パワースポット、宇佐神宮♪

c0206352_20471129.jpg
写真は、先日の国東(くにさき)史跡巡りの一つ、宇佐神宮の広大な敷地内の、とある風景♪
枯れた蓮の葉と紅葉のコントラストが風情あります。






c0206352_20503260.jpg
宇佐神宮の鳥居は、普通の神社の鳥居とは違います。
屋根がついていて、両端が上に上がっています。


宇佐神宮は、全国に4万600社あまりある八幡さまの総本宮です。

八幡大神(応神天皇)・比売大神・神功皇后をご祭神にお祀りしています。

皇室も伊勢神宮につぐ第二の宗廟(そうびょう)として御崇敬になり、一般の人々にも鎮守の神として古来より広く親しまれてきました。




c0206352_21054114.jpg
階段を上って、何度も鳥居をくぐりますが、この鳥居をくぐると本殿に通じます。




c0206352_21185959.jpg
勅使門(ちょくしもん)です。
この奥に、本殿があります。





c0206352_21083912.jpg
本殿(上宮とも言います)、左から順番に一之御殿、二之御殿、三之御殿と並びます。
二拝四拍手一拝が、お参りの作法です。
また、本殿である上宮だけでなく、必ず下宮もお参りしなければなりません。

一之御殿には八幡大神さまをお祀りしています。

八幡大神さまは応神天皇のご神霊で、725年(神亀2年)、現在の地に御殿を造立し、八幡神をお祀りしました。

これが宇佐神宮の始まりです。

二之御殿は、6年後の731年(天平3年)に神託により造立され、比売大神をお祀りしました。
比売大神は、八幡さまが現われる以前の古い神、地主神です。

三之御殿は、同じく神託により、823年(弘仁14年)に建立されました。

応神天皇の御母、神功皇后をお祀りしています。






c0206352_21320881.jpg
御神木のある側から本殿を臨む写真♪

八幡信仰とは、応神天皇のご聖徳を八幡神として称え奉りながら、仏教文化と、日本固有の神道を習合したものと考えられています。
その長い信仰の歴史は、宇佐神宮の神事や祭会、建造物や宝物などに見ることができます。
深緑の杜に映える美しい本殿は国宝となっています。




c0206352_21390909.jpg
御神木~
宇佐神宮は敷地全体が強大なパワースポットですが、中でも、この御神木は最強のパワースポットです~
私も、両手でしっかり御神木からパワーを頂いて来ましたよ♪




c0206352_21404877.jpg
さぁ、下宮へ行きます~




c0206352_21412763.jpg
かなり長い道のりです~





c0206352_21415752.jpg
さぁ、下宮へ入ります~





c0206352_21424198.jpg
下宮です~
ここでもしっかり、二拝四拍手一拝でお参りしてきました♪




c0206352_21441141.jpg
下宮から下りてきたら、大的式、蟇目(ひきめ)の儀が行なわれていました。
何だか清々しい気分になります~




c0206352_21481874.jpg
こういうのを目にすると、日本人に生まれて良かった~!と、心から思います。




c0206352_21493482.jpg
宇佐神宮では、ベタなお守りやお札を買わずに、特別祈願された勾玉(まがたま)腕輪お守りを買いました。
「常に身につけてご加護をお受け下さい」と書いてあったので、ブレスレット代わりにしていつも付けていようと思います。

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪


c0206352_02162930.jpg
「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2017-12-07 21:57 | 別府、湯布院2017年秋冬

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma