不可能な展覧会@ヴィンチ村♪

c0206352_2384085.jpg

サンタ・クローチェ教会@ヴィンチ村♪
ここがレオナルドが洗礼を受けた教会です。
レオナルド・ダ・ヴィンチ博物館のあるグイド伯爵家の城に隣接しています。
ちょうど展覧会が開催されていたので、入場は有料でした。
レオナルドの生家と博物館と展覧会の共通入場券を買うのが一番ラクだと思います。
私たちはそうしました。
3つの入場券で11ユーロ。











c0206352_241816.jpg

教会の内部♪
あれ~
最後の晩餐が~~

そうなんです。
これが、「不可能な展覧会」と名付けられた展覧会だったのです~
レオナルドの名作17作品を、高度なテクニックを使って原寸大に再現したものが、展示されていたのです!

最初は、例のごとく、「村おこし感が~~!」なんて思っていた私でしたが、「不可能な展覧会」と名付けるだけあって、なかなか興味深い展覧会でした。











c0206352_243368.jpg

レオナルドの現存する作品は大変少なく、世界中に散らばっています。
それを一堂に集めた展覧会なんて、まさに美術ファンの夢ではありますが、実現不可能です。
まさに、不可能な展覧会!

そういう意味で、この「不可能な展覧会」は大変意義深いものでした。
しかも、複製の出来がかなり良いので、ほとんど本物に近い!
それもそのはず。
文化庁とイタリア国営放送RAIの共同制作なのです。
ハイ・デフィニションを使ったデジタル画!

そもそも、絵画作品を、画集などの本で見るのと実物を見るのとでは天と地ほどの差があり、それゆえ、私はイタリアを訪れる人には、できるだけ美術館や教会に行って、本物を見てほしいと思っています。
絵のサイズ、色彩、表情、細やかな背景、表現から垣間見える感情の動き・・
画集の写真からはまったく分からないことです。

私自身、この「不可能な展覧会」で初めて見たレオナルドの絵(たとえ、レプリカであるにしても)がありました。
初期のもので、「これが、レオナルド?」と懐疑的に思って、あまり好きではなかったものです。
でも、この展覧会で原寸大のレプリカを見て、繊細な表現や感情の動きを感じられて、評価が変わりました。











c0206352_756329.jpg

ワシントンのナショナル・ギャラリーにある「ジネーヴラ・ベンチの肖像」♪

これ、画集で見る限りにおいては、好きじゃなかったんです・・
まだレオナルドの絵画技法が完成していない初期に描かれた肖像画とはいえ、なんとなくレオナルドの描く肖像画とは違うな・・と感じていました。
現在でも諸説ありますが、一応「ほぼ真作に間違いなし」という作品です。

で、原寸大のレプリカを見て、それほど描き切れていないと思っていた彼女の内面が、意外と表現されていることに気がつきました。
彼女はフィレンツェで家柄が良いだけでなく、教養深い女性としても有名でした。
そういう点を知らなくても、この絵を見て、皆さまはどんな印象を受けるでしょうか?
人それぞれだでいいと思います。
この憂いを帯びた表情をする彼女は、どんな人で、何を思っていたのでしょうね?
冷たい表情と受け取る人もいますが、私にはそうは思えませんでした。

表情からその人の性格や心境を表現することって、この時代にはなかったことです。
それに、緻密に描いた背景もレオナルドっぽいし、その背景に描かれたginepro(ジネプロ:ビャクシン)の木の暗さと顔の明るさの対比が、うまく明暗法を演出していますし。
私的には、真作に間違いなし♪

この作品は、絵の下部、つまり全体の3分の1以上を失っていますので、本来描かれていたはずの胸元の下、腕や手があれば、また雰囲気は変わったのかもしれません。
習作のデッサンは、ウィンザーに残っています。











c0206352_7572976.jpg

サンクト・ペテルスブルグのエルミタージュ美術館にある「ブノアの聖母」♪

これも、諸説ありまして、「ほぼ真作に間違いなし」とされている作品ですが、画集で見るたびに、「これがレオナルド?」と思っていました。

レオナルドの作品としての「華」がない。
パッと見てハッとするキラメキに欠けているというか・・
あまりにも、普通っぽいのです。
ただ、構図に関していえば、当時フィレンツェで流行っていた聖母子図としては、画期的ではあります。
革新的なピラミッド型の構図となっていますから。











c0206352_7582378.jpg

ブノアの聖母のズーム♪

でも、聖母の表情を見ると、確かにレオナルドにしか描けない表情だなぁ・・と思えるようになりました。
聖母と言うより、一人の母として子を慈しむ愛情を感じます。

一般的に聖母子像を描く時、将来来るべき我が子の犠牲を案じる憂鬱さが聖母の表情に現われるものですが、ここでは、それをまったく感じません。
思わず微笑んでしまうほどの優しさにあふれています。

幼子イエスも、純粋にリアルな赤ちゃんが、母親の持つ小さな花(この花自体は4つの花びらがありますので、磔刑の象徴的な花ではありますが)に興味を示して、手を伸ばして触っているような感じで、バブバブしている普通の可愛い赤ちゃん♪

聖母子と言うよりも、レオナルド自身が自分の母親を思って、理想の母子像を描いたような印象を持ちました。










c0206352_6183027.jpg

「不可能な展覧会」のことに夢中になって忘れるところでした・・
これが、教会に残るレオナルドが洗礼を受けた洗礼盤です。
誕生の翌日に受洗しました。











c0206352_2534976.jpg

やっぱり、もう1回、ヴィンチ村に来たいかも~
夏でない時に♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-08-26 06:20 | トスカーナ

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma