恐ろしいジャム・・

c0206352_46237.jpg

2008年、今からざっと7年前に作られた自家製ジャム・・
こんなものが食べられるのでしょうか!?

先日、お墓参りで、ペルージャの義姉のところに寄りましたが・・
その際にお土産でくれたものです(苦笑)。
いくらなんでも、7年前に作ったジャムを人にあげるなんて、非常識だと思うのですが・・
毎年ジャム作りに精を出す義姉・・
人にあげるのなら、新しいものをあげましょうよ~

私は、この瓶に貼ってあった2008年という埃だらけのラベルを見て、心底驚いて、「2008年に作ったものが食べられるの?」と控えめに言ったのですが・・
「自家製なのよ。市販のものとは違うんだから、食べられるに決まっているじゃない!私はお砂糖をたっぷり入れて、その上にコニャックをかけて封印しているんだから」と笑い飛ばされました。

そりゃあ、市販のものより自家製のほうが美味しいかもしれませんが、市販のものには防腐剤が入っているじゃないですか。
それでも、1年も持たないのでは?
ましてや、いくらお砂糖たっぷりとはいえ、防腐剤も何も入っていないジャムが7年後も美味しく食べられるわけがないでしょう!

最初は、義姉に同調していた夫・・
私があんまりうるさく言うものだから、「食べる気がしなくなった」と。
当たり前でしょう!

捨てたい!
このジャム、早く捨てたい!

でも、断捨離のできない男である夫は、「捨てるな。ここに置いとけ」って。
置いておくと目ざわりなんですけど~
捨てたい!

さっき、ネットで調べたら、日本のサイトに「自家製ジャムを3年後に開けて食べたら美味しかった。もったいないので捨てたくない。賞味期限はどのくらいなんですか?」という質問があって、「糖度50%以上なら、保存食なので腐りません。3年経ってても大丈夫」という誰かの答えが・・

本当なんでしょうか!?
でも、この義姉のジャムは、7年はまるまる過ぎています。

ついでに、イタリアのサイトで調べてみたら、「義母にもらった自家製ジャムが3年前に作られたものだけど、食べられるの?賞味期限はどのくらいなの?」という質問が・・
答えは「2,3年は大丈夫。」
「僕は7年前のも食べたことがあるけど、食べられた」と書いてある人も・・(大汗)

イタリアの各種お料理サイトでは、自家製ジャムの賞味期限は1年から2年と書いてあった~

もう、どうでもいい!
早く、このジャム、捨てたい~~~!!
夫には何も言わずに捨てようっと!


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-11-17 07:17 | ローマの日常

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。