カテゴリ:未分類( 49 )

ペルージャです。


c0206352_1271327.jpg


ペルージャです。
とってもお天気がよくて、あい変わらず食べ過ぎています。
写真がアップ出来なくて困っています。
イタリアのスマフォからは初めてですが、どうやっても途中でとまってしまいます。

追記:翌日、ペルージャのお友だちの家で写真のアップをさせてもらいました。
義姉の家にはインターネット環境がないので・・。

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


人気
            <br class=
by mayumi-roma | 2015-12-25 23:01
c0206352_5214061.jpg

日曜日は午後から雨が降りました。
一日中降り続くことはないけれど、これからは、時々こんな日が増えるかもしれません。
本格的に雨の日が続くのは、例年11月以降ですが、最近は異常気象ですから、何とも言えません。
雨のせいか、ますます涼しくなった感じです。











c0206352_520423.jpg

今日は、夫の書棚のフロイト全集から1冊拝借!
精神分析の父フロイトは、ローマを訪れた際に見たミケランジェロのモーゼ像にかなり心を動かされたらしく、それについて論文を書いています。
でも、私が読みたかったのは、別のもの~
レオナルドの手稿に残された「(レオナルドの)幼少時代の思い出」についての考察です。
わたくし、最近、レオナルドに凝っているもので、いろいろと調べているのです~

フロイトの分析によると、レオナルドが手稿に書き残した幼少時代の思い出、生まれ育ち、家庭環境、作品、様々な文化的言及をふまえて、レオナルドはホモセクシュアルだったと断定しています。
私は、フロイトの書いたものをきちんと読んでみたかったのです。

しかし、当時フロイトが読んだレオナルドの手稿のドイツ語訳に間違いがあったらしく、その間違った単語を、古代エジプトの文化的解釈の引用で使っているため、その部分をなくしてしまうとどうなるか・・というややこしい問題もありますけどね。


そして・・
夜は、毎週楽しみにしていたドラマ「デスノート」の最終回♪
あ~あ、終わってしまった~~
これで楽しみが一つなくなってしまいました。

賛否両論あったドラマですが、原作デスノートの大ファンである私は、このドラマを楽しむことができました。
思い入れはあるけれど、色々なパターンがあってもいいと思うのです。
このドラマでは、なんといっても、夜神月(やがみライト)役の窪田正孝くんが光っていました♪
いい役者さんになると思います。
いや、既にいい役者さんです。

私はダークヒーローがけっこう好きなので、月(ライト)はやっぱり死んでしまうのか・・と残念な気持ちもありました。
まぁ、それが世の中の定めでしょうが、たまにはダークヒーローが勝つようなストーリーを作ってもいいんじゃないかなぁ・・と思います。
あくまでもフィクションなんですから。

そもそも、無罪になったり、あるいは逃亡中の、法で裁けない犯罪者をデスノートを使って消していくことが、正義ではなく、人殺しであると言うのなら、アルカイダのビン・ラディンやリビアのカダフィ大佐を殺害したアメリカの正義は何なんでしょう!?
これ、一般的には正義になっていますよね。

コミックが原作であるドラマですが、あなどれない!
正義について考えさせられました。
結局、いつだって都合の良い解釈をするのが人間なのかもしれません。

映画デスノート2016年版が制作されるそうです。
役者さんやストーリー、気になるところです。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-09-14 06:17

c0206352_154095.jpg

Piazza delle sorgenti@Bagno Vignoni♪
ピアッツァ・デレ・ソルジェンティ@バーニョ・ヴィニョーニ♪

ちょうど写真に見える広場のこちら側に~
広場に面した道に~
可愛いエルボリステリアがありました。











c0206352_1575792.jpg

エルボリステリア「Hortus Mirabilis」の入り口♪
エルボリステリアとは、イタリアのどこにでも見かけるハーブのお店です。
ローマの私の自宅そばにも2軒ありますし、本当にどこにでもあるお店~
たいていは、ハーブの他にも、自然派の石けんや化粧品、香水やルームフレグランスも置いています。











c0206352_212058.jpg

ここにも、たくさんのルームフレグランスや石けんが~~
血迷ってしまいそう~~











c0206352_223826.jpg

化粧品やシャンプーなど、身体に優しい自然派のものが売っています~











c0206352_25719.jpg

お店のドクターにハーブを調合してもらいました♪
彼が私の救世主~♪
(写真は許可を取って写したものです)

実は、私は、環境が変わるとお通じに問題が生じてしまう性分なのです。
何日も何日も全くなし~
ひどい時には、1週間ないこともあります~
この日は、おなかがパンパンになって限界に達していました。
この状態でヴィンチ村に行きたくなかった~

そこで、ローマでは「エルバ・スヴィッツェラ」(スイスのハーブ)と呼ばれるハーブを買おうと思ったのです。
お通じによく効くハーブです。

そうしたら、「エルバ・スヴィッツェラ」はないと・・
ガックリした私に、ドクターが特製のハーブを調合してくれました。
優しい~♪
とりあえず、100g作ってもらいました。
そして、その日の夜、寝る前に飲みましたが、本当に自然の治癒薬という感じで、素晴らしかったです!











c0206352_2123696.jpg

こちらが、その特製ハーブ♪
Te' MIDRO♪
直訳するとミドロ・ティーだけど、お茶にして飲むわけではありません。
コップ半分のお水の中にスプーン1杯分を入れてかき混ぜて、そのまま飲むのです。











c0206352_2323556.jpg

こんな感じです~











c0206352_2173859.jpg

そして、こちらが、天使の呼び鈴♪
イタリア語では、CHIMA ANGELI(キアマ・アンジェリ)と言います。
このお店で見つけたのです。

生まれ初めて聴いた音色でした。
まさに天使を呼ぶための音にしか聞こえない!
繊細で美しい音色♪
凛として澄み切った透明感のある音色♪
かすかなかすかな控えめな音なのに、「ああ、これは必ず天の天使に届くだろうな~」としか思えない美しき音色・・

こういうものって、私の琴線に触れるんですよね~
この天使の呼び鈴とハーブのドクターに出会うために、私はここへ来たのではないかと・・大げさかもしれないけど、そう思いたくもなります~
何事も一期一会ですからね♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-08-21 07:18

c0206352_213667.jpg

なんと愛らしい町なのでしょう♪
ほとんど一目ぼれ状態~
今回のトスカーナ旅行で一番気にいった町です。











c0206352_204390.jpg

とっても小さな町ですが、本当に綺麗でお手入れが行き届いています~
ここに暮らすのは無理だけど、1週間くらいなら過ごしてみたい♪











c0206352_254078.jpg

本当に!
絵に描いたように可愛い!!

古代ローマ時代から温泉地として有名で、もちろん現在でも、B&Bから高級ホテルまである温泉観光地です。
町が小さいし、宿泊施設も限られている・・
でも、品格がある!

写真のこの場所で、完全に温泉水を抜いて、映画が撮影されたことは以前書きました。
ロシアの映画監督アンドレイ・タルコフスキーが1983年にイタリアで製作した「ノスタルジア」です。
私がまだロンドンにいた頃かなぁ・・

現在、町の中心にある、この大きな源泉のあるプールに入ることはできませんが、その昔は、シエナの聖カテリーナ、フィレンツェ・メディチ家のロレンツォ・マニフィコ(偉大王)も浸かったのだそうです。

もう、ただただ、この可愛らしい町の写真をご覧頂きたいです。











c0206352_2114976.jpg

c0206352_2124073.jpg

c0206352_2132779.jpg

c0206352_2135479.jpg

癒される風景です~
絶対に、今度は泊まりに来ます!

そして、この小さな町には、大げさかもしれないけど、私の救世主が~~♪
続きます~

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-08-20 06:02

c0206352_23225132.jpg

ピエンツァ、ピウス2世広場の市庁舎♪
右側はボルジア宮殿。











c0206352_23261068.jpg

同じくピウス2世広場のドゥオーモ♪
ファサード(正面)は、ベルナルド・ロッセリーニ作。
ルネサンス様式ですが、軽くゴシックが入っています。
この右にピッコロミニ宮殿があり、左がボルジア宮殿です。

この小さな町は、1462年まで、なんてこともない小さな村で、コルシニャーノと呼ばれていました。
村の運命が変わったのは、1405年にここで生まれたエネア・シルヴィオ・ピッコロミニが53年後にローマ教皇ピウス2世となったことです。
ピウス2世がマントヴァへ向かう途中で村に寄ったところ、その荒廃ぶりに驚いて、建築家ベルナルド・ロッセリーニにルネサンスの理想都市の建設を命じ、わずか4年で完成させました。
ピウス2世は、長生きをしなかったので、彼の死とともにこの町の発展はありませんでしたが、同時に、当時そのままの形が残ることになりました。
ピエンツァという町の名称は、ピウス2世の名前に由来します。

ボルジア宮殿は、ピウス2世が、彼の右腕だった枢機卿ロドリーゴ・ボルジア(後のアレクサンドル6世)に贈ったものです。

ピエンツァは、調和のとれたルネサンスの街並みがそのまま残る美しい町♪
1996年に世界遺産となりました。











c0206352_2347155.jpg

ドゥオーモの内部はゴシック式。
これは、ピウス2世が若い頃、ドイツ王(ハプスブルグ家出身の神聖ローマ皇帝)フリードリッヒ3世の宮廷に3年ほど仕えていたため、ドイツ風のゴシック様式に親しみを持っていたからだと言われています。











c0206352_23582581.jpg

c0206352_23595376.jpg

c0206352_005478.jpg

町の南側は雄大なオルチャ渓谷に沿った遊歩道になっています。











c0206352_024498.jpg

オルチャ渓谷~
四季折々で見せる姿が変わります。











c0206352_04347.jpg

ピエンツァの町かど~











c0206352_04539.jpg

まったくゴミが落ちていない!











c0206352_054840.jpg

やっぱり町が綺麗だと、観光で訪れる人もリスペクトするのでしょうね。











c0206352_0181057.jpg

トスカーナの小都市を回るたびに、考えさせられました~
なんでローマは汚いのか!

郷に入れば郷に従え!
When in Roma, do as the Romans do.

ああ・・
ローマの人は街を歩きながらポイポイ何でも道端にゴミを捨てるから、街が汚い。
しかも、清掃局の人がきちんと掃除しない。
そんなわけだから、多くの観光客も全くローマをリスペクトしない。
それどころか、ローマ人を真似して、街の至る所にペットボトルや食べ物の食べかす、紙くずを捨てまくるから、さらに街がとんでもないことになる!
悲しいものがありますよ~
元凶は現代ローマ人!
ダメですね・・

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-08-18 06:03

c0206352_294896.jpg

フォッソ・ビアンコの温泉でのんびりしてたら、夜の8時になってしまいました~
さぁ、お夕飯をどこで食べる!?
私は一応、事前に調べておいたので、この村にはバールが1軒、レストランが3軒あることを知っていました。
夫はピエンツァで食べたかったようですが、そんなことしてたら実際に食べ始めるのが9時半、10時になってしまう~
というわけで、こちらの「Lo Spugnone」(ロ・スプニョーネ)で食べることにしました。
ここを選んだのは、お客さんが次から次へと入っていたからです。











c0206352_2144377.jpg

お店の中のバーカウンター♪
1階だけでなく2階にも客席があって、けっこう大きなお店でした。
面白いことに厨房が2階にありました。

気の良い若夫婦で切り盛りしているお店で、とっても感じは良いのですが・・
まさにイタリア的~
ゆっくりズム~
時間の感覚がない~~
注文を終えるまでに、なんと1時間もかかりました。
おかみさん(といっても若い女性)が一人で注文をとっているため、メニューを持ってくるところからして、すごく時間がかかったのです。
ああ・・










c0206352_2211433.jpg

しかし、注文を取ってからは早かった~
ご主人がお料理をしているのですが、さっと作って自らが運んできます~
プリモは、またまた黒トリュフの手打ちパスタ♪
もちろん、お味は??でした~
あ~あ、パスタ食べ過ぎ~
太る~










c0206352_224767.jpg

セコンドは、サルシッチャの赤ワイン煮♪
イタリアの田舎に行くと、私が食べるものは、いつでも同じようなものになりますが、こういうのが一番美味しいのですよ!
ローマでは絶対に食べられない!
赤ワインで煮たサルシッチャは、ちょっと有り得ないくらいに美味しかったです♪










c0206352_2264015.jpg

付け合わせのお野菜は、フィノッキオ(日本にはないと思います)♪
フィノッキオはノーカロリーのお野菜なので、イタリアでダイエットをする人は、これを毎回生でサラダとして食べることが多いです。
このお皿は調理されたもの~

このお店、なかなかのヒットでした~
またフォッソ・ビアンコに来ることがあったら、再訪しようと思ってます♪

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-08-17 06:16

c0206352_13098.jpg

フォッソ・ビアンコの入り口~♪
まるで雪山のようですが、温泉に含まれるカルシウムがこのようなものを作り上げました。

トスカーナには数々の温泉地があって、その温泉地には有料の温泉施設だけでなく、自然の中にある無料の温泉もあります。
ここ、フォッソ・ビアンコも、そんな秘境の露天風呂の一つです♪
フォッソ・ビアンコという名前で有名ですが、正確には、サン・フィリッポ温泉にあります。
もちろん、この村の中には、有料の温泉施設も1つありますし、ホテルやB&Bもわずかですがあります。
でも、サン・フィリッポ温泉に来たら、やっぱりフォッソ・ビアンコに行きた~い♪










c0206352_1372290.jpg

上流のほう~
写真では分かりにくいのですが、いくつもの自然の作り上げた浴槽があるような感じです。
誰もが、自分の好きなところに入ってくつろぐのです~
イタリアの場合は、もちろん水着着用です。










c0206352_1403219.jpg

こんな風にね♪










c0206352_1412219.jpg

途中で、こんなふうに川になっていますが、源泉はいくつもあって、色々なところから温泉が湧き出ています。










c0206352_1424490.jpg

下流(といっても歩いて3,4分)のほうにあるカスカータ・デラ・バレーナ♪
クジラが大きな口を開けているようだからと、この名前がつきました。










c0206352_1453012.jpg

クジラの下にも、ずっとこんな感じが続きます。










c0206352_156831.jpg

ここいったいは、自然公園のようになっていて、ベンチなどもあり、ピクニックをしながら一日楽しむ家族連れ、カップルが多いようです。











c0206352_1574246.jpg

サン・フィリッポ温泉は、同じトスカーナにあるサトゥルニアのように有名ではないので、訪れる人が少なくて、ゆえに超穴場と言えるでしょう。
ただし、車以外では到底来れるところではないので、日本から来られる方は、ナビ付きのレンタカーを借りる以外に方法はないでしょう。

でも、わざわざ行く価値のあるところです。
温泉も質が良くて、とっても気持ちいい~♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-08-16 07:25

モンテプルチャーノ♪

c0206352_5385543.jpg

モンテプルチャーノ♪
丘の町って可愛いですね~










c0206352_5395131.jpg

当たり前ですが、ピエンツァに比べてずいぶん大きいな~という印象です。
どこから入るかによって車を止める場所も変わってきます。
私たちは、ホテルの人に駐車場8に止めるのが一番いいと聞いていたので、要塞のそばから入りました。








c0206352_553137.jpg

要塞~♪
要塞の周りは綺麗な公園になっていて、家族連れがベンチで寛いだり、子どもたちがブランコで遊んだり、なかなか雰囲気の良いところでした。
ちょうどマッキアイオーリの展覧会が開催されていたので覗いて来ました。
なかなか良かったです♪








c0206352_557536.jpg

c0206352_5573748.jpg

ドゥオーモ前広場♪
井戸の上にメディチ家の紋章が~~!!
小都市国家に分裂していたイタリアの歴史の複雑さ!
もう、投げ出したくなります~
ここは、中世以降、ずっとシエナとフィレンツェの取り合いになっていたようですが、フィレンツェと協定を結んでいた時期が長かったようです。










c0206352_661649.jpg

ドゥオモ♪
広場でオペラが上演されるようで客席や機材などが積まれていて、景観的には絵にならなくて、とても残念でした・・
紀元1000年頃の古い聖堂の跡に、16世紀末イッポリト・スカルツァ(オルヴィエートのドゥオモに彼の彫刻・ピエタがありますね)の設計で建設され始めましたが、スタイルはルネサンス様式です。
途中で資金が枯渇したのでしょうね・・
ファサード(正面)は、未完成のまま!
しっかりと頑丈な作りの鐘楼は、中世のオリジナルをうまく活かしながら建設されました。










c0206352_612519.jpg

ソゥオモの内部♪
見どころはたくさんありますが、日本の方にはなじみのない芸術家が多いかな・・
写真の洗礼盤は、14世紀のもので、ティーノ・ディ・カマイーノの作品と言われています。










c0206352_6221427.jpg

15世紀、ルネサンス初期のシエナの画家、サーノ・ディ・ピエトロの「マドンナ・デル・ピラストロ」♪
私的にはあまり好みではない種類の絵画ですが、これはなかなか優れた作品だと思いました。









c0206352_629841.jpg

トスカーナの風景は本当に綺麗♪
これで猛暑じゃなかったら最高だったのに・・


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-08-14 06:30

c0206352_4492638.jpg

モンテプルチャーノが遠くに見えます。
途中の道のりには、たくさんのワイナリーがあります。

ここは、Vino Nobile di Montepulciano(ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチャーノ:モンテプルチャーノの高貴なワイン)がとても有名なのです。
もちろん、普通のロッソもとっても美味しいですけどね♪
ここに来たかったのは、ワインを飲むことも、その目的の一つでした~

ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノは、イタリアのDOCGワインの中で最初に認定された3つのうちの一つ(1980年7月、他2つはバローロとブルネッロ・ディ・モンタルチーノ)でした。
しかも、DOCGの最初の帯封(シール、No.1~50)が印刷されたのは、ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノだったのです。

このワインは、2000年前の文献に、既に「モンテプルチアーノの甘美な命の酒」として登場していました。
そして、17世紀後半には、フィレンツェの詩人フランチェスコ・レーディがその著書において「あらゆるワインの王」と明言しています。
ノービレ(高貴な)という名称の由来は、貴族や聖職者がこのワイン造りに関わっていたからだとか・・










c0206352_5105466.jpg

モンテプルチャーノのドゥオーモ広場にある由緒あるワイナリー♪
ここで試飲することにしました。
ちなみに、ワイナリーの見学も試飲も無料です♪










c0206352_5123271.jpg

予約もなしに自由に見学できるっていいですね♪











c0206352_5142933.jpg

試飲は、何でも好きなだけ~
私は、ノービレ(最低2年のオーク樽熟成)とノービレ・リサーブ(最低4年のオーク樽熟成)、そして、普通のロッソを試飲しました。
息子は、それプラス、別の特別醸造のものも!
夫は、試飲なし~(笑)

ノービレが美味しいのは言うまでもないけれど、ロッソの美味しさが普通じゃなかった~










c0206352_5194767.jpg

というわけで、ロッソを3本、ノービレを1本、ノービレ・リサーブを1本、そして、オリーブオイルをお買い上げ~










c0206352_4412319.jpg

こちらは、ドゥオーモのそばのバールですが、メレンデリア(おやつ屋さん)とも書いてあります。
いいなぁ、この感じ♪









c0206352_444866.jpg

というわけで、休憩で~す♪
ワインを1杯、ブルスケッタをおつまみに頂きました♪
細かく刻んだトマトではなく、スライスが乗っているのは珍しいかも。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-08-13 06:08

プラダのアウトレット♪

c0206352_5533239.jpg

モンテヴァルキのプラダ直営アウトレット「SPACE」♪

フェラゴスト(8月15日)直前の夏のバカンス真っ最中ですからね~
すっごく空いていました~
イタリア人客はほとんどいない感じ。
中国人パワーは相変わらずでしたけど。

う~~ん、今回はあまり食指が動くものがない感じでした。
バッグやお財布は、以前に比べて値段がすごく上がっていますし、どうしても欲しいというほど気にいったものはなし~
お洋服も、夏物はちょっと古い感じのものしか残っていない・・
この時期ですからね、仕方ないかも・・
冬物はけっこう入ってきていましたが、冬物を買うつもりはなかったし・・。
しいて言うなら、靴なら買ってもいいと思ったのですが、どうしてもというレベルではなかった・・。









c0206352_651531.jpg

というわけで、買ったのは息子だけ~
お洋服と靴♪
日本でのプラダのお値段、信じられないくらいに高いですからね~
プラダ好きの息子ですから、良いお買いものをしたと思います。

夫と私は、秋になったら、また行こうと思っています。

楽しい旅行はもう終わり。
でも、自宅に戻ってホッとしたり・・
どんなに楽しくても旅行は疲れますからね。
しかも、外の猛暑と室内の冷房との温度差が激しいので、息子も私も風邪を引く始末!
ヴィンチ村に宿泊後、レオナルドが洗礼を受けた教会を見てから、本当は久しぶりにピサに行く予定だったのを、天候が怪しくなったのと体調がすぐれなかったので中止にして、フィレンツェに向かったものの、フィレンツェ市内のややこしい道に呆れ果てて、ついに車を降りずにフィレンツェを出ました。
フィレンツェは列車で行くに限りますね。
これ、実感!
おまけに、息子がiPhoneの充電器を最初のホテルに忘れてしまい、ホテル側は自宅に郵送してくれると言ったのだけど、イタリアの郵便事情を考慮して、もうついでだ~と、ローマへの帰り道に、再びキアンチャーノに寄ることになりました。

疲れた~
サン・フィリッポ温泉、ピエンツァ、モンテ・プルチャーノ、バーニョ・ヴィニョーニ、ヴィンチ村の様子は、ゆっくりと書いていきます。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-08-12 06:37

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma