レオナルドの「最後の晩餐」♪

c0206352_04322254.jpg
ミラノ、サンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ聖堂♪

25日の午前中に、レイナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」の見学を予約していたのですが、2日前に、美術館の職員の労働組合の会合があるため見学できないというメールが来ていました。労働組合の会合って、格好つけてますが、要はストのことです(笑)。

なんとかして見学するために、ストが始まる前の時間、つまり、開館時間の午前8時15分に、わたくしは死ぬような思いで早起きして、サンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ聖堂まで行ったのでした・・
何しろ、前日のカラヴァッジョ展で疲れ果ててしまって、だからといって早く寝るわけではなく、レストランにお食事に行って、帰ってきてからお風呂に入って、ブログを書いていたりしたら、軽く夜中を過ぎてしまいますからね・・
本当に今朝は、早く起きるのが辛かったです~




c0206352_04402507.jpg
そうして頑張って早起きして行ってみたら・・・
「今朝になって、ストは解除になりました」と!
まさに、イタリア~
本当にどうしようもないですね~

いえいえ、レオナルドの「最後の晩餐」に再会できたのですから、おめでたいと言っておきましょう♪
でも、わたくしの早起きは・・・!?(涙)

「最後の晩餐」は、昨年から、フラッシュなしでなら写真撮影も可になっています。
実は、この絵を写真に収めることも目的の一つでした。
でも、実物と写真はまったく違いますけどね~
本当に別物です。
芸術品は、あくまでも、自分の目で観ることが大切なのです♪






c0206352_04420248.jpg
見学時間は15分だけ。
しかし、15分は結構長いですよ~
ただただ、わたくしは、じっくりと絵を見つめていました♪
本当に素晴らしいです♪

わたくしの翻訳本「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)を事前に読んでおくと、この絵をより深く鑑賞することができますよ~(笑)

やはり、レオナルドの「最後の晩餐」を見ずして、イタリア絵画は語れません。
何よりも、この、偉大な天才の大傑作を見ないままで、人生を終えるのは、あまりにも寂しいことだと思います。
たとえ、美術に興味がないにしても。
とはいえ、イタリア人ですら、この絵を見ずして一生を終える方は多いと思いますけどね。
美術は、人生を豊かにしてくれるのになぁ・・

予約は、ずいぶん先まで埋まっていますが、わたくしのように、土壇場でとれることもありますので、ミラノ行きを考えている方は、あきらめずにチェックし続けて下さいね。

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪


「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
c0206352_02162930.jpg
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。




第2回プラチナブロガーコンテスト



by mayumi-roma | 2018-01-26 04:56 | ミラノ

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma