コロッセオ・光のメッセージと同性婚♪

c0206352_27110.jpg

お友だちのリカちゃんからコロッセオのライトアップされた写真を頂きました♪
綺麗~
まさに日本とイタリアの融合ですね~

5月11日から13日まで、イタリアと日本の国交150周年を記念してコロッセオがライトアップされていました。
「人に愛・地球に愛」をテーマにした光のメッセージです。
プロデュースしたのは、照明デザイナーの石井幹子さんとお嬢さんの石井リーサ明理さんです。











c0206352_2143339.jpg

物語のように光のメッセージが変化していったようです。
3日間だけのイベントで、あまり話題にならなかったのが残念でたまりません。

秋篠宮同妃両殿下を迎えてコロッセオで点灯式が行われていた頃、ローマではトレヴィの泉がライトアップされていたので、テレビのニュースはそちらばかりで、とても残念でした。

間が悪かったんですね・・
というのも、ちょうどその日(5月11日)は、イタリアの国会で同性婚が法制化されたのでした。
そのニュースで大騒ぎの最中だったのです。
それを記念して、ただちにLGBT(女性同性愛者:レズビアンLesbian、男性同性愛者:ゲイGay、両性愛者:バイセクシュアルBisexual、性同一性障害を含む性別越境者:トランスジェンダーTransgender)の運動家たちが、お祝いにトレヴィの泉をライトアップしたというわけです。


さて、私は9年前にロンドンのゲイの友人が結婚した時に、結婚式に行ったことがあります。
相手を思いやる気持ちに男も女もなく、お互いを支え合って生きてきたから、これから先もずっと同じ。
でも、どちらかがいなくなる時に、それぞれが相手に何かを残したいと考えたから市役所で結婚式をあげたのでした。
なかなか感動的な結婚式でした。
でも、ご両親はどうしても受け入れることができずに参加していませんでした。
ご兄弟はノリノリで来ていましたけどね。

参加者のドレスコードはただ一つ。
必ずピンクのものを一つ身に着けること。
当時はピンクがゲイのシンボルだと言われていました(ロンドンだけだったかもしれませんが)。
私はこの日のためにピンクのストールを買いました。
他の人は、全身ピンクで決める人、ピンクのバッグを持つ人と、様々でした。

まず、彼らの素敵な自宅(一軒家)でパーティ。
イケメンのウエイターくんを雇っての素敵なものでした。
そして、その後ロンドンの市役所にタクシーで移動して結婚式。
結婚式の後は、ダブルデッカーバスを借り切ってロンドン市内を回って、レストランへ。
披露宴みたいなものです。
私は最も近い友人として、花婿か花嫁、なんといってよいか分かりませんが、ずっと彼のそばにいました。
本当に素敵で大好きな友人なんです~
楽しい思い出♪
そんなことを思い出したりした出来事でした。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-05-14 05:27 | ローマの日常

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma