カテゴリ:チヴィタ・ディ・バニョレッジョ( 18 )
チヴィタ・ディ・バーニョレッジョへの行き方♪

c0206352_22291354.jpg

死にゆく町、チヴィタ・ディ・バーニョレッジョ♪
この写真は、ベルベデーレ(見晴台のある公園)から撮ったものです。
このベルベデーレから階段を下りると、チヴィタにかかる橋の近くまで行けます。




c0206352_00304743.jpg

チヴィタへの入村料は1.50ユーロです。
橋の入り口にあるインフォ・ポイントでチケットを買います。
しかし、この橋、行きは15分くらいかかるかなぁ・・
帰りは下り坂なのでラクですけど。



c0206352_22301626.jpg

町の中心、サン・ドナート広場♪
年に2回開催されるラ・トンナータと呼ばれるロバの競技を2日後(6月4日の日曜日)に控えて、お祭りムード満載でした~




c0206352_00351929.jpg
チヴィタはもの凄い数の観光客でいっぱいで、ちょっと興ざめしてしまうほどでした。
ほとんどがイタリア人!
人が入らない写真を撮るのはほぼ不可能でしたが、ここだけは撮れました~!
銀木犀の木がたくさんあって、良い香りが漂っていましたよ。




c0206352_00375219.jpg
ちょっと下まで降りてみる・・





c0206352_00383214.jpg
チヴィタ・ディ・バーニョレッジョへの行き方ですが、車で行くのが一番です。
いくら小さな小さな町とはいえ、駆け足で行くよりは、ゆっくり滞在して、ご飯を食べないまでもワインの一杯くらい、もしくはジェラートを楽しみたいではないですか~!

そういう点では、ローマからの日帰りツアーは便利ではあるけれど、滞在時間が1時間にも満たないので(橋の往復だけで30分はつぶれますし)、私はあまりお勧めしません。

なんといっても、一番いいのは車!
でも、日本からの旅行の方は、専用車を使うと高いし、レンタカーを借りて運転するのは怖いと思われるでしょうね。
4人くらいいれば専用車でもいいかもしれませんけど、

公共の交通機関を使う場合は、列車とバスを使うしかありませんが、日本のように、多くの本数が出ているわけではありませんから、時間のロスも大きいですし、バスはチヴィタまで行くわけではなく、一つ手前のバーニョレッジョの町までしか行かないので、そこから、徒歩か無料のミニバスに乗ってチヴィタのベルベデーレまで行くことになります。
無料のミニバスは結構出ています。
ただし、ベルベデーレから、さらに下に降りて、それから橋を渡るわけですから、かなり時間がかかることを見込んでおいた方がいいと思います。





c0206352_06160766.jpg
夜8時でも、こんなに明るい!
チヴィタをあとに・・

さて、ローマから公共の交通機関で行きたい方のために、今現在の時刻表を調べてみました。

テルミニ駅からオルビエートまで(日帰り前提でお昼までの列車のみ記載)
普通快速列車で1時間15分から1時間30分、片道7.80ユーロ
テルミニ オルビエート
6:03-7:20
7:28-8:43
10:30-11:43(これはインターシティなので片道17.50ユーロ)
13:00-14:20
13:28-15:35

オルビエートーテルミニ(日帰り前提で夕方からの列車のみ記載)片道7・80ユーロ
15:25-16:56
17:25-18:50
19:29-20:42(インターシティなので片道17.50ユーロ)
19:38-21:25
21:25-22:56

交渉次第では、オルビエートの駅前からタクシーに乗って、1時間待機してもらって、再びオルビエートに戻るという方法もあります。
100ユーロくらいみておけばいいと思います。

オルビエートからのバス
Cotralという青いバスがオルビエート駅前のケーブルカーの入り口そばから出ています。
日曜日は運航していません。
切符は駅のBARで売っていますが、いくらは知りません。多分片道3ユーロくらいなのではないかと思います。
往復を買っておいたほうがいいでしょう。
しかし、時刻表はかなり悲惨な状況・・・
電車と時間とうまく合わないのです。

Orvieto Scaloオルビエート・スカーロ・・・Bagnoregioバーニョレッジョ(チヴィタの手前の町まで。そこからミニバスか徒歩)平日と土曜日の時刻表、日曜日は運休。
6:30・・・・7:15
7:35・・・・8:10
8:00・・・・8:45
13:00・・・13:45
14:10・・・14:55
15:55・・・16:34
17:50・・・18:50
18:30・・・19:15

バーニョレッジョ・・・オルビエ―ト・スカーロ(早朝の便、遠回りの便は省略)
9:55・・・・10:35
9:56・・・・10:36
13:00・・・13:40
14:40・・・15:25(土曜日は、14:25→15:10と14:50→15:45)
17:25・・・18:05(最終便)

2017年6月現在の時刻表を調べましたが、変更もあり得るので、必ずご自分で確認されるようにしてくださいね。
私が責任を持つことはできませんので、あしからず。

チヴィタについての過去記事はたくさんあります。
チヴィタのカテゴリーからどうぞ。
とりあえず、前回(2年ほど前)のチヴィタの記事は以下にリンクを貼っておきます。

チヴィタ・ディ・バーニョレッジョ
素朴で可愛いチヴィタ・ディ・バーニョレッジョ
お気に入りのレストラン@チヴィタ・ディ・バーニョレッジョ
チヴィタ・ブランドの香水と石けん♪


2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-06-05 05:56 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ
洞窟レストラン@ルブリアーノ♪
c0206352_01440642.jpg
チヴィタ・ディ・バーニョレッジョを真横から見たところ~
右側に橋が見えるのがお分かりでしょうか?
渓谷を挟んだ向こう側のルブリアーノの町からチヴィタを見るとこんな感じです。
緑に覆われているので、また雰囲気が変わります。




c0206352_01560952.jpg
ちなみに、この写真は、チヴィタ・ディ・バーニョレッジョ側からルブリアーノの町を見たところです。
渓谷で隔てられているのがよく分かるでしょう?





c0206352_01585546.jpg
ルブリアーノの町も、町の端っこは断崖絶壁的な様相を見せていますが、チヴィタとの違いは、こちらはあくまでも陸地側であることです。
チヴィタは陸の孤島ですね。





c0206352_02020675.jpg
ルブリアーノの町にとっても素敵な洞窟レストランを見つけました♪
大昔からオリーブオイルの搾油場だった洞窟をレストランにしています。
その名も、イル・フラントイオ(搾油場という意味)♪

このレストランが大ヒットだったんです~
洞窟の内部はいくつもの大きな部屋に分かれていて、炭火焼の大きな釜もあります。
お店のスタッフはとても優しいし、お食事も美味しく、お値段も信じられないほど安いのです。
田舎には、時々、驚くほど安くて美味しいレストランがありますね。
ここは、その典型でした。




c0206352_02471003.jpg
しかも、もともと洞窟だったので、すっごく涼しいのです~
冷房なくても、ひんやり~





c0206352_02065771.jpg
さすがの量ですね~
これ、日本だったら二人前以上の量です。
私が頼んだのは、フラントイオ風ウンブリケッリ♪
ウンブリケッリはこの地方独特の太い手打ちパスタで、頬肉のベーコンとパキーノ・トマトとルゲッタと塩味のリコッタチーズであえたもの。
すっごく美味しい!
家でも真似できそうです。
夫は、イノシシの肉のラグーソース(私はジビエは苦手)。






c0206352_02225867.jpg
セコンド~
炭火焼の牛肉とつけあわせのグリルのお野菜。
これで一人前ですが、さすがに絶対に無理なので、夫とシェアーして食べました♪
お肉自体が美味しいのと、炭火焼であることで、お肉は最高に美味しかったです~
パキーノ・トマトとルゲッタは、何にでも合いますね♪

地元のワインが美味しくて~
若いワインですが、酸味が少なく(私は酸味が嫌いなんです)、軽くて飲みやすいのです。
ワインも、高いものだけがいいのではなく、こういう素朴な地元のワインも日常的に飲むのにはいいですね。
とってもとっても気に入りました♪

オルビエートもチヴィタ・ディ・バーニョレッジョもそうですが、このあたりは、オリーブとブドウの畑がたくさんあって、オリーブオイル、ワインとも名産となっています。
しかし、これら2つは、都会以外は、イタリアのどこに行っても名産品のような気がしますが・・・(笑)





c0206352_02375705.jpg
最後にもう1枚、ルブリアーノから眺めるチヴィタ・ディ・バーニョレッジョの写真を♪

なかなか、こんなとこまで行かれる方はいないでしょうが、念のため。
レストランの名前は「Il frantoio」
住所は分かりませんが、Lubrianoの町の中心、ベルベデーレ(見晴公園)に行けば、看板が出ています。
絶壁沿いにあります~

ローマから高速道路でオルビエート下車、
LUBRIANO方面へ。
オルビエートから20分くらいです。

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-06-04 02:48 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ
久しぶりにチヴィタ・ディ・バーニョレッジョへ♪ sanpo
c0206352_06130984.jpg
連休初日♪
久しぶりに夫とチヴィタ・ディ・バーニョレッジョに行ってきました~
2015年の8月、まだ大学生だった息子が夏休みで帰省した時に家族三人で行ったのが最後だから、ほぼ2年ぶりです。

チヴィタ・ディ・バーニョレッジョは、まだ訪れる人もいない頃(1985年)に友人たちと訪れて以来、私の大のお気に入りの場所なのです♪
写真は、ベルベデーレから撮ったもの。

今日は、昼食は別の場所でと考えていました。
チヴィタはシーズン中で混んでそうだし、お気に入りの同じところに行くという習性のある私は、いつも同じところにしかいかないので、たまには新規開拓しようと思って・・・
これが大ヒットだったんです♪
詳しくは、また後日・・
楽しかったけど、帰宅が夜の10時半となって、ものすご~く疲れましたので・・。





c0206352_06140350.jpg
何しろ、連休初日とあって、高速道路は大渋滞!
でも、ローマからそんなに遠くないので何とかランチタイムにはチヴィタの近くの町に着きましたけど~






c0206352_06134419.jpg
しかし、チヴィタの混雑ぶりには目を見張るばかりです。
中国人が多いと聞いていたのだけど、いわゆる団体客は午前中に1時間くらい来るようなので、私が行った午後には、中国人も日本人も団体客は皆無でした~
個人的に来ている日本人の方は少し見かけましたけど、訪問者はほぼ全員イタリア人!!
最近、イタリアの雑誌やテレビのコマーシャルにもよく登場するので、イタリア人の間でも、なんだかすごいブームになっているようです。

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-06-03 06:31 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ
チヴィタ・ブランドの香水と石けん♪

c0206352_5513996.jpg

チヴィタの町では、訪れる人たちが、こういう可愛いおウチの周りにある低い塀や階段に座って、何をするわけでもなく時間を過ごす人が多いのです。
私たちも、そんな感じで、サン・ドナート広場に座っていました。
日陰にいると涼しい風が吹いてくるし、そこにいるだけで心地よいのです。










c0206352_5142818.jpg

サン・ドナート広場に新しいお店が出来ていました。
チヴィタ・ブランドの香水を立ち上げたようです。
ちょっと笑っちゃったかも・・
もちろん、微笑ましいという気持ちをこめてです♪

香水は3種類あって、試してみたら爽やか系で甘い香りのものがあったので、お値段もそんなに高くなかったし、チヴィタに貢献する意味合いも込めて、買ってみました。
こういうのを無駄遣いっていうのでしょうね・・(苦笑)
決まった香水を使っている私なので、実際にこれを使う可能性は少ないですから。











c0206352_5181814.jpg

香水の瓶がシンプルで好きです。
クリスタルだそうです。
そして、石けんも一つ頂きました。
石けんに目がない私なので(笑)。











c0206352_521324.jpg

チヴィタの石けんといえば・・
昔から私のブログを読んで頂いている方はご存じだと思いますが、ブログにも度々登場した私のお気に入りの石けんがありました。
このお店です~











c0206352_5325785.jpg

石けんは健在でした!
この、オリーブオイルをベースにした自然派の石けんは、色々な種類があって、見た目も美しく、香りも良いし、肌への心地よさも最高で、特にバラの花びら入りのバラの石けんが私のお気に入りだったのですが~
一つ一つ包装されて、お値段も上がっていました。
昔は、ボーンと裸で置いてあって、重さによる量り売りで、すごく安かったのですけど。
というわけで、今回は大人買いはなしです~











c0206352_5394862.jpg

バラの石けんを少しと、夫の好きな蜂蜜を買いました♪
蜂蜜の写真はなし~











c0206352_5431216.jpg

地下への階段♪

このお店の地下には、3000年前のエトルリア時代の貯水槽があるのです。
お店の人に一声かければ、無料で見学することができます。
もちろん、何も買わなくても。











c0206352_5455128.jpg

3000年前のエトルリア時代の貯水槽♪
外は真夏の暑さなのに、地下はひんやりしています。

こういうエトルリア時代の遺跡は、この町のほとんどの建物の地下に残っています。
そういう場所を利用して作ったレストランも何件かありますし、1ユーロの料金で見学できる所(ピノキオの映画でゼペットおじさんの家として撮影された場所)(←クリックすると過去記事に飛べます)、無料で見学できる所、さまざまです。
チヴィタ・ディ・バニョレジョは、3000年の歴史を誇るのです~

c0206352_232912.jpg

橋の陸地側にあるジェラート屋さんで、車を取りに行った夫を待つ私♪
大好きなキノットをお供に♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-07-30 06:12 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ
お気に入りのレストラン@チヴィタ・ディ・バニョレジョ♪

c0206352_2275745.jpg

「Osteria del Forno di Agnese」(オステリア・デル・フォルノ・ディ・アニェーゼ)♪
チヴィタ・ディ・バニョレジョでの私のお気に入りのレストランです。
シーズン中の日曜日とあって、ものすごく混んでいました。
写真は、お食事の後に撮ったものなので、静かそうに見えますが、ランチタイムにはものすごい行列ができていました。











c0206352_233236.jpg

いつもは、中庭のテーブルで食べるのですが、今回はエアコンのきいた室内に案内されました。
涼しくて、かえって良かったかも・・










c0206352_2364118.jpg

私は、いつも、ここではワンパターンです。
今回こそは違うものを!と思っていたのですが、黒トリュフの手打ちパスタ(ウンブリケッリ)があまりにも美味しいので♪
夫は、ピスタッキオのペーストで♪










c0206352_239546.jpg

は~い、ここでの、私のワンパターンのセコンドです。
サルシッチャとチコーリア♪
サルシッチャが好きなのではなく、ここのサルシッチャが好きなのです。
普段、私はサルシッチャを食べません。











c0206352_241260.jpg

夫は、ポークの骨付きステーキとトマトのパン粉焼き♪

ここは、素朴な田舎料理がとても美味しいのです。
何を食べても外れません。
チヴィタには洗練されたお洒落なレストラン「アルマ・チヴィタ」もあって、今回こそは、そこに行こうと思っていたのですが、ついつい、こちらに来てしまいます。












c0206352_2425129.jpg

デザートのレモンのシャーベット♪
ティラミスーが美味しくて有名なレストランですが、私にしては珍しく理性がきいて(笑)、さっぱり系のシャーベットにしました~










c0206352_2444271.jpg

食後のコーヒー♪









c0206352_22522458.jpg

「L'arco del gusto」♪

近くに、こんなお店もできていました~
クラフトビール(地ビール)とフォッカッチャのお店です。
クラフトビールは、まさにここだけのものなので、希少価値がある上にとっても美味しいらしいです。
夕方、夫が飲みに行きました(私はビールは苦手!)。
ここは、作り置きではなく、パニーノもその場で作ってくれます。
信頼できま~す。
軽いランチの場合はお勧めです~











c0206352_1254451.jpg

3000年前のエトルリア時代の洞窟を利用した、こんな一杯飲み屋(笑)もあります~










c0206352_1291193.jpg

夫がクラフトビールなら、私は、こちらで地ワインとブルスケッタです~










c0206352_574937.jpg

チヴィタの可愛い街並み~♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-07-29 06:20 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ
素朴で可愛いチヴィタ・ディ・バーニョレッジョ♪

昨日の続き~♪
c0206352_23515647.jpg

やっと、チヴィタ・ディ・バニョレジョの町へつながる橋までやってきました~
2年ぶりに来ると、色々な面でずいぶん整備されたような印象です。









c0206352_2213986.jpg

今は、入村料一人1.50ユーロを支払いますが、こんな可愛い額なら喜んで!

「死にゆく町」と呼ばれるチヴィタですが、今も浸食によって崩れつつあるのです。
その運命を少しでも永らえるため、そして、多くの観光客が訪れる町を少しでも美しく整えるため、費用がかかりますものね・・











c0206352_23581273.jpg

橋には、ほうきが逆さまに飾られていました。
わさわさしていて、なんだか可愛い♪











c0206352_23593034.jpg

そして、ほうきのなかに無数のすずが揺れています♪
チヴィタは、渓谷の中にそびえ立っているので、昔から強風で有名です。
これは、真夏の暑い日でも同じ。
風に揺れて、小さなすずが可愛い音色を奏でます。











c0206352_013838.jpg

ようやく、ここまで上ってきました~
ここからが急こう配になるので、もう一頑張り♪











c0206352_0363195.jpg

あと、もう少し~










c0206352_025341.jpg

町の中~
中央に見える門が、町の入り口、サンタ・マリア門です。

青空ばかりの写真が欲しかったのですが、実は、今回は、あまり写真が撮れませんでした。
できれば、誰も入らない写真を撮りたいと思う私です。
でも、観光シーズンのピークですから、それはほとんど無理な話!
もちろん、観光客がある程度、写真の中に入る分は問題ないのですが・・

なんと、ここも恐るべし中国パワーで、どこを見ても中国人だらけだったのです。
もちろん団体ツアーで30分から1時間弱いる程度なのですが、その団体ツアーの数が半端なく凄まじいのです。
2,30人単位で、次から次に出ていくけど、次から次へとやってきます。
日本人は皆無でした。
日本から観光客が来ているのかどうかは分からないけど、ツアーで来る日本の方は、午前中に1時間弱見学する程度なので、お昼時以降は誰もいません。
けれども、中国人の団体客は、午後もひっきりなし!

さすがに、チヴィタの素朴で美しい風景の中に中国人がわんさか写ってるのはイヤです!
だから、諦めて写真を撮らないか、通り過ぎるのを待つかのどちらか。
これが本当に難しいのですよ~
結構、通り過ぎないのです。
必ず誰かしら残っているのです~(泣)










c0206352_0132815.jpg

町の中心、サン・ドナート広場♪
といっても、迷うほどの広さはない町です。

この写真の人かげ(左側)も実は中国人です。
旗のようなものを持った添乗員と写真を撮る観光客。
入れたくなかったけど、ずっとここにいて、動きそうもなかったので(大汗)。
夕暮れに、もう一度、中国人なしの写真を撮りましたが、青空の色がかなり違っていたのです・・











c0206352_0391471.jpg

住民登録をして実際にここに暮らしている人は、現在8人ですが、いつも綺麗にお手入れされていて、ゴミ一つ落ちていません。

ああ・・
ローマと大違いです。
実は今、ローマは大変ひどいことになっていまして、ストによってゴミの収集がされない地区(トラステヴェレとか~)があったり、地下鉄も動かないこともあって、さらに、いきなりボルゲーゼ美術館が閉まったりで、大変な問題となっています。
それでなくても、普段から掃除もせず、ゴミが落ちたローマは汚いですからね・・
あまりの街の汚さにニューヨークタイムズが記事にしたほどです。
先進国の首都とは思えないありさまのローマです。










c0206352_0462075.jpg

町の端っこ~
突き当りに「詩人の庭」があります~
とっても小さい町なので、入り口からここまで10分くらいの距離ですが、途中に、映画「ピノキオ」の撮影をしたエトルリア時代の洞窟があったり、可愛いおうちや雄大な渓谷を眺めたり・・
流れる時間もゆっくりなので、どうせならゆっくり散策するほうが楽しいに決まっています♪
ここに来てまで、時間に追われるのはイヤじゃあないですか!


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-07-28 06:18 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ
チヴィタ・ディ・バーニョレッジョ♪
c0206352_654443.jpg

チヴィタ・ディ・バニョレジョを見渡せる展望台♪

日曜日は、遅ればせながら、結婚記念日(7月15日)のお祝いで、大好きなチヴィタ・ディ・バニョレジョに行ってきました~

本当に久しぶりのチヴィタです♪
最後に来たのはほぼ2年前かな。
ママ友が双子の子どもたちと、かつて暮らしたローマに遊びに来た時、一緒に旅行したのでした。










c0206352_702076.jpg

展望台から見えるチヴィタは、こんな感じ~♪
ここからの姿は変わっていないけど、実際にはけっこう変わっていました。











c0206352_6591913.jpg

展望台からチヴィタへの近道の階段~♪








c0206352_712676.jpg

チヴィタがだんだん近づいて来ます~
この感じがたまらなく好き~









c0206352_722360.jpg

きゃっ♪
もうすぐ~

丸一日、ゆっくりとチヴィタ・ディ・バニョレジョで過ごしたので、充実感でいっぱいです♪
イタリアに暮らす者の特権かもしれないけど、やっぱり、ここは、車でゆっくり訪れるに限ります。

さてさて、大変充実した一日でしたが、かなり疲れたので、今日はこのへんで・・
続きま~す♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-07-27 07:27 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ
チヴィタの美味しいお食事♪

11月になりましたね♪
日本は連休。
イタリアも、日本とは1日ずれがありますが、金曜日から3連休中です~
今年のイタリアは、異常に暑く、例年に比べて5~6度、気温が高いそうです。
もちろん、朝晩は冷えるのですが、日中は異様な暑さです・・

c0206352_2275483.jpg

さて、チヴィタの続きです~
ここは、私のお気に入りのオステリア♪
多分、チヴィタで一番美味しいと思います。
たまには他のところで・・とは思うのですが、数少ない地元の人(年間通してチヴィタに暮らしている人は8人くらいです。私はその全ての人を知っています)に聞いても、やっぱりここか、もこみちが食べたお店だと言うので、ついついここにばかり来てしまいます。










c0206352_221121.jpg

春は、藤の花が頭の上に咲き乱れます~











c0206352_2402913.jpg

何にしようかな~
ここは、何を食べても美味しいし、また、地元でしか食べられないものがあるので、お友だちにもその全てを味わってほしい!
ということで、前菜からプリモ、セコンドは、4人で2人前づつ取ってシェアー、デザートは一人1つずつ食べることにしました(笑)。










c0206352_2445745.jpg

前菜のブルスケッタ♪
これは一人前なので、この一皿を二人で分けました。
チヴィタ産オリーブオイルだけのシンプルなもの、定番のトマトや緑や黒のオリーブのペーストが乗ったもの!
大好き~











c0206352_2524232.jpg

黒トリュフの手打ちパスタ~♪
とにかく、これが絶品なんです~
一押しで~す♪










c0206352_2553021.jpg

もう一皿は、ポルチーニ茸の手打ちパスタ~
この時期は、どこでも食べられるものですが、ポルチーニ茸の量が多いのが特徴!
嬉し過ぎます~











c0206352_25920100.jpg

セコンドのサルシッチャ♪
一人前は2本なので、二人前を皆でシェアーして、一人1本ずつ、ちょうど良い量です。
これに、付け合せのブロッコレッティを頼みました。
これが、本当に美味しいんです!
サルシッチャは、朝詰めウィンナーのことですが、田舎で炭火で焼いたものを食べるのが一番美味しいです!
炭火で焼くと、脂肪分が全て抜け落ちて、ヘルシーになるんです。











c0206352_34338.jpg

デザートのティラミスー♪
これは1人一人前ずつ頼みました~
このお店はティラミスーが有名で、クラシックなコーヒー味のティラミスーとみかんのティラミスー、レモンのティラミスーがあります。
私は、隣のテーブルの人が食べていたみかんのティラミスーをセレクト♪
美味しい~♪
みかんのクリームが入っていて、素晴らしいお味でした♪









c0206352_3102533.jpg

最後の締めは、エスプレッソで♪
採りたてのナッツをサービスしてくれました~

良かった~
お友だちも、その子どもたちも大満足してくれたようです!
シェアーしたせいもありますが、これだけ食べて、一人20ユーロに満たないお勘定!
もちろん、ハウスワインも飲みました。
ローマだと、こうは行きませんね~
充実のチヴィタでの一日でした♪


「Osteria Al Forno di Agnese」
Via A.Maria del Cassero
Civita di Bagnoregio
Tel:0761.792571


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪,
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2013-11-02 04:59 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ
チヴィタ・ディ・バニョレジョへ♪ sanpo
c0206352_21345611.jpg

久しぶりのチヴィタ・ディ・バニョレッジョ♪
「死にゆく町」と呼ばれる陸の孤島です。
先週、車で、お友だちと双子ちゃんと一緒に行ってきました~

お友だち、20年前にローマに暮らしていた頃、ここに来たことなかったんです。
そりゃあ、そうですよね~
子どもたちは赤ちゃん時代でしたから、遊びに行ってる暇はなかったはずです。

私はイタリアに来たばかりの〇十年前から、この地に魅せられています。
これまで何度訪れたことでしょう!










c0206352_21372710.jpg

話には聞いていましたが、この町に入るのが有料になっていました。
と言っても、わずかな額、一人につき1.5ユーロ。
写真の小屋が橋の手前にあるので、そこで入場料を支払います。

何しろ、この町は、その昔、大地震によって町の半分くらいが地の底に崩れ落ちています。
地盤がもろいため、現在でも地盤強化の工事をしないと、危ないのです。
この町を守るためには多大なお金が必要なため、入場料を取るという苦肉の策を取ったようです。
それでも、いつかは、この町が地の底に滅び行く運命は免れないようです。
まぁ、数百年か千年先でしょうけど。










c0206352_2142473.jpg

陸地と町を結ぶ橋の上、チヴィタ側から撮った写真です。
写真の、橋の左側に注目!
地盤強化の工事をしていました~

チヴィタは、橋の下から見上げるとそうでもないのですが、橋の上からチヴィタを背景に下を見下ろすと、どれだけ急勾配で、頼りない橋であるかを思い知ります。
高所恐怖症の方は無理かも・・










c0206352_2147025.jpg

でも、町の中に入ると可愛らしい中世の世界が広がっています。
10月は観光客の数もグーンと減るので、チヴィタ本来の「滅びの美」を感じることが出来る最高のシーズンです。
春先も、まだ人が少なく、緑が萌え、花が咲き乱れる美しい季節ですけどね。
観光シーズンの8月に来ると、あまりにも観光客が多過ぎて、「どこが死にゆく町なの?」という感じになります~(笑)










c0206352_21493074.jpg

町の中心、サン・ドナート広場♪
と言っても、この町、端から端まで歩いても5~10分ほどしかかからない小さな小さな町です。
町というより村、いや、村にも満たないかも・・
でも、それだけに可愛い♪










c0206352_21531896.jpg

c0206352_21582295.jpg

中世の街並みがそのまま残るチヴィタは、どこを撮っても絵になります~
絵を勉強しているお友だちのお嬢さんも、日本へ帰国したらチヴィタの絵を描くそうです。










c0206352_2212378.jpg

町の端っこまで行くと、町を取り囲む渓谷のカランキ(侵食された悪地)が見えます。
本来は、この先にも集落が続いていたのですが、大地震で崩れ落ちてしまったのです。

チヴィタは、是非ともゆっくりと滞在したい場所です。
出来れば、のんびりと美味しいお食事を楽しんで、散策の途中でお茶を飲みながらぼーっとしたり本を読む・・なんて過ごし方がいいと思うのです。

わたくし、半年ぶりのチヴィタだったので、お気に入りのオーガニックの石鹸を、お店の人が呆れるくらいに買ってしまいました・・
量り売りなので、2キロも・・
我ながら、大汗!
でも、次に行けるのは、たぶんまた半年先くらいかもしれないので・・










c0206352_2235347.jpg

陸地にある見晴台から見たチヴィタの遠景・・
この世のものとは思えないほどの美しさ・・
絶景です♪

つづく・・


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪,
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2013-10-31 05:59 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ
麗しの「天空の町・チヴィタ」♪ sanpo
c0206352_60572.jpg

きゃあ~
懐かしい~~
(私は)3ヶ月とちょっとぶりのチヴィタ・ディ・バーニョレッジョです♪
3月2日の土曜日に、家族で行ってきました~
久しぶりのチヴィタまでのドライブでした。
今回、本当は、泊まりで行きたかったんですけどね・・
居候が3週間もいたせいで、家族で行動することもままならず、そのため、息子の帰国までは、お買い物も含めてたくさんの予定が詰まっています。










c0206352_664088.jpg

いやぁ、本当に、この絶景は何度見ても飽きない・・
大好きな場所です♪
(この風景は、見晴らし台からです)











c0206352_1225628.jpg

風の音しか聴こえないチヴィタは、私にとって癒しの場所です。
圧倒的な静けさの中で、心がゆっくりと満たされていきます・・











c0206352_6152151.jpg

チヴィタは、まだシーズンオフ。
でも、週末だったので、ボチボチ訪れる人がいました~
この300メートルの橋、最後の急勾配がとっても辛いんです~












c0206352_6184344.jpg

            ふ~っ!
            やっと、チヴィタの入口、サンタマリア門に到着です♪











c0206352_6221275.jpg

この門を抜けると・・










c0206352_6262094.jpg

中世の街並みがそっくりそのまま残っています。
まだ3月の初めだから、植木鉢のお花は咲いていません。











c0206352_6334246.jpg

チヴィタの端っこから見える雄大なカランキ(風雨によって侵食された悪地)も素晴らしい♪










c0206352_19402639.jpg

ふふっ♪
11月に買おうと思っていたけれど、嵐のためにお店がクローズで買えなかった念願の品物、ゲットしました~♪(笑)
チヴィタの手作り石鹸、オリーブと薔薇バージョン♪
そして、「栗のジャム」(ジャムというよりペーストのような感じですけどね)♪
栗のジャムで朝食を食べるのが楽しみです~


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2013-03-06 00:59 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ
  

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。