サン・ロレンツォ・フオリ・レ・ムーラ教会(1)♪
c0206352_1532560.jpg

ローマの七大聖堂の一つ、城壁の外のサン・ロレンツォ大聖堂です。
この教会は大変古いもので、紀元258年に殉教した7人のうちの1人サン・ロレンツォ(聖ラウレンティウス)のお墓の上に、キリスト教を初めて公認した古代ローマのコンスタンティヌス帝が330年に教会を建てたのが始まりです。

その後、580年にローマ教皇ペラギウスによって改築され、
435年には、そのお隣に教皇シクトゥス3世によって聖母マリアに捧げる別の教会が建てられました。
そして、この二つの教会を融合させて一つの教会、つまり、現在の姿にしたのが、13世紀の教皇ホノリウス2世でした。
昔の人の名前は難しくて訳が分からなくなるかもしれませんね。
私も・・です!(笑)

右手にチラッと見える1ロマネスク様式812世紀)の鐘楼が可愛いでしょう?
ファサード(正面)の上部にはかつて美しいモザイク(13世紀)で飾られていましたが、1943年7月19日に、連合軍の爆撃を受けて、粉々になり、消滅してしまいました。











c0206352_156356.jpg

ポルティコ、玄関の部分です♪
ここに描かれているフレスコ画は、8世紀にまで遡るとても古いものですが、幸いにも、先の爆撃で破損はしませんでした。
聖ラウレンティウスの生涯が描かれています。

アルチデ・デ・ガスパリ、元イタリア首相のお墓があります。
これ、原題彫刻の大家、ジャコモ・マンズーの作品なんです~
嬉しい!
こんなところで、彼の作品に出会えるなんて!
現代彫刻は、余り私の趣味ではありませんが、マンズーだけは別なんです!

扉の両サイドに置かれたライオンの像は、中世のものです。












c0206352_1585598.jpg

中に入ると・・
シンプルだけど、歴史を感じさせます・・
誰もいないだけに、かえって荘厳さが増します・・
11本ずつの大理石の柱が並ぶ三廊式(3つの廊下に別れていること)です。











c0206352_2192489.jpg

床は、コスマティ様式のモザイクです♪











c0206352_25156.jpg

c0206352_28549.jpg

この教会には、美しいアンボーネが2つあります。
アンボーネとは、教会堂建築初期の説教台のことです。
おそらく、ローマで最も良い状態で保存されているものだと思います。

上の写真は、初期のコスマティー様式で造られ、シンプルな中に、エレガンスを感じさせるものです。
もちろん、カッラーラの大理石を使っています。

下の写真、こちらはもう完全にコスマティー様式で、床のモザイクと完全にリンクします♪
どちらも、うっとりするほど美しいです。










c0206352_2152295.jpg

勝利の門のフレスコ画♪
中央に幼子イエスを膝の上に乗せた聖母マリアがいます~
これは、19世紀のフラカッシーニの作品で、ここだけではなく、彼は側廊の壁に描かれたフレスコ画も手がけました。
この勝利の門の裏側に位置するモザイク!
これが、なんと6世紀のもので、ペラギウス教皇の時代のものがそのまま残っていて、素晴らしいのです。
ご紹介は次回になります~











c0206352_2214848.jpg

この写真だと、上の教会と下の教会がちょうど綺麗に見えるでしょう?
この上の部分が、6世紀に教皇ペラギウスによって建てられた古い部分になります。

見所の豊富な大聖堂ですが、ほとんど訪れる人はいません。
私の他に数人程度・・
アクセスが悪いですからね~
私も、リハビリでこの地区に通わなければ、七つの大聖堂の内の一つとはいえ、訪れることはなかったかもしれません。
出会えて、良かった~♪


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2013-05-16 21:57 | ローマの美術散歩

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。