数寄屋橋公園のオブジェ♪

c0206352_21101674.jpg

銀座~♪
数寄屋橋交差点にある東急プラザ~♪
時の流れを感じます・・・
ここには昔、阪急百貨店があったのでした。
そして、私は、数寄屋橋の阪急百貨店が大好きだったのでした。
70年代後半から80年代前半、こじんまりとしていたけど、他の百貨店には入っていないブランドがあったりして、お洒落な商品が多かった!
よくお友だちとお買いものをしたものでした。





c0206352_21164472.jpg

数寄屋橋公園~♪
柳の木が目印です。
あれあれ~?
左奥に何かオブジェのようなものが見えます。





c0206352_21175293.jpg

大好きな岡本太郎の作品~♪
オブジェ時計です。

1966年に、数寄屋橋ライオンズクラブの結成記念として岡本太郎氏に依頼して作られた「太陽の塔」の小型版で、「若い時計台」という名前がつけられています。
設置は1968年です。
そして、岡本太郎生誕100周年記念で、2011年に修復作業が終わったばかりです。

60年代の数寄屋橋界隈は「みゆき族」と呼ばれる最先端のファッションや文化が生まれる街として知られていました。
そして、集まる若者たちの風紀の低下が問題視されていたそうで、時計台制作は「青少年の健全育成」が目的だったとも言われています(笑)。

岡本太郎は、情熱をほとばしらせて生きる人間本来の姿を表現したそうです。
時計の文字盤は顔で、胴の部分にはツノのようなものがニョキニョキと生えています。
岡本太郎は、この作品で、八方に意欲をつきだし情熱をほとばしらせて生きるべき人間の本来の姿、若々しく、のびきった姿を提示したと言っていたそうです。
さらに、それは、のびていく日本の、そして東京の象徴であるとも言うのでした。

さぁ、今の東京は、どうでしょうか!?


以下、しばらくは宣伝が続きま~す♪
c0206352_20582947.jpg

7月22日、私が翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)が発売となりました♪
これまでにないタイプの画期的な美術エッセーです。
知識がなくても読めます。
美術愛好家にも読みごたえのあるものとなっています。
孤高の天才ではなく、人間レオナルドの真の姿が描かれています。

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
どうぞよろしくお願い致します♪
アマゾンはこちらから~♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-08-03 23:44 | 日本2016年夏

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。