ポルタ・ラティーナのサン・ジョヴァンニ聖堂@ミモザ会♪

c0206352_22054734.jpg
ポルタ・ラティーナのサン・ジョヴァンニ聖堂♪
10月にローマ日本人会婦人部ミモザ会で訪れた教会です。
サン・ジョヴァンニとは、イタリア語で聖ヨハネのことで、この教会は、このすぐそばにヨハネが迫害された場所があることから建てられたものです。
ヨハネはヨハネでも、キリストの最も愛した使徒聖ヨハネで、福音書を書いたほうのヨハネです。
キリストのハトコで、ヘロデ王に首をはねられた洗礼者聖ヨハネ(サロメの物語で有名)ではありません。









c0206352_22075497.jpg
こちら~
以前ご紹介したサン・ジョヴァンニ・イン・オレオ聖堂ですが、この場所が、紀元92年のドミティアヌス帝によるキリスト教徒迫害の際に、キリストの最も愛した使徒ヨハネが煮え立つ油釜に入れられた所だとされており、17世紀にボッロミーニが大改修工事で建てたのでした。
オレオはラテン語で油という意味です。







c0206352_22175559.jpg
こちらが、ポルタ・ラティーナのサン・ジョヴァンニ聖堂の内部です。
5世紀末にはすでに教会があったそうで、その当時使われた瓦が聖書台として使われています(写真でも左手に小さく見えます)。
8世紀に改修工事がされ、12世紀にも改築工事。
さらに17世紀にはバロック様式の教会へと変貌を遂げますが、1940年に古い時代の教会の状態に戻そうと再び改修されます。
現在見られる姿は、ほぼ昔のままの状態です。






c0206352_22271404.jpg
中世のフレスコ画♪
旧約聖書と新約聖書の物語が全部で50場面ほど描かれており、これらは1940年に修復されたものですが、かなりの部分を消失しています。
残念です!
一部綺麗なものがあったのですが、教会内部があまりにも暗くて、しかも逆光だったため、上手く写真が撮れませんでした。
「イヴの創造」がなかなかよかったのです~♪







c0206352_22494638.jpg
教会の前に残る古い井戸♪
7世紀のもので、ラテン語で文字が刻まれています。
ちょっと訳してみました~

IN NOMINE PATRIS ET FILII ET SPIRITUS SANTI
「父と子と精霊のみ名によりて」
OMNES SITIENT ES VENITE AD AQUAS
「喉が乾いている者は、誰でも水を飲みにきなさい」
EGO STEFANUS
「我、ステファノ」(彫り師の名前)

ラテン語って美しい言語ですね♪


San Giovanni a Porta Latina
Via di Porta Latina 17
7:30~12:30
15:00~18:00


私の翻訳本~♪
初版の在庫が少なくなってきました。お買い求めはお早めに♪
c0206352_20582947.jpg
7月22日に、私が翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)が発売となりました。
これまでにないタイプの画期的な美術エッセーです。
知識がなくても読めます。
けれども、美術愛好家にも読みごたえのあるものとなっています。
孤高の天才ではなく、人間レオナルドの真の姿が描かれています。

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~(だって、初版本って貴重だというじゃないですか!)
アマゾンはこちらから~♪

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


by mayumi-roma | 2016-11-06 07:05 | ローマの美術散歩

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。