麗しのチェーザレ様~♪
c0206352_0162941.jpg

じゃ~ん!
惣領冬美さんの歴史ロマンコミック「チェーザレ」全9巻♪
嬉しい~~♪
お友だちが 貸してくれました~
おウチまでわざわざ持ってきてくれたのです♪

マキャベリが、その政治的軍事的手腕を絶賛し、著書「君主論」の中でも「君主の理想的あり方」として言及している、戦国の世・ルネッサンス期の天才軍人政治家チェーザレ・ボルジア様の物語です~
チェーザレはイタリア語。
ラテン語だとカエサル、英語ではシーザーになりますが、チェーザレと言えば、イタリアでは古代ローマ時代のシーザーのことを指すので、こちらのチェーザレ様は、イタリアでは一般的にヴァレンティーノ公という名称で呼ばれています。


読み始めたら止まらないのは確実~~
本の扉を開けるのが怖かったわたくしですが・・
はい、一気に行ってしまいました(笑)。

日本のコミックって、本当に素晴らしいですね♪
歴史に忠実に描かれていて、作者の苦労が偲ばれます。
このコミック、今だに連載中ということですが、16歳のチェーザレ様から始まり、9巻でまだ17歳・・
完結するまで少なくとも10年くらいかかるのでは・・

コミックでのチェーザレ様の凛々しいこと♪
すっかり恋する乙女の気分です~~
マキャベリも、チェーザレ様のことを「容姿ことのほか美しく、堂々としており・・」と書き残していますが、残っている肖像画を見るとそうでもない・・
でも、当時は、美男子の誉れが高かったようです。
もちろん、文武両道でした!

富と栄光を約束されていたチェーザレ・・
君主になるべく才覚を全て持っていながら、最終的には君主になれなかったチェーザレ・ボルジア・・
あまりにも秀でた人間は、時としてこういう運命を辿ることがあります。
それがまた、ロマンを掻き立てるわけですが~

そう言えば、わたくし、この間、ボルジア家の本も買っていましたよね。
早く読まなければ~~


次の写真は、おまけです~
ヴァチカン博物館内にあるボルジア家のアパルタメント♪
チェーザレ様のお父上(ロドリーゴ・ボルジア)がローマ教皇アレクサンデル6世だった時の居室です。
居室は全て、ピントゥリッキオの素晴らしいフラスコ画で飾られています。
現在、一部修復中です。

c0206352_21205991.jpg

c0206352_2127875.jpg

c0206352_21343739.jpg

c0206352_21371473.jpg



2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2013-05-01 22:11 | ローマの日常

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。