暮らしの知恵♪

c0206352_6141100.jpg

ローマ、暑いです!
連日35度超えです~

この暑さを防ぐため、ローマには、独特の生活の知恵があります。
たぶんイタリアの他の地域もそうだと思うのですが、よく知らないので、あくまでもローマの古いアパートということで話を聞いてください。
日本とは気候も違うし、建物の構造が根本的に違うので、全く参考にはならないと思いますけど。

まず、朝の涼しいうちに窓を開けて空気を入れ替えて家の中を涼しくしておくのです。
そして、その後、じわじわと外の温度が上がってくる頃、家中の雨戸を締め切ってしまうのです。
窓を開けるのは絶対厳禁!

当然、家の中は真っ暗になります!
でも、こうすることで、日光が入るのが遮断されて、熱気も入ることなく、冷たい空気のままで一日を過ごせるのです。

もちろん、これは古い建物の場合です。
古い建物は、壁が厚いので、外の熱気(冬の場合は寒さもですけど)を遮断する役割を果たしてくれるのです。
ウチは、築100年くらいなので、壁が1メートルくらいの厚さで、しっかりした構造をしてます。でも、ローマで築100年なんてそんなに古くないと思いますけどね(笑)

古い建物ほどしっかりしているんですよ~
古いアパートの資産価値は、日本とは正反対で、全く下がりません。
それどころか~、上がって行くんです!
ウチも、買った時のほぼ10倍の市場価格となっておりまして、今では普通には買えない物件となってしまいました。
ラッキーだったわ~

まぁ、ローマではどこもこうして暗がりの中で日中を過ごすのですが、昼間なのに、家の中を真っ暗に締め切ってしまうことに日本人は抵抗があるようですね。
昔、妹が夏に来た時、何回説明しても分かってもらえず、雨戸を開けて、さらに窓を開けたりしていたものです・・

写真は、何故か真っ暗に写らなかった我が家です。
なんでだろう?
真っ暗とまではいかないけど、雨戸を締め切っているので、
本当は、かなり暗いのですよ~
まぁ、窓の外の街路樹も切られてしまったから、雨戸を閉めていても太陽の光は感じるのですけどね。


さて、今日(14日)は、朝から大忙しでした~
おバカな夫がドジ踏んじゃって洗濯機の下が水浸しになって力仕事をするはめになったし、お友だちからのかなりシリアスな人生相談を長時間に渡って聞いていたし、買い出しには出かけなければいけなかったし、日本の友人と大切なメールのやりとりがあったりし、息子に電話しなければならなかったし、バスルームのビデの水漏れ修理にお兄さんはやってくるし~
てんやわんやの一日でした~



2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←こっちもクリックしてね♪
ありがとうございました~♪
by mayumi-roma | 2011-07-15 07:13 | ローマの日常

ローマ在住33年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・


by mayumi-roma