新規公開@フォロ・ロマーノ♪
c0206352_517078.jpg

今日のローマも、しとしと雨が降りました。
午前中は晴れていたのになぁ・・

さて、写真は、ちょっと前に行ってきたフォロ・ロマーノ♪
この風景は、コロッセオと並んで、ローマを象徴する風景だな~と、つくづく思います。

手前の3本柱は、ローマの守護神である双子の神様、カストールとポルックスの神殿の跡。
その横、右手にあるのは、シーザーが火葬された場所で、のちに神殿となったものの名残りです。
左には、セヴェルス帝の凱旋門も見えます。












c0206352_5274817.jpg

こういう古代ローマの遺跡もちょくちょく見に来るべきだな・・と思います。
なぜなら、発掘されたり、修復されたりで、新たに公開する場所が出てくるからです。

この写真の場所もそうです。
30年以上ローマに住んでいますが、ここが公開されたのは初めてだと思います。
修復が終わったのは、つい最近のようです。

ここは、政治経済の中心地フォロ・ロマーノから皇帝たちの住居があるパラティーノの丘に続く坂道なのです。
紀元1世紀にドミティアヌス帝が造ったものです。
当時は、こういう長い坂道が折り返しで7つも続いていたそうですが、現在は4つしか残っていません。
でも、この長い坂道を折り返してどんどん上っていくと、最初の写真を写した展望台まで行けるのです。
眺めはとてもいいですよ~
それに、皇帝たちが通っていた道を歩くのも感慨深いものがあります。













c0206352_519539.jpg

その坂道の入り口(フォロ・ロマーノの中)のところにある広間を外から見たところです。
ここは中世に礼拝堂になったそうで、40人の殉教者礼拝堂と呼ばれています。
あ、左上に展望台が見えますね~












c0206352_5394354.jpg

礼拝堂の入り口です。
もともと、古代ローマの皇帝たちの小道に続く広間だったわけですから、奥行きはあまりありません。











c0206352_541981.jpg

40人の殉教者の礼拝堂と呼ばれるのは、40人の殉教者のフレスコ画が描かれているからでしょうね。
修復が終わって、一部は本当に鮮やかな色彩が現われています。
でも、この人物像には光輪がないから、殉教者ではないのかな?

中世に描かれたものなのでしょうが、一口に中世と言っても長い期間となります。
ヨーロッパでは、西ローマ帝国の滅亡(476年)から東ローマ帝国の滅亡(1453年)までを中世というくくりにしています。
ですので、警備のおじさんに中世のいつ頃のものか質問したのですが、「何も知らない」という答えが・・(大汗)












c0206352_547260.jpg

こちらのフレスコ画は、見るも無残なくらいにボロボロ・・
これでも修復したのでしょうが、もともとその大半を失われていたものだと思われます。
でも、人物像の頭に光輪が見えますから、殉教した聖人なのでしょう・・













c0206352_5483954.jpg

それから、この礼拝堂のそばにも、発掘されて新たに公開されたものがあります。
ジュトゥルナの泉です。
これは、古代ローマの守り神、双子の神様ディオスクロイ〈ギリシャ神話のゼウスとレダの間に生まれた双子です)、それぞれの名前はカストールとポルクッスといいますが、彼らが戦いから戻ってきて、馬に水を飲ませたところだと言われています。











c0206352_5563423.jpg

最後にもう1枚、先ほどの展望台から写した別の角度のフォロ・ロマーノを♪
手前にヴェスタの神殿の巫女たちの中庭が見え、左には修復の終わったアントニウスとファウスティーナの神殿の跡、右にはロムルスの神殿が見えます。
ロムルスの神殿のブロンズの扉は普段は閉ざされていますが、現在、特別公開中で、発掘された彫刻が展示されていました。

ローマにお住まいの方は、毎月第1番目の日曜日が博物館・美術館の無料開放デイなので、次の12月6日に行かれてはどうでしょうか!?


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-11-26 06:10 | ローマの美術散歩

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。