カテゴリ:ひとりごと、考えること( 111 )

レオナルドの秘密♪

c0206352_5594666.jpg

さっちゃんからのプレゼントの本「レオナルドの秘密」、早く読みたくてうずうずしていたのですが、バタバタしていたので、落ち着いて読書する暇がありませんでした。
そこで、いつもなら一気読みの私なのですが、この1週間で読むと決めて、予定通り、と言うより、予定より少し早く、日曜日の朝には、読み終わりました。

レオナルド・ダ・ヴィンチに惹かれる人は多いと思いますが、彼を研究のテーマに選ぶ美術史家が少ないのが分かるような気がしました。
あまりにも多才で、あまりにも謎が多く、膨大な資料は残しているものの、肝心な部分が欠けている・・
つかみどころがないのです。
レオナルドを知れば知るほど、迷宮に入り込む感じです。

レオナルドは、宮廷人として何度もパトロンを変えていますが、チェーザレ・ボルジアに同行したのは事実のようです。
たった8ヶ月ほどでしたが、変わり身の早かったレオナルドは、チェーザレの父親、教皇アレッサンドロ6世が亡くなる直前にチェーザレから離れています。
独特の勘を持っていたのでしょうね。

著者のドラッツィオ氏は、レオナルドの生涯と作品の謎を彼なりの視点で綴っていますが、愛情深い文章で、非常に好感が持てます。

私は高校生の頃にレオナルドの本を買って読んで以来、彼を天才だと思っていました。
ロンドンでもパリでもミラノでもフィレンツェでも、レオナルドの作品を求めて、何度も観に行きました。
彼は、確かに天才だったとは思いますが、今、思うことは、レオナルドが挫折だらけの人間だったということです。
だからこそ、すべてのものに優しい視線が注げたのだと思うのです。

ミケランジェロとのエピソードも書いてありましたが、私は、やはり、ミケランジェロという人間は大嫌いです。
芸術家には変わり者が多いというのはよく言われることですが、ミケランジェロという人間は、本当に底意地が悪い。
寛容を絵に書いたようなレオナルドの対極にあります。

例えばカラヴァッジョも性格破綻者で殺人まで犯しましたが、ミケランジェロの底意地の悪さのほうが、許せない気がします。

考えてみれば、誰からも愛されたラファエッロを嫌った唯一の人物もミケランジェロでしたし、誰もがその才能を讃えたレオナルドを唯一認めなかったのもミケランジェロ。
しかも、酷い言葉で相手を罵るような下品さ!
ライバル意識は当然ですが、あまりにも底意地が悪い。
ミケランジェロが誰からも好かれず、一人ぼっちだったということにも納得です。

もちろん、ミケランジェロが天才であることは、(認めたくないけど)認めざるを得ませんが、私が彼の作品に安らげないのは、あの底意地の悪さを感じたからかもしれません。
声を大にして!
ミケランジェロ、大嫌い!!











c0206352_6461118.jpg

というわけで、レオナルドの本を買ってきました。
小さな本ですが、分厚い本です。









c0206352_647169.jpg

なぜ、この本にしたのかと言うと、作品の細部をズームで見せてくれていたからです。
レオナルドの作品は、細部までよ~く見ないと、本で述べていることを確認することができません。
例えば、このページは、有名なモナリザの絵の右上部分をズームにしたものですが、これを見ることによって、水色を確認することができます。

自称レオナルド大好きの私でしたが、この本を読んで、私は何一つレオナルドのことを知っちゃいなかったことを知りました。
だから、「レオナルドが好きです」と胸を張って言えるように、色々な本を読んで、ちょっとお勉強しようと思います。


ブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-02-16 07:03 | ひとりごと、考えること

やるせなさは続く・・


c0206352_6184167.jpg


ISISによる日本人人質事件・・
まだまだやるせない気持ちでいっぱいです。
嘘であって欲しかった・・

どうして、こんな世の中になったんだろう・・
厭世的な気分です。
いかなる形にしても、戦争は、もうやめてほしい。
でも、なくならないんだろうな、人間がいる限り。

今回の事件も、あまりにも謎な部分が多いですが、真実は封印されるのでしょうね。
せめて、今はもう故人となった方々やその遺族を貶めることだけはやめてほしいです。

後藤さんの奥様、JICAの職員ということですが、立派な方ですね。
湯川さん殺害の時も、彼女だけが哀悼の意を表していましたし、今回も、政府や国民に感謝の言葉を示し、ジャーナリストの妻として覚悟はあったものの悲しみに打ちひしがれていること、そして、夫を誇りに思っていることなどを文章にして発表しています。
私たちには想像もつかない辛さ、悲しみでしょう・・

湯川さんと後藤さんが、写真の絵のように、天国に導かれて、安らかに眠れますように。
心からお祈りいたします。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-02-02 06:57 | ひとりごと、考えること

ただ悲しい・・

c0206352_1401633.jpg


今日は、とてもじゃないけど、能天気な私の日常を書く気分になれません。
シリアでの日本人人質事件・・
一縷の望みを持っていましたが・・

これまでも、ISISによる英米の人質殺害のニュースを聞くたびに、悲しい気持ちになっていましたが、今回は我が同胞、日本人・・
これまでの感情とは全く違うものです。
最初のビデオが公開された時から、いてもたってもいられない気分でいました。

こんな結果になって、悲しい・・

やっぱりヨルダン人のパイロットは、既に亡くなっていたのでしょうね・・
ISISは、これまで、自分たちの言ったことは確実に実行してきたけど、後藤さんより先にパイロットを殺害すると言っていたのだから、本来ならパイロット殺害が先に来るはずなんだけど・・。
ま、それをやっちゃうと、こだわる死刑囚を取り戻せなくなるからかもしれませんが、だったら、何故、パイロットの生存証明ができなかったか、って話になるし。
それさえしてたら、別の展開になったわけですし。
既に亡くなっていたとしか考えられませんね。

色々な憶測が飛び交っていますが、そんなことよりも何よりも、今は、ただ、湯川さんと後藤さんの魂のために祈るだけです。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-02-01 11:25 | ひとりごと、考えること

心が痛い・・

c0206352_630543.jpg

ローマ・国立現代美術館のエントランス・・
このエントランスの床は、私の心のようです。

粉々に砕けそう・・
心が痛い・・
胸が押しつぶされそうです・・

さきほど(土曜日の夜8時)、イタリアのTVニュースのトップにのぼった
ISISに拘束されている日本人人質の最新情報を知って、
倒れそうになりました・・

誰も助けてくれない恐怖は恐ろしいものです。
大げさかもしれないけど、海外に暮らす日本人として、人ごととは思えない。

ここに至るまでの日本政府の動きは、ピントがずれていて、イライラしました。
米英と協力したって、それがイコール「人質見殺し」を意味することは、海外にいる私たちにはお見通し。
例えばイタリアは、表立っては言いませんが、人質解放のためなら、常にテロリストに身代金を払ってきました。
イタリア国民は、「自己責任」なんて言葉は、絶対に口にしません。
それは、人の命の重さを知っているからです。
ついこの間も、シリアの武装集団に5ヶ月拘束されていたイタリア人の女の子二人が解放されたばかりです。

しかし、今度は、身代金ではなく、人質交換・・
ハードルは低いようで高い・・
他国を巻き込むので、かなり難しい・・

「テロに屈しない」という言葉が、見殺しにするという意味ではありませんように。
解決できなかったら、日本がその程度の国ってことでしょうね。

とても普通のブログ記事を書く気分になれませんが、明日からは普通に書いていこうと思います。
残る後藤健二さんに、明日があることを信じて。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-01-25 06:59 | ひとりごと、考えること

友だち・・

ずいぶん前からお友だちと約束していた金曜日。
キオストロ・デル・ブラマンテで開催されている「エッシャー展」を観に行く予定だったのです。
残念ながら交通機関のショペロ(ストライキ)のため、お出かけを断念しました。
やっとタイミングが合って約束したのに・・
でも、こういう時は、「家にいなさい」ということなのかもしれません。
シリアの日本人人質問題が憂鬱で、厭世的な気分でいましたから。
彼らには、なんとしてでも、助かって欲しい・・


c0206352_2505823.jpg

そんな時に、日本から予期せぬ小包が届きました♪
嬉しい~♪
ゆうパックの小さな小包ですが、ぎっしりと日本食が詰まっています。
送ってくれたお友だちは、30年来のお付き合い。
こうやって、時々、忘れた頃に、小包を送ってくれます。

彼女は、私がローマに来たばかりの頃に知り合ったお友だち。
公的機関にお勤めのご主人のお仕事の関係でローマに来ていた彼女。
通っていた語学学校で知り合ったのでした。
とっても仲良くなって、私の結婚式でも証人を務めてもらいました。

彼女に会えるのは、2、3年に一度かな。
よく日本へ帰国する私ですが、日本滞在中はあまりにも忙しくて、すべてのお友だちに会えるわけではありませんから。
しかも、彼女は珍しくパソコンをやらない人なので、メールのやり取りすらしていないのです。
もっとも、ネット社会になるまでは、お手紙のやり取り、FAXでのやり取りをしていましたけどね。
ベッタリとお付き合いしているわけではありませんが、心から信頼できるお友だちです。

彼女は私より少しだけ人生の先輩なので、節目節目で、ハッとさせられる言葉をもらって、そのおかげで、息子の受験や就活も、首尾よく切り抜けることができました。

人間関係って、本当に不思議ですね。
会わなくても、心が通じている人がいる・・
それは、本当の友だちだと思います。

とっても仲が良かった人と、時間や環境の変化で、かつてのような友人関係ではなくなることもあります。
淋しいけど、それも現実。

結局、「縁」という一言なのかもしれません。

私には、広い意味で友だちと呼べる人はたくさんいるけど、そのうち、本当のお友だちはどのくらいなのかな・・と、ふと考えてしまった金曜日でした。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-01-24 06:36 | ひとりごと、考えること

c0206352_683917.jpg

c0206352_056664.jpg

ピラミッドのそばにある外人(プロテスタント)墓地のお気に入りのお墓~
お気に入りのお墓というのも、なんだかおかしいですが、要は、このお墓を飾る彫刻が好きだということです。
勝手に、「嘆きの天使」という名前をつけています。

いつも前向きが私の信条ですが、実は、この1ヶ月くらい、ずう~っとメランコリックな状態が続いています。
(ちなみに、こういう風になるのは、昔からよくあることです)
はっきりとした理由は幾つかあります。
いつも自己分析をするので、スケジュール帳を見れば一目瞭然!
何かいつもと違うネガティブな感情を感じると、一言書き添えてあるので、その日の予定を見れば、何が原因だったのかすぐに分かります。

大まかに言えば、
自分の人生、これでよかったのかな・・という思い。←よかったとは思っているのですけど、人間はないものねだりですから。
全て順調に行っている息子、喜ぶべきことなのですが、いよいよ大学卒業かと思うと、少しさみしい気分。←空の巣症候群!?
これから先、日本とイタリアを行ったり来たりの生活に関する諸々の悩み。←特に、断捨離や夫や私の不動産をどうするのが一番いいか!?
これからの自分に何ができるか・・という思い。←夢も希望もあるのですが、そこには不安も当然ある。
死にたくないという気持ち。←まだそんな年齢でもないのに、これが一番大きい。とても諸行無常の心境には到達できそうもない・・

これらの感情は、ほんの些細な日常の出来事が発端となったものなのですが、いやはや、もともとが大げさに考えすぎる傾向のある私・・。
「人は何故この世に生を受け、死ななければならないのか」という哲学的な命題にまで発展し、人生の虚しさを感じています。

もちろん、夫には全て話しています。
そうしたほうが、いろいろな言い訳にもなるし、便利ですから~(笑)

とりあえず、毎日を大切に過ごしていくしかないので、楽しい時間も悶々とする時間も大切にしま~す。
もう、いっときも無駄にはできませんからね♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2014-11-18 06:12 | ひとりごと、考えること

天中殺・・


c0206352_22311149.jpg

ローマ、ティベリーナ島にかかる橋♪
彫刻は古代ローマ時代のものですよ~


今年と来年は、どうも私は天中殺に当たるらしいです・・
そういえば、今年前半はほとんど日本に滞在して、人の世話ばかりに忙殺されましたが~
心身ともに大変だったけれども、だからと言って、ものすごい不運に見舞われたとか、不幸が起こったというわけではありません。

お友だちの中には、ものすごくこういうのを気にする人がいて、人によって、それは、算命学だったり四柱推命だったり七星だったりするわけですが、私はどちらかというと、ずっと星占い(西洋占星術)のほうを身近に感じてきたので、そういうのには無頓着だったのです。

占いをする人、信じる人、もちろんリスペクトしている私です~
でも、あんまり悪いことは信じたくないのが本音です。
そうは言っても、天中殺だと言われると、やっぱり気になるのが人間!

う~ん、この世の中で、天中殺に当たる人って何人いるのでしょう?
おそらく、ものすごい数になると思いますけど~
その全ての人が天から見放されて、全ての人に悪いことばかり起きるわけでもないと思うのです。

要するに、天が味方してくれない年だから、行動は控えめに・・ということかしら!?
冒険はしないで、流れに身を任すということでしょうか!?
身の丈にあった生活をして、高望みせずに、地道にコツコツやっていれば、そう悪いことも起きないでしょう。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪,
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪ 
by mayumi-roma | 2014-09-23 05:41 | ひとりごと、考えること
c0206352_2254017.jpg

         この間の写真を使い回しています~
         それにしても・・
         マリメッコでお買い物しているの、日本人だけ!


フィンランドやヘルシンキの街には何の恨みもありません!
いや、むしろ、子どもの頃、とっても仲の良かったお友だちがフィンランド人(宣教師の娘)だったので、ものすご~く親近感があった国なのです。
いつかは、訪れたいと思っていました。

しかし、私がフィンランドを訪れることは一生ないと断言します!
それは・・
ヘルシンキの空港でのイミグレーション(出入国審査)が最悪だからです。
生真面目な国民性なのでしょうね・・
どんな人のパスポートもじっくり見ます。
ですので、いつでも、長蛇の列です。
旅行者の方々は、乗り換えの時間がそうあるわけでもないのに、ここで時間がかかって、かなり焦らせられます。
堪忍袋の緒が切れて、「いいかげんにしろ~」と、怒鳴っている日本人男性(旅行者)を見たこともあります。

しかしね・・
イタリアに在住している日本人で永住権や滞在許可証を持っている人たちは、こんなものではないのです!
とんでもなく恐ろしい目に遭ってしまうのです。

係官がパスポートをチェックすると、イタリア在住というのが出るらしく、必ず、「滞在許可証を見せろ」と言われます。
それでもって、それをじ~~っと見つめながら、どこかに電話をかけたり、いろいろなことを始め、延々と時間が過ぎていきます。
私の後ろに並んでいる人が気の毒なくらい・・
そして、色々なことを聞かれ、まともな答えを言っても、通してもらえない・・
なんでなの~~!?

去年の夏、父が急逝した時に使った飛行機はJALでした。
行きはヘルシンキ経由、帰りはフランクフルト経由・・
その時も、イミグレーションで15分くらい足止めされ、大変イヤな思いをしましたが、まだ、真の恐ろしさを知らなかった私でした・・


前回の日本では、往復ともにJALのヘルシンキ便。
既にローマ在住の友人たちから恐ろしい話をたくさん聞いていました・・
そして、ついに、私も同じような目に遭ったわけです。

「滞在許可証を見せろ」と言われ、差し出すと、いつものように、じ~~っと見つめ、どこかに電話をかけ始め、延々と待たされる!
そして、しまいには、「通せない。こっちに来なさい。」と別室に連れて行かれたのです~~!!(怒)

何なの、これ!
私は犯罪者?
イタリアの永住権を持っていると犯罪者になるわけ?

私のパスポートと滞在許可証は取り上げられたままで、それを持った係官が消えたので、別室に連れて行かれた後、大騒ぎしてやりましたよ!英語でね・・
だって、人権侵害ですもの!
私が何をしたというの!
海外で唯一自分を証明できるものであるパスポートを取られて、恐怖に陥りましたよ~
それに、飛行機の乗り換え時間もそれほどなかったんです。

そしたら、「何を騒いでいるんだ?」と別の係官がどこからかやって来て、怒られました。
「我々は、君を犯罪者扱いはしていない。日本人であろうと誰であろうと、ここに呼ばれることはある」
むかつく~~~~~!!!!

延々と待たされた挙句、私のパスポートと滞在許可証を持ってどこかに消えた係官が戻ってきて、「いいよ、行っていいよ」と言ったので、聞きましたとも~~~!
「何が問題だったわけ?」って。
そうしたら、「フィンランドでは、紙の滞在許可証は法律で認められていない。この滞在許可証は紙なので、フィンランドでは違法である。たとえ、イタリアでは合法でもフィンランドでは違法なものであるから、その判断に困った。イタリアに戻ったら、ただちにプラスチックのカード式に変えるように」ですって!

バッカじゃないの!?
イタリアの永住許可証は、A4サイズの紙製なのよ~
イタリアでカード式の滞在許可証に変えると、永住権を失うんですけど~
そもそも、カード式の滞在許可証は移民労働者用に作られたものなんです~~

紙からカードに変えた日本人のお友だちがいますが、当然ですが、永住権を失いました。
「こんな馬鹿なことは絶対にしないようにね」と、彼女、常々言っています。

EU内で、そういう情報も共有してないわけ?
イタリアもイタリアだけど、フィンランドもフィンランド!


とにかく、私の知りうる限り、イタリアの永住権を持つ日本人女性は皆ヘルシンキで同じ目に遭っています。
私が酷い目に遭ったのは、イタリアから日本へ行く時でしたが、帰りは、お隣の窓口に私と同じ立場の日本人女性がいて、窓口でかなり揉めていました。
で、結局、彼女は別室に連れて行かれました。
そのせいか、私に別室行きはなく(苦笑)、15分くらいず~っと滞在許可証を見ながら電話やら何やらするだけで、通してくれましたけど。
それでも不愉快極まりない!

別室に連れて行かれた彼女、隣にいた私のことを覚えていたらしく、ローマに到着した時に話しかけられました。
ヘルシンキのイミグレーションでの酷い仕打ち話で大いに盛り上がりましたが、笑い事ではないのです!
彼女が言った最後の一言が忘れられません。
「海外では、誰も守ってくれないってことを思い知りました」
「・・・・・・・」
その通りだわ・・・


ところで、この間ランチをした同郷のお友だちが、わざわざイタリアの移民局に行って、この件について質問してきたそうなんです。
(彼女もフィンエアーで酷い目に遭ったことが・・)
そうしたら・・
「ヘルシンキでそんなことが起きてるなんて、そんな情報は何も入ってないけど・・」ですって!
フィンランド当局にもイタリア当局にも呆れます~~
ま、しょせんはイタリア在住の日本人の問題。
イタリア国民ではありませんからね・・
マイノリティの外国人の永住許可証ごときで、いちいち説明しないのでしょうね。
しかし、こんなに、何十人、何百人にも同じことして、フィンランド当局は学習しないわけ~?
おバカさんなのでしょうか!?
全く理解できません。
レベル低い人間たちだわ!

で、結論としては、イタリアが発行する正規の滞在許可証はA4サイズの紙だそうです。
やっぱりね~
外国人があまりいないような小さな町ではカードだけという場合もあるけれど、基本的に「A4サイズの紙」が正式な滞在許可証とのこと。

どうして、こういう情報をEU内で共有しないのでしょうか!?
フィンランドは真面目で融通利かなさそうだから、あくまでも自国の法律を基準にするのでしょうか?

いずれにしても、ヘルシンキのイミグレーションを通過するのは非常に不愉快なので、それが分かっていて、わざわざそこを通る必要もありませんよね。
私は、これから先の人生、二度とヘルシンキ便を使うことはありません。
そして、大変残念ではありますが、フィンランドを旅行することもないでしょう。
私だけでなく、ヘルシンキで酷い目に遭ったお友だちも皆、そう言っています。
もちろん、日本からの観光客の皆様には関係のないお話ですので、ヘルシンキ経由を使ったり、フィンランドを旅行するのは問題ないと思います。


ヘルシンキを避けよ!
というわけで、今年の夏の帰国は、ANAを使います。
ルフトハンザとの共同運行便でフランクフルト経由で羽田発着~

せっかくJALのマイレッジを貯めていたのですけどね。
ヘルシンキ問題に関して、JALの落ち度は全くないのですが、ローマからだとヘルシンキ経由が一番ラクなフライトで、その他のフライトは使い辛いのです。

ともかく、海外で暮らすと色々なことがあります。
EU諸国は足並みが揃っていませんし、移民に関して大変ナーバスになっていますので、いつどこで何が起こるか分かりません。
日本人は移民なんてしないって思っていませんか?
いえいえ、海外に住みたい一心で、許可証がなくても、不法滞在したり不法就労する日本人は、結構いるものなのですよ。

小さなことから大きなことまで、自分で自分に責任を持つこと。
それができない人は海外で暮らしてはいけません!
あら、話の方向が変わってしまいましたね・・(笑)


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪,
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2014-06-09 05:23 | ひとりごと、考えること
チヴィタの途中ではありますが、あまりにも疲れるイタリアの日常なので、愚痴を少々・・

c0206352_35203.jpg

秋の聖天使城♪

イタリアは本当に美しい国です。
どこに行っても絵になる風光明媚な風土に恵まれていますし、美術史上に残る芸術品の数々がそのへんにゴロゴロしてもいます。
食べ物も実に美味しい!
ローマに関して言えば、古代ローマから中世、ルネサンス、バロック・・その全てを抱えている都なので、その風景やモニュメント、美術品の数々が、自分自身の日常となっている幸運もかみしめています。

しかし、暮らしていくのは並大抵の苦労ではありません。
まったく一筋縄ではいかない国なのです。

10月31日、私は、いつの間にか税額が6倍に上がった、とある税金を支払いに銀行に行きました。
訳のわからない税金の支払い通知が来て、しかも、それが、絶対に払いたくない金額!
夫が税理士に相談しましたが、いつの間にか勝手に税率の上がった税金らしく、支払わなければいけないのだとか・・
サラリーマンの家庭には無縁の税金ですが、我が家には、このような税金が次々に襲いかかっています。

Busta Paga(固定給)をもらっているサラリーマンには減税する(といっても雀の涙程度の額)と甘い言葉を囁いていますが、赤字財政の穴埋めをするために、目に見えないところで次々に増税を続けるという汚い手段を使うイタリア政府にはもううんざりです!

10月1日より、消費税は21%から22%に上がり、電力もガスも水道も大幅な便乗値上げ・・
そもそもイタリアは電力のほとんどを原発のあるスイスとフランスからの輸入に頼っているので、元から電気代は異常な高さだったのですが、さらなる値上げです。

11月にはゴミの税金・・
さらに12月にかけて、固定資産税の後期納税分、来年収める税金の一部前払金もやってきます・・
来年度からは、新たな市民税が登場するそうです・・
支払いっぱなし!

ひどいです、イタリア政府・・
雇用対策だの、景気対策だの、減税だの、うわべだけは、国民生活を憂うようなことばかり言っていますが、結局は、自分たちの利権を守ることだけにしか興味がない。
ヨーロッパ1と言われる議員収入をいつまでたっても減らさないのは何故!?
ベルルスコーニ問題、いまだにカタがつかないのは何故!?
減税のはずなのに、我が家に関しては負担が増大しているのは何故!?
35歳までの若者の失業率が40%を超えたのは何故!?

考えると暗くなってしまうので、考えないようにしているのがイタリア人。
だから、ケセラセラで陽気な人たちだと誤解されるのでしょうね・・
本当はちっとも明るくない人たちなのに!


さてさて、前述の予期せぬ税金を支払うために、支払い期限日の10月31日に銀行に行くと・・
なんと!
「ストのため、本日は営業しません」という貼り紙・・
他はどこもストなんてしてないのに・・
翌日の11月1日が「諸聖人の日」で祝日だから、3連休を4連休にするためのストだと思います。
こういうことがまかり通るのがイタリアなのです。

仕方がないので郵便局へ支払いに・・
結果・・
午前中の全てが潰れました~
私の前には20人くらいしかいなかったのですが、何しろ、イタリアの公務員は仕事が出来ない!
まったく進まないのです。
コーヒーブレイクで席をあけること度々だし・・(苦笑)

これは、いつものことです。
それゆえ、私はなるだけ郵便局へ行きたくないのです。
もちろん、待っている人たちは皆、いつものようにブツブツ文句を言っていましたよ~
でも、何も変わらない・・

どうして、この国はちっとも進歩しないんだろう!?
というより、年月を重ねるごとに退化しているように感じます。

こんなふうに、日々の雑用で時間を取られ、頭が痛くなる毎日を、私は送っているのです。
のんびりしたいんですけどね・・


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2013-11-01 06:21 | ひとりごと、考えること
c0206352_17262079.jpg

2020年のオリンピックが東京で開催されることが決定しました!
東京でのオリンピック・・
私は、素直に嬉しいです。

イタリアのIOC委員は、イタリア時間、昨夜のニュースで、「東京に投票した」と言っていましたが、それは、ただ単に、マドリッドやイスタンブールでオリンピックが開催されると、その次の2024年度のオリンピックに立候補しているローマが選ばれなくなるから・・という理由です(苦笑)。
別に日本のプレゼンが良かったわけではないらしい・・(再び苦笑)

東京でのオリンピック開催は素直に喜んでいるわたくしですが、浮かれ気分の中で大切なことを忘れてはいけないと思います。
今の日本には、夢の力だけでなく、現実を見つめる力も必要です。

安倍さんは、最終プレゼンテーションのスピーチにおいて、福島の現状について、日本人の私でさえも、「ええ~っ!」と仰天するような大ウソをつきました。
IOC委員から「東京に影響がないという根拠は何か」と質問が出た際、「汚染水は港湾内で完全にブロックされている。抜本解決のプログラムを私が決定し、着手している」と答えたのです。

「私が安全を保証します。状況はコントロールされています」
「健康に対する問題はない。今までも、現在も、これからもない」

あの~
安倍政権が政府主導で汚染水対策の基本方針を打ち出したのは、最終プレゼンテーションのわずか5、6日前なんですけど~
これって、五輪招致に合わせて付け焼き刃的に作成した基本方針でしょう!?

歴史的に見ても、これほど大量の高濃度汚染水が長期間漏れ続けている事態は過去に例がないのですけど~
状況は、全然コントロールされていないんですけど~

しかし、私は、今の時点で、安倍さんを批判するつもりはありません。
それは、国際的な公の場で、一国の首相として、自分でついた大ウソに対して、大きな責任を背負ったからです。
大見栄をきったからには、この大ウソを、ウソではなく、本当のことにする義務が生まれたのです。

これまで政府が本気で取り組んでこなかった汚染水や放射能汚染問題について、これから先、解決出来なければ、日本は完全に国際的な信用を失います。
東京オリンピックに向けて、福島の問題は、世界のメディアからますます注目されるでしょう。
もうこれ以上、ウソはつけません!

東京でのオリンピック開催が決まった以上、原発事故の収拾に加えて、被災地の復興に、全力をあげて欲しい!
そして、日本国民も、オリンピックに浮かれ気分でいるばかりではなく、原発問題や被災地復興に関心を持って欲しい!
いやなこと、考えたくないことに目をつぶるのは、やめましょう!
楽しいこともあるわけですから~


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2013-09-08 18:12 | ひとりごと、考えること

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma