究極のワイン@モンタルチーノ♪
本日(月曜日)、ローマでは大嵐の天気予報が出ていて、日曜からテヴェレ川に土嚢を積んだりして嵐に備えていましたが(笑)、日中は曇り時々晴れ・・
「あれ~っ」と思っていたら、ようやく夜になってプチ嵐になりました。
明日(火曜日)も大雨の予想が出ています・・
しかし、あれだけ大騒ぎして準備していたわりには、それほどの大嵐にはならないような気がします・・
ローマらしいなぁ・・(笑)
さて、本日まで、私のワイン話にお付き合いくださいね♪


c0206352_1241324.jpg

モンタルチーノ郊外の丘の上にある、今をときめく新進ワイナリーのポッジョ・ディ・ソット♪
はっきり言って、ここは、そのワイン哲学が凄いです。
葡萄を愛し、ワインを愛する心意気がそのままワイン造りに現れています。

もともとこのお屋敷は中世から続く領主のもので、ファミリー用のワインを作っていましたが、1989年にピエロ・パルムッチ氏が買い取って設立しました。
エノロゴ(醸造家)は、高名なジュリオ・ガンベリ氏の担当です。
残念ながら、ガンベリ氏は、今年2月に亡くなりました。
こうして、ブルネッロにもっとも適した土地であることから、高級ワイン造りへと変貌させたのです。
このワイナリーの最初の商品は1991年のロッソ・ディ・モンタルチーノでした。

現在では、約1年前の9月にオーナーが変わり、マリア・イリス、クラウディオ・ティーパ姉弟がプロデュースしています。
モンタルチーノの他に、同じトスカーナにあるモンテルッチョとボルゲリ(カスタニェット・カルドゥッチ)にもワイナリーを所有しています。
ボルゲリのワインも美味しいのですよ~








c0206352_128777.jpg

まず、三段階に分かれた葡萄畑の説明をしてくれます。
こちらのワイナリーは、山の斜面を利用して、海抜200mから400mの間を三段階に分けて葡萄を栽培してます。

敷地面積は30ヘクタールですが、そのうち葡萄栽培に使われているのは、わずか10ヘクタール、他はオリーブ畑や山林となっています。
その10ヘクタールで取れる葡萄も、7月初頭に50%の葡萄を間引きします。
さらに、収穫時にも良質の葡萄のみを選別します。
こうして、全体の30%までに選び抜かれた葡萄を使うことで、クオリティの高いワインが生まれるのです。

そして、こちらのワイナリーでは、葡萄畑を、ロッソ、ブルネッロ、リゼルヴァ(リサーブ)用に分けることはありません。
全て平等!
つまり、全ての葡萄をブルネッロを造る意気込みで育てているのです。









c0206352_1322815.jpg

発酵はこちらで~
自然発酵させます。
酵母菌を加えることは一切ありません。
葡萄の力を信じているからこそ、出来ることです。









c0206352_1334126.jpg

葡萄の良い香りがそこら中に漂っていました~
赤い箱には収穫された葡萄が見えます。









c0206352_1351895.jpg

熟成は、こちらのスラヴォニア(クロアチア)産オークの大樽の中で~

なぜスラヴォニアのオークなのでしょうか?
それは、このオークには香りがほとんどな、完全にニュートラルだからだそうです。
フレンチワインのように、熟成に使われる樽の香りを必要としないのです。
葡萄の持つ力を最大限に引き出すのが、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノなのです。
サンジョベーゼ・グロッソ種というモンタルチィーノ独特の葡萄品種に最も適した熟成方法です。

この大樽の中で、ロッソは2年間、ブルネッロは4年間、リセルヴァ(リサーヴ)は5年間、熟成させます。


私がこのワイナリーで感動したのは、葡萄を最初から○○用と限定してないことでありましたが、さらに驚いたことに、大樽で熟成させる段階でもロッソ用、ブルネッロ用に分けないことでありました。
全ての葡萄を平等に扱って、2年後、大樽をテイスティングする際に、それぞれ微妙な差が生じた大樽を初めてロッソとブルネッロに分けるのです。
4年後のブルネッロとリゼルヴァ(リサーヴ)の選別も同様です。

以上の理由から、このワイナリー「ポッジョ・ディ・ソット」のロッソ・ディ・モンタルチーノは、決してブルネッロのエコノミーバージョンではなく、限りなくブルネッロに近いロッソとして、ワイン界では高い評価を受けているのです。

このワイン造りの姿勢には、大変感銘を受けた私でした。









c0206352_1362351.jpg

テイスティングルーム♪
楽しみ~









c0206352_1415435.jpg

本当に太っ腹なワイナリーです!
テイスティングの2年熟成のロッソと4年熟成のブルネッロは、いずれも葡萄の出来が最良だった2007年のものを開けてくれました♪

ロッソで感動!
香りもお味もブルネッロとしか思えないレベルのものでした!
ビオンディ・サンティのものとは大違いだわ!
「これはもうロッソを買うしかないでしょう!」と決心していたら~

次のブルネッロで完全にノックダウンされました~
ブルネッロと思えるほどのクオリティの高かったロッソが霞んでしまいました~
その高貴さが、もう全然違うんです~~

透明感があるのに、深みと輝きのある美しいルビー色♪
上品で芳しくて、お花とフルーツのうっとりするような香り♪
この香りで一気にテンションアップ~~!
さらに、お口の中に入れると・・
まろやかで、天にも昇るような幸せ感がお口の中いっぱいに広がるのです。
美味しい~~♪
夢心地~♪
私がこれまで飲んだものの中で、最高のワインでした♪
究極のワインです♪

でも、こちらで私が買ったのは、試飲した2007年ものではなく、2005年のブルネッロ!
日本の漫画「神の雫」で第9の使徒に選ばれたワインです。
こちらのワイナリーのワイン哲学に惚れ込み、そして、その究極の味を思い知った私は、このワイナリーは、一般的に言われる葡萄の出来の善し悪しには左右されず、どんな時にも最高級品質のワインを造ると確信したからです。
ちなみに、お値段は、ビオンディ・サンティより、こちらのほうが高いです。
リセルヴァ(リザーヴ)は別として・・









c0206352_1442010.jpg

葡萄畑も素敵~♪
収穫は、もう終わりましたけど・・


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-10-16 05:41 | ワイン&モンタルチーノ

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
サンタ・マリア・ソプラ・ミネ..
at 2017-04-25 03:39
お買いもの♪
at 2017-04-24 00:11
ネットが相変わらず・・・
at 2017-04-22 22:31
イライラの日々。
at 2017-04-21 19:47
夏のバカンス♪
at 2017-04-20 05:38
お気に入りのカフェ・レストラ..
at 2017-04-19 05:53
スペイン階段は花盛り!?
at 2017-04-18 06:45