私がイタリアの靴を好きな訳・・

中世の町・オルヴィエートで、「ラ・トーレ・デル・モーロ」(奥に見える時計台)に上ろうと、ドゥオーモ通りを歩いていた時のこと・・
(ちなみに、右側の壁に見えるのはイノシシくんの頭。アリメンターリ(生ハムやチーズのお店)に飾られていました・・)












もう~~~っ!
どうしてこんなところに靴屋さんがあるのでしょう・・
まったく~~!
セールになっていたし、まさに一目惚れの靴に出会ってしまいました~~!!
この出会いを無視して、「ラ・トーレ・デル・モーロ」に進もうと思ったものの・・
出来ませ~ん!











で、買っちゃいました~~♪
こちらが、私が一目惚れしたもので~す。
どうですか~!?
可愛いでしょう?
ヒョウ柄がさりげなくって(だって、靴を履いたらヒョウ柄部分はほとんど見えませんもの)、黒のビーズがいかにも夏らしくてシックじゃありませんか!
ふふふ、大満足!










ついつい調子に乗って、もう一足!
ヒールのないペッタンコの夏用シューズを持っていなかったので、こちらも~
だってね、これ、セルジョ・ロッシの靴だったんです。
日本ではあまりお馴染みじゃないかもしれませんが、イタリアでは、靴の魔術師と呼ばれる昔から有名な老舗なんです。
それが・・またまた破格のお値段!
ラッキーでしたわ~










お見苦しい写真ですが、靴の裏側です。ちょっと分かりにくいかもしれませんが、イタリアの靴は靴の裏側に至るまで、全て皮を使っているんです。
それが、私がイタリアの靴を好きな理由です。
少々、お高くなりますが、その分、お手入れさえきちんとすれば、何年でも履き続けることが出来るのです。
ただ、お国柄の違いもあると思います。
日本は湿気が多いので、こういう皮だけで出来た靴はすぐにカビだらけになってしまいますね(日本で経験済みの私です)。
そこが難しいところかもしれませんね。

何はともあれ、愛すべき靴と一期一会の出会いが出来て、幸せなmayumiでした~


2つのブログランキングに参加しています♪
1日1クリックがランキングに反映する仕組みです。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいな♪
よろしく~♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪


by mayumi-roma | 2012-08-11 06:06 | ファッション&アクセサリー | Trackback | Comments(36)
トラックバックURL : http://romamayumi.exblog.jp/tb/18327457
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by leoncavallo45 at 2012-08-11 06:14
セルジオ・ロッシ日本でもお馴染ですよ~(笑)ただお高いので簡単に買えないだけで~~す・ロッシの靴はネイビーですか?そうだったら流石イタリア・日本にはネイビーの素敵な靴がなかなかないのです・私もイタリアでネイビーに遭遇したら速買いしますもの・・・日本のショップでいいなぁ~と思うデザインの靴は殆どイタリア物です・底が皮だと日本の場合雨も多いし・デパートなので滑るので必ず私は買うと直ぐに滑り止め付けます・mayumiさんはお靴好きだからイタリアで素敵な靴を見つけられるのが羨ましいわ~~
Commented at 2012-08-11 08:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yvette at 2012-08-11 09:19 x
二つともさすがに素敵ですね~
ロッシのこんな普通の靴がやはり本場ではあるんですね。

ゴージャス系のmayumiさんがこのロッシのシューズを履かれる姿が想像つかないのですが・・・

靴は、いざ買おうと思ってもなかなか気に入ったのに出会わないことが多いですね。
本当に一期一会、私も靴は意外と衝動買いすることが多いですし、気に入ると、今必要なくても買ってしまいます。駄目ね~

友達にムカデじゃあるまいし・・・といわれるくらい、靴フェチの私です。
毎日の出勤には、まず天気予報を聞いて靴を決めるのが日課です。

ところで、ラ・トーレ・デル・モーロも靴屋さんなんですか?
気になります!
Commented by ぎずも at 2012-08-11 09:33 x
イタリアの靴はいいですよね・・・デザインもいいし、革もやわらかくて、初めて履いた日でも足がいたくなることがないですから。僕も大好きなんですが、やはり日本では難しい。雨によわくてすぐシミになってしまいます。革底ですから雨水もしみてくるし。妻によると、車で移動して雨にぬれない生活をする人が履くものだから、と言っております(笑)。
Commented by yukizqn at 2012-08-11 10:02
靴底が皮の靴、「こんな所で。。。。」という場所で滑りそうになった経験が何回もあったので、最近はご無沙汰でした。
leoncavallo45さんのように滑り止めをつければ良いのですね。
田舎の国ニュージーランドでもイタリア製の靴だけを売っているお店が多いです。
ニュージーランドでは値段はかなり高いのですが、人気があります。
『品質』にこだわると、やはりイタリア製なのでしょうねぇ〜。
Commented by yvette at 2012-08-11 12:34 x
↑ ところで、ラ・トーレ・デル・モーロも靴屋さんなんですか?

mayumiさんごめんなさい。そそっかしい私を許して!
Commented by ゆうこ at 2012-08-11 12:48 x
素敵な靴ですね。これは見ない振りなんてできませんし、してはいけない靴です!^^靴、鞄、宝石、、、、物との出会いってありますよね~。紺色の靴は大好きですが、日本でなかなか売ってなくて、14年間に購入した紺色のサンダル靴を大事に大事にしています。毎年靴屋さんに「紺色作って~」とお願いしてます(笑)常に紺色靴をチェックしています(笑)靴は購入すると裏を全部貼るのでそのままリペアセンターです。日本はこーすると長持ちします。にしてもイタリアの靴はヤッパリお洒落~♪ 
Commented by turezure-italia at 2012-08-11 16:38
ペッタンコ靴も履かれるのですか?意外です。

私も昨日靴買いましたよ~。秋にピッタリの、灰色スウェードのバッレリーナ、黒エナメルとのコンビで、ヒール3、4、センチあってサイズもピッタリ。すごく履きやすかったんです。これが何と10ユーロ!もちろんイタリア製のvero cuoioですよ。近所の洋服屋さんが靴の在庫の大処分をしていて、破格のお値段でした!

また午後にでもまたこのお店に行ってしまうと思います~。淡いベージュのヒール靴が、私のイタリア人並みに日焼けしてしまった足に、色的にはピッタリだったのですが、若干大きかったので、中敷き持参で試してみようと思っています。
Commented at 2012-08-11 17:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-08-11 17:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mayumi-roma at 2012-08-11 21:54
Y子さんへ
そりゃあ、Y子さんならセルジオ・ロッシ知っているでしょう・・
でも、一般的には、日本では靴というと、フェラガモやタニノ・クリッシー・(日本ではクリスチーと言いますが)、プラダを思い浮かべますから~
ロッシの靴は黒なんです。
深い紺にも見えますよね。
イタリアの靴は、デザインも履き心地も最高ですよね。
あ、私も、滑り止め付けますよ。
日本でも履きますから。
靴とお洋服は、絶対にイタリア物ですね~
Commented by mayumi-roma at 2012-08-11 21:58
08:46の鍵コメ、eさんへ
eさんもイタリア好きですから、何でもご存知でしょうね。
セルジョ・ロッシの靴、高いですよね~
こちらでも凄い値段します。
仰るように、イタリアの靴は、いいものであれば、長持ちしますよね。
10年は履けますよね。
ヒョウ柄の靴、これは本当に好みのど真ん中だったんです。
eさんもお好きなんですね。
次回のイタリアでは、たくさん買ってくださいね♪
Commented by mayumi-roma at 2012-08-11 22:07
yvetteさんへ
そうですね。
最近のロッシは、奇抜なデザインのものが多いですが、オーソドックスなものもあります。
私、着るものはゴージャス系ではないと思います。
お洋服はシンプルなものが好きですし。
こういうペッタンコのシューズも一つ持っていると便利なんですよ。
シンプルなワンピースにも合いますし。

靴は、一期一会ですね。
探していてもピンと来るもののないことは多いですね。
私も今シーズンはまだ買っていなかったのですが、まさか、こんな所で出会うとは~!
私もyvetteさんと同じです。
靴フェチで、買うだけ買って履かないことが多いのです。
去年買ったファラガモのヒールサンダルは一度も履いていません(笑)。
でもね、いつか出番が来るんですよ~
Commented by mayumi-roma at 2012-08-11 22:12
ぎずもさんへ
はい、イタリアの靴は最高です。
何より足が綺麗に見えます。
型崩れするなんてことも有り得ないし。
私は、日本でも履きますよ~
大雨の時はNGですが、小雨くらいなら。
シミにならないように、家に戻って布で拭いて乾かす。
もちろん、底に滑り止めをつけますが。
これをやれば、意外と痛みませんよ。
Commented by mayumi-roma at 2012-08-11 22:16
yukiさんへ
靴底が皮の靴、確かに滑りやすいですね。
Y子さん(leoncavallo45さん)もおっしゃっていますが、滑り止めはイタリアでも付けますよ。
そのほうが靴も長持ちしますから。
底がプラスチック系のものは、空気を通さないから足によくないんですよ。
まぁ、でも、今ではそれがほとんどでしょうけどね。
ニュージーランドでも人気があるということは、やはり、イタリアの靴は世界的に有名なんでしょうね♪
Commented by mayumi-roma at 2012-08-11 22:16
yvetteさんへ
わざわざ、すみません。
誰でも勘違いすることはありますから~
Commented by mayumi-roma at 2012-08-11 22:21
ゆうこさんへ
「これ、絶対に欲しい!」と思える靴に出会うことはあまりないのですが、これ(ヒョウ柄)は一目惚れでした~
もう一つは、黒なんですが、こういうシンプルなペッタンコのシューズもあると便利なので。
紺色って、日本人好みですよね。
でも、紺色の靴ってあまりないのですね。
ゆうこさんは紺色がお好きなんですね♪
靴の裏に滑り止めを貼るのって、高いですよね。
イタリアでも高いです。
でも、そのほうが長持ちしますよね。
Commented by mayumi-roma at 2012-08-11 22:27
turezureさんへ
ペッタンコ靴は、一つ持っていると便利なんですよ。
あまり履くことはなくても、出番は必ずありますから。
turezureさんも買ったんですね。
10ユーロなんて、メルカートでさえ考えられない価格ですが、それが、vero cuoioというのも驚きです。
損得抜きの在庫処分だったのですね・・
それにしても考えられないお値段!
それでは、もっと買っておこうという気にもなりますね。

ブログを拝見しましたが、スペイン広場近くでアルバイトされているんですね。
毎日、あの辺りに行かれるのは楽しいでしょう・・
暑い毎日ですので、身体に気を付けてくださいね。
Commented by mayumi-roma at 2012-08-11 22:38
17:44の鍵コメ、fさんへ
ですよね~
バッグや靴は、何といってもイタリアですよね~
なぁんて、私、実は、ヨーロッパに来る前はフランスものばかりだったんです。
ヴィトンとシャルル・ジョルダンばかりでした。
さすがに、イタリアに来てからは、イタリアものに変更しましたが、ロンドン時代まではフランスものばかりだったんですよ~
私、足のサイズは小さいのですが、足そのものは普通だと思います。
fさんの足、甲が低くて幅狭なら、どんな靴でも履けるでしょう?
羨ましいです。

私、若い頃は遊びまくっていましたよ~(笑)
結婚後は子育てに専念!
でも、これは大事でしたね~
今、時間が少しできたので、色々とアクティブに過ごしていますが、すぐに取り戻せますよ。
夏に勉強だと思って買った本、あまりにも簡単すぎて全部読んじゃいました!
fさんは、大切な子育ての真っ最中ですから、今の時間を大切に過ごしてくださいね♪
Commented by mayumi-roma at 2012-08-11 22:54
17:53 の鍵コメさんへ
面白い夢を見ましたね~
私も時々、ブログを読んでくださる方が夢に出てくることがあります(笑)

後半のお話、困ったものですね。
出会いそのものが自然ではないですからね・・
しかもご近所というのも問題ですね。
お友だちは、やはり価値観の同じ人とでないと長くは続きません。
無理して付き合うものではないと思います。
特にその方は問題を抱えているようなので、余計、fさんを頼ってくるのでしょう・・
私は、一線引いてお付き合いするべきだと思います。
fさんのご家庭の中にまで土足で踏み入ってくるのは、常識がない人ってことですよね。
寂しい方なのでしょうが、慈善事業をする必要はないと思います。
難しいかもしれませんが、もともと友人ではなかったわけですから、ご近所というだけで、そこまでずうずうしくされるとfさんの悩みにも繋がりますから、「忙しいからごめんね」と帰す勇気も必要ではないでしょうか?
いきなり家に来て、居座るという」時点で、その方は非常識なことをしているのですから。
Commented at 2012-08-12 00:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ここが好き at 2012-08-12 00:28 x
素敵だわ…
私も大好きです(^-^;)
でも、日本では、カビやすいですトホホ
Commented by mimi at 2012-08-12 00:31 x
ペタンコ靴でかわいいのって欲しくなるんだけど、ついヒールを
選んじゃうんだよね~。
地方に行った方が、レアアイテム見つかるってことあるよね~。
私もベラージョで靴とのいい出会い「ラッキー!」ってことあったわ。

で、白ワインおいしかった?
Commented by shoko at 2012-08-12 00:37 x
こんにちは。
そう、イタリアのソールが皮のって滑るんですよね。その上、この南国では信じられないことにソールと靴の上部がパカッと外れることもしばしば・・・安い靴とは限らないんですよね。

日本から持ってきた和装の草履とかでも起こりますから。恐るべし。日本製の靴をヨーロッパで履くとしばしば、カランカランと乾いた音が鳴りますよね。やっぱり乾燥してしまうのでしょうね。
Commented by ゆうこ at 2012-08-12 00:59 x
http://kipling.jp/html/product/ki10968_01.htmlのwoven print pinkを先日お土産で頂きました。頂いた方と明日急に会うことに。先程からお洋服何色がいいか悩んでしまって~。エレガントなワンピースに合わせようにも、取っての紐が~革でないくてスポーツバックのような紐なんです~。お洒落なmayumiさん~、どうしましょう~。
Commented by mayumi-roma at 2012-08-12 01:17
00:15の鍵コメさんへ
どうぞご心配なく~
私も、そういうタイプの方とは価値観がまったく・・
子育ては、2度と帰ってこない大切な時間ですし、やはり片手間ではできませんよね。
母親の力が恐ろしいほど子どもの成長に反映しますから。
私もご友人のおっしゃることが正しいと思います。
距離を置いたほうがいいと思いますよ。
Commented by mayumi-roma at 2012-08-12 01:19
ここが好きさんへ
イタリアの靴は最高ですが、日本では余計に気を使ってお手入れしないとダメですね。
マメに!
何事もマメに!
カビはすぐに対処すると綺麗になりますよ。
Commented by mayumi-roma at 2012-08-12 01:21
mimiちゃんへ
私も基本ヒールばかりです。
最低8cmはないとね~
でもね、ペッタンコ靴を持っていると重宝することもあるから、私は一応確保しておくのよ~
出番が来る時まで~
そうそう、田舎で思いがけず良いもので出会うことはある。
特にイタリアでは!
オルヴィエートの白ワインは、軽くて飲みやすいよね~
ジュースみたい(笑)
Commented by mayumi-roma at 2012-08-12 01:26
hokoさんへ
こんにちは~
国それぞれで気候が違いますからね~
品物が良くても、とんでもない事態になることはありますよね。
私自身は、何と言ってもイタリアの靴です~
日本でカビが生えた時には驚きましたが、すぐに対処したら大丈夫でした。
やはりマメなお手入れでしょうね。
でも、パカッと開いたら、それはどうしょうもないかもしれませんね・・
高い靴なら、泣いても泣ききれない・・
でも、修理出来るでしょう?
Commented by mayumi-roma at 2012-08-12 01:29
ゆうこさんへ
キプリングもバックですね~
こちらにも売ってます。
ピンクというのが若いいですね♪
このバッグにはエレガント系のお洋服は無理だと思います。
パンツルックにしたらいかがでしょう?
それだったら、多少エレガントでも大丈夫なのでは?
Commented by ゆうこ at 2012-08-12 01:44 x
有難うございます!!本当だ!流石~♪♪♪パンツルックにしてみたら、合いました! これで眠れます^^ 本当に有難うございます。このバック、お偉い様の奥様の旅プランをお手伝いしましたら、お礼に頂いたのです。
Commented by mayumi-roma at 2012-08-12 04:51
ゆうこさんへ
どういたしまして!
ゆうこさん、人事部なのに、お偉いさんの旅プランまでお手伝いされるのですか?
何でも出来るんですね♪
Commented by ゆうこ at 2012-08-13 00:37 x
本日キプリングバックを持参してのホテルでのランチ会、無事終了いたしました。有難うございます。斜め掛けはせず。紐を一番短くしてショルダーにしました。帰りにデパ地下でお買い物するとき斜めがけにしたら、便利な事!レスポバックと悩んだそうですが、キプリングにしたそうです。便利性は解ったのですが、スポーティバックの柄物センスが今一つ勉強不足の私(汗)これって可愛いのでしょうか?色は綺麗です^^
今までお友達にレスポのポーチを頂いたりしていたのですが、センス解らずだった私。ヨーロッパではレスポってあまり人気ないですしねー。こな風に思っていた私が一目ぼれして台湾で買った初レスポは化粧ポーチです↓
http://shop.lesportsac.co.jp/ls/goods/index.html?ggcd=D1317158&cid=CD131
形違いで2つ買ってしまいました~^^

Commented by mayumi-roma at 2012-08-13 05:45
ゆうこさんへ
無事にお食事会が終わって良かったですね。
キプリングファンは結構いますよ~
レスポも根強い人気ですね。
レスポは軽くて小さくなるから便利なのでは?
私は、どちらもタイプではないかな・・
でも、ゆうこさんがお買い上げ~のレスポのピンクのヒョウ柄ポーチ、可愛いですね♪
ポケットがたくさんあるのも便利そうです。
Commented by risingshot at 2012-08-13 20:32 x
私は靴が時計と同様に好きで、100足くらいあります。イタリア靴だと、ジンターラ(ラッタンジ)、マンニーナ、ステファノビ、マンテラッシと一般靴です。

さすがに木型からの注文はしていないです。イギリス靴はかっちり系ですが、イタリア靴はアニリン染めが昔の靴ほど丁寧な作りですね。職人気質を感じます。

日本の新宿にある有名百貨店できけば、イタリアの靴屋さんも跡継ぎがいなくて、バイヤーも買い付けに靴の祭典等で新規開拓するそうです。ナポリターナ ラケーレという靴は女性職人でノルベ製法をやっている、なかなかいい靴です。
金額は凄いですが。。。

イタリアには靴という分野でも家族経営のこじんまりとしたお店を探しにも行きたいです。
Commented by mayumi-roma at 2012-08-13 22:59
risingshotさんへ
わ~、靴が100足とは・・
それは、女優さん(or 俳優さん)並みですね♪
risingshotさんが女性なのか男性なのかは、定かではないのですが・・
私の知らない靴のブランド名がずらり!
本当にツウな方なのですね・・

いつかは木型から注文してみたいものですね。

イギリス靴!
夫はイタリア人ですが、なぜかイギリスものしか履かないんですよ~
服装も完全にイギリス系なんです。

職人気質の靴屋さんの後継者不足、今のイタリアの若者は地道に修業することを嫌い、一攫千金を夢見る人が多いですからね。
ナポリは、靴だけでなくシャツやスーツでも素晴らしい仕事をする職人さんは多いと思います。
メイド・イン・ナポリのルイ・ヴィトンやプラダも反乱していますが・・
それは、やはり手先が器用だということの裏返しでしょうね(笑)。


永遠の都、ローマからお伝えする私の日々の暮らしや考えること・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る


お問いあわせ、お仕事の依頼は、こちらから~


☆ウーマンエキサイトに掲載されました♪
ティラミスー王国、本店♪
お気に入りの食材屋さん♪
最もローマらしい場所♪
大雨の中、ランチへ♪
世界一の朝食♪
外国みたいな中庭@東京・丸の内♪
イタリアン・ランチ@中目黒♪
初詣@宇佐神宮♪
トリトンの泉が~~~♪
ただ今、修復中~
チヴィタ・ディ・バニョレジョへ♪
秋のミラノ散策♪
フェミニスト本部にて・・
化粧品、大好き♪
ポーランドの美味しいお料理♪
やっと会えた~♪
雷雨の一日・・
ローマ料理の夕べ♪
お気に入りのボディクリーム♪
アッフォガート@トラステベレ♪
夏日のトラステベレ♪
アッフォガート探索♪
ランチ@トラステベレ♪
ゲットー(ユダヤ人居住地区)散策(その1)♪
ルネッサンスの最高傑作、ブラマンテのテンピエット♪
髪を切りました♪
愛しのラファエロ♪
雨のサンピエトロ広場:新教皇フランチェスコ誕生♪
麗しの「天空の町・チヴィタ」♪
イルミネーションは、まぁだ?
クラシックホテルにて
カンポ・ディ・フィオリ
クリスマスイルミネーション@カレッタ汐留♪
湯布院の風景
別府ののどかな風景♪
ナヴォーナ広場とサンタ・アニェーゼ教会
恋の成就はミルヴィオ橋から

ローマの旅行情報
ローマの旅行情報
Trip Advisorから、「おすすめブログ」の認定を受けました♪♪
ブログジャンル
海外生活ランキング
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
XML | ATOM

skin by excite