ローマで一番好きな噴水♪

c0206352_02332929.jpg
ローマ、バルベリーニ広場♪
これまでブログに何度登場したことでしょう。
そのくらい私にとっては思い入れのある場所なんです~
この広場については、いつも同じようなことばかり書いているので申し訳なく思いますが、それでも、やっぱり同じことを時々書きたくなってしまいます~

「羅馬(ロオマ)に往きしことある人はピアツツア・バルベリイニを知りたるべし。こは貝殻持てるトリイトンの神の像に造り做したる、美しき噴井ある、大なる廣こうぢの名なり。貝殻よりは水湧き出でてその高さ數尺に及べり。」

森鴎外の名訳として知られるアンデルセンの最初の長編小説「即興詩人」の冒頭の部分です。
本当に美しい文章です。

ローマがお好きな方は、絶対にアンデルセンの「即興詩人」を読むべきです。
もちろん、鴎外の訳ではなく、現代語で書かれたもの♪
現代語だとこんな感じです。

ローマに行かれたことのある人は、美しい噴水のあるバルベリーニ広場をご存じでしょう。半人半魚の海神トリトーンがほら貝を高く吹き上げていて、その貝から水が数メートルの高さにほとばしりでています。





c0206352_02335948.jpg
私は、この噴水がローマで一番好きです。
トリトンがたった一人で水を飲んでいる構図なんて、あまりにも独特で他に類がないと思います。
一人ぼっちなのに、ものすごい存在感があって、この広場にとてもマッチしていると思うのです。
あ、バロックの巨匠ベルニーニの作品です。




c0206352_02510003.jpg
注文主は、バルベリーニ家出身のローマ法王ウルバヌス8世。
バルベリーニ家の紋章、3匹のミツバチが見えます。
この法王に、「ベルニーニはローマのために生まれ、ローマはベルニーニのためにつくられた」と言わしめています。





c0206352_03100344.jpg
私がローマに来たのは、ほんの気まぐれからで、ロンドンから日本へ戻る前に半年ほどバカンスがてらに・・的なものでした。
美術史を勉強していながら、イタリアの美術が好きではなかった私は、ローマの街を歩いても、さして感動することもなく・・(笑)
そんな中でも、ローマで出会ったベルニーニとカラヴァッジョだけは別格でしたが、私がローマの良さを知ったのは、なんといっても、アンデルセンの「即興詩人」のおかげです。

このバルベリーニ広場の描写で始まるアンデルセンの「即興詩人」がどうしても読みたくなって(冒頭の文章は、あまりにも有名なので知っていました)、ネットも存在しない時代、東京のお友だちに手紙を書いて送ってもらったのでした。
こんなにしてもらったお友だちなのに、15年くらい会っていません(汗)。
今度の日本では、同級生以外は、何年も会っていない人を中心に会おうかな・・
お友だちが多過ぎて、もう手が回らないんです~





c0206352_03243160.jpg
送ってもらった本がこちら~
カバーを付けていたので、30年以上前のものとは思えないくらい新品です!!
上下巻あるので、かなり長いです。
でも、面白いので、一気に読めます。

ストーリー自体は、まるで大河ドラマのような出来過ぎたものですが、何気に面白いです。
主人公のアントニオは、貧しい子ども時代、ジェンツァーノの花まつりを母親と見に行く時に、ボルゲーゼ家の馬車に母親がはねられて死んでしまい、責任を感じたボルゲーゼ家で養育されることになります(ラッキー!)。
その後、ローマ1の歌姫アヌンツィアータと恋愛して別れたり、カプリの青の洞窟で盲目の少女ララに出会ったり・・
そして、のちにパーティで出会う貴族の美しい令嬢が、実は目が見えるようになったララだったとか・・
最終的には、即興詩人として成功してララと結婚するというハッピーエンドのストーリーです。
泣く場面もあります。

ベタなストーリーだけど、それゆえに面白いってこともありますよね♪
でも、この本の魅力は、何といっても、今とまったく変わらないローマの街並みが感じられるところです。
実際、この本を読んで以来、私は、それほど惹かれなかったローマの街を歩くのがとっても楽しくなったのです。

バルベリーニ広場のトリトンの噴水は、そんな私の原点とも言える場所です。
それとは関係なく、この彫刻は傑作だと思いますけどね。
一番好きな彫刻ではありませんが、一番好きな噴水です♪

ちなみに、ローマで最も美しい広場はナヴォーナ広場だと思います。
でも、ローマを象徴し、また私が最も好きな広場は地元のポポロ広場です♪

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます♪

by mayumi-roma | 2017-05-13 03:53 | ローマの美術散歩

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。