マルタのヴィーナス♪

c0206352_05101875.jpg
今も、目を閉じれば、そこにヴァレッタの町があります~
どうしてこんなにマルタ島に惹かれるのか自分でもよくわからないけど、これまでの人生で訪れたところで、ギリシャと並んで心から愛する場所になりました。

今回は、カラヴァッジョの足跡を追うことがメインだったので、残念ながらマルタ島の見所の一つである古代遺跡には行きませんでした。
マルタ島には紀元前3500年くらいの巨石神殿のある古代文明の遺跡も多いのです。
それらの遺跡から発掘されたものが、ヴァレッタの国立考古学博物館に展示されています。
シティゲートから近く、もちろんメインストリートのレプブリック通りに面しています。

実は、子どもの頃からギリシャの古代遺跡が大好きでした。
わたくしに言わせれば、古代ローマの遺跡は新し過ぎるのです(笑)。
マルタに惹かれるのは、そういうことも関係あるのかもしれません。
具体的に何が、というわけではないけれど、古(いにしえ)の歴史が漂う空気感があるのです。







c0206352_05182611.jpg
国立考古学博物館♪
コーヒーカップのような形をしていますが、コーヒーカップではありません(笑)。
巨大です。





c0206352_05190032.jpg
先史時代のものですから、古代ローマよりずっとずっと古いものです。






c0206352_05192274.jpg
こちらが、「マルタのヴィーナス」と呼ばれるものです。
まったく美化されていない、理想化もされていない女性(女神)像です。
それとも、ここで言う美や理想は、あくまでも古代ギリシャ以降の美のものさしに過ぎないのでしょうか?

この像は、紀元前2800年のハジャーイム神殿で見つかりました。
神殿は見学可能で、ヴァレッタから車で30分から1時間くらいのところにあります。






c0206352_05214309.jpg
こちらも同じ場所から。
ふくよかな女性(or女神)像が多いのです。





c0206352_05265431.jpg
こちらも同じ場所から見つかったものです。

先史時代の女性(女神)像って、世界中どこのものでも、乳房と臀部を誇張してふっくらと丸みを帯びているのが共通点ですね。
母なる大地、豊穣の神的に捉えられて、デフォルメされたのでしょうか?

これらのふくよかなヴィーナス像の他にも、ここには、有名な「スリーピング・レディ」があるのですが、写真がぼけてしまったので載せることができません。


今度、マルタ島に行ったら、古代遺跡も見学して、ゴゾ島(ヴァレッタからフェリーで30分)にも行かなければ!
日本からマルタ島に行かれる方は、おそらくパッケージ旅行の方が多いでしょうから、ハードスケジュールではあっても、きっとマルタ島のあらゆる見所をぜ~んぶ見ることができるでしょうね。
ある意味、最も効率の良い旅の仕方です。
わたくしは、お気に入りの場所にはずっと佇んでいたいので、いつも非効率の旅になりますが・・。

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪


c0206352_01321892.jpg

ただ今、カラヴァッジョの翻訳本を刊行準備中ですが、私の翻訳本第一弾、「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)もよろしくね♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-08-30 06:52 | マルタ島

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma