ボンコンパーニ・ルドヴィシ家のお屋敷♪

c0206352_04180142.jpg

Casino Boncompagni Ludovisi♪

ずっとずっと行きたいと思っていたボンコンパーニ・ルドヴィシ家の小邸の入り口です♪

このお屋敷には、信じられないお宝があるのですが、現在も旧ピオンビーノ公国(トスカーナのリボルノ近辺)プリンチペ(プリンス)とボンコーパニ・ルドヴィシ家のプリンチペ(ローマ教皇を輩出した家にはプリンスの称号が与えられた)のタイトルを持つボンコンパーニ・ルドヴィシ家の当主ご夫妻が暮らしているため、通常の一般公開という形をとっていません。

最低300ユーロ、つまり一人20ユーロで15人集めなければ(ちなみに15名を超えた場合一人につき20ユーロずつのプラス料金がかかります)、見学することができず、しかも、それは金曜日と土曜日の午前中に限られています。


今回、ローマ日本人学校(全日制)のお母様方と私の友人のおかげで、22名もの有志が集まり、しかも、先方も特別に水曜日の予約を受け付けてくれました。

念願だった場所に行くことができて、感無量です。

ご参加の皆様、ありがとうございました♪


しかも、プリンセス(アメリカ人の後妻さんですが、とっても素敵で親切な方!)が自ら案内して下さり、さらに、現在ローマで研究生活を送っていらっしゃる成城大学教授でイタリア美術史の専門家、石鍋先生が解説して下さるという贅沢さ♪

お二人にも感謝です~





c0206352_04341570.jpg
門が開きました♪

写真撮影は禁止ですが、ここだけ写真を撮っちゃいました。

入り口なので問題ないでしょう。


かつて、このお屋敷は、ボルゲーゼ公園よりも広い敷地を持っていました。

ヴェネト通りからトリトーネ通りまでの一帯、約30~40ヘクタールの広大なものです。

1621年、当時のローマ教皇グレゴリオ15世の甥、ルドヴィーコ・ルドヴィシ枢機卿が、もともとそこにあった小邸〈前の持ち主はカラヴァッジョのパトロンのデル・モンテ枢機卿)を買い、次々に周りの土地を買い足していったのでした。

しかし、19世紀末にイタリアが統一され、ローマを首都に定めたため、街づくりの一環として、そのほとんどをイタリア政府に譲渡します。

ちなみに、ルドヴィーコ・ルドヴィシは芸術品のコレクターとしても有名で、ルドヴィシ・コレクションと呼ばれる名高い名品もイタリア政府に譲渡され、現在は、ナヴォーナ広場そばのイタリア国立博物館アルテンプス宮殿に展示されています。

ルドヴィシ・コレクションの過去記事はこちら~(別ウィンドウで開きます)





c0206352_05172255.jpg

お屋敷♪

写真撮影は禁止でしたので、奥の手を使います(笑)。

私が翻訳した本のイタリア人著者コスタンティーノ・ドラッツィオ氏がテレビのアート番組で数年前に取り上げていましたので、そのテレビ画像を写真に撮りました。

あまり画像はよくないのですが、雰囲気だけでも味わって頂ければ・・と思います。





c0206352_06554401.jpg
こちらは、ボンコンパーニ家の紋章です。
ドラゴン♪
のちに、ボンコンパーニ家とルドヴィシ家は合体しましたので、現在の紋章は変わりましたが、ボンコンパーニ家はもともと北ドイツの出身で、ドラゴンフォンサクソンという苗字でした。けれども、イタリア人には発音が難しかったため、良き友人という意味のボンコンパーニという苗字に変えたそうです。





c0206352_05503592.jpg

さて、お屋敷に入ってすぐの玄関には、マニエリスム(ルネッサンスの巨匠たちの手法を真似する様式)の大家、フェデリーコ・ズッカリの天井画があります。

1570年頃に描かれました。

だまし絵になっていて、窪みがあるように見せるため影まで描いています。

また、4つの目がありますが、この下に立って、くるりと回ると、4つの異なる顔が見えるようになっています。




c0206352_06330172.jpg
(コスタンティーノが~~!TV画像なので♪)

1階の見どころは、まず「風景の間」です。


ここには、ボンコンパーニ家出身のローマ教皇「グレゴリウス13世」とルドヴィシ家出身のローマ教皇「グレゴリウス15世」そして、グレゴリウス15世の甥、ルドヴィーコ・ルドヴィシ枢機卿の肖像画があります。


そして、広間の天井画を誰に描かせるか決めるため、4人の画家に競わせた風景画が4点あります。

ガスパール・デュゲ、ジャン・バティスタ・ヴィオラ、ドメニキーノ、グエルチーノの風景画です。

そして、グエルチーノが優勝して、お隣の広間の天井画を描くことになるのです。






c0206352_06361576.jpg
c0206352_06370016.jpg
グエルチーノの最高傑作、「アウロラ」(英語風にオーロラともいう)です。

アウロラはローマ神話の暁の女神のことです。

女神が馬車に乗って現われ、夜をふっしょくして朝の光を導く様子が描かれています。

素晴らしく美しいです♪

馬車を引く馬が今にも迫ってきそうな感じです♪

天井が低いので細部まで見ることができて幸せでした。


これは、フレスコ画(漆喰が乾かないうちに絵を描く方法)ではなく、テンペラ画で描かれています。

建築的枠組みを描いたのは、アゴスティーノ・タッシです。

この画家は、実は、カラヴァッジョの友人の画家、オラツィオ・ジェンティレスキの娘(画家)アルテミジアを強姦して、当時としては珍しく女性の側から告訴されています。

女性の地位が低かった時代に偏見を恐れず性的暴行を裁判沙汰にしたことで、アルテミジアは、元祖フェミニストとされています。




c0206352_06400695.jpg
こちらは、ウィキペディアのデータ画像で著作権のないパブリックなものをお借りしました。

日本で、まとめサイトの無断引用、無断転載、パクリ等が問題となって、多くのサイトが閉じる騒ぎとなっていますが、本当に注意しなければなりません。

ネットで検索すれば、たくさんの画像が見つかりますが、自分もされたらイヤなことはしないのが一番ですからね。


お宝見学記、続きます~


2つのブログランキングに参加してます~
クリックして、応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

c0206352_01321892.jpg



私の翻訳本♪
「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と
輝き」(河出書房新社)もよろしく♪
面白くてためになりますよ~

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~
だって、初版本って貴重だというじゃないですか!
アマゾンはこちらから~♪







by mayumi-roma | 2016-12-08 07:09 | ローマの美術散歩

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。