世界遺産級の地獄の源泉@別府温泉♪
c0206352_17352715.jpg

c0206352_17355321.jpg

c0206352_17362141.jpg

別府市郊外の明礬(みょうばん)地区の風景です。






c0206352_17372452.jpg

その明礬地区にある別府温泉保養ランド(紺屋地獄)。
別に保養ランドではありませんが、こんなへんてこりんな名前がついているのです。




c0206352_17374647.jpg

玄関入り口。




c0206352_17394392.jpg

施設内の休憩所。
建物は老朽化していて、
良く言えばレトロ・・
悪く言えばボロボロ・・(笑)




c0206352_17415353.jpg

こ~んなところをひたすら歩いて、なかなか温泉に辿り着かない~~





c0206352_17433268.jpg

女湯の脱衣所。
ボロイ・・
しかし、名湯と呼ばれるところは、どこもこんな風にひなびていることが多いのです。





c0206352_17445617.jpg

コロイド湯♪
すばらしい温泉です。
シャンプーや石鹸は使ってはいけないのです。
使うと温泉の効果がなくなるそうです。
浸っているだけで、お肌はつるつる。
シミも取れるとか・・





c0206352_17473317.jpg

泥湯♪
女性の方は、皆さん、顔にべたべた泥を塗りつけています。






c0206352_17495044.jpg

しかし、なんといっても、圧巻は、露天の泥湯でしょう!
男女混浴ですが、女性は女性専用の入り口があるため、
肩まで浸かったまま入れば、まったく問題ありません。

ここ、鉱泥源泉がそのまま湧き出ている地獄と呼ばれる所なんです。
適度な噴気、腐植粘土層、ミネラル水という三大条件のもとにのみ産出される鉱泥ですが、こちらのものは世界でも他に類を見ない稀少かつ貴重な地獄直結の温泉というわけです。

地球の中心から遥かな時を経て湧き上がってきた、この泥は、乾くと霧のようなパウダー状になるほど細かくて、イタリアにもファンゴと呼ばれる鉱泥がありますが、まったく比較にならないきめの細かさで、リウマチや糖尿病の治療にも使われています。
アトピー治療にも利きますし、また、その昔は、小児マヒや水俣病の治療にも効果があったそうです。
スポーツ選手も、お忍びでよくやってきます。






c0206352_17485574.jpg
c0206352_17591832.jpg

c0206352_17594236.jpg

c0206352_18023.jpg

写真からは、なかなか伝わらないかもしれませんが、なんともいえない感触なんです。
何しろドロドロの泥湯ですからね~
しかも、自然の地獄ですから、足元がガタガタしているし、鉱泥は浮力が大きいので、掴まり棒に掴まってないと、まともに歩くことができません。
フワフワと浮遊してしまうのです。


施設は大変ボロイのですが、かなり有名な地獄の泥湯なので、日本からだけでなく、海外からの観光客もかなりやってきます。
世界遺産級の温泉だと言われていますが、知らない方も多いのではないかと思います。


別府温泉保養ランド(紺屋地獄)
〒874-0843
別府市明礬(みょうばん) 紺屋地獄

入浴料1050円
宿泊施設もあって、1泊2食付、7000円です。
療養滞在7泊以上は、1泊6000円。


2つのブログランキングに参加しています。
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ありがとうございました♪
by mayumi-roma | 2012-01-05 17:33 | 別府温泉2012年冬

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。