カテゴリ:映画・音楽・本・イベント( 69 )
やなぎみわ写真展


c0206352_1734362.jpg

ローマ日本文化会館で、やなぎみわさんの「マイ・グランドマザー」シリーズが展示されています。
イタリア国内のギャラリーや収集家によるコレクションが5点と映像1点を貸し出してもらったそうです。
10月1日から11月20までなので、もうすぐ終わりですね。



c0206352_1740680.jpg

私は、まったく存じ上げなかったのですが、なかなか有名な方なのですね。
今年のベネツィアビエンナーレにも日本館の華として出展されたそうで・・
「グランドマザー」シリーズは、不思議な作品ですね。




c0206352_17435417.jpg

「Geisha」 2002年 180×240 モデナ信用金庫所蔵
これを見たとき、正直、不気味な作品だと思いました・・
遠くから見ると華やかで奇麗なのに、近くに来るとお婆さんで・・




c0206352_1745399.jpg

「HIROKO」 2001年 120×144 BYBLOS ART GALLERY VERONA所蔵
これは、今風な若い女の子との対比が面白いと思いました。




c0206352_17471469.jpg

「MIKA」 2001年 150×180 BYBLOS ART GALLERY所蔵
ちょっと訳わからなかった・・




c0206352_17483824.jpg

「AI」 2003年 180×240 プライベートコレクション
どうしてこんなところに日本人のお婆さんがいるんだろう!?と思いました・・



以上、写真だけを見た私の無知な第一印象ですが、
実は、作品の横には、解説というか詩というか、お婆さんの言葉が、イタリア語で書かれているのです。
これが、メッセージ性があるというか、まるで賢者の言葉のようで、問題提議をしているのですね・・


「GEISHA」では、芸者の心構えを説いており、それが、社会の基本的な一般常識になりうるものなんです。

「HIROKO」では、有名な高級娼婦が、自分と同じ道を進もうとしている孫にエールを送っている。

「MIKA」では、島に流れ着いた自分は色んな世界を見てきたけど、この島の人間はたぶん永遠にこの島を出ることはないだろう・・

「AI」では、女の子たちの未来を憂いながらも、女の子のつまらない毎日、希望と後悔が裏腹だということを独り言・・

なかなか深淵な言葉です。
ジェンダー、老い、生と死、人間のかかわり・・
いろんなことを考えさせてくれます・・

こういう写真もあるんですね。
好き嫌いは、別れると思いますが・・




ここの下をポチッと、クリックお願いします♪
にほんブログ村 イタリア情報
by mayumi-roma | 2009-11-17 18:31 | 映画・音楽・本・イベント
我が青春のマイケル・ジャクソン 「THIS IS IT」


マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」見てきました~♪
2週間だけの限定公開だっていうし、見れるときに見ておかなきゃ・・と思って、昨日の月曜日、
午後一番の回に入ってきました。
息子を送って行くついでの待ち時間を利用してね♪



c0206352_6355350.jpg

イタリアって、映画館が開くの、午後4時前後なんです。
(例外的に、2,3の映画館では、日本のように朝から上映している所もありますが・・)
だいたい、そんな時間に映画に行く人なんていないから、料金も安くなるんですよ。

日本で映画を見るのは高いですよね。
前売り券を買うか、レディースデイに行くしかないですね(笑)
こちらは、普通料金で7,5ユーロ(1000円くらい)。
夕方は安くなるので6ユーロ(800円くらい)。



c0206352_643644.jpg

最初は私一人の貸切状態!
10分ほど過ぎたあたりで、「え~っ、なんでこんなおばあさんが・・」と思うような白髪の
おばあちゃま二人組が入ってきました。



c0206352_6441055.jpg

ロック少女だった私は、もっぱらUKロックを聴いていました。
ごくわずかのアメリカンロックとともに・・
ポップスはあまり好きではありませんでした・・
でも、でも、マイケルだけは違うのです。

あの「スリラー」の衝撃!
映像と歌とダンスを一体化させた初めてのシンガー&パフォーマー!
六本木で華やかなナイトライフを楽しんでいた頃の、私の青春時代の象徴!!

「スリラー」は、何度見たことか分かりません。

ロンドンに行ってからもビデオやMTVを見ていました。
イタリアに来てからもコンサートに行きました。

プレスリーの娘と結婚した時は嬉しかったな~
こんな最高のカップルってないじゃないの!と思った・・

そして、時の流れと共に、彼の奇行だけが注目されるようになり、ほとんど犯罪者扱い・・

マイケルは優し過ぎたんですね・・
人と争うことを好まなかった・・
それなのに、そんな彼を本当に理解して愛して支えてあげる人に恵まれなかったことが
不憫でたまらない・・

今、彼の突然の死によって、全て美化され、神格化されていますが、彼が生きている間に
同じような賞賛を送っていたら・・と思わずにはいられません。
でも、皮肉なようだけど、この死がなかったら・・
相変わらず奇人変人扱いされていたのかもしれません。

私自身、ずっとマイケルのことを忘れていました。
でも、4,5年前に、ふとマイケルのダンスが見たくなって、DVDを2枚買っていたんです。
そして、去年、スリラー発売25周年記念という特典DVD付きのCDアルバム発売のお知らせが、
Amazonから来たんで注文していたんですね~。
偶然と言っていいのかな~
その後、まさか亡くなってしまうなんて~

映画を見て、まず、彼の優しさを痛感しました。
彼は誰に対しても腰が低いんですね。
彼の中では上下関係なんて存在しないようです。
そして、人に対して、動物に対して、植物に対して、地球に対して・・
彼の愛は普遍的なんです・・

本当に50歳ですか?
あのしなやかな身体の動きとダンスの素晴らしさ♪
声も綺麗で可愛らしいままでした♪
本当はとてもシャイな人なのに、舞台に立つと別人になる独特の歌とダンスも健在♪
仕事に関しては完璧主義者でしょうね。
音や照明に関して、自分なりの魅せ方というか、こだわりのある人・・
天才だと思いました・・

幻のロンドン公演が実現していれば、間違いなく伝説のライブとなったことでしょう・・
つくづく残念でたまりません・・



ポチッとクリックをお願いします♪
にほんブログ村 イタリア情報
by mayumi-roma | 2009-11-10 07:26 | 映画・音楽・本・イベント
三遊亭竜楽さんの落語♪


11月4日、ローマの日本文化会館で三遊亭竜楽さんの落語の講演会がありました♪
去年に続いてのイタリアツアーです♪
イタリアのあとはフランスで7講演行うそうです・・



c0206352_6401649.jpg

会場の日本文化会館の入り口
ウチから近いので助かります・・



c0206352_642134.jpg

なんと、竜楽さんはイタリア語で落語をやるのです♪



c0206352_6431949.jpg

観客のほとんどはイタリア人♪
今回は、ローマ大学でも講演したんですよ♪



c0206352_6445182.jpg

写真は、1番目の演目を行う前のご挨拶。だから羽織を召していらっしゃいます♪

1番目の演題は分かりませんが、大酒呑みの父と息子が禁酒の誓いをして、お互いにその誓いを
破ってしまうと内容。
イタリア語で見事やり遂げました♪
たぶん、訳してもらったものを暗記したのでしょうが、発音といい、言い回しといい、
堂々たるものでした♪
もちろん、イタリア人も大笑いしていました。




c0206352_6494414.jpg

休憩の後に、落語を通した日本文化というのをやって下さって、無知な私は本当に
勉強になりました。
羽織は、お客様への挨拶を正装で行うという意味があり、実際に落語をする時には
脱ぐんだそうです。
で、「日本では見えない部分でお洒落をする」という言葉、響きました・・
粋ですよね・・
写真は、羽織の裏側です。
大名行列の絵だそうです。こういう場合は、武士の話をすることが多いそうです。



c0206352_654979.jpg

着物の袖の部分の裏側も大名行列に合わせてとってもシックです♪



c0206352_6552715.jpg

それに比べて、お弟子さんの羽織の裏は、浮世絵・・
こういう図柄の場合は、男と女の色っぽい話をするそうです。



c0206352_6572630.jpg

浮世絵の色っぽさに合わせて、着物の袖の部分の裏側はエロチックな赤!!



c0206352_6585416.jpg

毛筆の字の種類も色々教えて下さいました。
一番右が江戸文字で、左端がお相撲の時に使う文字だとか・・

他にも、家紋についてのお話が大変興味深くて・・
松は夫婦の象徴(松の葉は2つで対になっているから)
竹は男の象徴(上にどんどん伸びる竹のように仕事で成功を収める)
梅は女の象徴(説明なかったけど、なんとなく分かりますよね)
だから、結婚式で使われるのだそうですね。

恥ずかしながら、無知な私は何も知りませんでした・・

2つ目の演目は「ちりとてちん」
これは、さすがに日本語でやりましたが、事前にどんなお話なのか説明があったので、イタリア人にも受けていました~
恥ずかしながら、私、これまた、初めて「ちりとてちん」の意味を知りました・・
NHKの朝ドラは見てなかったので・・

落語というものを初めて経験した私なんですが、これは、やはり芸術ですね♪
長い修行年数が必要だということがよ~く分かります。
まず、声の通り具合いが素晴らしい。舞台俳優と同じですね。
そして、表情が素晴らしい。完全に演技者!役者さんと言えます。
けっこう感動してしまいました・・

おそらく、日本にいたら、一生見る機会はなかったかもしれません。
大げさでなく、こんな素晴らしい日本の伝統芸能に出会えて良かったと思います。
日本でもぜひ行ってみたいと思います・・




これをポチッとお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ
にほんブログ村 イタリア情報
by mayumi-roma | 2009-11-05 07:23 | 映画・音楽・本・イベント
SAKAMOTOポスター♪


c0206352_336122.jpg

すっかり忘れていました~
昨日のエントリーに一緒に載せようと思っていた「教授」のポスター♪
これ、Auditoriumの入り口に飾ってあったものです♪

実際は、髪の毛がだいぶ伸びていらっしゃいました♪
白髪でも素敵な方ですよね~

いつだったか、ツェッペリンがロンドンで一度限りの再結成された時のジミー・ペイジ・・
あの白髪を見た時のショックの大きさとは、大違いです♪
やっぱり人によるのでしょうか~

そんなこんなで、SAKAMOTOの音楽にまだ浸っていま~す♪

今日は、「戦場のメリークリスマス」の英語バージョン(!?)
David Sylvian&Ryuichi Sakamotoの「Forbidden Colours」(禁じられた色彩)を
聴いてました。
Sylvianの低~い声が魅惑的♪




これをポチッとお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ
にほんブログ村 イタリア情報
by mayumi-roma | 2009-10-30 23:59 | 映画・音楽・本・イベント
世界のSAKAMOTO


10月28日(水)、午後9時、Auditoriumに行ってきました♪
坂本龍一「Playing The Piano EUROPE」ツアー♪



c0206352_19313028.jpg

夜のAuditorium
お月様の綺麗な夜だったけど、私のカメラでは、それがうまく伝わらない!



c0206352_19333888.jpg

チケットはとっくの昔にSold Out!
「並んでもムダだよ~」というスタッフの声も聞かずに、
キャンセルチケットの可能性を求めて並び続ける人たち。
私のチケットは、なんと驚異の最前列ど真ん中♪



c0206352_1936275.jpg

さすが、世界のSAKAMOTO♪
Auditoriumで一番のホール、サンタ・チェチリア大ホールを満員にしてしまうなんて♪
ここが入り口。
まだ開場1時間前なので、入れません。



c0206352_19384928.jpg

時間があったので、カフェテリアへ。
他にもクラシックコンサートがあったのでたくさんの人。
キャッシャーで10分も並んで、ここに辿りつくのに10分かかりました。



c0206352_1939823.jpg

なんてこともないカプチーノをあっと言う間に飲み干した・・。



c0206352_19431788.jpg

ピアノ。
教授はこちらに座ってました。
2台のピアノを駆使するのです。



c0206352_19435350.jpg

ピアノ、反対側から。
こちらに座ることはありませんでしたが、コンピュータでの遠隔操作を行っている様子でした。



c0206352_19443814.jpg

ピアノ、正面からの全体像。



教授は、グレイのスーツに黒のシャツ。
開演は9時の予定だったけど、そこはイタリア・・
9時15分から始まりました。
真っ暗な中、挨拶もなしに、ふっと来て、ピアノの前に・・


まずは、最新のアルバム「out of noise」からPlay♪
幾何学的なイメージ映像も一緒です♪
往年のプログレッシブロック「Pink Floyd」っぽい♪
ロハスなヒーリング・ミュージック♪
小川のせせらぎとか、雨音とか、せみの鳴き声を思い起こさせるサウンド♪
心地よい・・


私はYMOの時から知ってるけど、もう、あんな音楽を聴くことは出来ないのかな~


ピアノを弾くだけでなくて、何やら、色々な操作も同時に行っています♪
楽譜も通常の位置にではないけど、ちゃんとあります♪


教授は、一つの演奏が終わって拍手をもらう度に、客席の方は見ないで、
普通のおじさんが道端で会った時にするような会釈!

2,3曲演奏した後に、マイクで、「あ~、ど~も!」
思わず、日本語が出てくるところが可愛い♪
そして、英語で、アルバム「out of noise」の曲をもうちょっと弾いてから、
その後は気分で決めると♪
プレイリストは決めてないと♪

途中で、メガネをかけました。
もう、お年ですから、楽譜がよく見えないのね~

で、演奏の前は、必ず髪の毛を両手でかきあげる♪
ナルシーくん、健在です♪

途中で、もう1回だけ喋った。英語でね。
「次の曲は、ボレロです。映画「ファム・ファタール」のサウンドトラック。ブライアン・デ・パルマ監督からの注文で、ボレロのような曲を作って、と言われたけど、すごく難しくて、ボレロのようになったかな~」

そして、もちろん、「ラストエンペラー」から「戦場のメリークリスマス」弾きましたよ~♪
やっぱり名曲だな~♪

1時間半の演奏の後、アンコール(?)で出てきて、また30分の演奏(これは想定済み)。

で、またアンコールで出てきて、再び戦メリ♪

その次のダブルアンコもありました~♪

われるような拍手なんだけど、スタンディング・オーベイションはなし・・
もしかして、教授、それ、不満だったかも・・


とにかく癒されました・・
心地良いの一言でした・・




これをポチッとお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ
にほんブログ村 イタリア情報
にほんブログ村 ライフスタイルブログ
by mayumi-roma | 2009-10-29 20:23 | 映画・音楽・本・イベント
重力ピエロ


「重力ピエロ」の上映を知ったのは、映画祭のプログラムを見ていて、たまたま気がついたんですが、よーく読まないと見落としてしまう程、たくさんの映画が上映されているのです。

19日の月曜日に、オダギリ・ジョー主演の中国映画「THE WARRIOR AND THE WOLF」が上映されたのも後で知ったし・・
レッド・カーペットは監督さん一人だけだったそうですが・・
もしオダギリ・ジョーが来たんだったら、悔しかったけど・・
一安心・・

「重力ピエロ」は、映画祭への正式出品ではなく、海外の映画を知ってもらうコーナーで上映されたので、レッドカーペットを歩くこともなく、上映される場所も小さな所でした。

で、レッドカーペットをコーエン兄弟っていうアメリカの映画監督が歩いていて、みんな騒いでいたけど、私は、「だぁれ?」という感じ・・
一番前にいたけど、写真も撮らなかった・・
オスカーも取った有名な監督らしいけど・・



c0206352_1104911.jpg

Teatro Studio
(コンサートの時にリハーサル等が行われるお部屋のようです)
私は、早めに入ったので、まだ人もまばら・・
あとで、偶然、お隣に、お友だちのオペラ歌手F子ちゃんが来ました~
F子ちゃんは脚本家とお友だちなので、映画が終わった後、一緒にご挨拶に行きました。



c0206352_111999.jpg

脚本家とプロデューサーのご挨拶




「重力ピエロ」
重い。
かなり重いテーマですね。
そのわりには、さらりと語っているから、安心して見ていられましたが・・
とても良く仕上がった作品だと思いました。

ラストが日本では賛否両論だったと、挨拶に行った時に、脚本家がおっしゃっていましたが、
私は、このラストだからこそ、重くなりすぎず、よかったのでは・・と思いました。
警察に自首なんかしたら、その後に起こり得る世間の反応を想像しただけで暗くなります。
それこそ悲惨になりすぎです・・
(もちろん、当人は自首するつもりだったのですけどね)

別に放火や殺人を正当化しているわけではないのですが・・

人間は、正直なところ、法の裁きよりも自分なりの裁きを、
どこかで望んでいるものではないでしょうか!?
特に相手が、生まれながらの極悪人だという場合。
(残念ながら、こういう人種は確かに存在するんですよね)
法治国家に生きている以上、感情を理性によって我慢するしかないみたいな・・
でも、この兄弟は理性も持ちつつ、自分たちの裁きをやり遂げた感じがしました・・

人間の心の中は計り知れない・・
表に出さなくても、どれだけ苦しんでいるか、また、それが原因で病んでしまうこと・・
誰にでも起こりえることですが、
弟ハルの場合は、世界最強の家族に絶対的な愛を感じるからこそ、自分が生まれてこなければ良かったと思うくらいの憎しみを、生物学上の父親に抱いてしまう・・
そして、その兄イズミも弟ハルと同じ気持ちで苦しむ・・
完全に一体化していると言える家族愛・・
(父親もしかり)
この絆は美しいけど、世間的な視点から見ると、どこか歪んだものかもしれない・・

本当に悲惨なことは、なんでもないように明るくとらえなければいけない。
楽しそうに笑っていれば、空中ブランコのピエロのように、決して下に落ちることはない・・


私が疑問に思ったことは・・
世界最強の家族というのは素晴らしい!
だけど、女である立場から考えると、自分をレイプした男の子どもを生もうと思えるか!?です。
生みなさいと言ってくれた夫は素晴らしい。

でも、女として、母親として、その子どもを可愛いと思えるのか?
あんな風に慈しみながら育てることが出来るのか・・
子どもに罪はないとはいえ、忌まわしい記憶を呼び起こさないのか・・

いや、生まれてしまったら、もう可愛いと思うしかないのかもしれない・・
でも、その前の段階で、どうして生もうと思えるのか・・
その辺が、ちょっと納得出来ない気がしました。

原作を読んでないから分からないのですが、これは男性作家が書いたものだからでしょうか?

脚本家は、井坂さんの書く世界が大好きで、どうしても映像化したかったとおっしゃっていましたが・・

非常に考えさせられた作品でした。
大変深い作品でもありました。

岡田くん、可愛いかったです♪
加瀬くん、上手いです♪
小日向さん、相変わらず、いい味出していますね♪
京香さん、綺麗~♪
って、スクリーンの中で見ただけですが・・




これをポチッとお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ
にほんブログ村 イタリア情報
にほんブログ村 ライフスタイルブログ
by mayumi-roma | 2009-10-25 08:58 | 映画・音楽・本・イベント
またまた映画祭へ♪



ローマ国際映画祭
本日(23日金曜日)、フィナーレを迎えました。
作品賞は、ベルギーの映画「Brotherhood」
主演女優賞は、「The Last Station」のヘレン・ミレン
主演男優賞は、「Alza la Testa」のジョルジョ・カステリート(イタリア人)
そして、最初から分かっていましたが、メリル・ストリープにキャリア賞の授与。


私は、22日(木)夜に「重力ピエロ」の上映があったので見に行ってきました~

その前に、チケットを買うために、午前中(木曜の)にAuditoriumへ・・
あいにくの雨・・

この日は、メリル・ストリープが来場予定。
彼女のこれまでの業績を称えてキャリア賞受賞のため、映画祭では、毎日、彼女の数々の映画が上映されていましたが、この日はトークショーがあったのです。
しかし、彼女が来るのは夜の7時過ぎのはず・・
それなのに、もうレッドカーペットの場所取りが始まっていたって・・・




c0206352_0292021.jpg

この写真、ちょっと笑える・・
雨だからってことなんでしょうけど・・




c0206352_0303677.jpg

隣接するカフェ




c0206352_031405.jpg

併設の本屋さん&CDショップ
ここは、在庫が豊富で、夜遅くまで営業しているので、ホント、使えます!




無事にチケットも買えて、
(というより見に行く人は行くんだろうか?とちょっと心配になっちゃった)
中をウロウロ・・




c0206352_033577.jpg

ここを建設中に、地中から出てきた古代ローマの遺跡
紀元前7世紀頃の牧場みたいなところ
こんな感じで保存した上で建設を続けたようです。




c0206352_034219.jpg

その遺跡の全容マップ
確かに、ローマの場合、地下を掘り起こすと必ずと言っていいほど遺跡が出てくるので、
大変だろうな~
文化庁が出てきて、一応、遺跡の調査をしなきゃいけないから、どうしても工事が遅れる・・


「重力ピエロ」の感想は、また後日・・



これをポチッとお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ
にほんブログ村 イタリア情報
にほんブログ村 ライフスタイルブログ
by mayumi-roma | 2009-10-24 00:47 | 映画・音楽・本・イベント
ローマ国際映画祭♪ アキコって!?
先週の木曜日から、ローマ国際映画祭が始まりました。
ウチから歩いても行ける距離にあるAuditorium(クラシック音楽のホールがある複合音楽施設)がその会場です。

c0206352_0583349.jpg

入り口部分


参加作品の上映日には、主演俳優の舞台挨拶も付いているし、レッドカーペットを歩く姿も見れるので、ミーハーな私は、もちろん行ってきました♪

c0206352_0325725.jpg

レッドカーペット


金曜日の夕方は、「ハチ、約束の犬」
こちらでのタイトルは、「HACHIKO」です。

リチャード・ギアが来るのを待っている間、周りの人たちの話を聞いているのが面白かった~
だって~、ハチが一足先に到着したら、
「何?あの犬?」
「アキコよ!」
「リチャード・ギアの映画の主人公の犬の名前よ。映画のタイトルもアキコっていうの」

私、心の中で、
「はぁ~~~!?」
「アキコ~!?」
「アキコって・・?イタリアではメス犬の設定なの?なんで、アキコなの~?」

でも、次の瞬間、その謎が解けました!
「HACHIKO」
イタリア語では、フランス語と同じくHは発音しないのです。
そして、イタリア語読みではCHIはチではなくキと発音するのです。
(チの場合は単にCIだけ)
だから、ハチコーが、アキコとなってしまうわけです!

c0206352_042829.jpg

ハチは、やんちゃで可愛かったです♪


c0206352_043727.jpg

リチャード・ギアとハチ、報道陣の方を向いているから、後姿・・


c0206352_0432882.jpg

リチャード・ギア

正直、こんなに年とったんだな~としか思いませんでした・・
周りの人は、若い子もおばさまたちもキャアキャア大騒ぎしてましたが・・



この日は、往年のイタリア女優、ジーナ・ロロブリジータも!
c0206352_0463873.jpg

若い頃の美しさはないけれど、綺麗なシニョーラでした。
私の周りのイタリア人たちが「Signora Gina!!」って叫び続けていました。
で、私の目の前に!



そして、かつての陸上界の大スター、カール・ルイスも!
c0206352_0502375.jpg

私、むかーし、ローマで行われた世界陸上でカールの世界記録更新を見ていたんです♪
カールは、本当にクラスを感じさせる気品あふれる男性♪
エレガントで身のこなしも素敵~♪


あ、ちなみに、私は、レッドカーペットの最前列にいました。
ここを通るスターの方々は、名前を呼ぶとそばに来てくれるのです。
そして、もちろんサインも気軽にしてくれるし、握手も写真も全然OKです。
私はサインも握手も興味がないので、ひたすら写真を撮っていました~(笑)
そのわりには、あまり上手く撮れませんでしたが・・
なにしろ、被写体がじっとしていてくれないのでね・・(笑)


土曜日の夜は、ジョージ・クルーニーの日。
「Up in the Air」の上映です。
今、お付き合い中のイタリアのタレント、エリザベッタ・カナリスと一緒にご来場!
もちろん、皆さん、気が狂ったかのように大騒ぎしていらっしゃいました。

c0206352_057548.jpg


うーん、微妙・・
そんなにかっこいいとは思わなかったな~


ジョージも数百人のファンから請われるままにサインしてましたよ~
だから、レッドカーペットを歩くのに1時間くらいかかっていました。


国際スターって、その辺を本当にわきまえていますね。
人気商売・・
騒がれてなんぼの世界ですからね~
日本の芸能人とは大違いだと思いました・・


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2009-10-19 01:15 | 映画・音楽・本・イベント
バザー♪



日曜日は、ローマ日本人学校のバザーでした♪
息子が幼稚園の3年間を過ごし、小・中の9年間は、現地校に通いながら、補習授業という形で週に1回、国語のお勉強をしていたところです。
もっとも、途中で現在の場所に移転してしまったので、一番思い出深い校舎はここではないのですが・・

12年間、私もバザーを運営した側の人間でしたが、お客さんとして遊びに行くのは気がラクでいい♪


c0206352_16375530.jpg

日本人学校の校舎入り口


c0206352_16382199.jpg

イタリア人にも大人気♪毎年、すごい人ごみです♪


c0206352_164059.jpg

ヤキトリとフランクフルト
一列に並んでひたすらお仕事に励むお父さん方、ちょっと笑えます・・


c0206352_16403948.jpg

焼きおにぎり♪美味しそう♪
好評のため、買えず・・


c0206352_16411445.jpg

イタリア人のお父さんが「焼きそば」というのも笑えるんですけど・・
お昼ごはんはいつもこれ♪


c0206352_16444152.jpg

お母さん方手作りの巻き寿司、6切れで6ユーロ(720円)は、ちょっと高いなぁ・・
でも、お付き合いと売り上げ協力のため買います。


c0206352_1646134.jpg

ローマの日本レストラン「すし千」の出店
私はいつもここで幕の内弁当を買います♪10ユーロ(1200円)♪


c0206352_16482370.jpg

お母さん方手作りのドラ焼きと和菓子♪
ドラ焼き1個1,5ユーロ(180円)♪
いつも大量買い(笑)


食べ物は、この他に、カレー、たこ焼き、餃子、別のレストランのニギリ寿司、あんぱん、アイスクリーム(抹茶味とか)、豊富に揃っています♪


c0206352_16573583.jpg

日本の小物コーナー


そして、リサイクル店の古本、古着、在校生やその父兄たちで出店している一坪店がたくさんあります。
毎年、新しい単行本などを格安で手に入れているのですが、今年は、今ひとつ・・の品揃え・・
もっぱら、食に走りました(笑)


で、ローマ駐在日本企業からの提供による商品が当たるロッテリア(くじ引き)♪
1枚2ユーロ(240円)
私は、8枚買って、イタリアンレストランのお食事券が当たりました♪
元は取れたけど・・
1等のJAL「ローマー日本往復航空券」が当たったことはありません・・


秋晴れの中で、お友だちとお喋りをして、楽しい1日を過ごしました♪
by mayumi-roma | 2009-10-13 17:07 | 映画・音楽・本・イベント
  

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。