ベルニーニの聖女ビビアーナ♪

c0206352_123080.jpg

テルミニ駅の裏側のひなびた線路に囲まれた、こんなうらぶれたところにベルニーニとピエトロ・ダ・コルトーナの素晴らしい芸術品があるなんて、誰が想像するでしょう!
美術ファンでも滅多に訪れません。

まぁ、バロック時代、ウルバヌス8世の時代には、まさか、このあたりがこんな風にスラム化するなんて予想もしていなかったことでしょう。

ベルニーニ・フリークのmayumi様としては、必見の場所だったはずなのですが、この小さな聖堂は、ずっと修復中で閉まっていました。
木曜日に、たまたま、ここからそう遠くない病院に行ってきたので、帰りに寄りました。











c0206352_191312.jpg

サンタ・ビビアーナ聖堂のファサード(正面)です♪
この聖堂は、4世紀に起源を持つ古いものですが、ローマ教皇ウルバヌス8世の命でベルニーニが再建したものです。
まだキャリアの初期、ちょうど、現在ボルゲーゼ美術館にある「ダフネとアポロ」の彫刻を彫っていた時代です。
ベルニーニといえば、華やかな装飾を思い浮かべますが、建築に関してはかなりシンプルなのです。
しかし、彼ならではスタイルは光ってます。












c0206352_114406.jpg

小さな小さな聖堂ですが、極上の宝石です♪

祭壇には、ベルニーニの初期の傑作「聖女ビビアーナ」がありますし、聖堂の身廊の壁面には、聖女ビビアーナのサイクル画が描かれています。
祭壇を前にして、左側がピエトロ・ダ・コルトーナ昨、右側がアゴスティーノ・チャンペッリ昨です。











c0206352_120264.jpg

聖女ビビアーナ(ベルニーニ作)♪

「ダフネとアポロ」とほぼ同時代の作品なのに、作風が違うとお思いでしょうか!?
ここでは、現実的な動きを表現することなく、殉教して神の御許に向かう聖女の内面が宗教劇として表現されているのです。
派手さだけがベルニーニの持ち味ではありません。
手の動きや衣服のドレープ、天上の神を見やる聖女の表情・・
精神性が高いです。
素晴らしい♪











c0206352_1264263.jpg

ピエトロ・ダ・コルトーナのサイクル画♪
聖女の人生の3場面が描かれています。
こちらでは、むち打ちの処刑を受けるところまで。
反対側のチャンベッリのサイクル画は、それ以降のストーリーが3場面で、そちらも素晴らしかったです。
聖女はむち打たれて殉教した後で、野良犬の餌とされました。
サイクル画には、そのシーンも描かれています。










c0206352_1304220.jpg

聖堂に入ってすぐのところには、聖女ビビアーナがむち打ちの処刑を受ける時に括りつけられた柱が飾られています。
この柱を収めたブロンズの容器もベルニーニの制作です。











c0206352_140562.jpg

聖堂の入り口の上には、アゴスティーノ・チャンベッリの「音楽を奏でる天使たち」が描かれています。
甘く美しい絵・・
かなり気に入りました♪

やっと、サンタ・ビビアーナ聖堂に行くことが出来て大満足でした~
なかなか行きにくく、また、あまり歩きたくない地区ではありますが、神父様が優しかったし、ベルニーニの彫刻もコルトーナやチャンベッリのフレスコ画も素晴らしかったので、また行きたいな~♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2016-05-01 05:39 | ローマの美術散歩

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
ナポリ大好き♪
at 2017-03-30 17:38
世界最高傑作の一つ@ナポリ♪
at 2017-03-29 07:23
カラヴァッジョが襲撃された居..
at 2017-03-28 07:00
最強メンバーで楽しい焼肉♪
at 2017-03-27 06:11
夏時間へ移行~
at 2017-03-26 07:38
頑張れ、ソニー!!
at 2017-03-25 07:29
カラヴァッジョ最後の作品@ナ..
at 2017-03-24 03:16