カテゴリ:大好きなパリ♪( 46 )
パリ、マレ地区のイスラエル通り♪
c0206352_646051.jpg

バスティーユ。

バスティーユと言えば、思い浮かぶのがバスティーユの牢獄!
ない、ない、ない!
そんなものはありません。
なんでもフランス革命の際に壊されたそうなんです・・
今では、広場の真ん中に記念モニュメントがあるだけです。
後ろに見えるのは、バスティーユのオペラハウス。

パリ、相変わらず寒いです。
ローマの10月下旬のような感じ。
パリっ子はウールのロングコートや皮のジャケット、冬用の靴を履いています。
お天気も、目まぐるしく変わります。
30分単位で、晴れたり大雨が降ったり・・
異常気象でしょうか?






c0206352_18373122.jpg

「CHEZ MARIANNE」
パリ、マレ地区の有名なイスラエル料理(ユダヤ料理)のお店♪

ここ、パリに着いた夜に、訳も分からず入った所なのですが・・
何故ここにしたかというと、物凄い行列が出来ていたからなのですが・・
なんだかフレンチではない感じで・・
しかも、メニューはフランス語のみで想像するしかなくて・・







c0206352_18471413.jpg

周りの人を見ていると、お好みのお料理を何種類か選べるお皿をとっている様子。
フランス語からわかる単語だけを拾って、注文してみました。







c0206352_18574647.jpg

何が出てくるか分からなかったので、私は4種類選べるお皿を!

ナスという単語を知っていたので、まずはナスのフライ。
そして、ギリシャのタラモサラダかな~と思ってタラマも。←大正解でした!
フロマージュ・ブランは白いチーズだな~と思って、こちらも。
あとは、シャンピニオンはイタリア語でもシャンピニオンなので、マッシュルームを!

かなり独特のお料理でした。
味付けの香辛料がかなりきつい感じでした。
ナスも油がギトギトで・・
決して美味しくないわけではないけれど、「美味しかった~!」と言えないところが辛い・・
でも、Chez Marianneのハウスワインは美味しかったです~

かなり独特のお味なのに、物凄い大人気店のようで、常に行列!
お値段は、二人でも36ユーロくらい。
これが人気の秘密かな?







c0206352_19505638.jpg

RUE DES ROSIERSっていう通り、イスラエル通りだったんですね♪
滞在中のアパルトマンからすぐに横に曲がった道なんですけど、イスラエルの本屋さんとかもあったりして、だんだん分かってきました~(笑)

ユダヤ料理の初体験は、???な感じだったんですが・・
この通りを歩いていると、皆さん、ファラフェルというユダヤのファーストフードを手にして食べているので、やはりこれは体験しなければ~という気になってきました~







c0206352_19564783.jpg

この通りには、例の立ち食いのクレープ屋さんがあります。
美味しそうなお店が多すぎて、ここに行けるかどうか分からなくなってきました・・







c0206352_200343.jpg

KUSUMI TEAもあります~
パリの街角では、至るところにKUSUMI TEAを見かけます。







c0206352_19101735.jpg

「CHEZ MARIANNE」のファラフェル・コーナー
やっぱり凄い行列です。
でも、前回のお食事で、私の口には合わないかなぁ・・と。







c0206352_19131667.jpg

「CHEZ HANNA」
「CHEZ MARIANNE」の斜め前にあります。
こちらも凄い行列!
こちらで試してみることに!

やっぱりメニューが訳が分からないので、
「ファラフェル・スペシャル・ヴェジタリアン」にすることにしました!
5ユーロです!
初めに、店内のキャッシャーでお金を払ってから、行列に並びます。
そして、レシートを見せると、すぐに作ってくれます。







c0206352_19153272.jpg

こんな感じ~

作るのを見るのが面白かったです~
薄いピタパンを上手に開けて袋状にするのです。
そして、その中にキャベツや人参をたくさん詰めて、ユダヤのソースをかけます。
そして、カレーコロッケを3つか4つくらい入れて、その上からきゅうりをたくさん入れます。
そして、別の種類のソースをかけて、最後に揚げナスを2つ乗せるのです。
私、人参が嫌いなので、「キャロットはNOよ!」と言いました~
そしたら、並んでいるお客さんたちに笑われた~








c0206352_1918967.jpg

サンドウィッチのようなものなんだけど、
具だくさんのため、最初はフォークで食べるのです!
これがね~
本当に美味しかったんです!
ナスの素揚げも日本的で軽い!
お野菜たっぷりだし、ソースもきつくなくて、コロッケが~~~
日本の野菜カレーコロッケ!
いや、本当に美味しかったです!
やみつきになりそうですよ~

これだけでお腹いっぱいになりますから、安上がりなお食事ですね・・
ユダヤ料理はちょっと・・と言う方も、ファラフェルだけはお試しください♪





2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←こっちもクリックしてね♪
ありがとうございました~♪
by mayumi-roma | 2011-08-09 06:55 | 大好きなパリ♪
ロダン美術館とラデュレー♪
c0206352_6124922.jpg

印象派絵画の殿堂、オルセー美術館♪

かつての鉄道オルセー駅を巨大な美術館に変身させたものです・・
この発想が素晴らしいですね♪

今日は8月第1回目の日曜日。
国立の美術館は全て無料になります。
というわけで本日は美術館日和!
しっかし、凄い行列だわ~
1時間15分並んでやっと入れました!

前回来た時(約1年半前)には、写真撮影はOKだったのに、一切禁止となっていました。せめて、この美術館の内部の素晴らしさをお伝えしたかったのですが、残念です。
ミラノの中央駅のドームの雰囲気を想像してください。
ローマのテルミニ駅ではありません(笑)。

それにしても、印象派の絵画がこれでもか~!ってくらいに収蔵されているのは圧巻です。マネもモネもドガもルノワールもボナールもシスレーもクールベもセザンヌもコローも飽きる程にあります。ゴーギャン、アンリ・ルソー、ゴッホ、ミレーもね!

c0206352_6473816.jpg

私は、実は、印象派の絵画は好みではないのですが、ミレーの絵はいつも心に響きます。
「落穂拾い」「晩鐘」「羊飼いの少女」
大地とともに生きる農民の姿を崇高に描いた絵は、心を打たれます・・






c0206352_6452043.jpg

オルセー美術館からそう遠くないところに、ロダン美術館があるので、こちらにも~♪
ここ、私がパリで一番好きな美術館なんです。
ここも無料で入れました~
大いに得した一日でした♪






c0206352_6535558.jpg

この美術館は、ロダンが亡くなるまでの10年間、アトリエ兼住まいとして暮らした所です。
ナポレオンのお墓「ドーム」も近いので、金色の屋根が見えています~






c0206352_741483.jpg

美術館の内部。

実は、私にとって、ロダンのイメージはあまりよくありませんでした・・
洋画が大好きだった私。若い頃、イザベル・アジャーニ主演の「カミーユ・クローデル」を見たのですが、若かったせいか、私は、そのストーリに憤ったものでした。
類い稀なる美貌と卓越した才能を持ったカミーユは、19才でロダン(当時42才)の弟子になますが、すぐに男女の関係になってしまいます。ロダンには内縁の妻がいて、優柔不断なロダンはどちらかを選ぶことは出来ず、カミーユは三角関係に悩みながらも15年間も関係を続けるのです。
最終的には妊娠、中絶、そして、そのショックから精神の病になり、精神病院に入院、誰にも看取られることなく亡くなっていったのです。
恋愛に関しては、どちらが悪いとは言えないと思いますが、それでも、私には、一人の才能ある女性をロダンが潰したように感じていたのです・・






c0206352_77572.jpg

しかし、ロダンの作品には、とてつもない表現力があると思います。
彫刻が一人で語りかけてくれるのです。
ロダンは、若い頃、念願のイタリア旅行をした際に、ドナテッロとミケランジェロの相当なショックを受け、多大な影響を受けたそうです。






c0206352_7175675.jpg

美術館の2階には、ロダンの作品に囲まれながら、ゴッホの絵が2点、ルノアールの絵が1点、ムンクの絵が1点、あります・・






c0206352_7222258.jpg

左のゴッホの絵ですが、日本の浮世絵に影響を受けたことが一目瞭然ですね。
背景に、富士山やさくらの木、コレクションしていた浮世絵も描かれています。

右のムンクの絵!
この美術館に足を運び、ロダンの「考える人」を描いています。

両方とも素晴らしい作品で、しばらくその場から立ち去ることが出来ませんでした。






c0206352_729288.jpg

こちらの美術館、庭園美術館でもあります。
美しく広大な庭に、ブロンズ像がたくさん飾ってあるのです。
そして、バラ園もあるんですよ~
バラ園の向こうには、「考える人」がナポレオンのお墓を背景に佇んでいます~






c0206352_7354158.jpg

「考える人」
こんな高い所に飾ってあるのです。
見上げないといけません・・






c0206352_7442826.jpg

素晴らしい庭園美術館でしょう?
一日中だって過ごせます~





c0206352_7502261.jpg

そして、こちらのミュージアム・カフェ、素敵なんですよ~
こんな森の中にあって、しかも、他の美術館とは違ってメニューが充実しているんです。
スイーツやフルーツ等のデザート類も本格的なものが揃っているし、お食事も種類が豊富!
私は、バゲッタにハムとチーズを挟んだものにアメリカンコーヒーを頂きましたが(何気に倹約してます~、笑)、シンプルで美味しかったですよ~





c0206352_7555168.jpg

夕暮れの凱旋門♪
この写真を撮すために、シャンゼリゼ大通りの真ん中へ・・
危なかった~





c0206352_7585744.jpg

目的は、もちろん、こちらです♪
マリアージュと共に、ラデュレーだけは外せないんです・・
夏場だから、歩道にオープンカフェが出来てました~






c0206352_821472.jpg

下の写真の行列は、スイーツやマカロンを買うためのものです。
お茶や軽食を取りたい人は、上の写真の入口から・・
この時期のパリ、どこに行っても行列です~
中のサロンが満席だったので、オープンコーナーへ。






c0206352_84247.jpg

ジョゼフィーヌ・フレイヴァーの紅茶にマカロンを♪
ジョゼフィーヌ味は、お花と柑橘類の香りが漂うノーブルな味でした。

そして、マカロンの美味しさ!
これはもう!その美味しさは、大げさではなく、世界一です♪
ふっくらしつつもサクサク感があって、肉厚!←肉厚なんて表現合いませんけど(笑)。
そして、中のクリームが~
こんなクリームの味を出せるパティシエ、なかなかいないと思います。
私はバニラ味が一番好きなのですが、天にも上る心地になりました♪

お出かけの最後をラデュレーで締めくくることが出来て幸せでした~♪




2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←こっちもクリックしてね♪
ありがとうございました~♪
by mayumi-roma | 2011-08-08 08:16 | 大好きなパリ♪
パリで一番美味しいガレットと可愛いお菓子♪
c0206352_2442246.jpg

パリ、シテ島「ノートルダム寺院」

相変わらずひどい曇り空、とっても寒いパリです・・
ノートルダム寺院に入るのにも物凄い行列で、30分から1時間待ち。
私は、もう何回も入ったことがあるので当然入りませんでした。
夏の観光地ってこんなに凄いんですね・・

さて、本日は8月6日(時差の関係で日付の上では7日になってます)、
広島の66回目の原爆の日でした。
平和記念式典で、首相が「原発に依存しない社会を目指す」との考えを改めて示したそうですね。式典で広島市長と首相が、核兵器廃絶だけでなく原発に言及するのは異例のことだそうですが、それだけのことが日本を襲ったのですから、気持ちを新たに祈りましょう!







c0206352_314277.jpg

セーヌ河沿いに、パリっ子のために砂をひいて日焼け用のスペースを作ったのに、
このお天気じゃねぇ・・
太陽の下で水着になるどころか、
街を歩く人はニットやジャケットを羽織っていますから~






c0206352_37947.jpg

滞在中のアパルトマンの下にあるパン屋さん♪
もう、大人気なんですよ~
朝7時半から夜9時まで営業しているし、土日はなんと夜10時まで開けている♪
パリには、どこにでも、何十メートルおきかに、
こんなパン屋さんがたくさんあるんです






c0206352_317405.jpg

パン屋さんなのに、バゲットやサンドウィッチ、ピザやキッシュだけでなく、各種ケーキやマカロンまで作っているのです♪
今日、突然出現したこのりんごは何なの~~!?






c0206352_3221469.jpg

今日のお買い上げ~
真っ赤なりんごと特大マカロン、そして、アプリコットのスフレ♪
食べるのが楽しみ~♪






c0206352_3312563.jpg

ブログ友のrainyさんが、ちょうどパリに行ってきたばかりで、日程が合えば、「お茶でも飲みたいね~」と話していたんですが、残念ながら、すれ違い・・
パリで一番美味しいクレープ屋さん(もちろんガレットもね)がマレ地区にあるというので、早速教えて頂いて、行ってきました~♪





c0206352_3383555.jpg

ウチから近かったんです~
小さいお店なんですが、いつも人でいっぱいです♪
rainyさんの記事はこちらから~(←ここをクリックしてね)






c0206352_3513885.jpg

私たちは外に座りましたが、お店の中をちょっと拝見!
入口の上には、何故かお馬さんが飾ってあって、可愛い♪
こういうところも、何だかパリっぽい。
何でもパリに結びつけている私です~(笑)
そして、オープンキッチンなので、観察していたのですが、清潔感あふれてる!
こういうお店は信頼できます♪







c0206352_3594899.jpg

ガレット♪
私は、卵とハムとチーズ♪
美味しい~~~♪♪
こんなに美味しいなんて~
rainyさんに大感謝だわ~♪
クレープ屋さんってたくさんあるけれど、ここ、ピカ一です。

お値段は8,5ユーロ。
これに辛口シードルを頂きました~
シードルってりんごのワインのようなものです。
甘いのはりんごのサイダー、辛いのはりんごのワインみたいなものです。

ここは、甘いクレープも大評判なので、次回は、お茶タイムに来ようかな~
パリにお越しの際は、皆さまも是非どうぞ♪



「Creperie “Suzette”」
24 rue des Francs-Bourgeois
75003 PARIS
(マレ地区)




2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←こっちもクリックしてね♪
ありがとうございました~♪
by mayumi-roma | 2011-08-07 04:10 | 大好きなパリ♪
ルーブルとカフェ・アンジェリーナ♪
c0206352_243114.jpg

パリ市庁舎♪
ローマの市庁舎カンピドリオとは全く雰囲気が違っていて、重厚な感じですが、これに関してはローマも負けていません。だって、ローマの市庁舎のあるカンピドリオは、ミケランジェロの設計ですもの♪
ここに最寄りの地下鉄の駅がありますが、徒歩でほぼどこにでも行けるので使うことはありません。

さて、今日のパリは朝から雨。
雨だから美術館に行くしかない!
というわけで、ルーブルへ♪







c0206352_2492315.jpg

ルーブル美術館♪
この泉、前回来た時には凍っていたのです。
その時の写真はこちらです♪←ここをクリックしたら飛べます。






c0206352_341510.jpg

このガラス張りのピラミッドを作った時には賛否両論でしたが、
今では、この景色にもすっかり慣れてしまいましたね~
この中が入口になります。
ものすごい人混みで、40分くらいは並びます。






c0206352_317965.jpg

マルリー庭園を飾ったG.クストーの彫刻の展示ルーム。
18世紀初頭にルイ16世がベルサイユの近く、マルリーに別邸を建てようとしていた時に、その庭を飾る予定だった彫刻の数々です。
右下は、アポロから逃げるダフネ像。

ルーブルはあまりにも大きくて、何度来ても全部を見ることは不可能です。
ピンポイントで見たいものをセレクトするしかないと思います。
今回は、まだ一度も見たことのないクストーの彫刻とメソポタミアの遺跡を中心に見ました。






c0206352_3274658.jpg

目には目を!
歯には歯を!
ハムラビ法典です。






c0206352_5162027.jpg

せっかくルーブルに来たからには、お気に入りの彫刻も!
「ミロのヴィーナス」古代ギリシャ時代
「エロスの接吻で目覚めるプシュケ」カノーヴァ作
「エルマフロディート」(両性具有者)古代ギリシャ時代、前方から
同上、後方から






c0206352_5215649.jpg

左、「瀕死の奴隷」ミケランジェロ作
ユリウス2世のお墓を飾る予定だった彫刻の一つです。
この隣にもう1体「囚われの身」があります。

右、「サモトラケのニケ」
古代ギリシャ時代。






c0206352_527729.jpg

言わずと知れたダ・ヴィンチの作品・・
私が敬愛するイタリアの天才です♪






c0206352_5331632.jpg

とにかく膨大なコレクションなので、ピンポイントで見ても丸一日かかります。
ラファエロ3点、カラヴァッジョも3点あります。
イタリアと違って、ありがたいことに、写真は自由に撮れます。

イタリアの名画、大変豊富ですが、ほとんどは、ナポレオンがイタリアに侵略した時に根こそぎ持っていったものです。
フランスでは英雄の一人になっていますが、イタリア人からしたら、ナポレオンはとんでもない大泥棒というわけです(笑)






c0206352_5394270.jpg

ヴァンドーム広場♪
世界的に有名なジュエラーのお店ばかり!
通るだけ、見るだけ(笑)

ルーブルを出たら、お天気になっていました♪
夫は閉館まで美術館にいるというので、私はフラフラとパリの街へ。

雪のヴァンドーム広場の過去記事はこちらから♪←ここをクリックしたら飛べます♪





c0206352_5461633.jpg

リボリ通りの「カフェ・アンジェリーナ」へ行きました♪
1903年創業の老舗です。
ここも前回、行けなかったので、リベンジです。
しっかし、パリの有名なカフェやサロン・ド・テって、どこも東京に進出していますね・・
そういう意味ではつまらないな~






c0206352_5513039.jpg

スイーツは、見るからに可愛くて綺麗で、いかにも美味しそう~~♪






c0206352_5562917.jpg

店内はかなり広くて素敵ですし、お店の人もさばけています。
でも~
日本人が多過ぎる~~
東京に何店舗もありますからね。
でも、なんだか興ざめです・・





c0206352_5593814.jpg

私が頼んだものは・・
アンジェリーナの「当店自慢」のもの。
これが私の好みではないことは分かっていたのですが、性格的に、そのお店の一番の推奨品を食べたい私は注文しましたとも!

アフリカンブラックココア(生クリーム付き)とモンブラン。
予想していたとおり、私の口には全く合いませんでした・・
甘過ぎる~~~!
ココアもケーキも半分残しました。
もったいないとは思ったけど、とても完食することは出来ませんでした。
たぶん、紅茶と他のケーキなら気に入ったかもしれません・・
でも、2度と行かないな~
パリでも東京でも・・






c0206352_6125237.jpg

オペラ座通り。
奥にはオペラ座が見えています。

アンジェリーナのあと、サントノーレ通りを歩いてオペラ座通りへ。
ここ、日本人街みたいなものです。
日本食屋さんがたくさんあって、ラーメン屋さんまであります。
ここまで来た目的は、ジュンク堂!
前から気になっていた雑誌と原発関係の文庫本を買いたかったのです。

なんだか今日もたくさん歩いたな~
疲れたよ~~




2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←こっちもクリックしてね♪
ありがとうございました~♪
by mayumi-roma | 2011-08-06 06:22 | 大好きなパリ♪
イスカンダル@マリアージュ・フレール♪
c0206352_574797.jpg

パリ、マレ地区♪

お疲れモードのままパリ移動へ移動してきたので、今日は休養日。
マレ地区に留まりました~
パリについて早々、休養日という人もなかなかいないでしょうけど~(笑)
目移りする程たくさんの可愛いお店を横目で見ながら(お店のレポートは、また後日)、ジョルジュ・ポンピドーセンター(近代美術館もあります)へ。
道の奥にポンピドーセンターの裏側が見えます。






c0206352_518281.jpg

ポンピドーセンターの裏側は、こんなにカラフルなんです!






c0206352_5262569.jpg

こちらが、正面です。
1071年の国際コンペティションで、イタリアの誇る建築家レンツォ・ピアーノとイギリスのリチャード・ロジャースの案が選ばれました。
重さを支える柱や、建物の共用部分である電気・水道・空調などの配管、階段・エスカレーターも全て外部にむき出しにさせています。
むき出しのパイプとガラス面で構成された外観は現代的と言うよりは前衛的で、建物自体がひとつの芸術作品のようですが、伝統的な建築物が多いパリですから、開館当時は賛否両論がありました。

マティス、ピカソ、ブラック、カンディンスキー、近代から現代に至る様々なアートが満載ですが、近代美術に興味の無い方も、広場には大道芸人がいたりして、この辺りをお散歩するのは面白いと思います。






c0206352_5441641.jpg

ダリの彫刻でいっぱいの噴水♪
私のお気に入りです~






c0206352_551547.jpg

マリアージュ・フレール@パリ、マレ地区♪

14時に、夫とランチの待ち合わせ。
夫は、サン・シャペル(ノートルダム寺院そばのステンドグラスで有名な中世の教会)に行ったのです。

マリアージュ・フレール!
嫌な思い出のある銀座店は、こちらの外観をほぼ忠実に再現していたのですね。






c0206352_5594846.jpg

ショーウィンドーには夏用のアイスティーが飾ってありました♪
イスカンダル!!
買います!
絶対に、これ買います!
フレーヴァーなんてどうでもいい。
買おう!って、私は即決めてしまいました(笑)






c0206352_651634.jpg

私が頂いたオリエンタル風のエビと野菜料理♪

これ、西洋のお野菜と共に、チンゲン菜風のお野菜やしいたけまで入っていました。
美味しかった~~~♪
お味は、オリエンタルというよりはブイヤベースのような感じ。
ゴマの香りが美しく漂うライスもつきましたが、パンもついてきたので、私、残ったスープをパンで頂きましたよ~

そして、ギャルソンのお薦めに従って、ジャスミン・インペリアル・ティーを頼みました。

内部の写真は禁止されているので撮れないのですが、店内は素敵です~
大きな観葉植物がたくさん置いてあって、天井がガラス張り!
とっても明るいのです。
(SHOPのほうは暗いですけどね)





c0206352_6174940.jpg

私が選んだケーキです♪
フランボワーズの乗った、チョコとレモン味のムースケーキ♪

ギャルソンのサービスはパーフェクト!
銀座店とは全然違いました~
気が利くけど、押し付けがましくない。
そして、もちろん親切で、お客様を大切に丁寧に扱ってくれます。
ま、それが普通のはずなんですけどね・・
大満足でした♪

ランチと紅茶とスイーツで35ユーロでした!






c0206352_626181.jpg

2階の紅茶博物館♪
こちらは、無人なので写真撮っちゃいました。



c0206352_6295423.jpg


c0206352_6324682.jpg

古い陶磁器のティーカップや紅茶の葉っぱが展示されていて、
紅茶の歴史に思いを馳せました。





c0206352_643518.jpg


アールグレイ・フレンチブルーとアレクサンドラ、デヴィッド・ニールのアドヴェンチャーのティーバッグ、そして、アイスティ・イスカンダルをお買い上げ~
アイスティー用の紅茶、39,90ユーロもするんです~
あまりの高さに、ちょっぴり考えちゃったけど、イスカンダルですからね~
買わずにはいられません!

イスカンダル、アラビア語でアレクサンダー大王を意味するのですが・・
私がイスカンダルにこだわるのは・・
実は、少女の頃から大好きだったアニメ「宇宙戦艦ヤマト」オタクだからなんです~


イスカンダル・・
地球がマゼラン星雲中の滅びゆく老惑星・ガミラスの攻撃により滅亡の淵に立たされた時、ガミラスとの二重惑星・イスカンダルのスターシャ王女が、地球に、放射能除去装置コスモクリーナーDを取りに来るようにメッセージを送ったことから、 宇宙戦艦ヤマトはイスカンダルへと旅立ったのです。
イスカンダルは、ガミラス同様に死期が迫る惑星だったのですが、侵略という形で生存の道を模索したガミラスとは異なり、星と運命を共にする道を選択していたのです。
スターシャとヤマトの乗組員、古代守との涙なしでは見られないラブストーリー!
ああ~、思い出しただけで、泣ける~~
ちなみに、古代守は、のちの宇宙海賊キャプテン・ハーロックです。
(追記です。古代進ではありませんよ。進の兄のほうです。公には亡くなったことになっています)

すみません~
話が、パリとは全然関係ないところに飛んでしまいました(汗)。
イスカンダルの放射能除去装置、日本にも一つ欲しいところですね。



「マリアージュ・フレール」
30 rue du Bourg-Tibourg
75004 Paris
Open:10:30~19:30




2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←こっちもクリックしてね♪
ありがとうございました~♪
by mayumi-roma | 2011-08-05 07:07 | 大好きなパリ♪
パリ到着♪
c0206352_6305759.jpg

パリ、マレ地区。
パリに着きました~♪

19時半にアパルトマンのオーナーさんと待ち合わせ。
名前からしてドイツ人かと思っていたのですが、
なんと、とっても若いイケメンアメリカ人でした。






c0206352_639468.jpg

2週間お世話になるアパルトマン♪

いわゆるワンルームマンションですが、綺麗で、なんでも揃ってます。
足りないものは一つもない・・
ケーブルTVもインターネット回線もバッチリ!
ベッドは、シングルが2つで、くっつけてダブルに出来ますが、
私は、この機会に、あくまでシングルで行きたいと思っています(笑)。
もちろん、リネン類も全て揃っています。






c0206352_6471685.jpg

キッチンコーナー♪
洗濯機から冷蔵庫、電子レンジにコーヒーメーカー。
食器や調理器具、ふきんに至るまでバッチリ!
まぁ、お料理はしないと思いますけどね・・

バスルームも、ちゃんとバスタブ付きで、ドライヤーまで有りました。

もちろん事前に全てチェックして、この設備で、マレ地区で、お値段もお手頃だったので、ここに決めたのですが、全く嘘はありませんでした♪
良かった♪

ここ、散々探してやっと見つけた掘り出し物だったんです。
だって、なんと!1泊90ユーロなんですよ。
下手なホテルなんかより、ずっと設備が整っている上に安いでしょう?
しかも、パリの中心地。

ただし、皆さんは、これがパリの相場だと思わないように。
普通では有り得ないお値段だと思います。
本当に、私、散々苦労して,やっと見つけた所なんです~






c0206352_741217.jpg

そして、アパルトマンの下が!
こんな可愛いパン屋さんだったのです。






c0206352_791061.jpg

嬉しい~~!!
大好きなマカロンが~
そして、マシュマロみたいな棒状のお菓子がたくさん。
これ、なんでしょうね?

マレ地区は、噂通り!
可愛いブティックやら雑貨屋さんがいっぱいで、お洒落なBARもたくさんあって、すぐそばには、マリアージュ・フレールも!
きゃあ~、楽しみだわ~







c0206352_7131467.jpg

こんな可愛いクレープ屋さんもありましたよ~
甘くていい香りが漂っていました・・
1回は、ここでクレープ食べてみようっと!







c0206352_715495.jpg

で、ちょっと先まで行くとユダヤ街もあるんです。
ほら、敬虔なユダヤ教の信者がいますよ~~(黒い帽子に黒いスーツの人たち)

ロンドンのゴルダーズグリーン辺り(ヤダヤ系の人が多く住んでいるところで、その昔は、JJタウン(Japanese&jewishのJJ)と呼ばれていたところです)ではよく見かけたものでしたが、大陸(ヨーロッパ)で見たのは初めてかも~

明日からは、のんびりゆっくり行きあたりばったりで楽しみたいと思います~





2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←こっちもクリックしてね♪
ありがとうございました~♪
by mayumi-roma | 2011-08-04 07:38 | 大好きなパリ♪
パリからの商業メール♪
冬休みにパリに行った時、「LADUREE」シャンゼリゼ店でのディナーをネット経由で予約したためか、それ以降、「LADUREE」で新商品が出るたびに、販促メールが届くようになりました♪
フランス語ですが・・
ラテン系の言語なので、なんとなく意味は分かります。


c0206352_8382793.jpg

「LADUREE」シャンゼリゼ店♪


今回は、もうすぐイースター(復活祭)なので、イースター向けのお菓子の宣伝でした♪

c0206352_8402634.jpg

          マカロン、イースター用の化粧箱入り(8個入りで14,70ユーロ)

c0206352_8404561.jpg

          ウサギの形のチョコ(4個入りで29,50ユーロ)
          高っ!!
  
c0206352_8414181.jpg

          イースターエッグもあります。大きさによって値段が変わります。
          9,80~45,80ユーロまで、3種類あります。

c0206352_841587.jpg

          マカロン、イースター特別バージョン
          100gにつき7,60ユーロの量り売り♪




私だって、パリに住んでいれば、買いに行きたいですよ~~♪
大げさじゃなく、世界一のスイーツ屋さんだと思うから♪
いいなぁ、日本に住んでいる人は・・
「LADUREE」出店してるものね~~
羨ましい・・


遠い日本ではパリ「LADUREE」のお菓子が手に入って、パリに近いところに住んでいる私には遠いという、この矛盾!


ちなみに、「LADUREE]シャンゼリゼ店でのディナーの過去記事は、青い文字の所をクリックしたら飛べます♪

ついでに、「LADUREE]でのお茶の様子は、ピンクの文字の所をクリックしたら飛べます♪



うさぎとか羊、卵とひよこなど、可愛い動物たちがイースターのシンボルになっていて(もちろん宗教的な意味があるのでしょうが)、ウチの近くの文房具屋さんにも、こんな可愛い羊のデコレーションがありました♪


c0206352_94251.jpg

もちろん、これらの商品は売り物です♪


「LADUREE」でも、ウサギの形のチョコがあったように、イタリアにもあります。
可愛いんです♪

だけど・・、そのシンボルとなっているウサギも羊も、こちらでは食べるんですよね~
生贄みたいな感覚なのかしら!?
すっごい矛盾・・
日本人の私にはちょっと不思議・・




2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by mayumi-roma | 2010-03-18 09:11 | 大好きなパリ♪
テーマ別「私のパリ①」「雪の日のパリ」
雪の日のパリは、日中でも氷点下・・
たぶん札幌よりも寒かったはずです。
一日中、どんより重たい雲がかかっていました・・



c0206352_6133.jpg

ホテルの前の風景。
もう、朝起きて白銀の世界だったのには驚きました~
雪なんて、ものすごく久しぶりの経験でした。
歩くのにヒヤヒヤしたけど・・




c0206352_5451556.jpg

写真は、雪の日のパリで暖を取るハトたち♪
可愛いでしょう!?
この下に空調設備が繋がっているらしく、暖かい空気が出てきていたのです。
さすがに飛ぶこともなく、じっと、しかも寒そうに震えていました・・

ここは、トロカデロからエッフェル塔を眺める展望台みたいなところ。
下の写真を撮った所です(前にもアップした写真)。




c0206352_550556.jpg

この写真の左下に、ハトたちのいる場所が小さく見えます。

残念ながら、この日、私のカメラで取りまくった写真は、全ておじゃんになりました~
理由は分からないけど、SDカードの異常が表示されて全然開けられなくなったのです。
トロカデロからエッフェル塔、アンバリッド(ナポレオンのお墓)、ロダン美術館、サンジェルマン・デュプレ、オルセー美術館、たくさん写真撮ったのに~~
しかも、普段着のパリ、たとえばお洒落なお肉屋さんとか、道端のマカロン屋さんとか、パリの日常を伝える写真もたくさんあったのに~~

ちなみにエッフェル塔とハトの写真は、息子が自分のカメラで撮ったものです。




c0206352_631694.jpg

ノートルダム寺院
この雪のせいで、寺院の上には上ることが出来ず、
さらに、近くにあるステンドグラスで有名なサン・シャペルも3日間閉まったままでした。
寺院の中に入っても、手袋の中の指の先とブーツの中の足先が凍えそうでした・・
でも、この日は、それでも少しだけ青空がのぞいたんです。




c0206352_6142659.jpg

ルーブル美術館の噴水もこの通り♪
昼間でも溶けることがないんです・・




c0206352_6145986.jpg

美術館入り口のピラミッドの周りも真っ白。
雪だけじゃなくて、強い北風が吹いているんです・・




c0206352_6152514.jpg

ヴァンドーム広場
この日はずっと雪が降り続いてたので、幾分暖かかったです。
温度が下がりすぎると、雪は降らないんですって。
零度が雪が降る条件だとか何とか・・
本当かしら!?


雪の日のパリは、とっても寒かった!
これまでの人生でこんなに寒い思いをしたことはないってくらいに!(←大げさ!?)

でも、雪のパリも、素敵だな~と思いました♪
季節によって、お天気によって、街の表情って劇的に変わるんですよね~
ですから、今回のパリ旅行、雪で良かったのかもしれません・・


きちんとパリの写真を整理したかったので、再びパリ日記となってしまいました。
これからも、時々、こんな形でパリのことを書くと思いますが、よろしく~♪


ブログ村のランキングに参加しています♪
応援クリックをよろしくお願いします♪
ここの下をポチッとね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
by mayumi-roma | 2010-01-25 06:40 | 大好きなパリ♪
BENOIT(ブノア)パリ本店でのお食事♪
もう何度も何度も私のお誕生日の話をしているので恐縮なのですが、パリのBENOIT(ブノア)でのお食事の様子を書き留めておきたいので、ごめんなさ~い♪

1月8日は、私のお誕生日でした♪
パリに旅行中だったので、念願のBENOIT(ブノア)パリ本店で記念のお食事をしました♪
もちろん、ランチです・・
ディナーだったら、どれだけお財布が薄くなったか分かりませんもの~~

東京のブノアは、ディナーも良心的な値段設定がされていますが、パリは物価が高いし、
何にでもEXTRAがプラスされて・・
ワインだけで、軽く、お食事そのものの料金を超えてしまいました~


c0206352_23582655.jpg

BENOIT(ブノア)パリ本店 
20 Rue St. Martin
1912年創業のビストロ♪
Alain Ducasse(アラン・デュカス)が2005年に買い取りました♪
それ以来、快進撃で世界中を席捲しているのです~
日本だけでなく、ニューヨーク店もありますし♪




c0206352_0142589.jpg

Bの文字が入ったお皿は、もうおなじみですね♪
可愛い~~♪




c0206352_0151893.jpg

メニュー
アラカルトもありますが、デジュネというランチのプレフィックスメニューが一番お得♪
アントレ(前菜)とプラット(メイン)とデザートのセットで34ユーロ(約4500円)♪
でも、この料金でランチを食べられると思ったら大間違いですよ♪
選んだお料理によってはEXTRA料金が○○とあったり、ワインやミネラルウオーター、コーヒーは全て別料金ですから・・
ワインなしでフレンチを味わうことは絶対に無理ですし~




c0206352_0224017.jpg

まずは、ワインの選択。
ブルゴーニュの2004年、
Morey Saint-Renis Les Charriere Alain Michelot をハーフで♪
もちろん、ハーフボトルなんてありませんから、1本を開けて半分デキャンターに注いでくれるのです♪
息子は、白ワイン(シャルドネ、詳細は覚えていません)をグラスで。
なんと、息子のワイン、グラス1杯が17ユーロ(約2200円)♪
お水は、スパークリングタイプのものを♪

念のため、記しておきます。
ヨーロッパでは18歳からお酒が飲めますので、既に18歳になった息子がワインを飲むのは違法ではありません。




c0206352_02752100.jpg

チーズ味のとっても美味しいお通しが・・




c0206352_0312328.jpg

アントレには、3人とも、カリフラワーのクリームスープを選びました♪
実は、私たち、フォアグラが大の苦手・・
だったらフレンチに来るな!という話ですが・・

寒い日だったので、スープで身も心も暖まろうと♪
大正解♪
なんとも上品なお味で、カリフラワー独特の匂いもなく美味しく頂きました♪
好き嫌いの多い息子も気に入ったようです。

お隣のテーブルにいらっしゃった初老のご夫妻が、いったい何者だろう!?という雰囲気を漂わせる上品な方々。実は、その紳士が、イタリア語に堪能で、自ら申し出て下さって、お料理選びを手伝ってくれたのです♪




c0206352_0373764.jpg

私がメインに選んだのは、お魚料理♪
タラのグリルです♪
塩加減もちょうど良くて、ムール貝やポテト、マッシュルームで彩られ、淡白なタラが生まれ変わったようなお味♪




c0206352_0513834.jpg

こちらが、我が家の男性陣が選んだ牛肉のブラサート。
赤ワインで何時間も何時間も煮込んだものです。
北イタリアにもこのお料理はありますが、全く比較にならない美味しさだったそうです♪
頬っぺたが落ちる感じなのかな~!?




c0206352_056597.jpg

ブノア店内の様子。
ランチタイムは1階だけを開放しています。
お昼も夜も、予約は不可欠です。
私はブノアのHPから予約しました。
外国人客は私たちだけでした。

お隣の紳士が「このレストランに来るなんて、いい選択をしましたね」とおっしゃって、奥様が「家族の写真を撮りましょうか?」ってカメラのシャッターまで切って下さったんです♪
素敵なご夫妻でした~♪




c0206352_123250.jpg

デザートに私が選んだのは、ケーキ♪
一つだけかと思ったら3種類のセットですって~
こんな大きなケーキ、3つも食べられな~い。
手前左がアップルケーキ、右がチーズケーキ、奥がチョコレートケーキです♪
とっても美味しいんですけど、私は一口だけにして、あとは我が家の男性陣に食べてもらいました。




c0206352_162488.jpg

こちらが、夫が選んだサヴァラン、生クリーム添え。
サヴァラン(イタリア語ではババと言います)に目がない夫は大満足♪




c0206352_175675.jpg

息子は、シャーベット♪
またまた3種類♪
なんだか、全てがビッグサイズで、女性には全部平らげるのが大変です♪




c0206352_195194.jpg

食後のコーヒーは別料金です。
マカロンとチョコレートが付いてきました~♪
これは、LADUREE(ラデュレ)でも同じでしたね。

ブノアでは、このマカロンとチョコレートの他に、出来立ての、型にはまったままのマドレーヌをサービスしてくれるのですよ。





c0206352_1115859.jpg

お手洗いは、2階です♪
真ん中がドアです。
両脇が鏡張りになっていますので、ドアが反射して映っているだけです。




c0206352_1134187.jpg

お手洗いに行ったついでに2階のサロンを拝見♪
1階とは全然雰囲気が違います・・




c0206352_1143938.jpg

こちらも同じ2階のサロン。
それほど大きくはありません。

お誕生日をパリで過ごせたこと、ブノアでお食事出来たこと、本当に良い思い出になりました♪
あと、息子にも、こういう場所での約束事を学ばせる良い機会になりました。

ワインの種類によってグラスが変わること、注文したワインを味見した後にOKサインを出すこと、恥ずかしながら何も知らなかった息子です。
イタリアはもっとカジュアルですからね~

ブノアのサービスは、かゆい所に手が届くようなもので、完璧でした。
お客さまに楽しい時間を過ごせてもらえるようなホスピタリティにあふれていました♪
こういうお店のギャルソンは、修行を積まないとお店には立たせてもらえないのだろうな~と思いました。
私たちの担当はイタリア語も少し出来る可愛い女の子でしたが、帰り際に、彼女が、私たちが預けたコートを持ってきて着せてくれる時に、さりげなく紙幣のチップを渡したのは言うまでもないことです・・




ブログ村のランキングに参加しています♪
1日1クリック、応援クリックをよろしくお願いします♪
↓こちらの下から~クリック♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
by mayumi-roma | 2010-01-18 01:57 | 大好きなパリ♪
LADUREE(ラデュレ)シャンゼリゼ店でのディナー
2010年1月7日
「LADUREE」は、1862年にパリ8区に創業した(現在のロワイヤル店)お菓子屋さん♪
お気に入りの「LADUREE」シャンゼリゼ店で、パリ在住の若いお友だち(26歳!若くていいなぁ!)と一緒にディナー♪
「LADUREE」はマカロンで有名ですが、そのスイーツの美味しさもフランスで一番(いえ、私的には世界一とさえ・・)と言えると思います♪
朝食やブランチ、ランチサービスは他の店舗にもありますが、ディナーまであるのはここシャンゼリゼ店だけです。
夜のお食事は予約なしでは入れないので、私は「LADUREE」のHPから予約を入れました。
雰囲気のいい2階をリクエストして・・



c0206352_1284055.jpg

「LADUREE」シャンゼリゼ店(シャンゼリゼ大通りから)




c0206352_1225498.jpg

同上(リンカーン通り寄りの入り口)




c0206352_142687.jpg

1階のカウンター
クラシカルな由緒正しきBAR♪




c0206352_1463424.jpg

最近、1階奥の部分に出来た、LE BAR(バー)コーナー。
サロンに座ってゆっくりお茶やお食事が出来ない時はここへ。
30分あればお食事やお茶が楽しめます。また、BARコーナーだけの特別メニューもあります、
もちろん、夜はカクテルも楽しめます。
TEA TIMEもサロンはいつも満席で、予約なしの場合は待つことが多いのですが、BARは空いていることが多いので、穴場かもしれません。





c0206352_241534.jpg

私たちの入った2階のサロン。
小さなサロンが幾つにも分かれています。
ここは比較的大きなお部屋かな・・




c0206352_2102363.jpg

メニュー♪
アントレ(前菜)は7種類の中から、
プラット(メイン)は、魚料理6種類、肉料理6種類の中からチョイス出来ます♪
(メニューには、英語でも注釈が書かれています)




c0206352_2112729.jpg

まずは、ワインを選んで♪
ブルゴーニュの2007年を♪




c0206352_215465.jpg

アントレには、ホタテを頂きました♪
ジンジャー味のクランキーなトースト下地の上にミカンのマーマレードが塗ってあって、その上にホタテのお刺身を敷き詰めたもの♪
繊細で上品なお味でした♪





c0206352_2195541.jpg

メインには、子牛とアーティチョーク(イタリア語ではカルチョフィ)のソテー。
これがまた美味しくて・・
フランスのパンはどこで食べても美味しいものですが、ここのパンもまた美味しいんです♪




c0206352_226244.jpg

楽しいお喋りに花を咲かせながらゆっくりと美味しいお料理を味わっていた私たち。
時間が経つのも忘れていました。
満席だったサロンもだんだんと人が少なくなって・・




c0206352_2291394.jpg

今度はデザート♪
なんと、ギャルソンがトレイを持ってきてくれて好きなものが選べるのです♪
どれも美味しそうで・・・




c0206352_2302914.jpg

私が選んだのは、フランボワーズのタルト♪
もう~♪
世界一の美味しさなの~♪




c0206352_2314666.jpg

最後の締めは、やっぱりカフェで♪
きゃあ~、マカロンがついてきた~♪

結局、7時半に入って、お店を出たのは11時半でした♪
とっても居心地がよくて、完璧なサービス。
お料理もスイーツも何もかもが美味しくて、それでいて敷居は高くない・・
これだけ食べて飲んで、一人62ユーロ(8000円ちょっとくらい)でした。




c0206352_2361797.jpg

最後にお手洗いへ行って、お店を出ました・・
写真はトイレへ続く廊下です・・

「LADUREE」シャンゼリゼ店、とっても気に入ってしまって・・
あ~、パリに住んでいたら週1で通いたい~~♪

もちろん、マカロンやスイーツを買うだけでもOKですよ。
店内1階の販売コーナーは、スイーツを買う人であふれていました。
ぼーっと見ていたら、ミルフィーユを買う人が多かったような気がします・・
ちなみにミルフィーユは、お茶で立ち寄った時に夫が食べましたが、さすが~!のお味だったようです。
息子もすっかりはまってしまって、ローマに戻ってきても、フランスの紅茶しか飲まなくなりました・・
私に似て、踊らされやすいタイプなんでしょうね、きっと♪(笑)




ブログ村のランキングに参加しています♪
1日1クリック♪
ここの下をポチッと、応援クリック、お願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
by mayumi-roma | 2010-01-13 03:00 | 大好きなパリ♪
  

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
お友だちの本が出版されました♪
at 2017-04-29 05:28
簡単ピザランチ@おウチ♪
at 2017-04-28 05:00
耐震工事開始!
at 2017-04-27 06:15
今日のおやつ♪
at 2017-04-26 05:58
サンタ・マリア・ソプラ・ミネ..
at 2017-04-25 03:39
お買いもの♪
at 2017-04-24 00:11
ネットが相変わらず・・・
at 2017-04-22 22:31