古代ギリシャ展@東京国立博物館♪ sanpo


ただ今、日本へ帰国中~
ローマの情報は、過去記事からどうぞ♪

c0206352_10153474.jpg
上野の東京国立博物館♪




c0206352_10165248.jpg
こちらの平成館で開催されている「古代ギリシャ展」に行ってきました♪
私は幼い頃から古代ギリシャ文明と古代エジプト文明が大好きで、古代ギリシャは、ヨーロッパに興味を持つことになった私の原点とも言うべきものです。




c0206352_10191979.jpg
サントリーニ島のアクロティリで発見された「漁夫のフレスコ画」(このポスターの中央)が来るというので、見に行きました。

ずいぶん昔ですが、私はギリシャを3週間に渡って訪れました。
その時に、サントリーニ島(テラ島)にも1週間滞在して、アトランティスではないかと言われている謎の古代文明の遺跡アクロティリも訪れ、このフラスコ画を見ています。

ナポリのポンペイと同様に火山の爆発で火山灰に埋もれてしまったため、壁画が当時のままの色彩で綺麗に残っているのです。
ポンペイとの違いは、遺跡からは人骨が一つも見つかっていないこと、金銀財宝がただの一つも見つからなかったことです。
おそらく、火山の爆発から火山灰で埋もれるまでの間に時間的余裕があったとみられ、人々は財産を持って逃げることが出来たのではないかと言われています。

話がそれてしまいましたが、この展覧会、素晴らしかったです♪
古代ギリシャ世界のはじまり、今から8500年前のプリミティブな彫刻など、これまでに見たことのないものでした。
人間の生みだす表現力に感動しました♪

それに続いて、ミノス文明(ここにサントリーニの壁画もあります)、ミュケナイ文明、アルカイック時代、クラシック時代、古代オリンピック、マケドニア王国(アレクサンダー大王の頭部の彫刻とギンバイカの金冠、美しかった~♪)、ヘレニズムとローマの芸術品が展示されています。

かつて、アテネとその周辺、スニオン岬やデルフォイやコリントス、エピダウロス、ミュケナイ、そしてクレタ島とサントリーニ島をくまなく歩きましたが、その時の記憶がよみがえって、またギリシャに行きたくなりました。

今は大変な経済状況にあるギリシャですが、やはり、ギリシャは西洋文明の原点なのだなぁ・・と実感させられます。
なかなか見られない芸術品が一堂に集まっていますし、非常に上手く展示されているので、皆さまも是非~♪




c0206352_10452801.jpg
ただし、じっくり見ていくと、3,4時間はかかります。
私たちは、途中でお腹がすいたため、展覧会場(平成館)の外にある東洋館1階のホテルオークラレストラン「ゆりの木」でお食事をするため、入場券にスタンプを押してもらって、いったん会場を出たくらいでした。
昔のデパートの食堂みたいに、和洋中なんでもあって、そこそこ美味しいのでお勧めです♪


さてさて、翻訳本の宣伝が続きます。
c0206352_20582947.jpg



7月22日、私が翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)が発売となりました。
これまでにないタイプの画期的な美術エッセーです。
知識がなくても読めます。
美術愛好家にも読みごたえのあるものとなっています。
孤高の天才ではなく、人間レオナルドの真の姿が描かれています。

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
どうぞよろしくお願い致します♪
アマゾンはこちらから~♪

2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-08-13 10:47 | 日本2016年夏

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma