見どころ豊富なサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂♪
c0206352_00492608.jpg
サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂♪

(最近、エキサイトブログの様子がおかしくて、書いている途中で、文字のフォントやサイズが勝手に変わったり、行間の取り方も勝手にバラバラになってしまいます。今日の記事も、まさにそれで、文字のフォントも行間もめちゃくちゃになっていますが、私のせいではありませんので、あしからず)

この大聖堂は、5世紀に建立され、その後、何度も改修工事を受けながらも、初期キリスト教の様式を失うことなく今日に至ってます。

そもそものこの大聖堂が建立されることになった伝説は次のようなものです。


紀元352年8月5日、真夏に雪が降るという奇跡♪

かつてリベリウス教皇に使えていたジョヴァンニという貴族がいました。

ある日、ジョヴァンニの夢の中に聖母マリアが現れ、「明日、雪が降ります、その雪が降った場所に私に捧げる教会を建ててください」と言うのでした。

翌日、教皇リベリウスのもとに赴いてその話をすると、なんと、 教皇もまったく同じ夢を見ていたのでした。

そこで彼らがエスクィリーノの丘に行ってみると、 8月5日という夏の盛りだというのに、雪が降っていたのでした。

こうして、初期の聖堂が建立されましたが、5世紀前半にシクストゥス3世によって新たな聖堂建立が始められ、それが、別名「雪の聖母マリア」で知られる現在のサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂なのです。


ローマで最も高い鐘楼は1277年のロマネスク様式、建物のファサード(正面)は1743年のバロック様式、時代と共に新しさが加えられています。

その美しさの中に、史上初の聖母マリアに捧げられた教会としての権威を感じさせます。

この大聖堂は、ローマ市内にあるヴァチカン直轄のサン・ピエトロ大聖堂、サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂、城壁の外のサン・パオロ大聖堂とともに四大バジリカの一つとされています。





c0206352_01042874.jpg

三廊式の巨大なバジリカです。

5世紀のシクストゥス3世の時代から変わっていません。

イオニア式の柱は、左右に21本ずつ。

柱の上部にモザイクのサイクル画があるのが分かるでしょうか?

このモザイクは、建立された当時5世紀の非常に古いもので、旧約聖書の物語が描かれています。

左側はアブラハムとヤコブの物語、右側はモーゼとヨシュアの物語です。

もともとは全部で42枚ありましたが、現在は左に12枚、右に15枚残るだけで、そのほとんどは後世において修復されていますので、5世紀のモザイクがそのままの状態で残っているのは、2枚だけしかありません。





c0206352_01243729.jpg

こちらが、5世紀オリジナルのモザイクの一つです。

2つの場面を上下に描いています。





c0206352_01344380.jpg

天井の装飾は、教皇アレクサンデル6世(チェーザレ・ボルジアの父親)の命によってジュリアーノ・ダ・サンガッロが制作したものです。

アレクサンデル6世はスペイン、ボルジア家出身だったため、スペインがアメリカ大陸から持ち帰った最初の金をふんだんに使わせ豪華なものにさせました。





c0206352_01253888.jpg

主祭壇とバルダッキーノ(大天蓋)♪





c0206352_01261983.jpg

主祭壇の下には、聖遺物が収められています。





c0206352_01273460.jpg

聖遺物は、この豪華な入れ物に収められたキリストのゆりかごです。

ベツレヘムの馬小屋で生まれたキリスト・・

そのゆりかごは、馬小屋の飼い葉おけだったのです。

その、木製の飼い葉おけの一部が収められています。





c0206352_01324875.jpg

主祭壇の後方、内陣のモザイク♪

これは、素晴らしく美しいです。

紀元1300年の大聖年の年のため、1295年にヤコポ・トリッティが制作したものです。

主題は、「聖母の戴冠」♪

聖母の戴冠とは、聖母マリアが亡くなって天国に行った時、全能の神が、「神の子イエスを産んだ貴女は天の女王に値する」として、女王の戴冠式を行なったというものです。

息子のイエスが母マリアに戴冠している様子が描かれていますが、なんだか恋人同士みたい♪

こんなことを言うと、カトリック教会に怒られそうですね。

でも、微笑ましい光景。

物語としては、実に面白いですね♪







c0206352_01580200.jpg

主祭壇の右横には、ベルニーニのお墓があります。

17世紀、バロック時代のローマを華麗な建築と彫刻で美しく飾ったベルニーニですが、自身とその家族のためのお墓は質素なものです。

「芸術家は、その作品によってこそ名前が残るのであり、墓によってではない」という考えを持っていたそうで、このお墓を見て、ますますベルニーニが好きになったわたくしでした~


次回は、あまり知られていない、というか、入ったことのある方はほとんどいないのではないかと思われる、この大聖堂の地下遺跡と2階部分に隠されているベルニーニ作の螺旋階段をご紹介します。






c0206352_07115232.jpg

おまけの画像~

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の聖なる扉もくぐりました~~

少なくとも4大バジリカの聖なる扉は制覇したい!



私の翻訳本~♪
初版の在庫が少なくなってきました。お買い求めはお早めに♪
c0206352_20582947.jpg
7月22日に、私が翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)が発売となりました。
これまでにないタイプの画期的な美術エッセーです。
知識がなくても読めます。
けれども、美術愛好家にも読みごたえのあるものとなっています。
孤高の天才ではなく、人間レオナルドの真の姿が描かれています。

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~(だって、初版本って貴重だというじゃないですか!)
アマゾンはこちらから~♪

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


by mayumi-roma | 2016-11-11 07:13 | ローマの美術散歩

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
お友だちの本が出版されました♪
at 2017-04-29 05:28
簡単ピザランチ@おウチ♪
at 2017-04-28 05:00
耐震工事開始!
at 2017-04-27 06:15
今日のおやつ♪
at 2017-04-26 05:58
サンタ・マリア・ソプラ・ミネ..
at 2017-04-25 03:39
お買いもの♪
at 2017-04-24 00:11
ネットが相変わらず・・・
at 2017-04-22 22:31