ラファエロの秘密♪
c0206352_5182792.jpg

コロンナ広場~♪










c0206352_5192187.jpg

今日は、コロンナ広場のギャラリア・アルベルト・ソルディにある本屋さん「Feltrinelli」(フェルトリネッリ)に行ってきました。
この本屋さん、日本で言えば紀伊国屋書店のような感じでしょうか!?
入り口は小さいですが、中は3階まであってカフェも併設されています。
今日は、ここの地下のホールへ。










c0206352_525942.jpg

本日、10月21日、私のお気に入りの美術史家ドラッツィオ氏の新刊本が発売されたので、その記念講演会に行ってきたのです。
彼の著作はほとんど読んでいます。
40歳と若いのに大変なやり手で、テレビで美術番組を持っているし、ラジオ番組も持っているし、年に2冊くらいのペースで本も出しています。
今イタリアで一番旬な美術史家です。

いやぁ、講演会も実に面白かったです。
新刊本の「ラファエロの秘密」にあわせて、ラファエロの謎にせまったのですが、ラファエロには、カラヴァッジョやレオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロとは違って、謎なんてないように思えるのですが、実は謎だらけなんですね。
まぁ、本当にびっくりしました!
ここに内容をチラッと書いてもいいのですけど、たぶん日本では全く知られていないことだと思うので、もし無断でコピペでもされたら困りますので控えさせていただきます。

そして、スライドを使った作品解説がと~っても面白かったです。
アッと驚くようなドローイングもありましたし、各時代の画風の変遷も見られて、しかも、そこに彼の性格と生き方が現われているのが実に興味深かったです。











c0206352_5302734.jpg

この作品、なんだと思いますか!?
これは、ボルゲーゼ美術館収蔵の「一角獣を抱く貴婦人」の修復前です。
つまり、一角獣の上に車輪を描き、ショールを描き加えて、聖カテリーナの肖像だとされていた頃のものです。













c0206352_5523834.jpg

こちらが、現在(本当)の「一角獣を抱く貴婦人」♪
この一角獣は、車輪に描き換えられる前に、一度犬に描き換えられていたことが分かっています。

この女性が誰なのかも大いなる謎で、伝説の美しさを誇ったファルネーゼ家のジュリア(ボルジア家出身のローマ教皇アレクサンドル6世の愛人で、のちの教皇パウルス3世の妹)かもしれないと言われていますが、そうだったらいいな・・レベルの全く根拠のないものです。
ジュリアだったらロマンがありますものね~

色々な説がありますが、ドラッツィオ氏が賛成する説は・・
彼は基本的に記録文書が残っていないものは信じない主義だそうですが、この場合は一番賛成できるものとして、この後、スライドによって説明してくれました。
そして、私も納得。

いやぁ、こんなに面白い美術の講演会があるなんてビックリでした!











c0206352_691228.jpg

もちろん、新作、買いましたよ~
サインも頂いて♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-10-22 06:15 | ローマの美術散歩

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
ネットが相変わらず・・・
at 2017-04-22 22:31
イライラの日々。
at 2017-04-21 19:47
夏のバカンス♪
at 2017-04-20 05:38
お気に入りのカフェ・レストラ..
at 2017-04-19 05:53
スペイン階段は花盛り!?
at 2017-04-18 06:45
疲れた・・
at 2017-04-17 06:05
復活祭の卵チョコ♪
at 2017-04-16 05:10