洞窟レストラン@ルブリアーノ♪

c0206352_01440642.jpg
チヴィタ・ディ・バーニョレッジョを真横から見たところ~
右側に橋が見えるのがお分かりでしょうか?
渓谷を挟んだ向こう側のルブリアーノの町からチヴィタを見るとこんな感じです。
緑に覆われているので、また雰囲気が変わります。




c0206352_01560952.jpg
ちなみに、この写真は、チヴィタ・ディ・バーニョレッジョ側からルブリアーノの町を見たところです。
渓谷で隔てられているのがよく分かるでしょう?





c0206352_01585546.jpg
ルブリアーノの町も、町の端っこは断崖絶壁的な様相を見せていますが、チヴィタとの違いは、こちらはあくまでも陸地側であることです。
チヴィタは陸の孤島ですね。





c0206352_02020675.jpg
ルブリアーノの町にとっても素敵な洞窟レストランを見つけました♪
大昔からオリーブオイルの搾油場だった洞窟をレストランにしています。
その名も、イル・フラントイオ(搾油場という意味)♪

このレストランが大ヒットだったんです~
洞窟の内部はいくつもの大きな部屋に分かれていて、炭火焼の大きな釜もあります。
お店のスタッフはとても優しいし、お食事も美味しく、お値段も信じられないほど安いのです。
田舎には、時々、驚くほど安くて美味しいレストランがありますね。
ここは、その典型でした。




c0206352_02471003.jpg
しかも、もともと洞窟だったので、すっごく涼しいのです~
冷房なくても、ひんやり~





c0206352_02065771.jpg
さすがの量ですね~
これ、日本だったら二人前以上の量です。
私が頼んだのは、フラントイオ風ウンブリケッリ♪
ウンブリケッリはこの地方独特の太い手打ちパスタで、頬肉のベーコンとパキーノ・トマトとルゲッタと塩味のリコッタチーズであえたもの。
すっごく美味しい!
家でも真似できそうです。
夫は、イノシシの肉のラグーソース(私はジビエは苦手)。






c0206352_02225867.jpg
セコンド~
炭火焼の牛肉とつけあわせのグリルのお野菜。
これで一人前ですが、さすがに絶対に無理なので、夫とシェアーして食べました♪
お肉自体が美味しいのと、炭火焼であることで、お肉は最高に美味しかったです~
パキーノ・トマトとルゲッタは、何にでも合いますね♪

地元のワインが美味しくて~
若いワインですが、酸味が少なく(私は酸味が嫌いなんです)、軽くて飲みやすいのです。
ワインも、高いものだけがいいのではなく、こういう素朴な地元のワインも日常的に飲むのにはいいですね。
とってもとっても気に入りました♪

オルビエートもチヴィタ・ディ・バーニョレッジョもそうですが、このあたりは、オリーブとブドウの畑がたくさんあって、オリーブオイル、ワインとも名産となっています。
しかし、これら2つは、都会以外は、イタリアのどこに行っても名産品のような気がしますが・・・(笑)





c0206352_02375705.jpg
最後にもう1枚、ルブリアーノから眺めるチヴィタ・ディ・バーニョレッジョの写真を♪

なかなか、こんなとこまで行かれる方はいないでしょうが、念のため。
レストランの名前は「Il frantoio」
住所は分かりませんが、Lubrianoの町の中心、ベルベデーレ(見晴公園)に行けば、看板が出ています。
絶壁沿いにあります~

ローマから高速道路でオルビエート下車、
LUBRIANO方面へ。
オルビエートから20分くらいです。

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-06-04 02:48 | チヴィタ・ディ・バニョレッジョ

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma