています。
一日のうち、8時間は水道が出なくなるのだとか・・

情報を集めようと思ったものの、さすがイタリア!いまだに詳細が分かりません。
本当に実施されるのか、どこの地区での実施なのか、8時間水が出ないというのはどの時間帯なのか・・
今日はもう24日だというのに・・
いつもギリギリで生きてるイタリアですから、ギリギリの27日に発表するのでしょう。
もう慣れっこなので、ため息も出ませんよ。

今のところ分かっているのは、全世帯ではなく一部の地区ということで、給水制限の可能性が高いのは、丘の上にあるモンテ・マリオ地区とパリオリ地区なのだとか・・
でも150万世帯なら、その2つの地区だけでは済まないと思いますが。
相変わらず、トホホなイタリア。
永遠の都と呼ばれ、多くの観光客をひきつけてやまないローマだけど、ここでのサバイバルは本当に大変!

(追記です)
7月24日の夜のニュースの時点では、なんとかローマの給水制限を回避しようと、ラッツィオ州と水道供給会社とローマ市当局で話し合いが続いています。
ラッツィオ州側は、ブラッチャーノ湖からの水の供給は、ローマ全体のわずか8%に過ぎないので、給水制限だなんて大げさな!
もっと他の対策を練ることができるはずだと言ってます。

なんとなくですが、回避できるのではないでしょうか?
もし、給水制限が回避されない場合は、7月28日より、ローマの全地区で順番に1日8時間、水が使えなくなるようです。
でもねぇ、いつも騒ぐだけ騒いで大騒ぎをして、ギリギリで本当にギリギリのところで生きているイタリアなので、大丈夫なんじゃないかなぁ?

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪



by mayumi-roma | 2017-07-24 23:26 | ローマの日常


c0206352_04400582.jpg
ヴェスタの神殿からヴィッラ・グレゴリアーナ公園に入って、谷を越えて、反対側に着きました~
この景色、最高に綺麗♪

これを背景に携帯で自撮りしてみましたが、なかなか難しい。
ヴェスタの神殿がうまく入らないのです・・・





c0206352_04424803.jpg
そりゃあ、この角度だったらなかなか入らないよね~
ここで撮った写真は、夫と一緒のものもあったのですが、さすがにそれはアップできない・・・(笑)
この写真をプロフィール写真に変更しました。
ついでにブログの装いも新たに♪
年齢にふさわしくシックな感じで行こうかと(笑)。

写真、髪の毛を切ったわけではありませんよ~
夏は暑いので、髪の毛を後ろに束ねるわたくしなのです~
まるで、ベリーショートのようですね。
意外とベリーショート、似合うのかも・・・
いやいや、いけない、いけない、わたくしは、ロングヘア―が好きなのです。
こだわっているのです!





c0206352_06192628.jpg
ヴィッラ・グレゴリアーナ公園近くの駐車場から車を出して、現在のティボリの中心部へ♪
あまりにも暑くて、手にしていたミネラルウォーターのボトルでは全然足りずに喉がカラッカラ!
とにかくキンキンに冷えた飲み物が飲みたい!




c0206352_06195413.jpg
というわけで、中心部の広場に面したバールへ。
アイスティが飲みたかったのですが、イタリアのバールではキンキンに冷えていることが少ないので、グラニータ(イタリア風かき氷)のほうが冷たいだろうと、レモンのグラニータを頼みましたが、やっぱり冷たい飲み物もグイッと飲みたかったので、アイスティも注文しました。
「お願いだから、冷たい冷たいアイスティーにしてね」と念を押したら、イタリアでは珍しく氷を入れてきました。

生き返った気分です~
こういう時、グラニータの冷たさはバッチリですね。
やっぱり氷に限る!

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪





by mayumi-roma | 2017-07-19 20:57 | ローマの日常
c0206352_00322468.jpg
木曜日はズンバ~♪
今日は、可愛い三角形のスタジオです。
レッスンは夏の間も続くけど、私は夏休み前の最後のレッスンでした。
夫が来週から夏休みに入るので、9月までお休みします。
この暑さを思うと、身体を動かすことにひるんでしまうのですが、汗をかくのはやっぱり気持ちがいい♪
楽しかった~♪

10月の日本人学校バザーでの発表会に向けての振り付けの練習も少し。
ごめんね、私は参加しませんけど。
10月13日発売予定のカラヴァッジョ本のゲラのやりとりに大幅な遅れが生じてしまって、8月中旬から9月いっぱい、校正作業に追われることになったのです。
ズンバにも毎回行けるかどうか分かりませんし、人に迷惑をかけないためにも、確実でないことに参加表明することはできませんから~

 




c0206352_00364333.jpg
さっぱりした日本食でも食べたいねと話していたものの、この暑さでは、近場で落ち着ける場所に行くのが一番!
結局、かなりの頻度で行っている「LOLA」(ローラ)へ。
ここ、安いし、落ち着けるので。
でも、さすがに、この暑さでは、屋外で食べたくありません。





c0206352_00391759.jpg
中は、一応、冷房が効いています。





c0206352_00402167.jpg
ここのランチ・ビュッフェ、平日なら10ユーロなのでお得です。
カフェもたったの1ユーロだし。
アンディ・ウォーホルのエリザベス・テイラーのポスターがあるのに、初めて気が付きました~
本物なのかコピーなのかは分かりませんけど。






c0206352_00532521.jpg
野菜ばかり取って前菜に♪





c0206352_00543674.jpg
二皿目~♪
でも、炭水化物のパスタは取りませんでしたよ(笑)。





c0206352_00550847.jpg
デザートとコーヒー♪

ランチのメンバーはいつも違うけど、今日は、それぞれのダンナさまとの馴れ初めの話~(笑)
やっぱり、皆さん、ひょんなことから、というか、まさに運命としか言えないような出会いが出発点になっているのですね。
平凡な出会いのように見えても、実は、平凡なんて一つもないのです~
たとえ、お見合いだとしても。
結婚ってそういうものですよね~

そして、結論は、健康第一だということに。
特に、子どもがいると、「まだ死ねない」という気持ちになります~
子どもが成人していても、それは同じ~
何が起こるか分からないのが人生ですが、健康であるだけで幸せだと思って過ごしていかなければいけませんね。
いろいろとガタが出始めるお年頃ですから、健康にだけは注意しないと♪
さぁ、暑い夏を乗り切らなきゃ~

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-07-14 07:02 | ローマの日常

今日はのんびり~♪

c0206352_04343969.jpg
今日はのんびり~♪
アイス緑茶におせんべいをお供に、ソファーに寝そべって、お友だちに持って来てもらった文春をじっくり読みました。

毎日、暑いです~
午前中、日々の買い出しに行くタイミングを逃したら、もう夕方5時過ぎに出るしかありません。
それでも、日差しが強い!

こう暑いと、食欲も落ちます。
こういう時に食べたくなるのが、私の場合は何故かカレーです。
今年はどういうわけかスイカにもハマっています。


文春の「新・家の履歴書」コーナーが地球物理学者の松井孝典さんだったのですが、こんな優れた惑星科学者が日本にいたことにビックリでした。
海の誕生を解明した「水惑星の理論」を発表して、世界的に高い評価を得た方です。
すごいなぁ~
ちょっと興味を持って調べてみたら、おばあさん仮説( grandmother hypothesis)という面白いものもありました♪
哺乳類の中で稀な現象、ヒトの女性が生殖年齢を過ぎたあとも長い期間生きることが、集団の記憶装置としての役割を果たし、文明が進化したことを説明する理論です。
しかしながら、結果として、ヒトの文明が地球環境を蝕む結果をもたらしているので、おばあさんの存在が地球環境を蝕んだのだとか・・・(苦笑)

おなじ「まつい」でも、別の漢字(松居)を使う女優さんの離婚騒動の記事も読みました。
ブログやユーチューブでお騒がせしているようですが(ミーハーな私ですので、当然、見ました)、彼女は私より少し上の年齢で、数年前に息子さんが社会人になって自宅を出たという話なので、もしかしたら、大切な息子が一人立ちしたことで、空の巣症候群になって、人生にぽっかり穴が開いたような感じになったのかな、と思いました。
すべては、寂しさが原因ではないかと思うのですが・・・

男性側には離婚する理由があるのでしょうし、女性の側にも過激な行動をする理由があるのでしょう。

このご夫婦、結婚した頃は本当に素敵なカップルだったので、こんな形で終わっていくのが残念です。

だって、
男性の方は、いくらでも若い女性を選べる立場にありながら、年上でバチ一で子持ちの彼女を選び、前夫との子どもも自分の籍にいれて本当にかわいがっていたでしょう?
男気ありますよね。
女性の方も、それに深い感謝の気持ちを持って、完璧な家事をこなして、内助の功を発揮して彼を成功に導きましたしね。
昔、何かの雑誌で読みましたが、彼女、筆まめで、お世話になった方々には必ず毛筆でお礼の手紙を書いて、大晦日の晩には凄い料亭のおせち料理をお届けすることで有名だったとか・・
気遣いの人だったんですよね。
恐い妻というイメージを作り上げていたけど、実は、聡明な方だと思っていました。

彼女が過激な行動をしても、彼は沈黙を守る・・・
賢いと思いますが、それは、別れようとしている妻への彼の優しさなのかもしれません。
なんだか、二人ともかわいそう・・・
いずれにしても、寂しい結末ですね・・・

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-07-13 07:01 | ローマの日常
c0206352_03434132.jpg
カンピドリオの丘~♪
結婚式を挙げたばかりのカップルが~~~
二人に幸いあれ~♪






c0206352_03452434.jpg
カンピドリオの丘の裏から眺めるフォロ・ロマーノ♪
カモメが~~~
本来なら海辺にいるはずのカモメが、この10年くらい、ローマのここかしこに巣くってしまって(ウチのアパートの屋上にもカモメが巣を作っています)、持ち前の図々しさ(?)で、人間を怖がることもなく、どこにでも出没します。

これらの2枚の写真、上手いと思いませんか~!?
実は、お友だちのご主人がiPhoneで撮ったものなのですが、ちゃっちゃっと撮っているのに、何故か唸るような素晴らしい写真なのです♪
写真を撮ってはすぐにFBにアップする非常にマメな方♪
あんまり写真が上手で素敵なので、頂きました~

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-07-11 07:00 | ローマの日常

綺麗な夜景♪

c0206352_06470689.jpg
ウンベルト1世橋から見えるサンピエトロ大聖堂♪

ウンベルト1世橋は、最高裁判所の前にかかっている橋です。
ナヴォーナ広場に一番近い橋♪
昼間ここから見る景色も味わい深いけど、夜景も綺麗~♪
夏の間は、テヴェレ川の遊歩道に出店が出て、ティベリーナ島まで続きます。

今日はとっても忙しい一日だったので、疲れました・・・
楽しい日曜日をお過ごしください♪

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-07-09 07:25 | ローマの日常

今日は大掃除♪



c0206352_04185724.jpg
今日は大掃除♪
到底、一日で終わるわけはないですし、完璧とも言えませんが、手抜きしつつも、私にとっては大がかりなお掃除をしました。
リビングだけです、もちろん。
一日か二日で大掃除ができる人がいるらしいですが、私には信じられない話です。

それにしても、よりによって、こんな暑い時期に大掃除するなんてバカですね~
でも、エアコンをガンガン入れたままですから、暑さは感じませんでしたけど。

日本だと年末が大掃除の時期ですが、イタリアでは復活祭前に大掃除をする人が多いと思います。
私は、だいたい、夏のバカンス前の5月下旬か6月初旬にすることが多かったです。
息子が高校生までは、6月中旬から約3か月日本へ帰国していたので、その前に大掃除していたのです~
でも、考えてみたら、バカンス明けの9月に大掃除するほうが効率的とも思えるのですが・・・

最近、自分でまったく掃除していなかったので、さすがにヤバい!
今週は、日本から息子の大学時代のママ友がご主人と一緒にローマに来るのです~
ウチにも呼ぶので、少しは綺麗にしておかなきゃ~

今日は、まず、ソファーの上の全部で9個のクッションカバーを洗濯することから始めました。
洗うのは洗濯機なので簡単!
面倒くさいアイロンがけはお手伝いさんの仕事です。
ついでに、ソファカバーがそろそろ寿命のようなので、はずして捨てました。

その後、近所に買い物に行ったので、中断。
たったこれだけで中断ですが、ペースは人それぞれですから。
中断はお昼ごはんを食べた後、少しのんびりするまで続きます(笑)。

そして、簡単には動かせない大きなほうのソファを移動させて、その下にたまった埃を綺麗にして、リビングの壁にかかっている絵の額縁を綺麗にふき上げました。
ここまでで、とても面倒くさくなってしまったけど、本棚の埃をとらないことには、完了しません。

はしごを持ってくるのが面倒だった・・・




c0206352_04464837.jpg
そのはしごを移動させるついでに、廊下の壁にかかっている絵の額縁も綺麗にして、廊下に置いてある本棚(手前の扉付き)や収納家具(奥)もふきあげました。

今日はこれだけ~
明日は、私の書斎(旧息子の部屋)と屋根裏の収納の物整理をする予定です。
捨てるものがたくさん!
でないと、この間、セールで買ったスーツケースをしまう場所がありません。
実は、ガタがきたり、古くなったサムソナイトのスーツケースが5つあるので、それを全部捨てるつもりです~~
ただし、亡き父が1970年代前半に使っていた時代物のサムソナイト以外は!
これだけは捨てられない。
4年前に父が亡くなったことは、まったく予期していなかっただけに、とても心残りなんです。
死に目にも会えなかったし・・・
まだ海外に行くのが夢だった時代、まだ中東が平和だった時代に、レバノンから全ヨーロッパを視察して(今から思えば遊びのようなものだったと思いますが)、香港、フィリピンを回った父が使ったスーツケース。
中東のパリと呼ばれていた美しいベイルートからの絵はがき、いまだに持っています。
ローマの話もしていたな~
このサムソナイトも、いつかは捨てる日が来るのでしょうが、今はまだ気持ち的に捨てることができません・・・
ただ、屋根裏で眠っているだけにしても・・・

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-07-05 06:26 | ローマの日常

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma