カテゴリ:ローマのグルメ( 239 )

散々だった一日・・・

c0206352_03310909.jpg
金曜日のローマは、公共の交通機関がショペロ(スト)だったせいで(幸いにも午前中だけ)、街中が車の渦になってしまい、普段のローマのカオス状態がさらにカオス!
久々に、ここではとてもまっとうな暮らしはできないな・・と思わせてくれる一日でした(笑)。

今日の午前中は、夫とコルソ通りのvodafoneに行く用事があったのでした。
コルソ通りへは歩いても行ける距離なので、スト自体は問題なかったのですが・・
着いてみると、コルソ通りのvodafoneが閉まっています。
「店舗の引っ越し中、用事のある方は、トリトーネ通り店へ」と書いてありました。
とっても面倒くさかったけど、トリトーネ通りまで行きましたとも!

夫が新しいスマフォを買ったため、それには小さいサイズのSIMカードが必要なので、新しいものに交換・購入に行ったのですが・・
カウンターの女の子が、「ストでSIMカード担当の子が仕事に来なかったので、SIMカードは販売できません」と・・
まったく、これだからイタリアは!

そこにいた客は全員、SIMカードを買いに来ていたのです。
夫も、ものすごい嫌味を言いました。
すると・・・
出ました!
絶対に謝らないイタリア人!
「ちょっと待って。今の言葉、聞きづてならないわ。私のせいじゃないのよ。タクシー代を払うから仕事に来てと言ったのに、来なかった子のせいよ」

そういう問題じゃないんですけど~
ますは、お客様に、「申し訳ありません」というべきでは?
それに、そもそも、どうしてSIMカード係でないと、その仕事ができないのでしょうか?
意味わかんない。

この国がダメなのは、やっぱり国民一人一人の意識、メンタリティーが問題なのでしょうね。
仕事がないと愚痴っているけど、仕事をする能力のない人間が多いのも事実。
もちろん、ちゃんとした人もいるにはいますが(でないと本当に国が終わってしまいます)、圧倒的にダメダメ人間が多過ぎます。





c0206352_03554059.jpg
そのあと、近くにあったチャイニーズレストランでランチを食べることにしました。
ところが・・・
ここでも、サービスが遅くて遅くて・・・
こういうことは、チャイニーズでは稀なことです。
少なくともローマでは、チャイニーズは仕事が早いことで有名ですから。
イタリアナイズ、されちゃった!?

注文してから40分経っても何も持ってこない。
さすがに夫が文句を言いに行きました。





c0206352_04002206.jpg
やっと持って来てくれたお料理は、幸いなことにとっても美味しかったです♪
この時点ではまだ、夫のパスタ(ビーフン)が来ていませんけど(笑)。
なんでも、別の大部屋に中国人の団体客が入っていたそうで、そのためサービスが遅れたのだと、謝ってくれました・・

チャイニーズ・レストランでは、私はいつも同じものを頼みます。
エビのチリソースと広東風チャーハン♪
恐怖のワンパターン人間、mayumiです~
エビチリが死ぬほど好きなのです~
ちなみに、こちらのエビチリは日本のエビチリとは全然違いますが、イタリアで食べるエビチリのほうが絶対に美味しいと思います。

ランチのあとは・・・
私は予約していた日本人美容室ヤンクスへ向かい、
夫は仕事へ。

美容院のあとは、買わなければならないものがあって、2,3軒、お店に寄ったのですが、そこでも、在庫切れということで、10日から2週間後に入荷すると思うから、また来てねという返事。
はっきり言って、2週間たっても入っていないと思いますけどね・・

午前中に出かけて、帰宅は夜の7時過ぎになりました~
疲れた~!!

Ristrante Cinese ZHONG YI (中意飯店)
Piazza dell'Oratorio 50-50a, 00187 Roma
(トレヴィの泉の近くです)

2つのブログランキングに参加しています♪
クリックして応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

ただ今、カラヴァッジョの翻訳本を刊行準備中ですが、私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)もよろしくね♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-09-30 04:35 | ローマのグルメ
c0206352_05205643.jpg
今日は、急遽、仲良しのお友だちとランチに出かけました。
前々からランチしようね~と話していたのですが、とても忙しい人で、今週は月曜日しか空いていないという電話があって、突然だけど、ランチをすることになりました。
いつもウチのそばまで来てくれるのがありがたい♪
しばらくぶりに、有機食材を使うヴェジタリアンのお店に行きました。
ポテトで有名なお店です。
ものすごく混むお店なので、13時の開店と同時に入店です。





c0206352_05281528.jpg
かぼちゃとズッキーニとエビとクルスカ(麩:ふすま:麦かす)の玄米ご飯♪
メニューではなく、黒板に書いてある「本日のお料理」から選びました♪
運ばれたお皿を見てビックリ146.png
量が多い・・・
多過ぎる・・・
でも、ものすご~く美味しい♪
リゾットではありません。
混ぜ合わせているだけ。

ワインはハウスワインの白をハーフで♪

しかし、あまりの量に、セコンドに、このお店の名物ポテトを頼んだことを後悔・・・
幸いにも、ご飯とポテトでかなりお腹がふくれそうだったので、1つだけ頼んでシェアーすることにしていました。






c0206352_05363043.jpg
ポテトです♪
どこで探してくるのか、巨大なポテトです。
トリュフのソースをセレクト♪
こちらも、とっても美味しいけれど、今日はやっとのことで半分食べた感じでした。

お友だちは、一緒に子育てをした仲。
お互いに、子どもたちも無事に独り立ちしたので、これからは自分のために生きよう!と模索しているところです。
私たちは似た者同士で、上品な生き方しかできないのが問題なのです。
上品な生き方というのは、私が勝手に命名したのですが、お金の話が苦手で、ずる賢くなれないということ。

世の中には様々な人がいて、私たちの周りにも、一獲千金を夢見る人、お金に汚い人もいます。
私たちは、たとえば何か依頼されても、世の中の人が普通に請求するであろうお金の話をすることが苦手なのです。
というわけで、タダ働きなんてこともあったり、また、人から頼まれるとなかなか断ることができないので、いつも利用される傾向があるのです。
でも、ずいぶんそれに懲りたから、さすがに、これから先は、これまで言えなかったノーが言えると思いますけどね。

お互いにずっと専業主婦でしたが、自分の出来る範囲でお仕事を始めてみると、お金を稼ぐのがいかに大変なことかに気づきました。
そういう意味で、男の人はすごいですね。
家族を養ってくれるわけですから。
普段、感謝の言葉なんて夫には言っていませんが、心の中では感謝しています。

私たちには、それぞれ目標がありますが、結論は、何事も地道に行くしかないということ。
私もしばらくは、地道にイタリアの書籍を翻訳していきます。
何をするにも、地道が大切♪
近道なんてどこにもないのですから。





c0206352_06060680.jpg
あまりにも食べ過ぎたので、今日はコーヒーだけで、ドルチェはなし~
楽しく、そして、実に深い時間でした。
お互いのローマでの軌跡を知り尽くしているからこそできる会話♪
国際結婚ならではの将来の不安も多々ありますが、そういうことに対してもしっかり対策を立てつつある私たちです~

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

ただ今、カラヴァッジョの翻訳本を刊行準備中ですが、私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)もよろしくね♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-09-26 06:26 | ローマのグルメ
c0206352_04501200.jpg
かの有名なナポリの名店、アンティーカ・ピッツェリア・ダ・ミケーレのローマ店に行ってきました♪
ウチの近くにあるのです~
夜は7時から営業しているので、7時半に行ったら、この通り♪
大きな店内はすでにいっぱいでしたが、写真に見える2階席はまだ誰も入っていない状態で、まだお席に余裕がある感じ。
ローマっ子のお夕飯の時間は遅いですからね、9時過ぎになると混んでくるというのが定番です。
でも、おかげで並ばずに済んだので、ほっとしました♪





c0206352_04570828.jpg
こちらの中2階席は、満席のようでしたけどね・・





c0206352_04580599.jpg
壁のナポリのシンボル、ヴェスビオ火山が噴火しているところが可愛いです♪
ピッツェリア・ダ・ミケーレ、私はナポリの本店には行ったことないのですが、恵比寿の東京店には行ったことがあります。
恵比寿店の過去記事はこちらから~
恵比寿店のピッツァは今一つだったのですが、それは水の違いやモッツァレッラチーズの鮮度も関係してくるからだと思います。
同じ作り方をしても、東京ではイタリアとは同じ味には仕上がらないのです。





c0206352_05032155.jpg
まず、前菜に「ドンナ・カルメッラ」を頼みました。
野菜盛り合わせとノディーニ・フリッティです。
夫は、イタリアでも大流行中のクラフト・ビール♪
私はなんといっても赤ワイン。
お店の人が勧めてくれたグレニャーノという冷やして飲む発泡赤ワインです。
これ、ピッツァにとても合うと思います。
ちょっと甘いですけどね。







c0206352_05080607.jpg
もちろん、シェアーですよ、当然!
ノディーニ・フリッティとは、結び目の形をした揚げパンのようなもの。
ふんわり柔らかくて、揚げ物とは思えない軽さ♪
すっごく美味しい♪
ナポリの人にとっては、パン代わりなのかしら?
お野菜も、どれも美味しくて、夫と二人で綺麗に食べてしまったので、ピッツァが食べれるか心配になりました・・・





c0206352_05130432.jpg
ぎゃあ~~~
いくらなんでも、よく食べるさすがの私でも、このピッツァはあまりにも大き過ぎます。

ダ・ミケーレではピッツァは、トマトベースのものが3種類だけです。
マリナーラ(ニンニク、オリガノ)、マルゲリータ(モッツァレッラ、バジリコ)、ナポリ(モッツァレッラ、アンチョビ、ケッパ、オリガノ)。
もちろん、他にピッツァ・フリッタ(揚げピッツア)やカルツォーニもありますけど、やっぱりピッツァが食べたいでしょう!?

私は、お店の人お薦めのマルゲリータ、夫は、ナポリにしました。
ピッツァは、とっても美味しいです。
端っこはふんわり柔らかく、中央の部分は薄くて軽い♪
さすが、ダ・ミケーレだと思いました。

しかし、前菜を食べた上に、ここまで大きなピッツァですから、さすがの私も、珍しく半分残してしまいました。
驚いたことに、夫が自分の分を完食した上に、私の残りのピッツァの3分の2を食べてしまったことです。
よっぽど美味しかったのでしょう・・・

ダ・ミケーレのピッツァはお勧めです。
ただし、スターターなど余計なものを取らずに、ピッツァだけを食べることをお勧めします。





c0206352_05264684.jpg
おまけの写真~
ボケてしまったのが残念ですけど~

Antica Pizzeria Da Michele(アンティーカ・ピッツェリア・ダ・ミケーレ)ローマ店
Via Flaminia 82, 00196 Roma
Museo Explora(子ども博物館)の入り口から入ります。
営業時間:12:00~17:00
     19:00~24:00
定休日があるのかないのか、どこにも書いてないので分かりません。
Tel:06 3260 0432


2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

ただ今、カラヴァッジョの翻訳本を刊行準備中ですが、私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)もよろしくね♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-09-25 05:51 | ローマのグルメ
c0206352_06533008.jpg
ウチの近所の元祖ビストロ♪

最近のローマは、ビストロなんちゃら、という名称をつけるお店が増えています。
空前のビストロブーム!?

でも、このお店は、元祖ビストロというべきでしょうか!
かれこれ、もう20年くらい、その名も「ビストロ」で営業をしています。

今日は、ここに、近所のママ友と一緒にお夕飯を食べに行きました。
夫というコブつきでしたが・・・(笑)
彼女のご主人は、現在、上海で事業をしていて、彼女も来週、上海に行くので、その前に3人でご飯を食べようということになったのでした。







c0206352_07041863.jpg
久しぶりだったので、まずは乾杯♪

なんだか時の流れを感じます。
こんな風に大人だけで会う日が来たのですね・・

彼女の息子とウチの息子は、同じ場所で暮らし、通っていた学校は違うけど、小学生の頃イタリアサッカー協会付属のサッカースクールに通っていました。
まるで昨日のようですが、昔はいつも子どもたちも一緒で、ゆえに行く場所も制限されていたし、自由もなかった・・・

今は、本当に、自由に何でもできる感じ♪








c0206352_07065853.jpg
お料理は、無国籍料理というか、各国のお料理をミックスさせた感じです。
プリモは、イタリアンのパスタ&ファジョーリにしました。
普通のイタリアンより量が少ないのがありがたいです。

彼女と話すのは楽しい。
価値観が一緒だから。

当たり前だけど、親の考え方は子どもにそのまま反映しますね。
イタリアでは、一般的に、子どもを手元に置いておきたい人が多く、生まれ育った町から一生離れないという人も多いと思います。
それは、ある意味、とても幸せなことかもしれませんが、私は、やっぱり、子どもが親元を離れて外に出ることは大切だと思います。
私自身も若い頃海外に出たくらいですから。
そして、お友だちも同じです。
彼らは夫婦揃って国際的な仕事をしていたこともあって、海外が身近で視野が広く、子どもたちも同じ。
こういうイタリア人でないと、私は本音で話ができません。








c0206352_07083848.jpg
セコンドには、アルゼンチンのなんちゃらいうお料理にしました。
名前、難しくて忘れちゃいました~
オリーブと干しブドウ入りのひき肉の上にゆで卵のスライスがあって、その上にプレー(マッシュポテトのようなもの)がのったものです。
美味しかった~♪
自宅でも再現できそうです。

彼女と話しているうちに、もしかして、私たちは(同い年です)人生でとてもいい時期に入ったのかなと思いました。
子どもの手が離れて、何でも好きなことができる年齢!

ウチの息子も東京へ行って離れてしまったけど、彼女のところは家族全員がバラバラです。
ご主人は、もう10年くらい中国で事業をしていて上海在住。
息子くんは、ミラノのボッコーニ大学在学中にパパのいる中国へ留学して、ボッコーニの大学院まで卒業したあと、ミラノの銀行でインターン、現在は同じミラノのコンサルの会社でインターンをしています。
娘ちゃんは、ニュージーランド留学を経て、現在はラベンナのアカデミアでモザイクの勉強をしていて、彼女の作品がヴェネツィアのビエンナーレに出品されます!

実は、お友だちはFAO(世界食糧機構)の上級職員でした。
大学院卒業後に25年働いたから、もう働きたくないと、早期退職したのです。←このへんはイタリア人感覚(笑)
そして、今、すごく人生を楽しんでいます。
一時もじっとしていない感じ。






c0206352_07120162.jpg
デザートは桃のタルト♪
4種類の桃を使って、しょうがが効いています。

彼女と食事をしながら話していて、私も負けずに人生を楽しまなきゃ~と、ますますやる気が出ました♪

北朝鮮問題についてのシビアな話もしたんですけどね。
イタリア人は北朝鮮とアメリカとの戦争を心配していますが、私は、絶対に戦争にはならないと思っています。
ただし、このままいくと、韓国及び日本の核武装の可能性はあると思いますけど。
世界はどこに向かっているのか・・・
混乱の世界に生きているからこそ、今できることを楽しんでおこうと思っています。

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

ただ今、カラヴァッジョの翻訳本を刊行準備中ですが、私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)もよろしくね♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-09-14 08:05 | ローマのグルメ


c0206352_02003146.jpg
トレヴィの泉♪
あれあれあれ~、空っぽです~
水がありません。
実は、毎週月曜日はトレヴィの泉のお掃除の日ですが、普通は早朝に行うもの・・
ランチタイムにさしかかる時間帯だというのに、まだこの状態!?
観光客の皆さまは、コインを投げることができなくてお気の毒だわ~

さて、ローマは再び猛暑に見舞われています。
さすがに40度まではいきませんが、日中は37度くらいまでになります。
暑いですよ~~~






c0206352_02030530.jpg
暑さはまだまだ続くようですが、8月ももう終わりに近いので、そろそろローマの街も動き始めました。
まだお休みのお店も若干ありますが、今週からほぼ通常に近い状態になりました。
「イル・キャンティ」も開いています~

わたくしも、ゲラの初校戻しを終え、息子のローマへの帰省も無事に終了したので、つかのまの平穏な日常をぼちぼちと楽しみ始めました。
9月に入ると、ゲラの第2校、第3校と、再びお仕事モードに入りますから、その前に会いたい人に会っておくという感じです。
というわけで、「イル・キャンティ」で、仲良しのお友だちとランチです♪







c0206352_02085605.jpg
「イル・キャンティ」のランチタイムでは、15ユーロのビュッフェを選択することができます。
他のテーブルを見ていると、ローマっ子はビュッフェ、観光の方々はアラカルトを選んでいる感じかなぁ・・・
わたくしたちは、悩んだ末、ビュッフェにしました。
手っ取り早いですからね~
ここはお皿に盛れるのが1回限りなので、食べ過ぎずにすみます~
調度いいのです♪






c0206352_02121824.jpg
こんな感じです~
お野菜をメインに、パスタ2種、お肉料理も2種、モッツァレッラチーズもしっかり取りました♪
イタリアンを食べる時にはワインはお約束。
日本食なら、麦茶やアイス緑茶でいいのですが、イタリアンだとワインが欲しくなるのは何故でしょう!?

久しぶりに会ったお友だちとは、お喋りがメインなので、ゆっくりゆっくりお食事しながら、もっぱらお喋りを楽しみました♪
お互いのヴァカンスの話とか世間話とか~(笑)







c0206352_02142351.jpg
デザートは別皿で好きなものを取れるので、わたくしは全種類クリアーしました♪
ティラミスーとイチゴを乗せたカスタードクリーム、スイカとメロン。
欲張り~~
どれも美味しく頂きました♪






c0206352_02181424.jpg
ヴァカンスで南仏に行っていたお友だちから、素敵なお土産を頂きました♪
ラヴェンダーのポプリとフラゴナールの石鹸です。
南仏では各地の有名店を巡るグルメの旅をしたようです。

夏のヴァカンスは、皆それぞれテーマがあって、いいですね♪
お話を伺うのも楽しい♪






c0206352_02193830.jpg
それにしても、フラゴナールの薔薇の石鹸はこの上なく美しい香りで、実に感動的です。
使うのがもったいない!
そこにあるだけで、廻りに良い香りが漂います、
しばらくはクローゼットの下着コーナーに入れておくことにしようかな。

お友だちと会ってお喋りするのは、本当に楽しいですね。

「Il Chianti」
Via del Lavatore 81/82A
00187 Roma
(トレヴィの泉と日本人美容室ヤンクスの中間にあります)

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

ただ今、カラヴァッジョの翻訳本を刊行準備中ですが、私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)もよろしくね♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪






by mayumi-roma | 2017-08-29 06:34 | ローマのグルメ
c0206352_04420703.jpg
パリオリの行きつけのレストランーピッツェリア「フィオリ・ディ・ズッカ」♪
奇跡的に開いていました~

いやはや、ローマは、今週に入っても、小売店やレストラン、いまだにヴァカンス休業中のところが多くて、本当に困っています。
とはいえ、夫も夏のヴァカンスは2か月取るので、9月の半ばまで仕事をしませんから、人のことは言えませんね・・(苦笑)
夫曰く、「最低2か月は頭を休めないと仕事はできない」とか・・(大汗)

というわけで、日々の買い出しは夫に任せ、午前中だけ開いている近所のパン屋さんと車でスーパーに行ってもらっていますが、困るのは、先日も日記に書いたように外食する場所なのです。

ちょうど月曜日に翻訳本の初校に赤字を入れて日本の出版社に送付したばかりですが、息子の帰省が重なったこともあって、とても疲れておりまして、ここのところ外食率が高いのです。
家で家族のためにイタリアンは作っても、わたくしの分だけチャイニーズのテイク・アウェイを買ってきてもらうことも多々ありです(もちろん夫に行ってもらっています)。
ああ・・、今月のエンゲル係数が大変なことになっています・・・

それにしても、パリオリは完全なゴーストタウンと化しています~
人が歩いていないし、お店も軒並み閉まっています。
まさか「フィオリ・ディ・ズッカ」が開いているとは思いませんでした。
念のために行ってみて、良かった~♪






c0206352_04433047.jpg
屋外のお席がよかったけど、すべて予約済み。
中も混んでいました~
そりゃあ、そうですよね。
パリオリで良心的な価格の美味しいレストラン(兼ピッツェリア)はここしか開いていないようですから、ヴァカンスから戻ってきた人たちが外食するのはここしかないでしょう・・





c0206352_04534059.jpg
夫と息子はビール派なのです~
わたくしはビールは嫌いです。
なんといってもワイン~~♪

パンの代わりにもれなく出て来るフォッカチーナのふんわりもっちり美味しいこと♪






c0206352_04590333.jpg
外食は嫌いではないけれど、ちょっと続いているのでイタリアンには飽き飽きしているわたくし。
パスタもピッツァも、もう食べたくない・・・
というわけで、キアニーナ牛のフィレ・ステーキにしました。
しかし、付け合わせのお野菜のボリュームが凄すぎます。
量が多過ぎて全部平らげることはできませんでしたが、美味しかったです~♪
これからは、ここに来たら、このお皿をわたくしの定番メニューにすることに決定~






c0206352_05025498.jpg
クリームキャラメル(焼きプリン)は、わたくしの弱点!
ただし、自家製に限りますけどね・・
自家製クリームキャラメルがメニューにあると、どんなにお腹がいっぱいでも食べてしまうわたくしなのです~

Ristorante-Pizzeria「Fiori di Zucca」(フィオリ・ディ・ズッカ)
Via G.Donizetti 16 (パリオリ)
土曜日のランチタイムがお休みとなっています。

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

ただ今、カラヴァッジョの翻訳本を刊行準備中ですが、私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)もよろしくね♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪



by mayumi-roma | 2017-08-23 07:05 | ローマのグルメ
c0206352_01370716.jpg
ローマ、トラステヴェレ♪

相変わらず暑いローマ、相変わらず疲れ切っているわたくし・・
今日(日曜日)は、ペルージャから義姉が息子に会いに来てくれました。
しかし、わたくしは自宅でおもてなしするような気力が皆無。
レストランでお食事することに決めていました。

が、しかし・・・
ローマの主だったレストランはほとんどヴァカンス休業中で、レストラン探しに苦労しました。
少し前に各レストランのHPを調べた時に、ヴァカンス休業のお知らせなんて出てなかったので、てっきり開いていると勝手に思い込んでいたのですが、ここはイタリアだったことを忘れていました。
きちんとHP上にお知らせを出すお店なんてほとんどないのです。

実は昨日の夜も外食しましたが、HPを見て開いていると思っていたレストランが、行ってみるとヴァカンス休業で閉まっていて、急遽別のレストランを探すことになってしまって、本当に大変でした。

そういうわけで、今日はランチタイムの少し前12時半に、行こうと思っていたレストランに電話をかけました。
結果、やはりヴァカンス休業・・
シーフードの専門店「ベッラ・ナポリ」に行こうと思っていたのです。
というわけで、急遽、別のシーフード・レストラン「ラ・カンティノーラ」へ電話。
しかし、残念ながら、ここもヴァカンス休業中。
もうシーフードは諦めて、コロッセオの近くの「カフェ・プロパガンダ」へ電話。
でも、ここも閉まっていました・・・
そこで、スペイン広場そばの「オテッロ・アッラ・コンコルディア」なら、と思って電話しましたが、やっぱり閉まっている・・
こうなったら、観光客でにぎわうトラステヴェレに行くしかないと思って、しばらく行ってなかった「グラッツィア・エ・グラッツィエッラ」へ電話!
良かった~
開いてました!

8月、特に15日をはさんだ2週間から3週間にかけてのローマは、サバイバルですね。
ウチの近所の小売店やバールも全部閉まっていますから・・・






c0206352_01492921.jpg
トラステヴェレの「グラッツィア・エ・グラッツィエッラ」♪
カジュアルで美味しいお店です。
トラステヴェレにも閉まっているお店がいくつかありましたが、少数派。
ほとんどのお店が営業していました~






c0206352_01520331.jpg
前菜その1は、ブルスケッタ3種♪
トマト、生ハム、ゴルゴンゾーラチーズにクルミ♪
ブルスケッタ、大好き~






c0206352_01521914.jpg
前菜その2は、超美味しいイカのフライ♪
これ、わたくしが一人で食べたわけではありませんよ~(念のため)
ものすご~く軽く揚がっているフライで、天ぷらみたいで美味しいんです~♪
しかし、この時点で、すでにお腹がいっぱい・・







c0206352_01534599.jpg
そして、わたくしは、ヴォンゴレとルッコラのニョッキを頂きました。
美味しいけど~、量が多過ぎる~~!
プリモを食べた時点で、全員、もう何もお腹に入らない状態になりました・・
ゆえに、セコンドは頼まず・・・






c0206352_01573243.jpg
しかし、わたくしは、根性でデザートを食べました♪
イチゴのジェラート乗せ♪
美味しい~
しかし、やっぱり量が多い・・・

苦しむために食べているような感じ(笑)
腹八分目が一番ですね。

さすがに、もう、イタリアンは勘弁という気分になりました!
限界に達した感じです。
日本食か中華に行きたいなぁ・・
家でもイタリアンなんて食べたくなぁ~い!
でも、久しぶりにローマに帰省した息子がイタリアンが食べたいと思うのは当たり前ですからね~

わたくしの苦しみ(?)は、まだまだ続きます。
一人でお素麺が食べた~い!

「Grazia e Graziella」
Largo M.D. Fumasoni Biondi 5
00153 Roma
(トラステヴェレ)

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

ただ今、カラヴァッジョの翻訳本を刊行準備中ですが、私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪



by mayumi-roma | 2017-08-21 06:36 | ローマのグルメ
c0206352_05562888.jpg
夕暮れ(といっても夜の8時ですが~)のポンテ・ロットとティベリーナ島♪

家にこもって仕事漬けの日々ですが、たまには気分転換でお出かけしないと~
現在、イタリアは、夏のヴァカンスのピークに当たるので、ローマの人口は半分くらいになっているかも・・
車の量が少ないです。
ローマっ子の少ないこの時期、唯一活気があるのが、「イソラ・デル・チネマ」(夏場だけの野外映画館)を開催しているティベリーナ島と、その付近のトラステヴェレくらいかな・・





c0206352_06100722.jpg
ティベリーナ島だけでなく、テヴェレ河畔にもお店がいっぱいです。






c0206352_06114029.jpg
島の中の河沿いのお店に入りました♪






c0206352_06125535.jpg
アペリティブ、おつまみ付きで一人12ユーロ♪
おつまみというよりもお食事ですね。
わたくしは、赤ワイン、モンテプルチャーノにしました。
夫は、いつものことですが生ビール。
おつまみをもらいに行っています。

このあと、「ラ・ラ・ランド」を見ましたよ~
良い映画ですね♪

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-08-16 06:21 | ローマのグルメ
c0206352_22054608.jpg
イタリアのピッツァは、よほどのことがない限り、どこで食べても美味しいと思います。
わたくしたちは、普段は自宅そばのピッツェリアに行くことが多いのですが、一番のお気に入りは、なんといっても「ベルニネッタ」です。
ただ、「ベルニネッタ」の問題は、車を止める場所に苦労するということ!

イタリアで二人乗りのスマートや小型車が人気だというのは、この写真をご覧になればお分かりでしょう(苦笑)。
特に、車地獄のローマでは、何よりもこまわりが利いて、小さなスペースにも駐車できる小型車の需要が大きいのです。
車地獄・・・
笑い事ではない悲惨なローマの日常でもありますが・・・

「ベルニネッタ」は、カブール広場の近くのテヴェレ川沿いにあるので、旧市街からも歩ける距離ではありますが、観光客は一切いませんね。
地元の人だけ。

ここには30年以上前から通っていますが、オーナーもホールで働く人も昔と変わらず同じ人。
いやはや、さすがに、びっくりするほど皆さん年をとりました・・
なぁんて、わたくしも同じように年をとっているわけですけどね(笑)。
人生は夢のごとし。
昔から知っている人の老いた姿を見るのは、自分自身の将来を見るようで、虚しさを感じるひと時でもあります。





c0206352_22151956.jpg
ピッツェリア、大好きなのですが、行くと後悔するんです・・・
美味しいので、ついつい食べ過ぎてしまうから。

あ~あ、また、こんなものを食べちゃった。
モッツァレッラチーズとお野菜のフライ♪
天ぷらかと思えるほどに軽く揚がっていますが、カロリー高いですよね・・
揚げ物に弱いわたくしなのです(大汗)。
これだけで終わりにしたいけど、そうも行かないところが、もはやローマっ子の胃袋を持つわたくし・・

ちなみに、このお店のハウスワインは、しかるべきワイナリーにオリジナルのボトルでオーダーしたものなので、美味しいです。
しかし、白ワインはやっぱりキンキンに冷やしてなかった~(泣)。
どうしてイタリアってこうなんでしょう。
冷えてない白ワインほどまずいものはない!
これからは、無難に、常温で飲む赤ワインを頼むことにしようかな。





c0206352_22210746.jpg
このお店に来ると、わたくしはピッツァではなく、クロスティーノを頼みます。
ひまわりみたいだから、ジラソーレ♪
美味しいのですよ~





c0206352_22224003.jpg
大好きなクリームキャラメル(焼きプリン)♪

お腹はパンパンだけど、デザートのプリンを食べずにはいられない・・
なぜって、ここの自家製プリンは最高のお味だから。

ああ・・・
やっぱり食べ過ぎてしまった・・
ド~ンと重さを感じます。
当分、イタリアンはもういい感じ(笑)。
そうもいかないだろうけど・・

「Berninetta」
Via Pietro Cavallini 14, Roma

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪





by mayumi-roma | 2017-07-23 23:00 | ローマのグルメ
c0206352_00362531.jpg
7月15日は、結婚30周年記念日でした♪
あっという間の30年です~
この日は、ティボリの私のお気に入りのレストランでお食事することを決めていました。

写真は、ティボリの丘の上のヴェスタの神殿♪
神殿の左に、レストラン「SIBILLA」(シビッラ:巫女という意味です)が見えます。
本当は、ディナーが希望でしたが、結婚式の披露宴の予約が入っているということで、ランチタイムに予約をし直しました。






c0206352_00431053.jpg
ティボリ・ヴェッキア♪
ヴェスタの神殿とレストラン「シビッラ」は、ティボリの古い地区にあります。





c0206352_00444028.jpg
ここが、レストランの入り口です~
1720年創業のとんでもない老舗レストランで、世界各国の著名人、王侯貴族が来店しています。





c0206352_00462309.jpg
皇太子殿下も1984年、オックスフォード大学留学中(私がロンドンにいた頃と同時期)に、こちらのレストランにいらしています





c0206352_00501164.jpg
もちろん、テラス席です。
ヴェスタの神殿とティボリの山々を眺めながらのお食事は最高です♪
一番よいお席をリザーブしていてくれました。





c0206352_00554947.jpg
とってもとっても暑い日でしたが、丘の上という場所柄、屋外でも木陰にいると涼しい風がティボリの渓谷から流れてきて、とても心地よいのです~





c0206352_01050383.jpg
まずは、お通しのフォッカチーナ♪
美味しい♪




c0206352_01023544.jpg
ワインは、フランチャ・コルタ♪

ここのアンティパスト(前菜)も絶品なのですが、今日は普通にプリモから♪
ボンゴレにしました♪
面白いことに、イタリアンパセリではなく、バジリコを合わせていました。
これが、何とも言えないほどに絶妙な味合いになるのです♪
今度、自宅でもパセリではなくバジリコを合わせて作ってみようかな。

それにしても、ヴェスタの神殿を眺めながらお食事というのは、最高の贅沢ですね♪





c0206352_01061289.jpg
神殿の天井の模様までしっかりと見ることができて幸せ~♪





c0206352_01121842.jpg
セコンドは、本当は前菜に当たるエビとイカのフライをセコンドにしてもらいました♪
私の大好物♪
夫は、バッカラのグリル焼き♪

このレストランのいいところは、もちろん、ロケーションの素晴らしさとお食事の美味しさもありますが、世界各国から王室も含めた著名人を迎えることに慣れているだけあって、サービスの何たるかを心得ているところなのです。
一般人だからと態度を変えるわけでもなく、同じようにプロフェッショナルな態度で接してくれるところが素晴らしいのです♪

たとえば、夫のお皿に付け合わせでアスパラガスが添えられているのですが、これは、夫が何気なく「アスパラガスが食べたいな」と私と喋っていたのを聴いていたらしく、気を利かせてアスパラガスを盛り付けてくれたのです。
ちょっと感動♪
もちろん、お礼を言いましたとも~





c0206352_01303472.jpg
ドルチェは、ミルフィーユにしました♪
シャンティリークリームが美味しい♪




c0206352_01313218.jpg
食後のコーヒー♪
またまた、夫がメニューにはないアイリッシュコーヒーができるかどうか尋ねました。
もちろん、このレストランでできないことはないので、ちゃんと本格的なアイリッシュコーヒーを持って来てくれました。

素晴らしいレストランです♪
たぶん、私の一番好きなお店です。
ティボリじゃなければ、お気に入りの行きつけレストランにしたいところなんですけどね・・・
特に高いお店ではありませんよ。




c0206352_01431954.jpg
とっても素敵な記念日となりました♪

このレストランの4年前の記事は下記から~
お薦めの前菜など今回とは違うお料理が出ています。
神殿の中にあるレストラン♪

「Sibilla」
Via della Sibilla 50, Tivoli
Tel. 0774 335281

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-07-17 06:02 | ローマのグルメ

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma