ロショーリのカルボナーラ♪


c0206352_22205521.jpg
秋ももう終わり・・
初冬のムード漂うローマです♪
毎日、雨が降るようになって、とても寒いです。
震えています~~





c0206352_22220948.jpg
さて、久しぶりにロショーリのカルボナーラを食べてきました~
ローマで一番美味しいと言われるこちらのお店は、今や日本でもすっかり有名になってしまって、日本人客も多くなりました。
ここは、ランチタイムも予約なしでは入れません。
しかも、予約がけっこう困難な状況です。
お友だちが、「奇跡的に予約できたよ~」とお声掛けしてくれたので、私も久しぶりにロショーリへ♪






c0206352_22235768.jpg
最初に、日本で言うところの「本日のつけだし」を持って来てくれます。
今日は、リコッタチーズときゅうりの酢漬け♪
このお店は生ハムやチーズ類にも定評があります。






c0206352_22272798.jpg
というわけで、前菜にハムとサラミの盛り合わせを頼みました♪
どれも美味しそう~






c0206352_22285294.jpg
私のお皿は、こんな風に♪
お皿のはしっこに見えるパンは、なんとイチジク入りのパン♪
すっごく美味しい~
ロショーリは、もともとパン屋さん♪
今でも、このお店の近くで営業を続けています~






c0206352_22304778.jpg
4人でのランチでしたが、カルボナーラVSアマトリチャーナにわかれました♪
寒くなってきたので、赤ワインが美味しく飲める季節となりました。
軽めの赤をボトルで♪







c0206352_22332829.jpg
ロショーリのカルボナーラ♪
すごいボリュームですが、やはり美味しいです♪
日本のカルボナーラは生クリークを入れてマイルドにしていますが、本場イタリアでは生クリームは使いません。
卵とグアンチャーレ(豚頬肉のと黒コショウ、ペコリーノだけで勝負します。
その分、かなり濃厚なお味ですが、イタリアではこれが普通~~
私はこってり系のカルボナーラのほうが好きです♪
グアンチャーレがカリカリで最高~~♪

量もかなりありますが、ここにいる全員、完食~♪
ただし、お夕飯は無理~な状態ですけどね。






c0206352_22361495.jpg
こちらは、食後にお店がサービスしてくれるビスコッティ♪
クリームは、ヌテッラ(笑)。
イタリア人にとって、ヌテッラは、「ヌテッラのない人生なんて考えられない」とまで言う程の国民的常備クリーム。
パンに塗って食べたり、スイートを作る時にも使ったり・・

ヌテッラは、ナッツとチョコを混ぜたクリームで、ちょっと語弊があるかもしれないけど、ピーナッツバターのようなものです。
私は、どうってことないものだと思いますし、息子が小さい頃は一応常備して使っていましたが、これがないと生きられないくらいには育ちませんでした。
しかし、私は、いつも、息子のお友だちやイタリア人のママ友たちに、その崇高なるヌテッラ愛を聞かされてました~(笑)
最近は、日本のスーパーにも売っているのでビックリです。






c0206352_22415060.jpg
帰りに、ロショーリのパン屋さんに寄って、パンを買って帰りました♪
お友だちのお話では、クリスマスに食べるパネットーネもすごく美味しいそうです。

「Roscioli」
Via dei Giubbonari 21/22
Tel:06.687.5287


私の翻訳本~♪
初版の在庫が少なくなってきました。お買い求めはお早めに♪
c0206352_20582947.jpg
7月22日に、私が翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)が発売となりました。
これまでにないタイプの画期的な美術エッセーです。
知識がなくても読めます。
けれども、美術愛好家にも読みごたえのあるものとなっています。
孤高の天才ではなく、人間レオナルドの真の姿が描かれています。

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
初版の在庫が少なくなってきました。
早く買ったほうがいいですよ~(だって、初版本って貴重だというじゃないですか!)
アマゾンはこちらから~♪

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


by mayumi-roma | 2016-10-14 05:49 | ローマのグルメ

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma