聖女テレーサ@ベルニーニ劇場♪

サンタンドレア・アル・クィリナーレ聖堂から真っ直ぐの道を一直線に進めば、まずボッロミーニのサン・カルリーノ聖堂があって、その先にはサンタ・マリア・デラ・ヴィットリア聖堂があるので、迷うことなく簡単に、これら3つの聖堂を見学することができます。
私は今、バロック芸術をもう一度復習しているところなので、もう何度となく訪れた聖堂ですが、再び~♪
何度行っても見とれてしまうし、新たな発見もある~~


c0206352_2222760.jpg

聖テレーサの法悦@コルナーロ家礼拝堂、サンタ・マリア・ヴィットリア聖堂♪

建築と絵画と彫刻が一体となったベルニーニ劇場♪
美しい聖女の彫刻を中心に、天に向かって、お約束のようにフレスコ画があり、ストゥッコで作られた小さな天使たちがいます・・
聖女のいる場所には、表からは見えないように隠れ窓を作り、そこから入る自然光を使って、さらにドラマチックに演出するのもベルニーニのお得意です。
神の栄光と、そこに導かれる聖女・・
美しいイルージョンの世界♪













c0206352_1575066.jpg

コルナーロ家の人々が聖テレーサの両サイドに見えるでしょう?
ここは劇場なんです。
我々もまた、聖テレーサの幻視、つまり、聖女と神が一体になる法悦の瞬間を、コルナーロ家の人々と一緒に観ている観客の一人なのです。
そして、その瞬間は現実から夢の世界に飛んでしまうのかもしれません。













c0206352_1205852.jpg

背景の遠近法がすごいんですけど・・
コルナーロ家の人々が、聖女の幻視を観ながら論議をしているところかな?













c0206352_2363759.jpg

何度見ても美しい・・♪

ベルニーニは、この作品を、失意の底、いわゆる人生のどん底の時期に、制作しているのです。
そこがまた凄いと思う所以です。
不屈の精神を持ったベルニーニが大好きです~

観ている人を幻の世界に巻き込んでしまう・・
バロック芸術の凄さは、ここにあります。

華美な装飾が苦手と言う人も多いでしょう・・
人それぞれの好みがあるのは当然です。
でも、美しいものは美しい♪

この時期は、北ヨーロッパで宗教改革の運動が高まり、ローマは反宗教改革の一環としてカトリック教会の栄光を大いに宣伝する必要があったのです。
そういう背景を考えれば、バロック芸術もよりよく理解できるのではないかと思います。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
2つともクリックしてもらえると、嬉しいな♪
応援してね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2014-11-11 06:29 | ローマの美術散歩

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。