横浜山手、イタリア山庭園と外交官の家♪
c0206352_19421996.jpg

横浜、山手イタリア山庭園♪

JR石川町、元町口から歩いて5分。
小高い丘の上にある公園です。
一度も訪れたことがなかったので、行ってみました~







c0206352_19444563.jpg

最初に洋館があります。
館内見学は無料なのが嬉しい♪







c0206352_19461838.jpg

庭園から見える横浜の風景♪
やっぱり、丘の街っていいな!
この海を見下ろす感じがとってもいい!







c0206352_19481079.jpg

洋館のダイニングルーム♪
こういうのは、ヨーロッパではよく見かけるものなのですが、日本にいると、感覚がまるで日本人になってしまう私。
「きゃっ、素敵~!」って、思ってしまいます。







c0206352_19503454.jpg

家族の集うダイニングやサロン、サンルームを作るのは、お約束だったんですね♪
暖炉があるのも、洋館の雰囲気が一段と増します~

こちらの洋館もそれなりに素敵だったのですが、このイタリア山庭園にあるもう一つの洋館、「外交官の家」があまりにも素晴らしくて、本当に驚いてしまいました!







c0206352_19523244.jpg

「外交官の家」です~
こちらの洋館、てっきり日本に駐在する外国人外交官の邸宅かと思っていたのですが、なんと!日本人外交官の邸宅だったんです!







c0206352_19553933.jpg

この邸宅の裏にあるイタリア風庭園♪
これが、この公園の名前の由来なんですね・・
さすが、綺麗にお手入れされています。
ローマにあるイタリア庭園よりずっと整っています(笑)。







c0206352_19573756.jpg

写真上から、
「外交官の家」の正面入口から。
真ん中は、イタリア庭園に続く邸宅の裏側。
一番下は、再び、イタリア庭園です。

幕末動乱期に生まれた明治政府の外交官、内田定槌(さだつね)氏の邸宅として、明治43(1910)年に、アメリカ人の建築家、、M.J.ガーディナーの設計により、東京地渋谷区南平台に建てられたものです。
創建時には、洋館に付属する和館が続いていたそうですが、昭和47年に取り壊され、平成9(1997)年に、内田氏のお孫さんが山手イタリア公園に寄付し、移築されたそうです。







c0206352_19594412.jpg

邸宅の玄関部分です。
いやぁ、なんとも重厚なムードで、高貴な風がそよぐ感じ・・
明治時代に、こんな洋館に暮らした日本人家族がいたんですね~
なんとも感慨深いです・・







c0206352_202796.jpg

お客様用のダイニングルーム♪
写真よりも実物の方がずっと素敵です~
ため息が出るほど・・・・








c0206352_20134881.jpg

家族団らんの場であるリビングルーム♪
明治時代に、こんな所で家族団らんする家族って、一体どんな方たちだったのかなぁ・・

奥に見えるお部屋が、お客様を迎える大きなサロンにあたります。
駐日外国公館の外交官を呼ぶことが多かったようです。








c0206352_20171190.jpg

サンルームがゆったりスペースで必ず作られているのですね~
アメリカン・ヴィクトリアン様式だそうです。
サロンの広さが並大抵でなくて、ちょっとビックリでした~
本当に明治時代のおウチなの~!?







c0206352_20203794.jpg

アールヌーボー様式も見られますね・・

サロンの肖像画は、旧内田邸当主夫人、内田陽子さんです。
明治2(1869)年に生まれ、昭和20(1945)年に亡くなりました。
4人のお子さんに恵まれましたが、男の子にだけ洋館内に寝室を与え、女の子たちのお部屋は和館に作ったそうです。これは、いずれはお嫁に行く娘たちが普通の日本の生活をすることになっても困らないようにとの配慮だったそうです。








c0206352_20272360.jpg

2階にある内田夫妻の寝室♪
完全に洋風!
窓辺には必ずくつろぎスペースが作られています~
贅沢なスペースがたっぷりとられています♪







c0206352_20322413.jpg

階段と、ご夫妻のバスルーム♪

信じられない~~
明治時代に完全な洋風スタイルでお風呂に入っていたなんて~!
しかも、なんと、この時代なのに、水洗トイレだったそうです~~
唖然・・・







c0206352_2029223.jpg

同じく2階にある書斎♪

内田氏は、明治政府の外交官として、上海、ソウル、ニューヨークへ赴任し、明治35(1902)年、36歳の時にニューヨーク総領事となりました。
明治39(1906)年の日露戦争の講和条約締結のため、ポーツマスにも出向いたそうです。

最も長かった任地はニューヨークでしたが、その後も、大正13(1924)年の退官まで、ブラジル、アルゼンチン、スエーデン、ノルウェー、デンマーク、トルコと世界中を回りました。
そして、トルコでは特命全権大使となりました。

2階には、数々の資料が残っていますが、当時の日本の知識階級、外交官の暮らしを知る上で大変貴重な洋館だと思いました。

内田氏だけではないでしょうが、あの明治時代に、このような暮らしぶりをしていた日本人がいたことにも驚きでした。
この西洋式の暮らしのほうが好きだったか、やっぱり和風の暮らしが懐かしくなかったのかと、聞きたい気持ちになってしまいました・・
だって、少なくとも、お風呂は日本式の方が気持ちいいでしょう?


2つのブログランキングに参加しています。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-01-21 20:52 | 東京2011&12年冬

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
耐震工事開始!
at 2017-04-27 06:15
今日のおやつ♪
at 2017-04-26 05:58
サンタ・マリア・ソプラ・ミネ..
at 2017-04-25 03:39
お買いもの♪
at 2017-04-24 00:11
ネットが相変わらず・・・
at 2017-04-22 22:31
イライラの日々。
at 2017-04-21 19:47
夏のバカンス♪
at 2017-04-20 05:38