ボルゲーゼ美術館♪ sanpo

c0206352_22102526.jpg

        ボルゲーゼ美術館♪
        至宝の名作がたくさ~ん♪
        ローマには、ヴァチカン博物館もあるし、その他多くの美術館や
        博物館があるし、多くの教会の中にも信じられない程の素晴らしい
        絵画や彫刻に溢れ、どれが一番とは決められませんが、
        このボルゲーゼ美術館は、間違いなく、マストの一つです。
        彫刻なら、ベルニーニやカノーヴァ・・
        絵画なら、ラッファエッロ、カラヴァッジョ、ティチアーノ、コレッジョ・・
        どれも国宝級です♪
        その中でも私が一番好きなのは、ベルニーニの彫刻の数々と
        ラッファエッロの名画たち♪










c0206352_22221171.jpg

c0206352_22253175.jpg

ボルゲーゼ美術館の裏側~
もともとは、数多くのローマ教皇や枢機卿を出したローマの名家ボルゲーゼ家が17世紀に建てた別邸でした。
ボルゲーゼ公園自体が、その別邸の広大なお庭だったわけです。
美術品を集めたのは、もっぱらシピオーネ・ボルゲーゼ枢機卿・・
この名前は、あちらこちらで耳にする名前です。

あ、そういえば、アンデルセンの「即興詩人」の中にも、当時の様子で、この別邸が描かれています。
主人公のアントニオは貧しい生まれでしたが、母親をジェンツァーノの花まつりの際に亡くし、その原因となったのがボルゲーゼ家の馬車だったのです。
そのため、ボルゲーゼ家で面倒を見てもらうことになったわけです。
この本、もう一回読み返さなきゃ~
(話がそれました~)










c0206352_22365779.jpg

         「アポロとダフネ」Byベルニーニ(1622~25)
         私の大好きな彫刻で~す。
         この写真は、ずっと昔、アナログ時代の頃、写真撮影がOKだった
         時代に普通のカメラで私が写したものをスキャンしたものです。
         この彫刻の真の美しさは、伝わらないけど~

         題材はギリシャ神話から。       
         貞潔なニンフ・ダフネに一目惚れしたアポロが、彼女を自分のものに
         しようと追いかけ、絶望したダフネが父である河の神・ペイネーオスに
         心の中で助けを求めると・・
         アポロの手がダフネに触れた瞬間、ダフネが月桂樹に変わっていく
         瞬間を描いたものです。
         
         史上最も美しいメタモルフォシス(転身)のお話です。
         この物語は、実は、アポロが、美の女神アフロディーテの息子(エロス=
         キューピッド)を怒らせたことから始まります。
         エロスが、アポロへの仕返しに、「ただもう人が嫌いになる」矢をダフネに
         射って、「人が好きで好きでたまらなくなる」矢をアポロに射ったからです。
         
         ギリシャ神話、大好き~~♪
         


ボルゲーゼ美術館は完全予約制です。
美術館のサイトはこちらです~←ここをクリック♪
なお、ローマパスでも入れますが、その際にも事前の予約が必要になります。
電話での予約はこちら♪
06 32810
美術館は、毎週月曜日と12月25日、1月1日が休館日となっています。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪,
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2014-05-26 05:43 | ローマの美術散歩

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma