ローマの城壁博物館@ミモザ会♪



c0206352_01545862.jpg
懐かしい~~~♪
ローマ旧市街を囲むアウレリウス帝の城壁(紀元3世紀)、ちょうどアッピア街道へ続くサン・セバスチャーノ門のあたりの風景です。

どうして懐かしいのかと言いますと~
息子が高校最終学年の1年間、日本の大学受験で必須の小論文対策に国語の先生に個人指導を受けていましたが、その先生のお住まいがラティーナ門の近くだったので、週に1回はここに来ていたのでした。
一方通行であるため、セバスチャーノ門を抜けて、この城壁沿いに沿って車を走らせていました。帰りはラティーナ門からローマ市街に入るというコースでした。






c0206352_02024388.jpg
サン・セバスチャーノ門♪
この向こう側が旧ローマ市街で、ローマとは反対方向に、ここからアッピア街道が始まります。
この門の要塞が博物館になって無料開放されています。

毎週通っていた頃は、このあたりを時間つぶしにお散歩していたのですが、博物館の開館時間が14時までなので、訪れる機会がありませんでした。
今回、ローマ日本人会の婦人部ミモザ会でここを訪れるというので、参加してきました♪





c0206352_02062477.jpg
サン・セバスチャーノ門の下♪
驚くべきことに、古代ローマには手動式のシャッターがあったそうで、写真でレールのように見える部分は、シャッターが降りる通り道だったのだそうです。






c0206352_02065306.jpg
門をくぐった内側に博物館の入り口があります♪
無料というのはいいですね。
ローマ市からも案内してくれるガイドさんが来てくれました。





c0206352_02155585.jpg
ちょっと後ろを振り向くと、もう1つ門が見えます。
これは、水道橋の跡です。






c0206352_02181589.jpg
博物館の内部では、いかにしてこの城壁を建設したか、それが長い年月の間に何度も増強されていき、どのように変化していったかをパネルで説明しています。
でも、こういう説明より、なんといっても、あのローマの城壁の中に入るという事実に酔いしれます~(笑)





c0206352_02185124.jpg
博物館の窓から、ここから始まる旧アッピア街道を見下ろしたところ♪
この先には、ドミネ・クオ・ヴァディス教会、城壁の外のサン・セバスチャーノ教会、3つのカタコンベ(ドミティッラとサン・カリストとサン・セバスチャーノ)があり、さらにその先には古代ローマの遺跡や墓標が続きます。







c0206352_02193178.jpg
城壁のテラスその1♪

訪れる人はほとんどいません。
観光客でここまで足を延ばせる人は少ないでしょうね。
でも、コロッセオ同様、過去に思いを馳せることができる場所です。
いや、人がいない分、より瞑想に耽ることができるかもしれません。
古代ローマっていいなぁ・・






c0206352_02392237.jpg
最上階のテラス~
つまり城壁の見張りの塔のてっぺんということです。






c0206352_02304418.jpg
先ほどの写真「テラスその1」が中央左寄りに見えます~






c0206352_02320467.jpg
ここから眺めるローマは本当に綺麗♪
松の木はローマの象徴♪






c0206352_02322754.jpg
城壁の上も歩けるそうですが、今日は時間がなかったので~
今度一人で瞑想しに来ようかしら!?






c0206352_02444332.jpg
こちらは、ラティーナ門のそばにある八角堂♪
聖堂に書かれた落書きが悲しいですね・・

この聖堂は、サン・ジョヴァンニ・イン・オレオ聖堂♪
伝説によると、紀元92年、ドミティアヌス帝のキリスト教徒迫害の際に、キリストの最も愛した使徒ヨハネが煮え立つ油釜に入れられた場所とされています。
オレオはラテン語で油という意味です。
しかし、ヨハネは殉教しませんでした。
当時80歳をこえる高齢だったにもかかわらず、この拷問に生き延び、ギリシャのパトモス島に流され、そこで「ヨハネの黙示録」を書いたと言われています。
ちなみに、皆さまがよく混乱する洗礼者聖ヨハネは、キリストの「はとこ」で別人です。

その使徒聖ヨハネに捧げられた聖堂は、16世紀初頭にブラマンテのプランで建立されたと言われていますが、17世紀半ばに、ベルニーニと並ぶバロックの巨匠ボッロミーニが、フランチェスコ・パオルッチ枢機卿の要請で大幅な改修工事をしました。
確かに、一目見て、これはボッロミーニの作品だと思う程、彼の特徴が顕著に現われています。

今日は、教会も見学するということだったので、私はてっきりこちらの非公開の教会かと思っていました。
そうしたら、違っていたんです~
勘違いした私が悪いけど、それがちょっと残念だったかな。
でも、見学した教会も、見ている時はそうでもないと思ったけど、家に帰って調べてみたらなかなか興味深いものだったので、気が向いたら、後日アップするかもしれません。
フレスコ画がボロボロに傷んでいたので、写真はほとんど撮りませんでしたけど。

今回のミモザ会は、古代ローマに思いを馳せ、いかに古代ローマが偉大だったか、いかにローマが美しい街であるかを再認識できる機会となりました。
でも、同時に、どうして、現在のイタリアはこれほどまでに生きるのが難しい場所になったのかという思いも・・
実に残念なことであります。

「城壁博物館」(Museo delle Mura)
Via di Porta San sebastiano 18, 00179 Roma
入場無料
開館時間:火曜日から日曜日まで 9:00~14:00


私の翻訳本~♪
初版の在庫が少なくなってきました。お買い求めはお早めに♪
c0206352_20582947.jpg
7月22日に、私が翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)が発売となりました。
これまでにないタイプの画期的な美術エッセーです。
知識がなくても読めます。
けれども、美術愛好家にも読みごたえのあるものとなっています。
孤高の天才ではなく、人間レオナルドの真の姿が描かれています。

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~(だって、初版本って貴重だというじゃないですか!)
アマゾンはこちらから~♪

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


by mayumi-roma | 2016-10-20 05:13 | ローマの美術散歩

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma