菅前首相との懇談会・・
c0206352_717188.jpg

1週間前、菅直人前首相との懇談会に出席した息子です。
友人が送ってくれました。

最初に誤解がないように言っておきますが、私は、民主党支持者ではありませんし、決して菅直人氏を応援する立場にもありません。
だって、ほら、私って、もともと右寄りですし~(笑)
政治的なことはあまりブログには書きたくないと言う信条も持っています。
今回は、久しぶりに息子の話題ということで、お許しください。

私の友人の一人は菅前首相の近いところにいる方なのですが、菅さんが若い世代の大学生と話したいということで、息子も参加してくれないだろうかというお話がありました。

曲がりなりにも、法学部政治学科で学んでいる息子ですから、自分の持つ政治的信条は別にしても、色々な立場の方にお話を聞くことは大切なことだと思います。
若いうちは視野を広げることが大切ですから~

ですから、ローマに帰省中にも、いくつかのシンポジウムに参加して、イタリアのプローディ元首相や小泉政権下で経済財政政策担当大臣等を務めた竹中平蔵氏ともお話しする機会を持ちましたが、今回の菅元首相との懇談会も良い経験になるに思ったようで、行ってきたようです。

息子は、「菅さんには、質問すること、聞きたいことがたくさんある」と張り切っていたのですが、それが全て聞けたのかどうかは、私は知りません。

私は、息子が失礼なことを言わないだろうかととっても不安になったので、「一国の首相を務めた方なんだし、脱原発の姿勢は素晴らしいと思うし、あんまり失礼なことは言わないほうがいいと思うよ」と一言だけ、釘を刺しておきました。

エネルギー政策については、「これからは一市民として脱原発依存社会を考えたい」と菅さんが仰ったらしいのですが、息子としては、一市民としてより、政治家の立場での話が聞きたかったようです。

たぶん、菅さんは、自分も一市民であることを強調されただけなのかもしれませんし、「自然エネルギー研究会」の顧問をしていることからそういう発言になったのかもしれません。
まだまだ未熟な息子ですので、そういう点での読み取りが甘いんですね~

菅さんは、首相在任中は各方面から異常なほど叩かれていましたが、私は、少なくとも、全国の原子力発電所にストレステストを実施することを決定した点で認めています。
福島第一原発の事故を受けて、ヨーロッパでは直ちに原発へのストレステストの実施が決まったのですが、事故当事国の日本がどうしてそれをしないのだろうと、私は不思議でたまらなかったのです。
まぁ、それも、日本では、「思いつき発言だ」と叩かれましたが、菅さんは、実際には非常に孤独な戦いをしていたのだと思います。

政治家には、必ず一つ、政治生命を賭けて成し遂げたいことがあるのだと思います。
小泉さんの場合は、それが郵政民営化で、菅さんの場合は脱原発依存社会への道筋ををつけることだった。
そして、野田さんの場合は増税なんでしょうね・・
いえ、私は別に反対ではありませんよ~
イタリアで暮らしていると、増税は毎度おなじみ、いつものことですから~
今度、イタリアの消費税は、21%から23%に上がります。
やみくもに上げてばかりだと、そのうち、50%まで行くんじゃないかと心配ではありますけど。


2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
by mayumi-roma | 2012-04-15 08:52 | 息子・私・家族のこと

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。