安くて美味しいナポリ三大ピッツェリアの一つ「ディ・マッテオ」♪

c0206352_04361991.jpg
ナポリに来たからにはピッツァを食べなければ~~♪
前に来た時には立ち食いで済ませた「ディ・マッテオ」にやってきました♪
お店の間口は狭いのですが、2階にはたくさんの部屋が続いていて、かなり大きいです。
行列はお持ち帰りの人と中で食べる人に分かれていますので、かなり並んでいても、意外にスムーズに進みます。
でも、できれば、12時、遅くとも12時半までには中に入ることをお勧めします。






c0206352_04373123.jpg
お店の入り口すぐでは、ピッツァ職人さんたちが一生懸命ピッツァの生地を作ったり、焼いたりしています~







c0206352_04380327.jpg
「ディ・マッテオ」は、ナポリの三大ピッッツェリアの一つです。
かつて、クリントン大統領もこちらのピッツァを食べたということで、お店のメニューの表紙にはクリントン大統領の写真があります(笑)。







c0206352_04493984.jpg
アランチーノを2種、頼みました。
アランチーノは、オレンジ(アランチャ)の形をしているライスコロッケです。
ローマでは、トマトソース味のものはスプリと呼ぶのですが、ナポリでは全部アランチーノになります。

ナポリのピッツェリアは、いたって素朴です。
テーブルクロスも紙ですし、グラスもプラスチックの使い捨てです。
こういうところも、庶民の食べものらしくていいな♪

しかも、驚くほど安いのです!!
私はワインのミニボトルを頼みましたが、わずか2ユーロ。
お友だちのビールの小瓶も2ユーロ。
ミネラルウォーター(ミニボトルのみ。一人1本ずつの飲み物を注文する形式なのかも・・)は1.50ユーロです。
こんなに大きなアランチーノも、1つ1.50ユーロ♪
前に立ち食いした時の店頭のお値段と同じです。






c0206352_05000022.jpg
さすらいのギター弾きがやってきました。
1曲しか歌わなかったけど、1ユーロあげました。
みんな、一生懸命生きているのですね・・・






c0206352_05023522.jpg
ピッツァ~~♪
大きいです。
でも、ふちの部分以外はごくごく薄いので、ペロッと食べられちゃいます。
ふちの部分がまた、ふんわり柔らかくて、美味しいのです。
マルゲリータ・ベースに、シンプルなものから様々なトッピング、たくさんあります~
全部4等分にして、それぞれの味を試したのですが、私はハム入りが一番美味しいと思いました。
好みは人それぞれなので、お友だちの中にはマッシュルームという人もいました。

しかし、ピッツァは、シンプルなマルゲリータで、わずか4ユーロ。
その他は5ユーロです。
あり得ないお値段です~

イタリアでは、ピッツァは最も安い外食に当たるのですが、さすがにこのお値段でローマではピッツァを食べることはできません。
ナポリ、いいわ~♪





c0206352_05103282.jpg
ピッツァを食べてから、ナポリのデクマーノ、トリブナーレ通りを歩きます。
デクマーノは、紀元前6世紀の古代ギリシャ時代に築かれた主要道路の一つです。
猥雑な感じの道ですが、ナポリらしくて大好きな通り♪





c0206352_05192781.jpg
哀愁のアコーデオン弾きのおじさん。
1ユーロ、あげました・・
光と影のナポリを感じました。
ちょっと切ないナポリ・・・





c0206352_05210226.jpg
おまけの画像♪
ドゥオーモ通りのドゥオーモ(大聖堂)♪
結婚式が行なわれている模様・・・

ドゥオーモには、ナポリの守護聖人、聖ジェンナーロが祀られております~
毎年、この聖人の殉教の日、9月19日1年には、聖人の聖遺物、凝固した血液が液状化するという奇跡が起こります。
もし、これが起きなかったら、その年は、ナポリに災いが降ると言われていますが・・・

「Di Matteo」
Via dei Tribunali 94, Napoli

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援してね♪




c0206352_02162930.jpg
10月25日発売の「カラヴァッジョの秘密」(河出書房新社)のご予約受付中です。
アマゾンはこちら~
紀伊国屋書店はこちら~

そして、2017年10月30日(月)、18:30~20:00(18:00開場)のイタリア文化会館アニェッリホールでの無料講演会(私が逐次通訳)、コスタンティーノ・ドラッツィオ講演会「カラヴァッジョの秘密」の申し込みはこちらから~←ここをクリックすると、イタリア文化会館東京のご予約受付ページに飛べます♪ 


c0206352_01321892.jpg


私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)も、あわせてよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本で、レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

by mayumi-roma | 2017-10-16 05:51 | ナポリ、ナポリ♪

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma