限りなくアートでメッセージ性のあるジュエリー♪

c0206352_14114665.jpg
西新宿の高層ビル街にひっそりと佇む小さなギャラリー「het Labo Atrium」(ヘット・ラボ・アトリウム)♪
音楽家である私のローマのお友だちが、彼女の中学時代からの親友、コンテンポラリー・ジュエリー作家さんと二人で立ち上げたギャラリーです。
お友だちのお母様が歯科医として開業されていたスペースがセンスあふれるギャラリーに大変身しました♪
コンテンポラリー・ジュエリーの常設ギャラリーもありますが、毎月、テーマを変えて、若い才能を発掘するアート展を開催しています。





c0206352_14194081.jpg
私が訪れたのは10月だったので、ちょうど岡元杏那さんがキュレーターを務めた「OBSESSION OF PROCESS」と名付けられたコンテンポラリー・ジュエリーの展覧会が行なわれていました。

ジュエリーは、モードの一部としての装飾品、または資産としての価値にとらわれるイメージがあるかもしれません。
しかし、最近では、アートの領域で考えるコンテンポラリー・ジュエリーが生まれてきています。
サナ・カリルさん、マリア・イグナシア・ウォーカーさん、ラヴィーニア・ロセッティさん、カストロ・スミスさんなどの、世界的に人気の高い作家さんたちの作品が展示されていました。





c0206352_14380354.jpg
白を基調にしたシンプルで美しい展示スペース♪




c0206352_14393248.jpg
日本でもファンの多いカストロ・スミスさんの作品の一つ♪
アートとしてのジュエリー。
絶大な人気を誇っています。




c0206352_14443192.jpg
マリア・イグナシア・ウォーカーさんの作品も素敵♪
華やかだけど知性を感じさせる優しいジュエリーたち。




c0206352_14421488.jpg
でも、最も私の目を引いたのは、こちらの作品でした。
オブジェのように見えますが、長い革ひもから想像できるように、ペンダントです。
1985年、レバノンのベイルート生まれの作家、サナ・カリルさんの作品で、コンテンポラリー・ジュエリー界最大の国際コンペ「シュムック」の最高賞ヘルベルト・ホフマン賞を受賞したばかりです。
これから最も期待されている若手ジュエリー・アーティストなのです。




c0206352_14423620.jpg
こちらも、同じ作家による作品です。
真ん中は、有刺鉄線の入った木製の球形のうしろに皮ひもが伸びているブレスレットです。
手前は木製のドームを焼いたものでブローチ。

限りなくアートで、しかもメッセージ性が強いですね。
それもそのはず、ベイルート生まれのサナ・カリルさんがテーマにしたのは、「紛争:攻撃の瞬間」なのです。

木製の球体とドームは、宗教、政治、経済的な権力と恐怖と死を意味します。
木を刻み、切り、打ちつけ、燃やす・・・
母国レバノンで経験した戦争や紛争という厳しい現実、ヨーロッパに渡ってからは疎外感や偏見から作家が受けた心の葛藤や失望感、それらのものが一体化して生まれた作品なのです。

世界中どこを見ても、いったいどうしちゃったの!?というくらいに大混迷している時代に生きる私たち・・・
木製の球体やドームの表面にある傷は、私たちが感じる無力さ、苦しみと挫折を表わしているのかもしれません。
でも、そこから感じとれるものは、「強さ」です。
私たちを力づけてくれる作品だと思います。





c0206352_14200885.jpg
こちらは、常設展。
イタリアのアンティークな家具の中には様々なアートな作品が入っていて、楽しませてくれます。





c0206352_15142118.jpg

c0206352_15145557.jpg
ちょっと感動しました・・・





c0206352_15172618.jpg
お友だちがとっても美味しいお茶を淹れてくれました♪
こんな素敵な空間を作り上げた彼女とそのお友だちに乾杯♪

残念ながら、本日ご紹介したコンテンポラリー・ジュエリーの展示会は終了しましたが、新しい展示が始まっています♪




c0206352_15211095.jpg
ガラス作家の藤原信幸さんの展示会です。
生きる力あふれる植物にインスピレーションを受けて制作したガラスのアート作品です。
ガラスは、取り扱いの難しい素材で、できあがってから、その透過性が思いがけない光と影を生み出します。
ご本人は、「学生時代にさまざまな素材に触れてガラスにいきついてから、長い年月だろうと思うのですが、その表現には、まだ計り知れない可能性が秘めている」とおっしゃっています。
入場は無料です。
皆さま、お気軽に、是非、足をお運びくださいね♪

Memory on Odunpazari
2017年11月10日(金) ~ 11月26日(日)
15:00 - 20:00 (月~金) 、13:00- 19:00 (土日、祝日)
水曜日は休館、 最終日は17:00まで

ヘットラボアトリウム
新宿区西新宿5-16-2
Tel:080-8719-3651
het Labo atrium@中庭のテーブル←ブログはこちらです。

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪


c0206352_02162930.jpg
「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)、全国の書店で絶賛発売中♪
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2017-11-11 21:37 | 日本2017年秋・冬

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma