サンタ・クローチェ・イン・ジェルーサレム大聖堂♪

c0206352_510656.jpg

サンタ・クローチェ・イン・ジェルーサレム大聖堂のファサード(正面)♪
これは、見てすぐに分かる通り、ボッロミーニの設計です。
素朴な素材、波打つ壁面、ボッロミーニの特徴がよく出ています。
サンタ・クローチェは古い大聖堂ですが、何度も修復され、現在目に見える部分はバロック時代のものとなっています。

ちなみに、聖堂に続く右手は、聖堂付属の修道院を改装した超高級ホテルとなっています。
この超高級ホテルは、五つ星クラスのお値段で、顧客はマドンナをはじめとするハリウッドの大物芸能人や億万長者です。
修道院の一部を宿泊施設として運営するというのはよくあることですが、通常は安めのお値段に設定されるのが普通です。
しかし、ここは、セレブのための超高級宿泊施設!

これはカトリック世界に波紋を呼び、前教皇の怒りを買いました。
お金儲けに走る聖堂付属の超高級ホテルの発案者は、聖堂の司祭。
聖職者に転身した元ミラノのファッションデザイナーなのです。←これも、不思議な転職ですけど。
発想自体は、さすが元デザイナー!
ビジネスマンとしては、あっぱれではあるのですが、今は聖職者ですからね。
それでも、前教皇の怒りを買っても、営業を続けているところが凄いところでありますが・・。

さて、この大聖堂は、ローマの7つの大聖堂の一つです。
あとの6つは、ご存知、サン・ピエトロ大聖堂とサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂、城壁の外のサン・パオロ大聖堂とサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂、そして、城壁の外のサン・ロレンツォ聖堂と城壁の外のサン・セバスチャーノ聖堂です。












c0206352_5155095.jpg

大聖堂のアトリオ(玄関部分)も、当然ながらボッロミーニの設計。
楕円形のデザインが素晴らしく美しく、これを伝えるべく何枚も写真を撮ったのですが、ちょっと難しいです。












c0206352_5182164.jpg

アトリオの上部を見上げると、この素晴らしい楕円形の美しさが分かると思います。
ボッロミーニらしいシンプルな設計です。












c0206352_5194186.jpg

さて、一旦、聖堂の外を見てみましょう。
クラウディウス帝の水道橋が見えます。
ここは、3世紀のセヴェリウス帝の宮殿があった場所で、その後、キリスト教を初めて公認したコンスタンティヌス帝の母親、聖エレナの宮殿となりました

聖エレナは敬虔なクリスチャンだったため、エルサレムまで行って、キリストが磔にされた十字架を探し出し、ローマに持って帰りました。
その十字架を収めるために、宮殿の一部を聖堂としたのでした。
サンタ・クローチェ・イン・ジェルーサレムは、エルサレムの聖なる十字架という意味。
それをそのまま聖堂の名前にしたのでした。












c0206352_5334164.jpg

バロック時代の17世紀に大幅な改修工事がされたとはいえ、内部に入ると、使われた柱は古代のまま残っており、荘厳な雰囲気はそのまま生きています。












c0206352_536955.jpg

後塵のフレスコ画が美しいブルーで、ハッとするほど美しいのです。
ちょっと不思議な感覚です。
こんな色のフレスコ画は見たことがありません。
これは、アントニアッツォ・ロマーノが描いた十字架物語です。
アントニアッツォ・ロマーノは、15世紀、ルネッサンス初期の画家ですが、思いっ切り中世を引きずっていて完全にルネッサンスに入りきれていない作風が、逆になんとも言えない味を出していて、私は好きな画家です。
サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ聖堂にも小さな作品があります。












c0206352_5452884.jpg

聖エレナの礼拝堂♪
こちらもルネッサンスからバロックにかけて大改修工事がなされています。











c0206352_5463929.jpg

聖エレナの礼拝堂内の天井モザイクとフレスコ画。
モザイクは、15世紀のルネッサンス時代、メロッツォ・ダ・フォルリとバルダッサーレ・ペルッツィのデザインによるものです。
古代のモチーフを使用しています。
フレスコ画は、17世紀のバロック時代にローマで活躍したマニエリスムの画家、ニコロ・チルチニャーニ(ポマランチョ)です。
ポマランチョのフレスコ画は、ローマのかなりの聖堂で見ることができます。
サンタ・プラッセデしかり、サンタ・プデンツィアーナしかり、サント・ステファノ・ロトンドしかりです。












c0206352_621210.jpg

聖遺物の礼拝堂。
ここに、聖エレナがエルサレムから持ち帰ったキリストが磔にされた十字架のカケラと、その十字架にキリストが打ち付けられた釘が一つと、キリストが被らされた茨の冠のトゲが収められています。
十字架は原型ではなく、細かく分けられて、他の聖堂に分けられ、聖遺物としてそれぞれの礼拝堂に収められています。
釘も、茨のトゲも、同様です。
この中の聖遺物の写真撮影は禁止になっています。

ローマの7つの大聖堂巡り、古来からの巡礼者のように回ってみるのも面白いです。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2015-02-23 06:46 | ローマの美術散歩

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma