カテゴリ:チヴィタ・ディ・バニョレッジョ( 18 )

火曜日の夜からイタリア全土で大雨が降り始めて、本日(水曜日)は、全国的に大嵐となりました。
タラントでは竜巻も発生して、今イタリア中で大問題になっているILVA(製鉄会社)の工員が行方不明者とけが人を出す事態となってしまいました。
また、トスカーナとリグーリア(ジェノヴァのある州)も再び洪水に見舞われています。
天気予報によると、この大雨は、イタリア全土で日曜日まで続く予定で、その後、寒波がやってくるとのこと・・

うう・・
今日は、今年最後のチヴィタだったのに~
日本へ帰国する前に、石鹸とオリーブオイルと栗のジャムを買おうと思っていたのに~



c0206352_6141112.jpg

チヴィタは、物凄い大雨とカミナリで、橋が川になっていました~
おかしな言い方ですが、「死にゆく町」と呼ばれるだけのことはあります。
風雨による侵食と地震で町が崩れ落ちているチヴィタですから、今ここで、それが起きてもおかしくないな・・と思いました。
そのくらいに、凄まじい雨とカミナリでした。
カミナリが橋に落ちて、谷底に落っこちるかも・・とチラッと思ったりして。











c0206352_6264041.jpg

とりあえず、町にたどりついたので、BARでカプチーノを飲んで帰ろうかと思っていたら・・
人っ子一人いません。
BARもお土産屋さんも1軒も開いてない・・
完全なゴーストタウンでした。
10人ほどの住人も家の中に閉じこもっているのでしょう。
こんな日にここを訪れるのは、前から予定の決まっていた私たち3人だけということ!











c0206352_6202695.jpg

開いていたのは、無人のサン・ドナート教会だけでした。

こんなチヴィタを見たのは初めてでした。
でも、「これが本当のチヴィタの姿なのだ」と思いました。
死にゆく町・チヴィタの真の姿を垣間見たような気がしました。
ここに生きることは大変なことなのだと、実感しました。

けれども、それは、とてつもなく美しいものでした。
誰もいない町は、終末の美にも似ていて・・
滅びゆくものが最後に放つ光のような美しさを感じました。
(チヴィタには滅んで欲しくないですけど)
こういう環境に、自分の身を1週間くらい置いてみたいと思いました。
好きなんです、こういうシュールな雰囲気・・











c0206352_6404574.jpg

ローマ・テルミニ駅。
いやぁ、無事にローマに帰れるかなぁ・・とちょっぴり心配しましたが、列車も遅れることなく到着して一安心!
ローマも大嵐だったようです~










c0206352_644358.jpg

テルミニ駅にクリスマスツリーが出ていました!
今朝はなかったのに・・
そろそろローマもクリスマス仕様に突入でしょうか!?


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-11-29 06:56 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ
c0206352_030453.jpg

先日のチヴィタ・ディ・バニョレッジョ・・
夏から秋にかけてはお花でいっぱいの中世の街並みでしたが、今は、わずかにツタの紅葉が彩どっている感じです。

久しぶりにチヴィタのことを書きましたので、せっかくですから、この機会に前からご紹介したかったチヴィタに残るエトルリア時代の住居の跡をご紹介しましょう♪
といっても、この小さな町にある住居の地下室には、どこもエトルリア時代のものが残っているとは思いますけど。
ちなみに、ここが、映画ピノキオ(ロベルト・ベニーニ主演の実写版)で、ゼペットおじさんの住居として撮影されました。










c0206352_0413281.jpg

目印は、こちらの看板!
これが道に出ていたら、オープンしているということです。
閉まっていることも多いのですが・・

チヴィタはとても小さな町なので、端から端まで歩いても10分くらい。
道も一本しかありません。
規模からすれば、村と言ったほうがいいのかもしれませんが、町と呼びたい私です~









c0206352_0434586.jpg

入口です。
入場料は、わずか1ユーロ♪









c0206352_0462820.jpg

中に入って一番奥に進むと,階段が2つあります。
右の階段は、ワインの貯蔵室だった場所。
当然、エトルリア時代からワインは造られていたのです。
左の階段を降りると・・










c0206352_04937.jpg

紀元前7世紀のエトルリア時代の洞窟住居兼オリーブオイル造りの作業場に続きます。










c0206352_0514459.jpg

ほら!
大きな石臼が~~!
ここでもロバくんが大活躍だったのでしょうね。










c0206352_052588.jpg

写真左側の部分は、潰したオリーブの実からオーリーブオイルを抽出する場所。









c0206352_113731.jpg

井戸水から繋がる水道のあった場所。










c0206352_1124022.jpg

ふっと隣を見ると、そこは断崖絶壁!
危な~い!
カランキがよーく見えます・・
カランキというのは、風雨により極度に侵食され、峡谷状の涸れ谷になった荒地のことです。









c0206352_123086.jpg

キッチンです~
あ、お鍋はイメージとして置いてあるものなので、エトルリア時代のものではありませんよ~









c0206352_184524.jpg

ベッドルーム♪
こちらもイメージとして置いてあるものなので、このベッドや付属品も、現代のものではありませんが、エトルリア時代のものでもありません~










c0206352_1105516.jpg

もう一つの階段を下りた所にあるワイン貯蔵室♪
1年を通してヒンヤリしています。
だからこそ、貯蔵に適していたわけですけど。

チヴィタって、小さな町なのに、3000年の歴史を誇る奥が深~い所なのです~


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-11-24 05:33 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ

オリーブオイル♪

c0206352_0383233.jpg

オリーブの実があまりにも可愛かったので、パチリ♪

最近は、日本で、オリーブの木をガーデニングで育てる方が多いのだそうですね。
育てるのは難しいと聞いていたのですが、育てている人の話に寄ると、意外とすくすく育っているらしいです。
木になった実を皆さんどうされているのかなぁ・・
塩漬けにして食べているのかしら?









c0206352_15289.jpg

こちらは、チヴィタ・ディ・バニョレッジョにあるオリーブオイル屋さん♪
買ったことはありませんが、お店の中に、紀元前・エトルリア時代から伝わるオリーブオイルを造るための石臼が残っていたり、その時代の洞窟をそのまま利用したトラットリアがあるので、覗いたことがあります。
この上の部分で、きちんとしたレストランとB&Bもやっているようです。

なんか、ものすごく有名な日本の女優さんが来たって言ってたけど、名前忘れたって・・・(綾瀬はるかちゃんじゃありません、もっと前のことだそうです)
その写真を、以前はお店に飾っていたそうなんだけど、今は、上のレストランに飾ってしまったので、「レストランでお食事すれば誰かわかるよ~」だって!
商売上手い!
でも、その女優さん、誰なんだろう?

速水もこみちも、「憧れのオリーブオイルを買うためにチヴィタに行く」って、イタリア食紀行の番組をやったらしいけど・・
もこみち、どこのオリーブオイル屋さんに行ったんだろう?
VTR見れば、どこか分かると思うけど、私は、その番組見てないからな~
何気に、もこみち、大好きです!
お料理もチャッチャッーと上手に作るしね!










c0206352_1101088.jpg

石臼♪
もちろん、かつては、ロバくんが大活躍!
今は、もうそんなことはしてないでしょうけど(笑)。
チヴィタの名産品の一つはオリーブオイルなので、自家製オリーブオイルを売るお店はたくさんあります。
あ~、もこみちが買ったお店を知りたい~~









c0206352_113275.jpg

ブルスケッタの準備をしている女の子。
最近は、自家製オリーブオイルを塗ったブルスケッタとワインのセットを7ユーロくらいで楽しめるお店がたくさん出来ましたが、私はまだ試したことはないんです~










c0206352_1194157.jpg

エトルリア時代の洞窟をそのまま使ったテーブル席。
なんか、凄いですね・・
3000年も昔、エトルリア人も同じ場所にいたのですから・・


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-11-23 05:00 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ

新種の石鹸が~~~

c0206352_2363243.jpg

今日(金曜日)は、ローマから車でチヴィタ・ディ・バニョレッジョに行ってきました~
今週末からお天気が崩れるという予想だったのですが、今日のところは、なんとかセーフでした。
良かった~

ただし、夕方、ローマに戻った途端、大雨になりました~
週末は、ずっと雨かなぁ・・
せっかく、夫とモンタルチーノのワイン祭りに行く予定なのになぁ・・
雨でも絶対に行きます!










c0206352_2401981.jpg

チヴィタのサン・ドナート教会前の広場にあるお土産屋さん♪
そう言えば、以前ここでマグネットとビスコッティを買ったことがあったわ~

お店の写真を撮っていたら、お店の女の子が店頭にお花を飾るためにちょうど出てきました。
彼女、「ごめんなさい、せっかく写真を撮っていたのに、私が写って邪魔だったわね」と、謝ったのですよ~
とんでもない!
こんな美人さんが入ってくれたほうが、絶対に絵になります♪
しかし、なんてこともないTシャツにジーンズ姿の彼女、美人さんだと何を着てもサマになるのですね。











c0206352_2423794.jpg

ぎゃあ!
新種(笑)の石鹸を発見しちゃった~
チヴィタのオリーブオイルベースのオーガニック石鹸・・
やっぱり香りがとっても良くて、中に本物のフルーツやハーブが入ってる~~!
石鹸フリークの私としては、試さないわけにはいきません!










c0206352_2451211.jpg

「面白いな」と思ったものだけ、買ってみました♪
左は、なんとチョコレート♪
まさにチョコレートの香りで、本当のチョコレートを使っています。
それはもう、本当に食べたくなるほどですが、オーガニック石鹸です。
右は、ザクロ♪
ザクロの実がたっぷり入っていて、甘い香り♪
使うのが楽しみです。
チョコレートは、一体どんなことになるのか、ちょっと怖い気もしますけど・・


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-10-27 06:02 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ
c0206352_055581.jpg

フンギ・ポルチーニの季節がやってきました~♪









c0206352_081794.jpg

ポルチーニを買う時に注意しなければいけないこと!
それは、中に虫が入っていることもあるので、行きつけの信頼出来るお店で買うことです
信頼の置けるお店では、買う時に必ずサッとナイフでひと切りして、中に虫が入ってないことを確認してくれます。
雨の降ったすぐ後に収穫されたものに入っていることが多いそうです。









フフッ♪
以下は、私が9月に食べたポルチーニ入りのミックスきのこのパスタで~す♪
もちろん、食べたのはきのこパスタだけではないのですが、今日はきのこパスタをご紹介♪

c0206352_0153477.jpg

超カワイイ盛りつけのきのこパスタ♪
プチトマトがアクセント♪
見た目も味も最高♪
テーブルに出てきた時には、思わず、「わ~っ!」って声を上げました♪









c0206352_0182497.jpg

手打ちパスタにもパルチーニ入り♪
だから、パスタが茶色いんです~
色合いが悪いとお思いでしょうが、とんでもない!
「これぞ、まさしくポルチーニ!」の極上の一品でした♪
美味しかった~









c0206352_020864.jpg

わりとオーソドックスなタイプです~
でも、美味しいのよ♪

一口に、ポルチーニ入りのミックスきのこのパスタと言っても、ソースや盛り付けやパスタの種類によって、雰囲気も味も変わってきます!
手打ちのタリアッテレを使うことが多いですが、ペンネを使うこともあります。












c0206352_022218.jpg

ミックスきのこの手打ちパスタ♪
これも、当然ながらの美味!
オーソドックスでシンプルですが、まさに王道を行ってました~!


ちなみに、ポルチーニやミックスきのこのパスタを作るのは簡単です。
ポルチーニがちょっと高くつきますが、基本的にニンニクとオリーブ油で炒めて、ワインを隠し味にふりかけるだけ。
そして、パスタに絡めてイタリアンパセリをふりかけて、出来上がり~♪
もちろん、オリガノ等のハーブやトマトを入れても構いません。
自分の好みで変幻自在にすることが出来るのが、イタリアンの良いところですね♪
ポルチーニがなくても普通のきのこでも作れるので、皆さまも是非お楽しみ下さい♪


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-10-02 05:28 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ

チヴィタの石鹸♪

c0206352_2131642.jpg

ふふふ、8月の終わりに行ったチヴィタです~
ヴァカンスシーズンのピークを過ぎたからでしょうか?
ずいぶん観光客の姿が減っていました。
訪れるのはイタリア人ばかりです。









c0206352_152387.jpg

チヴィタ入口のサンタ・マリア門♪
ふふ、わたくし、今回は、絶対に石鹸を買うつもりで来たのです。









c0206352_1532686.jpg

ここ、ここ~!
私が狙っていたチヴィタのBIO手作り石鹸を売っているお土産やさん♪
良かった!
開いてました~
この日、お土産さん、閉まっているお店が多かったのです。









c0206352_158273.jpg

お店の前に出しているチヴィタのBIOオリーブ油やらハチミツやら何ちゃら♪
こちらも魅力的ではありますが~~









c0206352_1593298.jpg

チヴィタのBIO手作り石鹸♪
私、このお店の前を通る度に、この石鹸に魅せられていたのですよ~
色が綺麗で、何やら葉っぱとか中に入っているし、他の所で売っている石鹸とは一味違う感じだったんです~
でも、高そうだな~と思っていました。

お店の人に聞いてみたところ、
やはり、完全な手作り石鹸でした~♪
チヴィタのオリーブ油ベースの石鹸で、中にハーブやお花の花びらや植物の葉っぱ、ハチミツ、トマトを配合しているのだそうです。
お値段を聞いてビックリ!
や、や、安い~~!
この種の自然派石鹸の中では、どこよりもお安い価格だったんです。
量り売りなので、石鹸の大きさによってバラつきはあるけれど、だいたい1つ2ユーロ前後だと言うではありませんか~~!!
普通は、どんな所でも、3.5ユーロはします。
(あ、1ユーロは100円切れる程度だと思ってくださいね)









c0206352_212338.jpg

店内♪
店内は、結構広いです。
お隣に別の部屋もあって、アクセサリーや織りものなども売っています。









c0206352_22948.jpg

このグリーンの石鹸だけが異様に少ない!
これが売れ筋だな~とピンときて、お店の人に、「これが一番人気ですか?」と聞いたところ、やっぱりそうでした~

オリーブ油ベースの石鹸にさらにオリーブのエキスを配合して、オリーブの葉っぱが中に入っています。
これは、絶対に良さそうだわ♪
香りも爽やかだし~









c0206352_232737.jpg

写真手前のピンクのものは薔薇の石鹸で~す!
この私が、薔薇を見過ごすわけには行きません。
もちろん、ベースはオリーブ油ですが、薔薇のエキスと花びら入りで香り高い~~!!
私の好みのど真ん中です。









c0206352_19532225.jpg

私の買ったチヴィタの石鹸♪
売れ筋だと言うオリーブの石鹸と薔薇の石鹸を買いました~
(光の関係で薔薇の石鹸がピンクに見えませんけど、本当は綺麗なピンクです)
使うのが楽しみ♪
気に入ったら、今度チヴィタに来る時に、また買っちゃおうっと♪









c0206352_255591.jpg

チヴィタの町かど。
相変わらずお花を飾って綺麗にしています。
ちっぽけな町ですが、珠玉の宝石♪
いつまでも残って欲しいなぁ・・


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-09-05 06:55 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ
c0206352_21124990.jpg

ボルセーナ湖畔の山あいにあるアグリツーリズム♪
プールが3つあって、乗馬の出来る大変雰囲気の良いアグリです。








c0206352_21154212.jpg

レストランのテーブルには、こんな風にフルーツの盛り合わせが置いてあって、自由に食べていいのです。
それにしても、イタリア人のお食事の時間は遅いですね。
13時半だというのに、滞在客はまだプールで泳いでいる様子・・








c0206352_21211763.jpg

前菜の盛り合わせ~♪
地元産のチーズやサラミが美味しい!
トマトのブルスケッタも~!
パルミッジャーノチーズは、塊で食べたほうが絶対に良いです。
ワインの最上のおつまみ~♪








c0206352_2124458.jpg

プリモは、きのこのパスタ♪
手打ちの卵入りフェットゥチーネ、きしめんを小さくしたようなものです。
とっても美味しいのですが、量が多い~~~~








c0206352_21275051.jpg

お隣のテーブルの家族連れ~
小さな子どもが二人いて、ママは大変そうでしたが、微笑ましい光景でした~
私にもあんな時代があったなぁ・・と。








c0206352_21305648.jpg

セコンドは、一口大に切った牛肉の煮込み料理とサラダ♪
素材がいいので、何でも美味しく食べられます。
はい、私はもちろん完食しましたよ~
だって、胃が既にイタリア人化してますから(笑)

あ、ワインももちろん飲み放題です。








c0206352_21342979.jpg

アグリのプール♪
眼前にボルセーナ湖を見渡せます。








c0206352_21471049.jpg

お楽しみのデザート♪
こ、こ、これは・・
これまでに、こんな美味しいシャーベットは食べたことがありません。
なんという美味しさ♪
なめらかで、程よい甘さとレモンの風味・・
この、レモンのシャーベット、まさに感動のお味でした。
これを食べるだけでも、ここまで来る価値があります。
とはいえ、メニューは日替わりのようですけど。








c0206352_21431988.jpg

ツタの絡まるアグリを後に、ローマへの帰途へついた私たちでした~

本日、多忙のため、コメント欄は閉じさせて頂きます。


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-08-30 06:02 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ
c0206352_179935.jpg

死にゆく町「チヴィタ・ディ・バニョレッジョ」♪
息を呑むほどの絶景です。
何度訪れても、その絶景に感嘆させられます。

日本では、宮崎駿監督映画の「天空の城ラピュタ」のイメージから、「天空の町」と呼ばれることが多いようですが、イタリアでは、昔から現在に至るまで「死にゆく町」と呼ばれています。
また、最近、映画「ホタルのヒカリ」の撮影場所にもなったことから、日本でもその存在を段々と知られてくるようになりました。

こちらは絵はがきの画像です。
一般人が写真を撮っても、こんな風には奇麗にならないので、ネット上に出回っているのは、大抵、この絵はがきの画像のようです。










c0206352_1710224.jpg

天空の町「チヴィタ・ディ・バニョレッジョ」♪
こちらも絵はがきからの画像です。

霧がかかると、こんな風に浮かび上がったように見えるので、ますます「天空の町」というイメージになりますが、実際には、こういう風景に出会うことは難しいように思います。










c0206352_1711085.jpg

その昔のチヴィタ♪
こちらも絵はがきからの画像です。

陸の孤島「チヴィタ・ディ・バニョレッジョ」は、外の世界とたった一本の橋でつながっただけですので、その昔は、ロバが唯一の交通手段だったのです。
ただし、現在でも、橋の幅は広くないため、車両の通行は出来ません。
この町と関わりのある人だけが、時間帯を区切って、50ccバイクやオート三輪を使うことを認められていますが、急勾配の橋なので、かなり危ない気がします・・









c0206352_17491791.jpg

という訳で、久しぶり「チヴィタ・ディ・バニョレッジョ」に行ってきました~
ここから先は、私が撮った写真になります。

イタリアで暮らし始めてから、「チヴィタ・ディ・バニョレッジョ」は、ずっと私の大好きな場所でした♪
まだ学生だった28年前、お友だちの車でここを訪れて以来、何度となく訪れています。
ローマからは割と近いのですが、何しろ交通手段がなくて、車でないと行けません。
最後に行ったのは、約10年前。
日本の実家がある地元の新聞にイタリア便りの連載をしていた時、紹介したこともあります。











c0206352_1812415.jpg

この町の起源はとても古くて、約2500年前、古代ローマより以前の文明、エトルリア人によって作られました。
ただ、この辺りは火山地帯なので、昔から地震の多い地域で、ここ1000年ほどの間に見舞われた大地震によって、この町はどんどん死んでいったのでした。

特に1794年の大地震で、それまではかろうじて繋がっていた1本の道が崩壊して完全に陸の孤島となってしまい、人口流出はとどまるところを知りません。
現在では、居住しているのは、6人から10人くらいだとか・・
風雨による浸食もひどく、町の土台である崖も崩れ去る一方です。
それが、「死にゆく町」と呼ばれる所以ですが、現在では、「チヴィタを救おう」というプロジェクトが進んでいるようです。









c0206352_18145431.jpg

陸地と町を結ぶ300メートルの橋。
てくてく、てくてく、ヒーコラと炎天下を歩いていきますが、後半は、かなりの急勾配なので、息が続きません・・(笑)









c0206352_187325.jpg

やっとチヴィタのサンタ・マリア門が見えてきました・・
ふうっ!










c0206352_18125025.jpg

門の前で、おじさんがバイオリンを弾いていました!
圧倒的な静けさの中で響くバイオリンの音は美し過ぎるほど美しい!
素敵な音楽をありがとう!
1ユーロを置きました。









c0206352_18223443.jpg

サンタ・マリア門をチヴィタの町側から見た感じ。










c0206352_1859385.jpg

c0206352_1924714.jpg

c0206352_1942545.jpg

チヴィタの町並み♪
中世の建物を奇麗に修復してお花が飾られています。
可愛い!
ネコちゃんもたくさん!

久しぶりに訪れて、観光地化されたなぁ・・という印象を受けました。
BARやトラットリアがたくさん出来ているのにビックリ!
とは言っても、アクセスが悪く、大型バスが入れるわけではありませんから、街を訪れる人はポツポツと数えるくらいでしたけどね・・









c0206352_1965733.jpg

チヴィタの中心にある広場です~
中心と言っても、あまりにも小さな町なので、ほんの10分歩くくらいで一回り出来る感じです。

上の写真は、サン・ドナート教会。
まるで時が止まったかのような静けさです・・










c0206352_1910173.jpg

チヴィタの町の端っこから見える絶景!
カランキと呼ばれる侵食された凝灰岩の渓谷がよく見えます。
まるでグランドキャニオンみたい(大げさに言ってます、笑)!










c0206352_1913165.jpg

c0206352_19143452.jpg

帰り道・・
チヴィタ・ディ・バニョレジョの町から見た道と橋。
かなりの急勾配です。
でも、下りなので、行きよりはラクでした♪(笑)

この絶景、「死にゆく町、チヴィタ・ディ・バニョレジョ」、
一度は訪れたいお薦めの場所です~
ローマから日帰りで行けますが、できれば、車でゆっくり訪れて欲しいところです。
レンタカーっていう手もありますし。


2つのブログランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-07-10 19:55 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma