カテゴリ:翻訳本のお仕事( 31 )

イタリア美男子軍団♪


c0206352_1152528.jpg

イタリア美男子軍団♪

左は、イタリア文化会館文化担当官のノルベルト・ステインマイヤー氏♪
真ん中が、私が翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」のイタリア人著者のコスタンティーノ・ドラッツィオ氏♪
右は、イタリア文化会館館長のジョルジョ・アミトラーノ氏♪
ブログへの写真掲載は、ご本人たちの許可を頂いております~

本日(7月27日)、イタリア文化会館で行なわれたコスタンティーノの講演会の後の打ち上げです。
私の通訳は、自分的には、もう少し上手に出来たのでは・・・と反省点はありますが、関係者には褒められたので、よしとします♪

お越し下さった皆さま、個人的なお友だちの皆さまや私のブログを読んで下さっている皆さま、本当にありがとうございました♪

これで、ホッと一息です。
ばんざ~い!!


以下は、しばらく載せておく宣伝で~す♪
c0206352_20582947.jpg

7月22日、私が翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)が発売となりました♪
これまでにないタイプの画期的な美術エッセーです。
知識がなくても読めます。
美術愛好家にも読みごたえのあるものとなっています。
孤高の天才ではなく、人間レオナルドの真の姿が描かれています。

首都圏の書店にはどこでも出回っているようですが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
どうぞよろしくお願い致します♪
アマゾンはこちらから~♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-07-28 01:27 | 翻訳本のお仕事
c0206352_1291749.jpg

今日(7月26日)は、ブルガリ銀座タワーで出版記念パーティでした♪
あいにくの雨・・
本来は、最上階の「ラ・テラッツァ・ドンペリニオン」で行なう予定だったのですが・・
小雨とはいえ、屋外ですることは難しい、ギリギリまで判断を待っていましたが、結局、8Fのパーティ会場で行なうことになりました。

私の大切な方たちにお祝いして頂き、とても嬉しい夜でしたが、皆さんとあまりお話することができず、それが少し心残りでした。
パーティの様子はまた後日アップしたいと思いますが、明日(27日)もイタリア文化会館で講演会のため、今日はひとまずこの辺で♪


以下は、しばらく載せておく宣伝で~す♪
c0206352_20582947.jpg

7月22日、私が翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)が発売となりました♪
これまでにないタイプの画期的な美術本です。
知識がなくても読めます。
美術愛好家にも読みごたえのあるものとなっています。

首都圏の書店にはどこでも出回っているようですが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
どうぞよろしくお願い致します♪
アマゾンはこちらから~♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-07-27 01:35 | 翻訳本のお仕事

c0206352_20582947.jpg

7月22日、私が翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)が発売となりました♪
白い表紙がお洒落な感じで、素敵な仕上がりとなっています。
嬉しい~♪

これまでにないタイプの画期的な美術本です。
知識がなくても読めます。
美術愛好家にも読みごたえのあるものとなっています。

首都圏の書店にはどこでも出回っているようですが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
どうぞよろしくお願い致します♪

アマゾンはこちらから~♪

それから、7月27日水曜日、東京のイタリア文化会館で行なわれる講演会「レオナルド・ダ・ヴィンチ 最後の謎-なぜ未完の作品を多く残したのか」は、おかげさまで300名を超える申し込みがあり、アニェッリ・ホールという素晴らしい大ホールで行なうこととなりました。
若干、まだ余裕があります。
お申し込みは下記のリンクから~
入場は無料ですが、メールによるお申し込みが必要です。
こちらから~


c0206352_219146.jpg

イタリアから持ってきたスプマンテで息子と乾杯~♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-07-22 21:11 | 翻訳本のお仕事
c0206352_23115563.jpg

北の丸公園のお堀~♪
武道館でサラ・ブライトマンのコンサートがあったので、たくさんの人が武道館に向かって歩いていました。


c0206352_23193542.jpg

私はイタリア文化会館へ♪


c0206352_23201539.jpg

イタリア文化会館で7月27日水曜日に行われる、私の翻訳本のイタリア人著者による講演会の打ち合わせに、担当編集者さんとやってきました。


c0206352_2326933.jpg

講演会のチラシを頂いて来ました。
知り合いのイタリアン・レストランに置いてもらおうっと!

私が逐次通訳を務める美術史家のコスタンティーノ・ドラッツィオ氏の講演会「レオナルド・ダ・ヴィンチ 最後の謎-なぜ未完の作品を多く残したのか」は、入場無料ですが、メールによるお申し込みが必要です。
イタリア文化会館のリンクはこちらです~♪
こちらから~


☆私の翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)、アマゾンで予約受付中です♪
書店の店頭に出るのは7月22日になりますが、アマゾンでの予約が一番確実です。
とっても面白い本なので、皆さま、是非1冊、よろしくお願いします~
アマゾンはこちらから~♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-07-12 23:31 | 翻訳本のお仕事

c0206352_15555922.jpg

東方三博士の礼拝 By レオナルド・ダ・ヴィンチ♪

私が翻訳した本「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天使の挫折と輝き」の著者、美術史家のコスタンティーノ・ドラッツィオ氏が、7月27日水曜日、東京のイタリア文化会館で「レオナルド・ダ・ヴィンチ 最後の謎-なぜ未完の作品を多く残したのか」という講演会を行ないます。
私が逐次通訳を務めます。

入場は無料ですが、メールによるお申し込みが必要です。
イタリア文化会館のリンクを貼っておきます。
こちらから~

どうぞよろしくお願いします。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-07-06 22:08 | 翻訳本のお仕事

c0206352_2252816.jpg

今日は、時差ボケでヘロヘロ状態にもかかわらず、午前中は息子のマンションの様子を見に行って、その後、河出書房新社の担当編者さんと打ち合わせ♪




c0206352_2254262.jpg

河出書房新社の1階には「茶房ふみくら」があって、打ち合わせなどによく使っています。
ここで企画書を渡したのが去年の6月・・
「まさかこんなことになるなんてね~」
「あの偶然の出会い(その前年のイタリアンレストラン)は運命だったのね~」
なぁんて、お互いに感慨深くなりました♪
打ち合わせはバッチリ!
また来週も打ち合わせをしますが、とてもいい流れになっています。

☆私の翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)、アマゾンで予約受付開始されました♪
書店の店頭に出るのは、おそらく7月20日から22日の間になりそうです。
よろしくお願いします~
アマゾンはこちらから~♪

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-07-05 23:03 | 翻訳本のお仕事
c0206352_21595689.jpg

「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)♪
コスタンティーノ・ドラッツィオ―著  上野真弓―訳
(表紙イメージです。本当は真っ白で、この部分が本の上部になります)

お待たせしました♪
河出書房新社よりお許しが出ましたので、発表致します♪
私が翻訳したレオナルド・ダ・ヴィンチの本が7月中旬に発売予定です♪
河出書房新社のHPはこちら~♪
アマゾンでも予約受付、開始しました♪
アマゾンはこちら~♪

この本は、これまでになかったとても面白い美術エッセイです。
美術書は難しいというイメージがあるかもしれませんが、イタリアでベストセラーになったことから分かるように、まったく知識がない人にも分かりやすく、けれども同時に美術愛好家の方にも読みごたえのある1冊です。
レオナルド・ダ・ヴィンチが生まれてから亡くなるまでの人生、傑作と呼ばれる全作品の解説が物語風に綴られています。
あまり知られていないエピソードも散りばめられていて、とっても面白い本です。
これを読めば、レオナルド・ダ・ヴィンチのすべてが分かります。
レオナルドは挫折だらけの人生を送っていたんですよ~

イタリア好きな方、美術好きな方、レオナルド・ダ・ヴィンチをよく知りたい方、まったく興味のない方も、読み始めると止まらなくなる本です。

私は・・
レオナルドの本を翻訳したことに運命的なものを感じます。
私が15歳の時に、自分のお小遣いで買った初めての本格的な美術本は、レオナルド・ダ・ヴィンチでした。

文章を書くことは昔から好きでしたが、翻訳という作業はどちらかというと嫌いで、1冊の本を翻訳するなんて考えたこともありませんでした。
でも、この本のイタリア語版を読んだ時に、あまりの面白さに、「これは絶対に日本で出版したい!」と強く思ったのでした。

そして、これもまた運命としか思えないのですが、その前年に、東京で河出書房新社の編集者さんと偶然に出会っていて、お名刺を頂いていました。
そうして、この本が好きという強い思いで一気に企画書を書き上げて、彼女とアポをとったわけです。

私はずっと専業主婦で、何か仕事がしたいな・・といつも思っていましたが、イタリア在住の国際結婚組の方なら分かると思いますが、イタリアの子育ては、手取り足取りで子どもにかかりっきりになります。
そして、イタリア人とのお付き合いも家族ぐるみになるので、呼んだり呼ばれたり、なかなか大変です。
さらに、高校卒業まで子どもたちがお昼ご飯を家で食べるという習慣!
過保護と言われようと、様々な理由から、大きくなってからも送り迎えすることもあります。
自分の時間なんてほとんどありませんでした!
おまけに私は異国に暮らす外国人。
頼れる人もいませんでした。
そんなわけで、少なくとも私の場合はお仕事ができる状況にはありませんでした。

今でも覚えています。
息子が小学生の頃、イタリアでは学校の送り迎えが義務なのですが、子どもを送ったあとで、毎朝、ママ友たちと学校の近くのバールでカプチーノを飲むのが習慣でした。
その時に、皆で子育ての大変さを話していた時のことです。

「子どもが大学に入るまでは、私たち、何もできないよね。でも、子どもが大学生になる頃って、私たち50歳になってるわ!そんな年じゃ、何もできない!」と、私が言うと、イタリア人のママ友たちは、こう言ったのです。
「何言ってるの!50歳はまだ若い!なんだってできるわよ!」
目からうろこでした。
何かを始めるのに、年齢なんて関係ないのです。
これは、イタリア的な考え方かもしれませんが、そういう風に前向きな考えで人生を送るということは素晴らしいと思います。
当時のママ友たちは、実際に子どもたちが大学生になってから、お仕事を始めました。

私の場合は、息子が日本の大学に進学したため、そして、実家の両親の健康問題もあって、イタリアと日本を行き来することが多くなって、落ち着かない時期となりました。
自分が何をやりたいのか分からず、お仕事をしてみたい一心からアテンドのお仕事を少しだけやってみたこともありましたが、私には合わないと思ったので、すぐにやめました。
こう見えても異常に人に気を使い過ぎる性格のため、精神的にも肉体的にも疲れ果ててしまうのです。

そして、息子が大学を卒業して社会人になって、本当の意味で一人前になった今年、私も翻訳家デビューを果たすことができました。
このように1冊の本という形になることはとても嬉しいです。
とんとん拍子に事が進み、とてもラッキーだったと思います。
ですけど、私はこれまで本当に多くの努力をして勉強してきました。

私がイタリアに暮らす意味はこれだったんだな・・と、今は思えます。
これまでの人生が報われたような気がします。
だって、一生懸命勉強したイタリア語や美術史の知識が活かせて、それを自分が好きな書くことで表現できるのですから。

来週にはもう日本です。
出版のあれこれで、ますます忙しくなると思います。
大した記事は書けないと思いますし、本の宣伝が多くなると思いますが、ブログの更新は致します。
皆さま、どうぞよろしくお願い致します。

イベントに関しましては、まだ発表できないのです。
その時が来たら、お知らせ致しますね♪

「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)をどうぞよろしく~♪
一家に一冊♪
お友だちにもプレゼント♪
アマゾンはこちら~♪

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-07-02 06:05 | 翻訳本のお仕事

打ち合わせ♪


c0206352_242360.jpg

今日は、私が翻訳した本の刊行に合わせて東京で行なうイタリア人著者の講演会(私が逐次通訳)の打ち合わせをするために、彼をおウチに呼びました♪
イタリアでは伝統的な5時のお茶の時間です~
あまりにも暑いので、アイスティーを作りました♪

彼は、イタリア国営放送のRAI1で新しく始まった番組にレギュラー出演しておりまして、その撮影のためイタリア各地を飛び回って超忙しいのです。
この番組の他にも、RAI24Newsチャンネルでのアート番組とラジオ番組も持っていますし・・・
昨日、いったんローマに戻ってきたばかりなのですが、私も1週間後には日本へ発つので、本日、日曜日しかもう時間がなかったのです。

彼の出演している新しい番組は、RAI1の「In viaggio con la zia」、毎週土曜日のお昼の12時半から1時間番組です(^^♪
イタリア在住の方は是非見て下さいね。
出づっぱりではありませんが、プロフェッソーレの役回りで、美術解説をしています。

とても親しみやすくて素敵な人です。
日本での翻訳本と講演会がうまく行きますように♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-06-27 05:38 | 翻訳本のお仕事

初校ゲラ、到着♪

c0206352_436120.jpg

やっとやっと、初校ゲラが届きました~♪
私の担当編集者さんは何しろ忙しい人なのです。
突発的に編集部内で問題が起こったらしく(私のものではありません)、立場上その対処をしなければならず、発送するのが遅れたのですが、フェデックス利用だったので素早く届きました♪










c0206352_4403482.jpg

ゲラに赤字を入れて行く校正作業をしなければなりませんが、準備万端だったので大丈夫♪
まずは全体を読んで、校正者さんのチェックを把握。
しかし、校正者さんというのはすごいですね~
全体の中での言葉や漢字の整合性、史実のチェックと裏取り・・
お見事!というくらいに素晴らしいお仕事をされています。

おかげさまで、私の文章自体に手を入れられているところはほとんどなかったのですが、あれだけ見直していたのに書き間違いもけっこうあったし、原書にあった史実(年号も含めて)が意外にも間違っているところが多々あって、裏取りした資料もたくさん入っていました。
まずは、この部分をリストアップして、私もイタリアの文献で裏取りしました。

漢字の使い方も、深く考えずにワードで打っていたものが、実は色々な書き方があったりして、それが!微妙に意味が変わるものなのですね・・
たとえば、「探求」と書いていたところ、すべて「探究」に直されていました。
勉強になります♪

自分で書き直したい文章は既に書き出しているので、それも入れていかなければ!

300ページちょいありますが(本自体は350ページ前後になります)、校正作業は、大変というより楽しいです♪

美術に関する本とはいえ、学術書ではないので難しいものではありません。
かと言って、最近はやりのムック本のように軽くはない。
楽しく読みながらも、読み応えのある、一般向きの、これまでになかったとっても面白い本なので、期待していて下さいね。
でも、まぁ、刊行はまだずっと先ですけど。

締め切りもあるので、しばらくは、ひきこもりとなります。
とは言っても、主婦の仕事があるので、始終お仕事をするわけにも行きませんけど。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-04-14 05:05 | 翻訳本のお仕事

アモン神の角(つの)♪

c0206352_6273299.png

              古代エジプトのアモン神・・

「古代エジプトのアモン神の角(つの)」という表現があって、それがどんなものなのか実際に自分の目で確かめてみたくなりました。
アモン神に角(つの)があったなんて、全然知りませんでしたから。
普通は、上記のように2枚の羽の王冠で表わされますからね。

でも、調べてみたら、この神様は、図像学では牡羊でも表わされるそうで・・
だから、角(つの)なんですね。
納得しました~
意外なことに、牡羊の角(つの)を持つアモン神の画像はたくさんありました。









c0206352_6744.jpg

                古代エジプトのアモン神・・

牡羊の角(つの)と一緒ですね~
これで安心しました。
私は間違ってなかった・・

神々の中の主ということで、古代ギリシャ人はゼウスと、古代ローマ人はジュピター〈ユピテル)と同一視したそうです。
古代エジプトの神様というよりは、古代ローマ風ですものね・・


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-04-03 06:39 | 翻訳本のお仕事

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma