カラヴァッジョの天井画♪
c0206352_05172255.jpg
ボンコンパーニ・ルドヴィシ家のお屋敷♪
昨日の続きになります~
写真は、引き続き、コスタンティーノ(私が翻訳をした本のイタリア人原作者)のテレビ番組を写したものです。
画像が悪いのはあしからず。
雰囲気だけ楽しんで下さいませ。




c0206352_06145325.jpg
カルロ・マデルノが設計した螺旋階段を上っていくと・・・




c0206352_06193334.jpg
もう一つ、グエルチーノの天井画のある広間があります。
チャオ、コスタンティーノ~♪(笑)




c0206352_06185323.jpg
1621年、グエルチーノの描いた「La Fama」(名声)です。
いや、もう画像が悪いのが申し訳ないのですが、高らかにラッパを吹く名声の女神が中央に位置しています。




c0206352_06364524.jpg
ウィキペディアのデータベース、著作権のない自由に使ってよい画像から見てみましょう。
「名声」というタイトルから想像できるように、ボンコーパーニ・ルドヴィシ家の栄光を称えた天井画です。
1階にある「アウロラ」とは雰囲気がかなり変わります。
大きな空間が広がっているので解放感があって、よりすっきりした感じ。
圧迫感がありません。

いや、しかし、私が一番見たかったものは別のものなのでした~





c0206352_06175823.jpg
フランチェスコ・マリア・デル・モンテ枢機卿♪
この小邸は、もともと、カラヴァッジョのパトロンだったデル・モンテ枢機卿が所有していました。
枢機卿は、趣味の錬金術と天文学のために、一種の研究所としてここを使っていたわけです。

錬金術とは、簡単に言うならば、基本の4元素(気、火、水、土)に何かしらを加えて「物質を金に変える方法」と「不老不死の薬を作る方法」を手に入れようとするものです。
4元素に「賢者の石」を加えれば、必ず実験は成功すると言われていましたが、その「賢者の石」を見つけなければならなかったのです(作り出すということ)。

その錬金術の実験をしながら、その実験道具をしまっていた場所がこちらです~





c0206352_06224408.jpg
グエルチーノの天井画「名声」のある広間から続く小さな小さな小部屋です。
ここに、デル・モンテ枢機卿は、カラヴァッジョに天井画を描かせていたのでした。




c0206352_07090229.jpg
「4元素」別名、「ユピテル、ネプトゥルス、プルート」です。
天井はかなり低く、天井画も小さいものです。



c0206352_07104868.jpg
ウィキペディアのデータベース、著作権のない自由に使ってよい写真をお借りしました。
これで見ると、大きな天井画を想像してしまうと思いますが、実際は小さなものですし、けれども、小さいからと言って、こんな風に全体を見渡すことはできません。
こればかりは、実物を見た人でないと分からないかも・・

フレスコ画ではなく、油彩で描いています。
レオナルド同様、カラヴァッジョもフレスコ画の描き方を習っていませんでしたし、また、フレスコ画法が嫌いだったのでした。

本当に素晴らしいです。
まず、4元素(空気、火、水、大地)をカラヴァッジョ独自の発想で寓意的に表現している点が実に素晴らしい♪





c0206352_07345364.jpg
中央には、「空気」(気)を象徴して球体の宇宙が描かれています。
太陽、地球、デル・モンテ枢機卿のホロスコープ、うお座、牡羊座、おうし座、双子座が描かれています。





c0206352_07355063.jpg
一番上には、ユピテル(ローマ神話のジュピター、ギリシャ神話のゼウス)が鷲(ワシ)に乗って描かれ、「火」を象徴しています。
ちょっとこの体勢が不思議という声が続出。





c0206352_07323042.jpg
下部左は、ネプトゥルス(ローマ神話のネプチューン、ギリシャ神話のポセイドン)海の馬(蹄の代わりに水かきがついています)と共に描かれ、「水」を象徴しています。
下部右側は、冥界の神、プルート(プルトン)で、ケルベロス(冥界の門を守る頭が3つある犬)と共に描かれ、「大地」を象徴しています。

絵を見ると分かるように、3人の人物は同じ顔で描かれており、その顔はカラヴァッジョの自画像です。
下から見上げた仰視法で描かれており、おそらく、下に鏡を置いて、全裸で鏡に映る自分の姿を描いたのだろうとも言われています。

ちなみに、3つの頭を持つ犬「ケルベロス」は、白と黒の犬ですが、実は、カラヴァッジョも白と黒の雑種の犬を飼っていました。
古い文献に書かれているカラヴァッジョの愛犬と、この絵の犬はとても良く似ていることから、自分の犬をモデルにしたとも考えられています。

いや、もう、ずっとずっと見たかったカラヴァッジョの天井画を見ることができて、私は、ただただ感激でした♪
まさか、こんな日が来るとは・・
大げさではなく、これを見ることをあきらめているカラヴァッジョファンは多いのです。
私は、今もその余韻に浸っています・・・


プリンセス・リータはとってもいい人で、優しくて素晴らしいお人柄でした♪
私たちの訪問を心から歓迎している様子でした。
いつもいるとは限らないので、本当にラッキーだったと思います。

そうそう、プリンセス・リータが、なんと、私たちと一緒に写真を撮りたいと言って、iPhoneを取ってきました。
そして、使用人を呼んで写真を撮ってもらったのです。
ですので、ついでに私のカメラでも撮ってもらいました~
でも3枚中2枚は、ぶれてボケボケ~


c0206352_07461339.jpg
ボンコンパーニ・ルドヴィシ家の紋章の前で♪
実に有意義な訪問でした♪
この訪問が実現したのも、これだけの方々が参加して下さったから!
ありがとうございました♪


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg



私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪
面白くてためになりますよ~

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~
だって、初版本って貴重だというじゃないですか!
アマゾンはこちらから~♪






by mayumi-roma | 2016-12-09 07:55 | ローマの美術散歩

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。