フェラガモのヴァラは永遠の定番♪



c0206352_03011071.jpg
地下鉄A線、共和国広場にあるローマ三越♪
主に観光客の方々が利用するとお思いでしょうが、実は現地在住の日本人もよく利用する場所なのです~
私はヘビーユーザーです(笑)。
何故かって?
クロネコヤマトのローマ支店が入っているし、日本へ一時帰国する時にお土産を買うのに便利だし、日本人サイズの豊富なフェラガモの靴があるからです~
それに、綺麗なトイレもあるし、WiFiがありますから、お買いものしなくても、実はトイレ利用で使ったりもしています(笑)。






c0206352_03003085.jpg
今日は、ローマ三越で、フェラガモの靴を買ってきました♪
嬉しい♪
他にも可愛いものを見つけたので、ついつい買ってしまいましたが、それはまた後日ご紹介します。

フェラガモのヴァラ、やはり永遠の定番ですね。
ハイヒールが好きな私ですが、これだけは別!
私は、日本でブームになるもっと昔の、30年前からヴァラを愛用しています。
一番好きなのは、雨にも強いエナメルタイプですが、今日は普通の黒にしました。
フェラガモの靴は少々お高いですが、何しろ履きやすいし、良いものは長く使えるので、長い目で見ると、結局、お得なのです。
お手入れさえしていれば何十年も使えます、これ、ほんと!

ちなみに、30年前、フェラガモのヴァラがいくらだったかを教えましょう。
当時の通貨単位はまだリラで、18万リラでした♪
貨幣価値が変遷しているので、単純にユーロ換算しても意味はないのですが、あえて現在のユーロに換算すると90ユーロ強になります。
でも、当時の一般的な人たちの平均給与は100万リラ(500ユーロ強)だったので、決してや安くない金額だったのです。
現在のヴァラの価格は、なんと!450ユーロです。
はっきり言って、高過ぎます!

これは、フェラガモに限らず、イタリアの各有名ブランドも同じで、昔はそれほど高くなかったのです。
私、当時はフェンディの靴も良く買っていましたから。
昔のフェンディの靴(30年前の話)は、現在トッズというブランドで有名なディエゴ・デッラ・ヴァッレが作っていたので、とても履きやすかったのです。
グッチも全然高くなかったです。
プラダはまだ無名でした(笑)。

いつの頃からか、ブランドものが買いやすい値段だとブランド価値が下がるというような風潮が生まれて、各ブランドが競うようにどんどん値上げするようになっていきました。
ブランドは、いつも憧れの存在でなければなりませんものね♪
ブランド側から見ると、これは正しいマーケティングですが、小市民の消費者側から見ると、あまり嬉しくないですね・・(苦笑)

とにもかくにも、この冬用に新しい黒のヴァラが欲しかったので、ようやく買えて嬉しいです♪
お洋服でも靴でも、新しいものを買うと気分が上がります~
小市民のわたくしですけど・・(苦笑)


私の翻訳本~♪
初版の在庫が少なくなってきました。お買い求めはお早めに♪
c0206352_20582947.jpg
7月22日に、私が翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)が発売となりました。
これまでにないタイプの画期的な美術エッセーです。
知識がなくても読めます。
けれども、美術愛好家にも読みごたえのあるものとなっています。
孤高の天才ではなく、人間レオナルドの真の姿が描かれています。

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~(だって、初版本って貴重だというじゃないですか!)
アマゾンはこちらから~♪

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


by mayumi-roma | 2016-11-03 06:49 | ファッション&アクセサリー

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma