慈悲の七つの行い@ナポリ・カラヴァッジョ巡礼♪

しばらくは、ナポリの記事が続きます~
c0206352_02384460.jpg
ドゥオーモ通り♪
その名のとおり、この通りにはナポリのドゥーモ(大聖堂)があります。
話が前後しますが、ナポリに着いて最初に見学したのがドゥオーモでした。
やっぱり最初に、ナポリの守護聖人、聖ジェンナーロ様にお参りしないと~♪
ドゥオーモについては、またいつかの機会に。






c0206352_02220981.jpg
ドゥーモ通りを横に入ったトリブナーリ通り♪
一瞬、「大丈夫か!」とドキッとしましたが、大丈夫に決まっています。
ローマの歴史的地区にも、こういう雰囲気のところはたくさんありますから。






c0206352_02444685.jpg
ありました!
目的地のピオ・モンテ・デッラ・ミゼルコルディア♪
ここに、カラヴァッジョの祭壇画「慈悲の七つの行い」があるのです。





c0206352_02485564.jpg
ピオ・モンテ・デッラ・ミゼルコルディアは、17世紀、ナポリがスペインの統治下で非常に厳しい時代、貧者を救うために7人の貴族の若者が設立した慈善団体で、この場所に本拠地を構えるにあたって、カラヴァッジョにそれを象徴する祭壇画を依頼したのでした。
ちなみに、この慈善団体は、現在も活動しています。





c0206352_02503672.jpg
礼拝堂は八角形をしています。
それぞれに祭壇画がありますが、カラヴァッジョは別格♪
カラヴァッジョの「慈悲の七つの行い」を自分の目で見ることができて感激でした♪
画集や本の図版では真っ黒で、ほとんど見えない部分が多いのです。
実際に絵を見ると、様々な点に気づきがあります。
より深く絵を理解することができました♪
1時間くらいはここにいました~
群像構成が天才的♪
本当に素晴らしい表現力です。

この絵をクローズアップすると、解説なしでは理解できないので、この遠景の写真だけでお許しくださいね。
普通の絵なら、これは何々で・・と簡単に触れることもできるのですが、この絵の場合は群像構成が複雑で一言で簡単には説明できず、これを一から説明するとなると、この慈善団体の設立にあたっての聖書の話から始めなければなりません。
また群像構成のそれぞれを解釈を交えて説明すると、それがたとえ私の解説であったとしても、現在私が翻訳中で今年の秋に刊行される本と内容的にかぶる可能性もあります。
さすがに、これから刊行される本の内容とかぶるようなことはブログ上でも公表できませんので。





c0206352_02592872.jpg
この慈善団体の2階は絵画館になっています。





c0206352_03001110.jpg
ここできっと慈善団体の運営に関する会議が行なわれていたのでしょう。





c0206352_03005978.jpg
そして、その2階部分には、礼拝堂のカラヴァッジョの絵を眺められる特別な場所が設けられていました。
美しいソファーつきでしたから、ゆっくり座って上から眺めていたのでしょう。
この絵を上から眺めるというのも、なかなかおつなもので、本当にここまで来た甲斐がありました♪


Pio Monte della Misericordia
Via dei Tribunale 253, Napoli
入場料:7ユーロ
9時から18時まで
日曜日は9時から14時半まで


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg

私の翻訳本です♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪

これまでにないタイプの画期的な本です。
レオナルドの人生とその作品のすべてが物語風に分かりやすく綴られています。

レオナルドを愛する方、興味のある方、是非どうぞ♪
レオナルドの作品を鑑賞する際により深い理解を得ることができます。

全国の書店でお求め頂けます。
アマゾンはこちらから~♪

by mayumi-roma | 2017-03-21 06:56 | ナポリ、ナポリ♪

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。