散々だった成田出発とお粗末アリタリア・・

c0206352_1943540.jpg

2012年3月4日の成田空港、アリタリア・チェックインカウンター

異常な混み具合い!
○十年に渡って、日本とヨーロッパを往復している私ですが、チェックインするのに、これほどまでの長い行列を見たことはありません・・
写真は、行列の真ん中部分ですので、これでは、この行列がどれほどのものだったかは、なかなか伝わらないかもしれませんが・・

私は、出発前は空港でゆっくり過ごしたいので、いつもフライトの3時間前には空港に到着するようにしています。
最後にお買い物したいものがたくさんあるし、最後のアガキでおそばでも食べて・・なんて思うからで、この日も私には、空港で買うべきものがたくさん残っていたのです。

それが・・
全ておじゃんになりました・・(涙)

3時間前に成田に到着して、この行列を見た時に、嫌な予感はしていたのですが・・
まさか、ここまでの事態になるとは・・!

もともとの私のフライトは、アリタリア14:10発のローマ行きでしたが、その出発が20分早くなったという連絡は数週間前に来ていました。
ミラノ行きが13:45発、ローマ行きが13:50発になってしまったのです。
ここで問題なのは、ミラノ行きとローマ行きを同じチェックインカウンターで行なっていたということ!

ミラノ行きは、イタリアへスキー旅行に出かける日本人旅行者でいっぱいで、満席だったのです。現地でレンタルを借りるわけでなく、自分のスキー道具を持っていくお客様のチェックインにはものすご~く時間がかかって、カウンターの数はけっこうあったのですが、団体客専用カウンターとしても使われますので、とにかく行列の進み具合いが亀よりもノロイのです。

「ここは、イタリアか!?」と思うくらいでした。
日本なのに!
対応しているのは日本人職員なのに!
これって、アリタリアの体質なのでしょうか?

フライトの約3時間前の11時に来て、私のチェックインが終わったのは12時半!
搭乗時刻が13時10分だと言われ、13時30分にはゲートを閉鎖しますと言われ、手荷物検査がものすごく混んでいるのですぐに入ってくださいと言われて・・
私は泣く泣く諸々のお買い物を諦めて手荷物検査場へ!

ところが、ここも、これまでに見たことがないくらいの混み具合い!
「もう絶対に飛行機に乗れない!」と思いました・・
そして、手荷物検査で私の順番になった時には、
なんと!搭乗口のゲート閉鎖時間の13時半。
その時、「アリタリアに乗られるお客様はいらっしゃいませんか?」と空港係員が声をかけていたので、私はもちろん名乗り出ましたが、係の人がトランシーバーでアリタリア側と「ただ今セキュリティ通過中」と交信してから、「ここを通過したら、急いで搭乗ゲートまで行ってください」と一言!

そんなこと言われたってね~
私には何の非もないのよ~。
出国審査もあるっていうのに、どうしろというの!?
気が焦るばかり・・

こういう状態なのに、何しろ手荷物の多い私のこと。
「パソコンを出してください」
「化粧品も出してください」
「ブーツを脱いでください」
もちろん、これらの準備はしていたものの、私、あまりにも慌てていたため、履いていたフェラガモの長靴のリボンを引きちぎってしまいましたよ~(泣)

セキュリティをようやく通過して、走って出国審査場へ・・
出国審査の人にも「急いでください」と言われて・・
(他の人も同じことを言われていましたが)

またまた走って搭乗口へ・・
免税店を横目で見ながらね・・
(ここでも買いたいものリストがあったんです、涙)
息が切れるほど走りましたよ~
大きくて重い荷物を抱えて~

で、ゲートに到着したのが、13時40分!
出発の10分前!
もちろん、私だけではなく、同じような他のお客様もたくさんいましたよ~

これって、どうなんでしょう!?
私、自分の都合で遅れたわけではないんですよ。
チェックインもセキュリティー検査も異常な混み具合いで悪夢のような長蛇の列!
成田にフライトの3時間前に到着して、こんなことってありえるのかしら!?
お買い物も何一つ出来ずに~~
新聞と週刊誌だけは、成田エクスプレスに乗る前にコンビニで買っておいて大正解でした!
まさか、こんな事態になるとは思ってもみませんでした・・

しかも、大きな荷物を抱えて息が切れるほど走ったため、汗びっしょりになってしまって、綺麗に巻いていた巻き髪が悲惨なことに~~~~
汗の湿気でカールが取れて、ざんばら頭に~~~!
おまけに、息切れして本当に気持ちが悪くなってしまいました。
もともと、この日は女の子の日最悪の日でもあったんです・・(踏んだり蹴ったり)・・

そして、飛行機は定刻通りに出発!
ところが!
滑走路まで出て、さぁ、これから飛び立つぞ~という時に、機長からのアナウンスが・・
「電気系統に少し異常が見られますので、念の為の整備点検を行うため、サテライトに戻ります」

飛行機の中で、待つこと2時間半!
この2時間半があったら、私は成田でゆっくりお買い物が出来たのに!
失われた2時間を返して~~!!

とはいえ、その後は比較的快適な空の旅だったんですけどね~
機内食も、「どうしちゃったの!?」というくらいに美味しかったし、スナックタイムにおにぎり(明太子かシャケ)は配るし(かつてのJALみたいなサービス!)!

ところが、ところが~
もうそろそろローマだわ~という時になって、またまた機長からのアナウンスが!
「燃料不足のため、ローマまで飛行を続けることが出来ません。燃料補給と電気系統の整備点検も行いたいので、ベネチアに緊急着陸をします。今後のことは、後ほど地上係員からお聞きください。皆様にはベネチアにて、いったん降機して頂きます」

はぁ~~!?
燃料が足りないって!
これ、もともとローマ行きでしょう!?
ただでさえ、2時間以上の遅れが出ているっていうのに・・

本来のローマ到着予定時刻は現地時間19時だったのに、出発の際の後戻りが原因で21時になっていたところが同時刻にベネチア着!
飛行機は、80%の搭乗率で、イタリア人も多く、ツアーの日本人客も多かったのですが、多くの人がローマで国内線への乗換えがあったのです。
ボローニャ、パレルモ、ナポリ方面・・

ボローニャはベネチアから近いのだけれど、こんな時間にボローニャ行きの乗り継ぎ便はベネチアにはないため、近くまで来ていながら、ローマに向かう乗客がほとんどでした。
それでも、5人くらいのイタリア人は、自費で電車に乗って帰ると言って、飛行機に預けていたトランクを取り出してもらっていましたが、その時間帯には鈍行の電車しかないので、ボローニャ到着は夜中の2時半になると言ってました。







c0206352_20515922.jpg

ベネチア・マルコポーロ空港にようやく表示されたローマへのフライト。

ベテチアの空港でも、しばらくの間はどうなるのかがはっきりと分からず・・
そうこうするうちに、
最終的には、同じ飛行機でローマに向かうこと。
けれども乗務員は疲れているので、ここから先は勤務しない。
(私たちの方が疲れてるよ~って、イタリア人の乗客が怒っていました!)
そのためローマから別の乗務員がベネチアに到着するのを待つ必要がある。
けれども、その乗務員にも準備があるのですぐには飛行機は飛び立てない。

出発予定時刻が夜中の0時20分に決まりましたが~
その間、飲み物のサービスすらなく、トランジットの控え室でひたすら待っていただけです。
そして、ご想像通り、0時20分になっても控え室にいた私たちです(苦笑)。

実際に飛行機が離陸したのは、1時間遅れの1時20分!
なんだかんだで、荷物を受け取ってローマの空港の外に出たのが夜中の3時を過ぎていました~
でも、私の荷物には何故かプライオリティがついていたので一番最初に出てきたんです(多分、超過料金を払ったから?)。
他の方はもっと時間がかかったかもしれません・・

ローマに到着しても、問題は市内まで交通の便です。
何しろ、イタリア全土大雪で、ローマも大雪!
こういうことに全く慣れていないローマですから、ただでさえ、全ての交通が麻痺状態だったらしく、ましてやこんな夜中にタクシーがいるわけがないのです。
日中でさえ大雪のため車が運転できず(そもそもローマではチェーンを持っている人が少ない)、家族や友人知人に迎えにきてもらうこと自体が難しい状況なのに、今は夜中の3時!
ローマのイタリア人は皆、「どうしよう!どうやって帰ろう!?」と不安にしていました・・

私は、夫が迎えに来ていたのですが、もちろん車ではなくタクシーで来ていました。
この雪で空港までたどり着くのに時間がかかるかもしれないと思って早く来ていたため、可哀相に、夕方4時からほぼ12時間近く待っていたのです。
ですので、時々外を見に行ってタクシーを探していたそうです。
結果、私の飛行機が到着する少し前に1台タクシーを見つけて素早く予約して、そのタクシーの運転手さんと一緒に待っててくれました。
だから、こういう状況の中でもなんとかスムーズに事が進みましたが、他の方は相当タクシーを待ったんだろうな~
だって、本当にタクシー、止まってなかったんですもの~

シチリア周遊ツアーや他のツアーでローマ入りをしていた日本人観光客の皆さん、添乗員の方々、大変だっただろうな~
でも、こういうことも旅の思い出になるのでしょうね・・






c0206352_21293363.jpg

家に着いたのは、朝の4時!
何しろ、ローマも物凄い大雪で、気温もマイナス状態が続いていますから、雪が溶けないのです。
道路の雪も完全に凍っているため、本当に危ない!
タクシーもゆっくりゆっくり走っていました~






c0206352_21342432.jpg

こんな時間に着いても、やっぱりお風呂に入らなければ~!
ラベンダーの入浴剤を入れて、ゆっくりお湯に浸かりましたよ~

まったく~!
散々だった成田出発とアリタリアのフライトのせいで、私の心は感傷に浸ったりする隙間もなく、とにかく何がなんだか訳が分からない程の疲れで満たされ、これはこれでよかったのかもしれません。

目を閉じなくても、私の目の前には、いつでもいつだって、実家のある別府の日常風景と、東京の日常の光景が広がっていますが、ローマも私の日常なのです。
3つともが、それぞれ、どこにいても、確かに続いていく私の日常であり、どれも大切にしたいものなんだな~と思います。

とりあえず、無事にローマの自宅に着きました~♪
当分は、何もしません・・


この記事は2012年2月の私の悲惨な体験です。
これ以降、アリタリアには乗っていません。
直行便は便利だけど、この体験がひどいトラウマになってしまいました。
乗り換えはあるけど、ANAかJALを利用しています。

さて、2016年7月22日に、私が翻訳した「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」が河出書房新社より発売されました。
c0206352_20582947.jpg

「レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き」(河出書房新社)♪
これまでにないタイプの画期的な美術エッセーです。
知識がなくても読めます。
けれども、美術愛好家にも読みごたえのあるものとなっています。
孤高の天才ではなく、人間レオナルドの真の姿が描かれています。

全国の書店でお求め頂けますが、アマゾンや楽天からも購入することが出来ます。
どうぞよろしくお願い致します♪
アマゾンはこちらから~♪

2つのブログランキングに参加しています。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪

by mayumi-roma | 2012-02-06 00:40 | 東京2011&12年冬

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma