人間ラッツィンガーの苦悩と退位♪

c0206352_19594314.jpg

コンクラーベ(ローマ教皇の選出)が行われるシスティーナ礼拝堂♪

世界中に激震が走った大ニュース!
ローマ教皇、ベネディクト16世が退位の表明をしました。

前教皇、ヨハネ・パオロ2世の死去の際にも思いましたが、ヴァチカンで一大事が起きる度に、おかしな言い方ですが、私はローマで暮らす幸運を感じます。
かつては世界制覇をした古代ローマは落ちぶれる一方で、イタリアはかろうじて先進国の仲間に入っている状況ですが、ローマには、いい意味でも悪い意味でも、ヴァチカンがある!
ヴァチカンがあるおかげで、ある意味、今でも世界の中心であり続けることが出来ているのだなぁ・・と思います。

終身制の教皇職ですから、在命中に自らの意思で退位をするというのは、実質、前代未聞の出来事です。
600年前にグレゴリオ12世が退位しましたが、はるか遠い昔、ルネッサンス期の出来事ですからね~

今回の退位により、私も含めてイタリア中の人たちは、ベネディクト16世という人物を誤解していた事にl気づきました。
激しい権力闘争が行われるのが法王庁ですから、基本的に、なりたくない者が教皇に選ばれることはないのです。
派閥争いが一般社会同様にあります。
そして、票をまとめるためには、根回しが絶対不可欠なことなのです。

前回の選挙で、2回目の投票により教皇に選出されたヨゼフ・ラッツィンガーは、初めて教皇として人々の前に現れた際に、両手を上に広げて、勝利のサインを打ち出しました。
その姿は、大変な野心家のように見えました。
彼の教皇への就任を喜んだのはドイツ人だけで、余り人気のない教皇でした。

在任中は、自らの失言でイスラム世界を激怒させたり(後に謝罪)、カトリックの聖職者による未成年者への性的暴行問題の対応も非常におそまつで、常に批判にさらされていました。
さらに、ヴァチカン銀行の不透明なお金の動きでイタリア検察が捜査に入り2300万ユーロ(約20億円)を差し押さえるという金融スキャンダルも起こりました。
ヴァチカン銀行とマフィアの繋がりは以前から指摘されていますが、ヴァチカンという特殊性を利用して闇のお金をマネーロンダリングということでしょう。
まぁ、いつも真相は闇の中になってしまうんですけどね。←ここが、イタリアの限界!
そして、スキャンダルはまだ続きます。
極めつけは、昨年2012年のヴァチ・リークスです。
教皇の執事が、法王庁の不正を暴く極秘内部資料を持ち出して、リークしたのです。

これらのスキャンダルは、全て法王庁内部での権力闘争が原因だという見方がされています。
ラッツィンガーは、教皇職につくまでは、確かに野心家だったことでしょう。
しかし、もともと宗教学者で、精神世界を重んじる伝統主義者でしたから、近年の商業化したクリスマスを批判していましたし、キリスト教本来の「祈り」に回帰したいという気持ちが大きく、ヴァチカン内での権力闘争にほどほど嫌気がさしたと思われます。

前代未聞の在命中の退位は、神の意思に背くことにもなり、なかなか難しい決断だったと思います。
しかし、私はそこに「人間・ラッツィンガー」を見た思いです。
今、彼の顔はとても人間的で穏やかになったような気さえします。
2月28日をもって退位です(本当はすぐにでも退位がしたかったそうですが)。

次の教皇選出のコンクラーベは、3月15日から20日に開催予定。
でないと、3月31日の復活祭に教皇がいないという事態になってしまいますものね。
さぁ、どうでしょうか!
今度こそ、イタリア人念願のイタリア人教皇が生まれるのでしょうか!?


「おことわり」
イタリアでは、「ローマ教皇ベネディクト16世」という呼び名より、本名の「ラッツィンガー」で呼ぶことが多いため、私も、ラッツィンガーという表記を使わせて頂きました。
そして、コメント欄は、もうしばらく閉じさせて頂きます。
私、大変なんです~
愚痴をこぼすと徳がなくなると言いますが、それでも一言言いたいです。
息子のお友だち(同じ大学ではありません)、もともと私の方から2週間以上泊めるのは無理だと伝えてあったのに、3月1日まで滞在するという、とんでもないことになっています。
本人は、能天気に全く気にしてもない様子。
それにしても、この子の親御さんは何を考えているのでしょう・・
一言の挨拶もなく・・
我が家は無料のホテルやレストランではないし、私たちはボランティアをやっているわけでもありません。
家族の予定は、完全に目茶苦茶になっています。
夫も心底呆れており、日本人に対する見方が変わったようです。
世の中には、「良識」を持たない人がいるものなのですね。
私は最近、本当に、人間について、考えさせられることばかりです。


2つのブログランキングに参加しています。
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2013-02-16 00:27 | ひとりごと、考えること

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma