アリタリアに感謝~~

c0206352_5595316.jpg

昨晩のローマ、フュミチーノ空港♪
息子の高校時代の仲良しくんたちが迎えに来てくれました~
1月25日がお誕生日だった息子へのプレゼントを抱えて・・
こういうのは、見ている親の方も、嬉しいものですね。

4人で一斉に飛びついて、息子を抱きしめていました。
感情表現の豊かなイタリアでは、男同士でも抱き合って挨拶します。
もちろん、夫も~
抱きつかないのは私だけです・・(笑)

たとえば、日本で久しぶりに両親や友人に会う私が、抱き合って挨拶しないことが、いまだに夫には納得できないようです。
「いくら、そんな習慣がないって言っても、人間の感情として、大切な人に会うと抱き合うのが自然ではないか!」と言いますが、そんなことないですよね~


さて、ウチのバカ息子!
本当ならローマに到着することはなかったかもしれません・・
私の成田出発の時には散々だったアリタリアでしたが、今回に限っては、アリタリアのアバウトさに救われたってところでしょうか!?

「バカ!」って、もちろん怒りましたが、
息子、出発の前日は朝まで友人たちと飲んでいて、そのまま徹夜で行く予定だったとか・・
この時点で、バカ丸出し!
ところが、家に帰って、ついウトウトしてしまい・・
起きた時には、それでも、充分、予約していた成田エクスプレスに間に合う時間だったのですが、本人曰くシャワーでダラダラしてしまったと・・(私はまた寝てしまったと踏んでいます)。

結局、予約していた成田エクスプレスには乗れず、その次の便にも乗れなかったと・・
パニクったんでしょうね、その後、息子の取った行動は、次から次へと裏目に出たようで、息子の暮らしている場所からは最悪の選択と思えるスカイライナーに乗ることにしたらしく、それにも間に合わず、なんとか京成線で「成田」(空港ではありません)まで着いて、そこからタクシーを使ったそうです。
「もう飛行機に乗れない」と覚悟しながら・・

だって~~
成田空港のアリタリアのチャックインカウンターに着いたのが、出発時刻の15分前ですよ!
そんな時間に行っても、普通ならカウンターは閉まっていますよね。
搭乗手続きなんて出来ないですよね~
国際線だし、セキュリティチェックや出国審査もあるというのに・・

だけど、アリタリアはチェックインをしてくれて、係の人が荷物を持って一緒に走ってくれたんだそうです。
そして、飛行機に乗り込んだのが、出発時刻!
そして、案内された席は、アップグレードされたビジネスクラス!

これ、どう思いますか?
確かに息子のチケットは、日本で買ったため、格安料金ではありませんでした。
イタリアで買う値段の2,3倍でしょうか・・
高かったです。

飛行機って、時々、こういうことがありますよね。
私も昔、JALでしたが、経験があります。
マイレッジの無料航空券でしたが、サーチャージだけは自腹で払わなければなりません。その時期は、サーチャージが最も高い時期で、無料航空券なのに~と思うくらいの料金(今だったら格安のチケットが買えるくらいの料金)を支払ったのです。
そうしたら、ビジネスクラスにアップグレードされていました。

だから、これと同じように、ツアーのお客さんやイタリアで安くチケットを買ったお客さんと区別して、息子のチケットをグレードアップしてくれたのか、それとも、出発間際に乗りこんだから、もう席が無くてビジネスクラスに入れたのか・・
まったくもって謎ですが、こんなとんでもないことをしでかしたのに、息子はとってもいい思いをしたようです。
席は一番前で、シャンパンからワインから、お食事もエコノミークラスとは別格ですしね・・
ブルガリのアメニティグッズももらってきていましたし・・






c0206352_649622.jpg

こちらが、アリタリアのビジネスクラスでもらったブルガリのアニメティグッズ♪

今回は、15分前に着いたウチのバカ息子を、ちゃんと飛行機に乗せてくれたアリタリアに大感謝です~







c0206352_619100.jpg

さて、今夜は、いつもの仲良しくんたちがウチに遊びに来たので、私はおさんどん・・
だって、夕飯の時間だからって、追い出すわけには行かないでしょう?
仲良しくんたち、毎日遊びに来そうですが、毎日夕飯は無理だからね~


2つのブログランキングに参加しています。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-02-18 06:52 | 息子・私・家族のこと

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma