カテゴリ:ペルージャ・その他の町( 19 )
素晴らしいエクス・ヴォート♪(自由部門)
c0206352_07295901.jpg
ラ・マドンナ・デル・バーニョ♪

エクス・ヴォ―トが素晴らしいと、ペルージャの友人に勧められて行ったところです。
もちろん、もともとは聖母マリアの奇跡が起こった場所なのですが、周辺の人しか訪れないのか、ひっそりしとしていました。
階段を上ると・・




c0206352_07303188.jpg
閉まってる~~~!!
と、思ったら、扉を押せば誰でも簡単に入れたのでした。




c0206352_07311158.jpg
聖堂内に入ると、あまりの素晴らしさに息をのみました!
陶製の美しいエクス・ヴォートがたくさんかかっています。




c0206352_07363890.jpg
いや、もう、本当に感嘆の一言です。
こんなにも美しいエクス・ヴォ―トなんて見たことがありません!
しかも、これらのほとんどはアンティーク、16世紀のものがほとんどです。

さて、エクス・ヴォートの説明を致しましょう。
日本では神社で絵馬に願い事を書く習慣がありますが、それに似たようなものです。
ただし、ここの場合は、願い事ではなく、実際に恩恵を授かった事柄を絵で表現して、聖母マリアに対するお礼として捧げた絵です。

私が驚いたのは、その絵が陶製だということです。
この近くには陶器で有名なデルータがありますから、こういう形になったのでしょうが、これはもう素晴らしい芸術品以外の何物でもありません!




c0206352_07415825.jpg
これらのエクス・ヴォ―トは、やはり芸術的価値が高いと思われたのでしょう。
1980年代に泥棒が盗むという暴挙を起こしました。
とはいえ、陶製の絵を壁にはめ込んでいるので、盗むのも難しく、一部だけにとどまり、外すのに苦労して破壊されたものもあります。
現在では、盗まれたものは写真をもとに復元され、破壊されたものは綺麗に修復されています。
しかし、この泥棒、バチが当たるとは思わなかったのでしょうか!?
絶対に地獄に落ちますね・・




c0206352_07460386.jpg
さて、もともと、この地で起こった奇跡とはどういうものだったのでしょうか?
ここが聖堂の祭壇になりますが、まさに、この祭壇のある場所で奇跡が起きたのでした。




c0206352_07475609.jpg
祭壇の中に木の幹があるのが分かるでしょうか!?
そう、この木こそ、奇跡の起きたカシの木なのです。




c0206352_07493788.jpg
祭壇の裏側にはめこまれた最初のエクス・ヴォートです。
光が反射してよく写せなかったのが残念ですが、1657年に、クリストフォノという人物が、カシの木の下に落ちていた聖母マリアが描かれた小さなメダルを見つけて、それを木にしっかりくくりつけて、危篤状態にあった妻のことをお祈りしたそうです。
クリストフォノが帰宅すると、今にも死にそうだった妻が元気に掃除をしていたということです。

まぁ、真実かどうかは別として、なんとも微笑ましいエピソードです。
キリスト教(カトリック)には、聖母マリアにまつわる民間信仰的な部分もありますね。




c0206352_08000342.jpg
こちらは、1668年のもの。
説明文も書かれています。
5年に渡って4人の悪魔にとりつかれて苦しんでいた女性が完治したお礼のエクス・ヴォート。




c0206352_07550733.jpg
説明の言葉がない単純明快な絵も多いです。
こちらは1701年のもの。
落馬して死にかけたけど、カシの木の聖母マリア様にお祈りしたから一命をとどめたということでしょう。

さて、これらのエクス・ヴォ―トには、必ず、P・G・Rと入っていますが、これは、イタリア語で Per Grazia Ricevuto の略です。
日本語にすると、「マリア様の恩恵を賜りましたおかげで」という意味になります。

芸術品としか思えない素晴らしいエクス・ヴォ―トの数々に、かなり感動してしまったわたくしでした。
それにしても、イタリアには、いったいどれだけ、このような場所があるのでしょうね!?


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができますよ~

全国の書店でお求め頂けます。
アマゾンはこちらから~♪

第一回プラチナブロガーコンテスト

by mayumi-roma | 2017-01-04 22:59 | ペルージャ・その他の町
サン・フランチェスコ大聖堂@アッシジ♪
c0206352_22560430.jpg
アッシジ、サン・フランチェスコ大聖堂、上の教会♪





c0206352_22421881.jpg
上の教会から下の教会前広場を見下ろしたところ。





c0206352_22451706.jpg
上の教会前広場には、等身大の人形を使ったプレセピオ(キリストの降誕場面を人形で表わしたもの)があります。





c0206352_22505609.jpg
暗くなった帰り道に撮ったプレセピオのキリスト降誕部分の写真♪




c0206352_22434196.jpg
サン・フランチェスコ大聖堂の上の教会の内部♪
ジョットの壁画「聖フランチェスコの生涯の物語」が見事でした~
久しぶりに見たので、1枚ずつ解説を聞きながら鑑賞しました。





c0206352_22494050.jpg
教会を出てくる頃には、すっかり真っ暗になっていました。
日が暮れるのは早いですからね・・


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができますよ~

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
どうぞ、よろしくお願いします♪
アマゾンはこちらから~♪



by mayumi-roma | 2016-12-29 23:00 | ペルージャ・その他の町
アッシジへ♪
c0206352_23293800.jpg
アッシジの町は遠くから見る姿も素敵です~
バラ色の石を使って築き上げた丘の町。
写真だと、そのバラ色が伝わらないのがとても残念ですが~



c0206352_23315374.jpg
夕暮れのアッシジ♪
だいぶ、近づいてきました~
サン・フランチェスコ大聖堂は、まるで強靭な要塞のようです。




c0206352_23333172.jpg
アッシジは聖なる町♪
駐車場から町の中へ入る坂道から望むサン・フレンチェスコ大聖堂♪




c0206352_23344337.jpg
サン・フランチェスコの門からアッシジの町へ入ります♪




c0206352_23360808.jpg
アッシジの町♪
地震の影響で、閉鎖しているホテルも多く、クリスマスの時期、本来なら多くの訪問者が来るはずなのですが、人出はそこそこでした・・





c0206352_23383763.jpg
サン・フランチェスコ大聖堂の下の教会の入り口~
久しぶりのアッシジ訪問でした♪


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができますよ~

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
どうぞ、よろしくお願いします♪
アマゾンはこちらから~♪




by mayumi-roma | 2016-12-28 23:41 | ペルージャ・その他の町
ペルージャ♪
c0206352_1331788.jpg

ペルージャは、今日も晴れ♪




c0206352_1341171.jpg

でも、ちょっと空気が冷たいかな・・




c0206352_135799.jpg

サンドリ♪
ペルージャでもっとも由緒あるカフェです♪
軽食もできますが、スイーツとジェラートが最高に美味しいお店です。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-12-27 01:35 | ペルージャ・その他の町
グッビオの世界一のクリスマスツリー♪

c0206352_4361553.jpg

夫の実家、ペルージャに来ております~
グッビオ(ウンブリア州)の世界一大きなクリスマスツリー♪

ブログを始めた年のクリスマスにもご紹介しましたが、5年の時を経て再び~♪
ツリーと言っても、木ではなくて、グッビオの街の丘の斜面を利用してツリーの形にイルミネーションを飾ったものです。
ですが~
壮観なんですよ~
機会があれば、皆さまも是非~♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2014-12-26 04:11 | ペルージャ・その他の町
モンブランより涼をこめて・・
c0206352_223428.jpg

写真は、アルプスのモンブランです。

あんまり暑いので、少しは涼し気な写真をアップしようと、約20年前に、二夏続けて過ごしたアルプスのモンブランの写真をスキャンしたものです。
フランス側はシャモニーですが、イタリア側はちょっとスノッブなクルマイヨール♪

これは、ロープウェイで、クルマイヨールからシャモニーに行く途中、アルプスを横断中に撮った写真です。
真夏でもダウンジャケットが必要です。
あ、パスポートもね、山の上で国境を通過するので。

モンブラン!
神々しい山です。
中央の後方に見える白い山がモンブラン。
もちろん、夏スキー出来ますよ~









c0206352_2234475.jpg

シャモニー側のモンテンヴェール氷河♪
このすぐそばまで歩けます。
氷河は、ゆっくりのスピードではありますが、川と同じように動いています。
そのため、何十年間も昔にクレパスに落ちた登山者の遺体が、時を経て、突然出てくることがあるのです。
ここには、万年氷の中に彫った氷のアパートなんてのもあります。

クルマイヨールとシャモニー間は、モンブラントンネルでも繋がっていますので、もちろん車でも行けますが、ロープウエイのほうが断然お薦め!
素晴らしいモンブラン連山の風景を眺められますから~
帰りはバスがありますし。








c0206352_22355446.jpg

ここが、私たちが二夏続けて滞在したクルマイヨールのヴァル・ヴェニー♪

お見苦しい黄色の物体は、まだゼロ歳だった息子と一緒の私たち家族の部分を塗りつぶしたものです(笑)。
夫が黄色のカーディガンを着ていたので、黄色!

いやぁ、もう、本当に素晴らしい所で~
どんなに気に入っても滅多にリピートすることのない私たちですが、ここだけは2年続けて来ましたね~
写真に見える山小屋風の建物は、レストランとB&B。
このそばに、もう一軒、同じようなハイジの世界のような小さな家がありまして、私たちはそこを4週間借りていたというわけです。

冬は、この辺りは当然スキー場で、車で来ることは出来ません。
あ、ちなみに標高2000mの位置にあるんです。
ですので、レストラン兼B&Bも冬は営業しないそうなんです。
ここまで来る交通手段がないからだそうです。









c0206352_17263011.jpg

ヴァル・ヴェニーの目の前は、モンブランのブレンヴァ氷河なんですよ~

あ、今更ですが、写真を差し替えました。
ゼロ歳の息子を抱っこした私の部分をピンクに塗りつぶしていたのですが、昔のことだし小さいものだからいいかなぁ・・と。

空気は澄み切っていて、涼しいし(というか、夜は、8月でも羽毛ぶとんが必要です)、エーデルワイスは咲いてるし、の~んびり避暑が出来るところです。
まぁ、ローマからはあまりにも遠いので、ローマの人は私たちの他にはいませんでしたね。
大抵は、トリノ等のピエモンテかミラノ近郊からの方たち。
ローマから車で行くと、途中で1泊しなければいけない距離にあるので、やはり来る人は滅多にいないでしょうね・・








c0206352_17285523.jpg

追加の写真です。
近くにある氷河の湖、「ラーゴ・ミアージュ」です。
これ、全部氷河なんです。
上に砂がかかっているだけで・・

のんびりするだけでなく、こんな風に様々なトレッキングが楽しめるのもアルプスの醍醐味!

都会派の私ですが、ここだけは特別な場所でした~
4週間いても、全然退屈しなかった~
赤ちゃんだった息子、ほ~んとに手がかからない良い子だったし、可愛かったしな~


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-08-25 06:00 | ペルージャ・その他の町
ブログ友と楽しいお喋り@ペルージャ♪
c0206352_58165.jpg

ペルージャ、歴史的地区プリオーリ通りに繋がる階段。
この下にはエスカレーターが続いています。
エスカレーターはペッリーニ駐車場に続いていて、
そのすぐ前に私の泊まったホテルがありました。
時間にして2,3分の距離です。






c0206352_512962.jpg

「OSTERIA A PRIORI」
プリオーリ通りにあるエノテカ・レストラン♪

今回のペルージャでは、ペルージャ在住のブログ友だちに会うという楽しみもありました♪
「ペルージャ発 なおこの絵日記」のなおこさんです。
今回、私はバスでペルージャに行ったのですが、彼女は、わざわざ、ローマから到着するバスターミナルまで私を迎えに来てくれました。
そして、荷物を置くためにも、まずはホテルでチェックインを済ませてからエスカレーターでプリオーリ通りに向かったわけです。

ローマ・ペルージャ間のバス情報は、なおこさんが詳しく書いています。こちらからどうぞ♪←ここをクリック♪

どこのレストランでランチを取ろうかと事前に相談していたのですが、こちらも候補の一つでした。そして、このお店の前を通った時に、「ここは美味しい!」と直感して、ここでランチを取ることにしたのです。
何と言っても、ビジネスランチ(この界隈で働くビジネスマンのためのランチ)が、ミネラルウォーターとワインつきで9ユーロという安さだったんですもの~~!!






c0206352_5265640.jpg

エノテカですから、お店の中に入ると、この通り♪






c0206352_531631.jpg

左手にはウンブリア州の各種ワインが!
右手には箱積みされたワインが!

ウンブリア地方のワインや名産品を扱うお店で、お食事も地元料理です♪






c0206352_5333534.jpg

その奥まで進むと右手に厨房が見えます。
テーブルも少しありますが、1階は常連さんが多いような感じでした。
私たちは2階に案内されました。






c0206352_5383914.jpg

アンティパスト!
トラジメーノ湖のファジョリーナ(お豆)とパンツァネッラとズッキーニ♪
パンツァネッラ、見た目はおからのようですが、美味しいんですよ~~

ご存知ない方へ
パンツァネッラは、もともと貧しい農民の台所から生まれた食べ物で、古く硬くなったパンを捨てずに取っておいて、トマトや人参などのお野菜を加えて、酢とオリーヴオイルで味をつけたものなのですが、現在では、庶民的なレストランなどで、前菜としてメニューに登場します。
イタリア版「もったいない」精神から生まれた伝統的な家庭料理です。






c0206352_5404079.jpg

プリモ!
ナスとフレッシュパセリの蝶々パスタ♪
ラザーニアも選ぶことができましたが、ラザーニアはどこでも食べられますからね。
シンプルなウンブリアの家庭料理という感じで、こちらも美味しかったですよ~

ワインは2007年の赤を選びましたが、エノテカだけあって、かなり美味しかったです♪






c0206352_542278.jpg

2つのお皿♪
しっかし、美味しいワインとミネラルウォーターもついて、わずか9ユーロ♪
いいんでしょうかね~
私、すっかりこのお店のファンになってしまいました♪

「OSTERIA A PRIORI」
Via dei Priori 39
06123 Perugia Centro storico





c0206352_68939.jpg

「Ristorante del Sole」&「Living cafe」

なおこさんとペルージャの歴史的地区をお散歩した後は、お茶を飲みにこちらへ♪
本当は、こちらの、ペルージャを見渡せる展望レストランに来ようと思っていたのです。
でも、カフェとしても使える場所なので、予定変更したわけです。






c0206352_6104979.jpg

緑に囲まれたオープンスペース♪
ここも素敵な所でした~
実は、夫のお薦めレストランだったのです。
最近は、レストランも、お食事時間以外はカフェとして営業するところが増えていますね。






c0206352_6131017.jpg

テラスからの眺めが本当に綺麗なんです♪






c0206352_6153393.jpg

カプチーノ・シェケラート♪

これ、ペルージャではごく当たり前の飲み物らしいのですが、
私、初めて見ました・・
ローマでは見たことありません・・
すっごく美味しいんです!

カプチーノにコーヒー味のグラニータ(イタリア版かき氷)を入れて、シェイクするので、
カプチーノ・シェケラート♪
冷たくて美味しい!
癖になりそう~


「Ristorante del Sole & Living Cafe」
Via del Rupe1 もしくは、
Via Oberdan 28
Perugia 






c0206352_6214795.jpg

私たちのテーブルから見えたペルージャの風景♪

なおこさんは、日本で長く教職を務められ、現在はペルージャ外国人大学で日本語を教える優秀な女性なのですが、そのイメージから、私は真面目一辺倒の方かと思っていたのです。
でも、実際は、とっても楽しく可愛らしい方で、話が弾みました♪
イタリア在住10年で高度なイタリア語を身につけられ、イタリアの政治・経済にも精通されていたので、まぁ、色々と語り合いましたよ~
もちろんバカ話も!ですけど。

ご主人のご両親と二世帯住宅で同居されているって凄いなぁ・・
イタリアでは珍しい!
日本人の嫁だからこそ出来たことですよね・・

ブログを通じて、またまた素敵な出会いがありました♪
年下の妹分が出来ました♪
なおこさん、これからもよろしくね♪




2つのブログランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2011-09-14 05:40 | ペルージャ・その他の町
ペルージャ地下の旅♪
c0206352_23445916.jpg

c0206352_2349462.jpg

ペルージャの街並み(歴史的地区:丘の上)。
丘の上ですから、ヒーコラ、坂の街でもあります。

私が滞在中のペルージャは完全に夏日でした。
まぁ、日中の暑かったこと~!

ペルージャは丘の上に築かれた中世の街(外敵から守るため)ですが、
現在では、丘の下にかなりの広範囲に渡って住宅地が広がっていますので、
歴史的地区(丘の上)に入るためには、バスやミニメトロ等の公共交通機関もありますが、幾つかのポイントにあるエスカレーターを利用します。
これはなかなか画期的なシステムですね♪






c0206352_23551037.jpg

ロッカ・パオリーナの入口

そのうちの一つ、以前ご紹介したことがありますが、ロッカ・パオリーナのエスカレーターは16世紀にローマ法王パオロ3世の命によって作られた城壁の基礎の部分に作られました。
この上は、現在、県庁の庁舎となっています。






c0206352_23574836.jpg

エスカレーターと城壁の土台の傾斜を利用しています。
遺跡の中を歩いて行くのです。
天井が高く、内部はかなり広いのです。






c0206352_032544.jpg

c0206352_05944.jpg

c0206352_08589.jpg

内部はこんな感じで続いていますが、スペースが大きいため、展覧会等の催しが行われることも多々あります。






c0206352_013471.jpg

最後のエスカレーター♪
ここを降りると、パルテジャーニ広場に出ます。
そして、そこには、市営の巨大駐車場と、長距離バスの発着ターミナルがあります。
今回私も利用したローマ・ペルージャ間のバスも発着するところです。






c0206352_6251376.jpg

さて、ペルージャの地下と言えば、もう一つ!
エトルリア時代(古代ローマ時代より前の時代です)の井戸が歴史的地区にあります。
こちらが、その入口♪

入場料は3ユーロ。
でも、この入場券で、この井戸だけでなく、S.Severo教会のラファエロの祭壇画とS.Angelo教会のなんちゃらも見学することが出来ます。






c0206352_6321967.jpg

入口から井戸へ降りる階段。
紀元前4世紀から3世紀頃に作られたものです。






c0206352_634476.jpg

途中の小窓から覗ける井戸。
深さは37メートル。






c0206352_6372322.jpg

まだまだ続く階段です・・
湿気が多く、壁も通路も水分が滲み出ています。






c0206352_6423050.jpg

井戸の上にかかる小さな橋の上にやっと到着です!






c0206352_64047.jpg

深い井戸を覗きましたが、暗くてよく見えない~
お金(硬貨)が投げ入れられてます。
イタリアでは、噴水の水とかお庭の池とか、井戸とか、水のある所に何故か人々がお金(硬貨)を投げ入れる習慣(?)があるのです。
何か御利益があるのかしら?




2つのブログランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2011-09-13 00:26 | ペルージャ・その他の町
正解はここです!
c0206352_14195395.jpg

イタリアの古い街並みではよく見かける風景♪
これだけでは、どこがどこだか分からないと思いますが・・







c0206352_14354935.jpg

チェントロ・ストリコ(歴史的地区)のメイン通り。
Corso Vanucci(コルソ・ヴァヌッチ:ヴァヌッチ通り)。
これを見ると、一度訪れたことのある人なら、どこだか分かると思うのですが~







c0206352_1448212.jpg

ドゥオーモ♪
これで、もう完全に分かったでしょう?







c0206352_14525063.jpg

Palazzo dei Priori(プリオーリ宮殿)とFontana Maggiore(大噴水)♪

プリオーリ宮は1293年から1443年にかけて建てられたゴシック式の建物。
市庁舎として使われています。

広場の噴水は、13世紀(1275~1278)のもの。
大理石に見事な彫刻が施されています。
ニコラ&ジョヴァンニ・ピサーノの作品です。

はい。
古代ローマ時代よりももっと古いエトルリア時代からの伝統のある、
中世の丘の街、ペルージャです!


ペルージャは夫の実家(と言っても今は義理の姉がいるだけです)のある街なので、よく行くところなのですが、夫の親戚付き合いの一貫で行くのは、気分的に全く面白くなく、楽しくもなく、街そのものの魅力も色褪せて見えるものです。

ですが!
今回、一人で、ホテルに泊まって好きなことをしていたら、街の風景は全く変わりました!
いいとこじゃないの~!って。

お食事も、私は、どちらかというと、家庭で食べるものより外食のほうが好きなので、今回は新鮮でした。
イタリア人って、レストランで食べるものより、マンマの味、家庭料理の方が断然美味しい!と言いますが、私はそうは思わないのです。
この2つは、比較できない別物だと思います。
そして、私はレストランのほうが好き。
これは、例えば、天ぷらが家庭より外で食べるほうが美味しいのと同じ原理です。

今日の午後には夫が来て、私も義理姉のところへ泊まります。
ネット環境がゼロなので、これは予約投稿になります。
それにしても、親戚だけでなく、友人も含めてのイタリアの濃い人間関係、疲れますよ~







c0206352_1631956.jpg

ホテルの読書室♪
ロビーではありません。
私のお部屋のある2階(日本式では3階)にあるのです。
そして、このお隣に朝食を取るお部屋が続いています。






c0206352_1674064.jpg

c0206352_16122896.jpg

朝食ルーム♪
可愛いでしょう?
質素でシンプルだけど、どこか可愛い♪
オーナーさんのこだわりと出来る限りのおもてなしの心を感じます♪






c0206352_16173287.jpg

朝食はビュッフェなんですけど、たくさんのものが揃っています。
食いしん坊の私は、ついつい欲張ってしまいましたが、ヨーグルトやジュース、マチェドニア・フルーツサラダにまではとてもたどり着けませんでした・・

さぁ、今日はこれからどこに行こうかな~



Hotel Europa
Via Pompeo Pellini 19
Perugia
Tel:075.5726.883



2つのブログランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2011-09-11 06:30 | ペルージャ・その他の町
私はどこにいるでしょう?
c0206352_59576.jpg

こ~んな所に来ています♪
5月でもないのに、薔薇の花が咲き乱れています♪

今日は、こちらの地元のお友だちと、とっても素敵なエノテカでランチ♪
そして、見晴らしの良いカフェでのんびりお喋りを楽しみました♪
この件については、後日詳しく綴ります。






c0206352_5132020.jpg

ラファエロ作の祭壇画も見てきました♪
手前右にあるラファエロの頭像ですが、
彼、本当に、こんなにも素敵な美男子だったのでしょうか?
美し過ぎる・・






c0206352_523974.jpg

本日お泊まりのホテル♪
リバティ様式の建物です。
リバティ様式って、イタリアでだけしか通用しない言い方です。
イタリア以外の国では、アールヌーボーと呼ばれています(苦笑)・・






c0206352_5312669.jpg

私のお部屋のある2階(日本式に言うと3階)です。
スペースが広くて、雰囲気が~
もう、いちいち可愛い過ぎる~♪






c0206352_65261.jpg

廊下も広くて、お部屋のドアも大きくて、やっぱりいい感じだわ~♪
私のお部屋は手前左。
フィリッポ・リッピの聖母マリアの絵の複製がかかっているお部屋♪






c0206352_5384720.jpg

ひゃっほ~い♪
ダブルベッドを独り占め出来る~♪
あ、私、本当に一人ですよ~
こちらのホテル、ファミリーランの小さなホテルで、
お部屋が13室しかなく、シングルルームはないのです。






c0206352_5435759.jpg

調度品も全てアールヌーボー様式♪
いやぁ、センスいいです、このホテル。






c0206352_5501310.jpg

クーラーはないけれど、夜は涼しいので問題なし!
その代わり、無線LANが全館に入っています。
ここ、2つ星ホテルなのですが、3つ星ホテルでさえネットが出来る環境が整っていないイタリアのホテルにしては進んでいます。

そして、そして、この大きな窓の外はテラスになっていて・・







c0206352_556491.jpg

こ~んな眺めが眼下に広がるのです~

きゃっきゃっ!
気に行っちゃった!
このホテル♪

ネット特別価格、ダブルルームのシングルユースが、なんと!驚異の40ユーロ♪
もちろん朝食付きです。
正規のお値段は、60ユーロから100ユーロだそうです。


さて、私はどこにいるのでしょう?


コメント欄は開けておきますが、お返事は帰宅してからになります。
明日はネット環境が悪くなりますので・・



2つのブログランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2011-09-10 06:21 | ペルージャ・その他の町
  

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
簡単ピザランチ@おウチ♪
at 2017-04-28 05:00
耐震工事開始!
at 2017-04-27 06:15
今日のおやつ♪
at 2017-04-26 05:58
サンタ・マリア・ソプラ・ミネ..
at 2017-04-25 03:39
お買いもの♪
at 2017-04-24 00:11
ネットが相変わらず・・・
at 2017-04-22 22:31
イライラの日々。
at 2017-04-21 19:47