カテゴリ:息子・私・家族のこと( 88 )
これまでで一番楽しかったお仕事♪
c0206352_23575818.jpg

写真は、若かりし日の王貞治氏とmayumiです♪
私の服装が時代を感じさせるでしょうか?
当時流行っていたサンローランですけど・・
(いちいち、こういうことを書くところが私らしいわ、笑)
大昔の写真なので、もはや誰にも(私にも)迷惑はかからないので載せちゃいました。

〇十年前、mayumi、まだ30代です。
既に結婚はしていましたが、まだ子どもがいなかったので、バリバリにお仕事をしていた頃です。
バリバリとは言っても、服装はヒラヒラ系ですけど~(笑)
本人、今と全然変わらないと思っているのですが、やっぱり違うのでしょうね~(笑)
王さんも若いわ~
しかも、ファッションがド派手だし~~

王さんがまだソフトバンクの監督に就任する前、フリーだった時代、各放送局は王さんの奪い合いをしておりました。
どこの放送局も「世界の王」を専属にしたかったんです。
結局は、どこの専属にもなりませんでしたけど。
これは、某公共放送局のスペシャルTV番組で、イタリア中を一緒に回った時のものです。
私は、通訳コーディネーター♪
これまでで、一番楽しかったお仕事です。

写真は、北イタリアの海辺の町、リミニの野球場~
リミニに行ったのには訳があります。
それは、この地に、「イタリアのベーブルース」と呼ばれるホームラン王がいたからです。
私がインタビューもしました♪
ちなみに、サッカー王国のイタリアではありますが、プロ野球リーグもあるんですよ。
選手たちは、アルバイトをしなければやっていけないという厳しい状況ですけど。

これまで、いろいろなお仕事をして、いわゆる有名人と呼ばれる方にもたくさんお会いしてきたわたくしですが、後にも先にも、ツーショットで写真を撮ったのは、王さんとだけ!
普通、お仕事でこういう方々とご一緒する時は、たとえ相手がどんな有名人であっても、あくまでもお仕事では対等な関係にあるわけですから、ミーハー心はなくなるものです。
写真は絶対に撮りません。
でも、王さんとの写真だけは欲しかった~!
当時のスポーツ界のスーパースターでしたからね。
熱烈な巨人ファンだった父宛てにもサインを頂きました(笑)。

とっても腰が低くて、優しい方でした。
気さくで面白くて、一緒にいて楽しかったです。

あれから〇十年。
その間に、王さんはソフトバンクの監督となり(これは九州出身の私には嬉しかった!)、奥様を亡くされ、大病もされ、今は監督もやめられましたが、これからも、日本のスポーツ界を牽引していく存在だと思っています。
いつまでも、お元気で頑張って欲しいですね。

そして、私も、頑張ろう!
息子が日本の大学へ入り、私は「子育ても終了?」と思っていたものの・・
やはり、きちんと就職するまでは、どうにも気分が落ち着きません。
ですので、私も、まだまだお仕事へフル・イメーションという気にはなれませんが、ボチボチと行きたいと思っています。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2013-04-24 05:44 | 息子・私・家族のこと
久々の息子ネタ♪
c0206352_572228.jpg

9.11 memorial day


c0206352_514428.jpg

Manhattan


c0206352_536353.jpg

Times square


息子は、ニューヨークが大好きになって日本へ帰ってきました~
まぁ、そうなるだろうとは思っていましたが・・(笑)
私も行きたくなっちゃった♪
ニューヨーク滞在中に、9.11のメモリアル・デイがあったことは幸いだったかもしれません。
色々なことを考えさせてくれますから・・

滞在中にお世話になったRくん、本当にありがとう♪
夢への第一歩、頑張って下さいね。
君が東京にいない間、息子は寂しい思いをするかもしれないけど、それも人生。
来年、東京に戻ってきたら、また仲良くしてやって下さいね。


さてさて、9月25日より大学の後期の授業が始まりました。
お陰様で、2年生前期の成績は大変満足の行くもので、超遊び人の彼にしてはよくやったなぁ・・と、褒めてあげたいです♪
「ミクロ経済学」以外は、全てAでした♪
息子は、どうも、経済学が苦手らしいです・・(大汗)
経済学は大切ですからね~
何とか克服して欲しいものです。


イタリア生まれのイタリア育ち、学校はずっとイタリア現地校だった彼(しかもハーフ)が、いくらバイリンガルに育ったからといって、そして、いくら日本の大学に合格したからって、「その後の勉強についていけるのかしら?」と興味津々の方もいらっしゃるかと思いますが・・
全く、問題ありません。

受験前の予備校の模試では、驚いたことに、国語(もちろん日本語)の成績がトップ3でしたし、日本人としての国語力は、既にかなりのレベルに達していたようでした(これは自慢ではなく、親子共々のサプライズだったのです)。
それでも、息子の入学した大学が偏差値の高い所だったので、私自身、大丈夫かな~と一抹の不安はあったのですが、何とか大丈夫そうです。
1年の後期は、気が緩んで、あまり良い成績とは言えなかったのですが、本人、反省したようで、今は、「よく遊び、よく学ぶ」を実践しているようです。

ただし、ただ一つだけ、ハンディはあります。
それは、日本史を全く勉強したことがないという事実から来ています。
海外で育ったので仕方ないのですが、日本政治史などの勉強では、過去から現在に至るまでの難しい名前を持った政治家の名前が頻繁に出てきます。
勉強の段階で、それらの名前を読むことが出来て、内容を理解することが出来ても、レポート提出なら問題ありませんが、もし筆記試験の中で、そういう方々の名前を出しながら記述する必要がある場合、書けない・・ということが生じる可能性があるわけです。

「いわくらともみ」を岩倉具視と書けないとか、
「さいおんじきんもち」を西園寺公望と書けないとかね・・
いくらなんでも、平仮名で、「ともみ」とか「きんもち」と書くわけには行かないでしょう?
まぁ、この点では苦労しているようです。
息子の大学、大変厳しくて、レポート提出で単位が取れるような科目はないのです。
必ず筆記試験がありますから。

あ~、気が緩みがちな後期!
遊びながらでいいから、しっかりやって欲しいものです。
今週末は、九州のおじいちゃんのお見舞いに行くようです。
私の父は、お陰様で、リハビリ専門病院に移って2週間。
とっても元気になって、歩けるようになりました。
退院まで、もう少しのようです。
可愛い孫の顔を見たら、一気にテンションアップで、回復に加速がつくことでしょう。


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-10-03 06:34 | 息子・私・家族のこと
開放記念日~♪(笑)
c0206352_3463581.jpg

ローマ、パラティーノの丘♪
パラティーノの丘は、お花でいっぱいの公園に変身しました~
ローマ発祥の地ですから、紀元前8世紀の初期鉄器時代の遺跡や古代ローマの皇帝たちの宮殿の廃墟がたくさんあります。
無造作に、遺跡のカケラがその辺に転がっているのが渋いでしょう!?
フォロ・ロマーノより、こっちのほうが絶対に楽しいと思います♪
散策には時間がかかりますけど~


さてさて、ようやく9月10日を迎えることとなりました~(ホッ!)
夫がようやく仕事始めとなって、めでたく、私にとっては開放記念日となりました!(笑)
この1ヶ月半、長かった~~~!!←実感!
今年の夏は旅行にも行かなかったので、大変つらい日々でした~(笑)

年齢を重ねるごとに、夫は妻と一緒にいたがり、妻はそんな夫を疎ましく思う・・
これって、私が日本人だからなのでしょうか?
それとも、私だけ?
私は一人になる時間がないと絶対にダメなんです~
でも、それは、イタリア人には理解できないことらしくて・・
もちろん、夫とは一緒に出かけたり、適度に相手してましたよ~
それだけでご機嫌になりますから。

こう見えてもイタリア人は世界で一番寂しがりやですからね。
一人でいるのが嫌!という国民性。
夫婦が仲良くあるのはいいことですが、始終いつも一緒というのは・・
ちょっと疲れます・・

今日からようやく夫の視線を感じずに、私の普通の日常の再スタートです!


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-09-10 05:51 | 息子・私・家族のこと
ただ今、心労中・・(笑)
c0206352_331198.jpg

フォロ・ロマーノ、セヴェルス帝の凱旋門の横にある演壇♪
この演壇の上に立って、数々の雄弁家たちが熱弁をふるい、
シーザー暗殺後には、アントニウスがローマの民衆を前に復讐を誓いました。

ライフワークとして、ローマ建国の歴史を研究中(ちょっとかっこつけました~)の私は、昨日、今日と、フォロ・ロマーノとパラティーノの丘を探索してきました~
ま、ローマの発祥地・パラティーノの丘がメインですけどね~

ローマは、朝晩とても涼しく、日中も、外に出れば暑いですけど、家にいる限りはエアコンを使うこともなく、実に快適な日々となっています♪


快適な日々なんですけど~
私は・・
心労が絶えない日々なんです~

ニューヨークに行った息子のことが心配で心配で仕方ありません。
だからと言って、何も手がつかないほどではありませんけど、心配の文字が頭の中を占領しているのです~
彼には言葉の問題はないのですよ。
留学したこともないのに、英語は何故かペラペラなのです。
それに、お友だちのアパートに滞在ですからね。

でも、私は、どうにも気分が落ち着かないんです。
無事に東京に戻るまでは悶々とした日々を送りそうです・・

息子は、これまでも、一人でエジプトのお友だちの家に遊びに行ったことはあるし(政変のほんの少し前でセーフでした)、ヨーロッパ域内ならお友だちと何度も旅行しているのに、アメリカというだけで、私はどうにもこうにも落ち着かないのです。

それは何故なのかな~
たぶん、私にとってアメリカは物凄い異国なのでしょう・・
グアムやハワイには何度も行きましたが、アメリカ本土には足を踏み入れたことがない。
TVや映画でアメリカにはいつも触れているけど、リアルな意味で私はアメリカを知らない。
私にとっては全くの未知の国なんです。
アジアやヨーロッパ域内なら、行ったことがない国でも、地元~という感じで、全く心配もしないのですが・・

どこの国も同じかもしれないけど、最近のアメリカは、色々と物騒な事件が起こるので、それで過敏になっているのかもしれません。
もし、自分の子どもが一人でイタリアを旅行するとか留学するとなると不安に思う親御さんもいるでしょう。
マフィアとかスリのイメージを持っている方もいるでしょう。
それと同じように、私はどうしてもアメリカの銃社会が気になって、怖いイメージがつきまとうのです
アメリカン・ドリームを実現出来る国ではあるけど、世界で一番格差がある国とも言えるし・・

ニューヨークへ行ったことのある友人たちは皆口を揃えて言います。
「ニューヨーク、いいわよ」って!
でも、私は・・
息子がアメリカに行くのは、これっきりにして欲しいです。
私の身が持ちませんわ~


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-09-08 07:00 | 息子・私・家族のこと
8月最後の日~♪
c0206352_22344778.jpg

聖天使城の天辺にある大天使ミカエル様の像♪
ミカエル様、大好きです~~
剣を持って悪と戦いますが、基本的には守護の天使です~
ちなみに、イタリア語ではミケーレ、フランス語ではミシェル、英語ではマイケルとなりますが、私はミカエルって呼び名が一番好き~
ラテン語かと思っていたら、ヘブライ語でした。



c0206352_22383326.jpg

聖天使城から見下ろした聖天使橋♪
テヴェレ川の水がかなり澱んでおりますが、ここから見えるローマの風景は美しいです。


さて、8月最後の日となりました♪
今月の私は、目が回るほどに忙しかったです。
上記の写真も、お友だちと一緒に上った聖天使城で撮ったものです。
あまりにもたくさんのことをしたために、8月も7月同様、私には長かったです。
とても、その全てをブログに書ききれるものではありませんでした。


まず、8月に入ってすぐ、ずっと抱えていたボランティアの問題で、大仕事を一つ片付けました。
これは、大変神経を使うものであったので、心身ともに疲れ果ててしまいましたが、それをやり遂げた後は、心からの安堵感を感じ、ホッとすることができました。

そして、その後は、日本からお友だちが来てお付き合いしたり、ローマのお友だちとも遊びに行ったり、また、以前記事にした通り、夫の友人のお嬢さんがこの9月から東京でインターシップをすることになったため、そのフォローをしたり・・

何より、夫がヴァカンス中で7月下旬よりずっと家にいましたから、これも大変でした~
ちなみに、夫のヴァカンスは、まだまだ9月10日まで続きます(私、大汗)。
もう、うんざりだよ~~(心の声)。

夫、本当は8月中旬過ぎから、東京の息子に会いに行く予定だったのです。
私は、6月に日本へ帰国したばかりですし、年末年始も日本ですから、夏の帰国は考えていなかったので、別にいいのですが。

ところが、この6月に支払った昨年度の所得税が、会計士のミスでとんでもないことになりまして~
ミスというのは計算間違いということではありません。
会計士のお仕事がどういうものであるかをご存知の方はお分かりかと思いますが・・
日頃はとても優秀な方なのに、どうしてこんなことになったのかなぁ・・
今回はミスしただけでなく、提出していた各種経費の領収書を全て、さらに6ヶ月分の患者への領収書の控えもなくしてしまったのです。
なくしたものは何とかそのほとんどを再構築したのですが(ほぼ、ミッション・インポッシブルだったのですが・・)、ともかく、今年は莫大な額の税金を支払う羽目に陥って(予想していた額の2倍)、ただでさえ、各種税金が上がる中、しかもユーロ大暴落で息子への仕送り額も増える中、さすがに東京行きは諦めたほうがいいという結論に達しました。
夫には気の毒なことですが、仕方ありません。
しかし、会計士、お詫びの印と言って絵を1枚プレゼントしてくれたのですが、そんなものいらな~い!
報酬をタダにして欲しかったです~~

まぁ、その話は横に置いておいて~
そんな風にバタバタと忙しい中、私は、さらに、チヴィタ日帰りツアーのアシスタントとして、8月は、なんと5回もチヴィタに行ったのですよ~
もうチヴィタのことなら任せて~って感じです(笑)。
お仕事なのに、こちらも楽しませて頂きました♪
素敵なお客様たちとローマナビさんとのご縁に感謝です~~

その他にも、今月は色々な本を読みました~
ローマの街も歩きました~

一方、東京では、息子のマンションの家賃の自動引落しが出来てないという事態になって~。これは銀行側のミスだったのですが、日本の銀行もこんな大それたミスをするものなのですね。
まったく~~!!

また、九州の実家では、とっくに肺炎もなおって身体自体は超健康なのに、長引いた入院によって足腰の弱った父のリハビリ問題があって、電話やメールのやり取りが大変で~
本人は自宅に戻って、通いでリハビリをしたいようですが、母が「絶対に無理!」と断固拒否しているのです。
だったら、「入院費が高くて大変だ」(父はわがままな人で個室を利用してます)なんて、言わなきゃいいのにと思ったり・・
私は、「もう少し優しくなれないものか」と、半分母に呆れていたのですが、ママ友兼ブログ友のricoさんに、「お母様は優しくないのではなく、自信がないだけだと思います」と言われて、目からウロコ・・
そうよね~
そこまで思いが至らなかったわ~
お役所の手を借りて、ヘルパーさんを頼まなきゃ~
でも、これがなかなか、申請から実際までのサービスに時間がかかるんですよね。
ビックリでした。
なんか、日本もイタリア並みにのろいことがあるんだな・・と不思議に思いました。

まぁ、こんな感じでとっても忙しい8月でしたが、私自身は本当に充実していました♪
何故か体調もすこぶる良くて!
暑い夏なんて全然平気でしたよ~
私って、忙しくしている方がイキイキするようです。

実は、今日もお友だちとランチです~
この報告は、また後日~
だって、明日の9月1日は、日本から懐かしいお友だちがやってくるのです。
日本からですが、日本人ではありません。
夕飯に招待しているので、準備しなきゃ~
ま、気心知れた友人だから、手抜きご飯でいいかな~
イギリス人だし、何出しても喜んでくれる人だから。

こんな風に、まだまだ充実した日々が続いていきそうなmayumiです。
皆さま、9月も一緒に楽しみましょう♪


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-08-31 06:02 | 息子・私・家族のこと
暑中お見舞い申し上げま~す♪
c0206352_6462877.jpg

c0206352_6283350.jpg

ローマ、旧アッピア街道♪
(今日、夫と散歩してきました~)

暑中お見舞い申し上げま~す♪

今日から8月ですね~
7月は、私にとって本当に長い1ヶ月でした~
何だかとっても忙しくて、目眩がするほど・・
忙しい時には時間が早く過ぎるように感じるものですが、今回は、何故かいつまでたっても7月が続いているようで、なかなか終わらない・・
しまいには、「早く7月終わって~!」と祈るような気持ちになっていました(笑)。


東京の息子も大学前期の試験が終わり、お友だちと遊びに行ったりして楽しく過ごしているようです。
8月は少しアルバイトをする予定らしいです。
そして、9月に海外旅行・・
これ、大学生の定番なのでしょうか?(笑)

実は、以前皆さまにお知らせしていた息子の某新聞社でのアルバイトは3月いっぱいで辞めました。
週に4日という契約は、とても勉強と両立出来ないためでした。
大学1,2年の間は、履修科目の数がとっても多いのです。

そのせいとは言いませんが、1年後期の必修科目を落としてしまったのです。
私の考えは、大学は学ぶために行くところなので(もちろん遊んでもよし)、アルバイトが主体になる生活は本末転倒!
そのために、私たちは、彼がアルバイトをしなくても十分に生活していける額を仕送りしているのです。

某新聞社では政治部に配属されていましたし、大変な仕事ではあるけれど、勉強にもなったので、辞めることは非常にもったいなかったのですが、アルバイトのために大学生活を犠牲にするわけにはいきません。
新聞社も、学業優先という理由は分かってくれたようです。
アルバイトとはいえ、入るときに試験があったため、「いつでも戻ってきていいよ」と言われたそうです。
が、彼に戻る気はないようです。
よっぽど仕事が大変だったんでしょうね~

この年頃の子は将来の夢がころころ変わるようで、あれだけジャーナリストになりたいと言っていたのに、変わりつつあるようです。
まだまだ時間はあるので、自分のやりたいことを見つけて欲しいと思っています。


今年の夏は、日本もイタリアも尋常じゃない暑さが続いているようですね。
暑さに負けず、夏を乗り切りましょう♪
楽しく過ごしましょうね~


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-08-01 22:26 | 息子・私・家族のこと
サッカーに熱くなれる人たち・・
c0206352_516446.jpg

最近のお気に入り~
トワイニングのティーバッグなんですけど、オレンジとシナモンのハーモニーが最高♪
癒しの香りとお味です~
美味しいんですよ♪
今、ものすご~くハマっています♪


人がせっかくいい気分でお茶を飲んでいるというのに、隣の部屋からは、夫の怒鳴り声がひっきりなしに聞こえてきます・・
物凄く怒っています・・(汗)

何故かと言いますと、
サッカー、チャンピョンス・リーグのTV中継を見ているんです。
バルセロナVSチェルシーなんですが、
別にイタリアのチームってわけでもないのに、
御贔屓のチームってわけでもないのに、
イタリア人って、たかがサッカーに、どうして、こんなに熱くなるんでしょう!?
私には理解不能・・

「この試合、絶対にバルセロナに勝たせるわけには行かない」
「世界最高のチームだと調子に乗ってるけど、ロクでもないサッカーしかしない」
「彼らのサッカーはサッカーではない」
「ちょっと接触しただけで大げさに倒れて、相手にイエローカードを与える作戦ばかりだ」
「そのくせ、審判が見てないところでは、いつも卑怯なことをする」
「審判を金で買ってる」


最終的には、チェルシーが1点入れて勝ったんですけど・・
「1点差じゃダメだ。今度の試合で奴らは何をしてくるか分からない。安心出来ない」
もし、次の試合でバルサが2点以上入れて勝ったら、バルサVSチェルシーはバルサの勝ちということらしいです・・

ちなみに、チャンピョンス・リーグに、イタリアのチームは残っていません。
最後まで残っていたナポリがチェルシーに負けたのだとか・・
「ナポリのほうが実力があったのに、審判のせいで負けた」と言ってました・・
トホホ・・


2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by mayumi-roma | 2012-04-19 07:17 | 息子・私・家族のこと
菅前首相との懇談会・・
c0206352_717188.jpg

1週間前、菅直人前首相との懇談会に出席した息子です。
友人が送ってくれました。

最初に誤解がないように言っておきますが、私は、民主党支持者ではありませんし、決して菅直人氏を応援する立場にもありません。
だって、ほら、私って、もともと右寄りですし~(笑)
政治的なことはあまりブログには書きたくないと言う信条も持っています。
今回は、久しぶりに息子の話題ということで、お許しください。

私の友人の一人は菅前首相の近いところにいる方なのですが、菅さんが若い世代の大学生と話したいということで、息子も参加してくれないだろうかというお話がありました。

曲がりなりにも、法学部政治学科で学んでいる息子ですから、自分の持つ政治的信条は別にしても、色々な立場の方にお話を聞くことは大切なことだと思います。
若いうちは視野を広げることが大切ですから~

ですから、ローマに帰省中にも、いくつかのシンポジウムに参加して、イタリアのプローディ元首相や小泉政権下で経済財政政策担当大臣等を務めた竹中平蔵氏ともお話しする機会を持ちましたが、今回の菅元首相との懇談会も良い経験になるに思ったようで、行ってきたようです。

息子は、「菅さんには、質問すること、聞きたいことがたくさんある」と張り切っていたのですが、それが全て聞けたのかどうかは、私は知りません。

私は、息子が失礼なことを言わないだろうかととっても不安になったので、「一国の首相を務めた方なんだし、脱原発の姿勢は素晴らしいと思うし、あんまり失礼なことは言わないほうがいいと思うよ」と一言だけ、釘を刺しておきました。

エネルギー政策については、「これからは一市民として脱原発依存社会を考えたい」と菅さんが仰ったらしいのですが、息子としては、一市民としてより、政治家の立場での話が聞きたかったようです。

たぶん、菅さんは、自分も一市民であることを強調されただけなのかもしれませんし、「自然エネルギー研究会」の顧問をしていることからそういう発言になったのかもしれません。
まだまだ未熟な息子ですので、そういう点での読み取りが甘いんですね~

菅さんは、首相在任中は各方面から異常なほど叩かれていましたが、私は、少なくとも、全国の原子力発電所にストレステストを実施することを決定した点で認めています。
福島第一原発の事故を受けて、ヨーロッパでは直ちに原発へのストレステストの実施が決まったのですが、事故当事国の日本がどうしてそれをしないのだろうと、私は不思議でたまらなかったのです。
まぁ、それも、日本では、「思いつき発言だ」と叩かれましたが、菅さんは、実際には非常に孤独な戦いをしていたのだと思います。

政治家には、必ず一つ、政治生命を賭けて成し遂げたいことがあるのだと思います。
小泉さんの場合は、それが郵政民営化で、菅さんの場合は脱原発依存社会への道筋ををつけることだった。
そして、野田さんの場合は増税なんでしょうね・・
いえ、私は別に反対ではありませんよ~
イタリアで暮らしていると、増税は毎度おなじみ、いつものことですから~
今度、イタリアの消費税は、21%から23%に上がります。
やみくもに上げてばかりだと、そのうち、50%まで行くんじゃないかと心配ではありますけど。


2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by mayumi-roma | 2012-04-15 08:52 | 息子・私・家族のこと
やっと解放されました~♪
c0206352_2533669.jpg

3月27日、火曜日、息子の高校時代の仲間が集まって最後の夕食をしました。

息子が帰省していたこの1ヶ月半、私は、このお友だち軍団の来宅に大変悩まされ、ストレスフルな日々を送っていました。
誰かが毎晩のように夕飯を食べに来るし、
そうでなくても、必ず毎日遊びに来て夜中過ぎまで家にいる・・
特に、約1名Fくんは、「君はストーカーかい?」と言いたくなるほどの有様で、息子が高校以外のお友だちと約束がある時は、家に1時間おきに電話がかかってきて(息子はかかってくる電話が煩わしいので携帯は家に置いて出かけていた)、「もう帰ってきた?」と・・

もっとも、最後の10日間くらいは、私の気持ちがすっかり疲れ果ててしまって、この子たちが家に来ないように息子に言い渡していました。
フィレンツェに出かける前の週末に、このうちの3人が泊まりに来て、いい加減に爆発してしまったのです!
(もちろん、この子たちの前ではありませんよ)

だってね、ベッドメイキングや、たとえ一晩だけしか泊まらないにしても、シーツや枕カバー、タオルのお洗濯が大変なことになってしまうんですよ~
我が家は、レストランでもなければ民宿でもありませんから!

遠く離れていても、ずっとお友だちでいてくれることは本当にありがたいことですが、それにしても、まだまだ未熟な子たちですから(イタリアの子の精神年齢は低いと思います)、ちょっと考えれば分かりそうな常識というものが欠けている部分がありました。

でも、まぁ、最後の晩ですからね。
この子たちは、お互いがどこにいても、きっと一生の友だろうし、最後に皆で食事がしたいという息子の希望もあって、私はイヤイヤ準備しました(笑)。








c0206352_36255.jpg

最後のお勤めとはいえ、子どもたちが相手ですから、メニューは手抜きです(笑)。

何しろたくさん食べる子たちなので、パスタもたくさん茹でました!
車海老とフレッシュトマトのパスタです。
車海老は1キロ使いましたが、この通り、ちょこっとしか顔を出していません。

セコンドは、お洒落なローストビーフを作っても、到底足りないと思ったので、ボリュームがあってお腹に貯まるもの。
というわけでトンカツにしました。
これ、全部で4回揚げました~
もう、疲れましたよ~

付け合わせも、1種類だけにしました。
チコーリアとほうれん草とビエタの3種類を茹でて、その後、オリーブ油とニンニク、ペペロンチーノで炒めました。

ちなみに、私はお料理するのに疲れ果てて、何も食べませんでした~








c0206352_316244.jpg

いつもの行きつけのジェラート屋さんで買ってきたデザートのミニョン♪

私の分が1つくらい残るかと思っていたのですが、見事に全部なくなりました・・
ひどい・・
イタリアの男の子って、ドルチェに目がないんです~
よくもまぁ、全部食べられたものだと・・
(ちなみに息子はあまり食べません、日本のケーキの方が好きです)








c0206352_3191828.jpg

ローマ・フュミチーノ空港

そして、息子は、翌日の3月28日、東京に戻っていきました~
私は、本当にホッとしました・・
「寂しいでしょう?」とよく言われますが、全然!
強がりではありませんよ~

なんといいますか、大学入学まで全力投球で子育てをしてきたもので、
「さぁ、これからは私の人生だ!」感が強いのです。
私、切り替えが早い人間なんです~
やりたいことはたくさんあるし、「人生これから」です!
それに、何よりも、一人で居る時間が楽しいんです。

ただ、息子は寂しかったようですね・・
それは、両親との別れが辛いということではなく、故郷(友だちも含めて)を後にする気持ちです。
私が日本に一時帰国してイタリアへ戻る時と同じような気持ちかなぁ・・

「19年間、暮らした場所だから・・」と言っていました。

たとえイタリアが何も機能しないカオスな土地であっても、そこに自分の選択した未来はないと分かっていても、彼にとっては、生まれ育った故郷なのですから。

二つの祖国を持つハーフの子って大変ですね。
様々な葛藤も感じるでしょうし、苦しむこともあるかもしれません。
まだまだ未熟で、ちょうど青年から大人への過渡期ですから、こういう思いをしながら成長していくのだと思います。

ローマには家があるのだから、いつでも帰って来られるわけではありますが、私的には、あんまり里心がつくのもどうかな~と思います。
成長してくれるといいけど。

4月からは大学2年生。
気を引き締めて、遊びもほどほどにして、お勉強の方も頑張って欲しいと思います。


2つのブログランキングに参加しています。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-03-31 06:34 | 息子・私・家族のこと
ラテン語のすすめ・・
c0206352_614254.jpg

今日は、息子が高校時代、2年生から5年生までの4年間お世話になった、ラテン語の家庭教師の先生がいらっしゃいました~
息子と先生はとても良い関係を築いているため、先生曰く、「決して終わらない関係」で、メールでやり取りをしたり、時間があればお互いの家を訪問し合っているのです。

現役の高校教師でありますが、その博識ぶりは、そのへんの大学教授以上だと思います。しかも、考え方が大変若い!
まずは未来を担う若者の意識を改革しようという理想に燃えて高校教師をしていたのですが、さすがにもう限界だそうです。
先生は、文系普通科高校で教えているのですが、高校に入ってくる子たちが小中学校で何も学んで来てないとおっしゃるのです。ろくなイタリア語も話せない、書けないそうです(教養あるイタリア語ができないということです)。
そして、こんな状況なのに、教育費削減の嵐で、ますます学校教育を取り巻く環境はひどくなっているそうで、イタリアの未来を担うはずの若者に教育の投資をしないこの国に未来はないとおっしゃっていました。

余談ですが、イタリアの教員のお給料は大変低いので(男性なら、それだけでは家族を養っていけません。そのため、イタリアの小中高の教員のほとんどは女性です)、日本では考えられないでしょうが、大抵の先生方は家庭教師のアルバイトをしているのです。


息子は理系普通科高校でしたが、古典を重んじるイタリアの教育ですから、理系でも、ラテン語や哲学は必修科目として学ばなけらばなりませんでした。
哲学は4年間だけでしたが、ラテン語は、イタリアの古語、西洋言語の元となった言語ですので、5年間の必修でした。
ちなみに、文系普通科高校では、ギリシャ古典を読むための古代ギリシャ語も必修科目になります。その代わり、数学や物理の比重は少なくなります。

私も、息子の高校時代に色々な先生方とお話することで初めて知ったことなのですが、ラテン語は論理的な言語なため、数学とよく似ているそうなんです。

ラテン語につまずく子は、数学にもつまずく。
数学が苦手だと、ラテン語も苦手。

よくそういう風に言われて、私は半信半疑でしたが、確かに、クラスの子どもたちを見ていると、そういう成績になっていたので、多分本当のことなのでしょう・・
息子が、最初は苦手だったラテン語が得意科目になったのは、この先生のおかげです。

ラテン語ができるということは、実際には使うことのない言語とはいえ、日本でもかなりインパクトがあるようです。
古語としてみっちり学んだわけですから、当たり前ですけど、たぶん、日本の大学教授よりは息子の方がラテン語はできると思います(笑)。
何しろ、ラテン語でセネカ等の古典を読んでいますから。

考えてみれば、古代ローマではラテン語が話されていたのですよね。
その後、イタリア語というか、イタリアの各地で方言のようなものが生まれてからも、聖職者や教養のある人たちはラテン語で会話をしていたわけです。
全ヨーロッパの知識人は、ラテン語を共通語として話していたのです。
ちょうど今で言う英語のようなものですね。

古代ローマ時代の栄光・・
先生は、古代ローマ人はコンピューターのような頭脳を持っていたと言います。
確かに、2000年も昔に、ローマでは既に上下水道も完備していましたし、耐震技術の建築法も持っていたんですよね・・
古代ローマ人は、その後、数々の民族と交わってしまったため、もはや、古代ローマ人の純粋の血を引くローマ人はいなくなってしまったと言います。

確かに、今のローマっ子がコンピューターの頭脳を持っているとは言い難い・・


さて、皆さまは、ローマ市のモットーをご存知でしょうか?
ローマにお住まいの方はご存知だと思いますが、街角のあちらこちらで見られる「S.P.Q.R」の文字!
そう、これが、ローマ市のモットーなのです。
S.P.Q.Rとは、Senatus Populusque Romanusの略。
ラテン語で「元老院とローマ市民」という意味で、古代ローマの共和制の成立を記念する言葉だったそうです。

この、S.P.Q.Rですが、口の悪いローマっ子が何と言っているか知っていますか?
Sono Porci Questi Romani(このローマ人たちは豚だ)
まったく!
そんなこと、自分で言うかしらね~!?
余りにも自虐的~~
そこが、現代ローマ人の良さなのでしょうか!?


2つのブログランキングに参加しています。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-03-13 07:35 | 息子・私・家族のこと
  

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。