ヴェネト通りで・・
c0206352_538382.jpg

ローマ、ヴェネト通り♪
私がローマで一番好きな通りです。
道が広くて、歩道も大きく、街路樹の木陰を歩くのが気持ちいいんです~
このあたりは、マグノリアの木ですが、アメリカ大使館から下はプラタナスです。

世界中からセレブが集まっていた1960年代の様子は想像もつきませんが、
その名残は十分感じさせられます。

ベルギーのパオラ王妃もイタリア人。
イタリア南部の貴族の娘でしたが、ヴェネト通りを当時流行りのヴェスパに乗って颯爽と走る姿を当時のベルギーの王子が見初めたそうです。

そうそう、パオラ王妃は、正真正銘のブロンドですが、ブロンドの人は肌も白い。
イタリア南部で肌の白い人って、いわゆる白人の肌と違って、夏になるとこんがり日焼けするのです。赤くならないんです。
だから、北ヨーロッパのベルギー人からすれば、こんがり小麦色に焼けているのにブロンドというのも新鮮だったそうです。

イタリア人と言えば、日本のTVに出ている某イタリア人のイメージを持って、「これがイタリア人!」と決めつけている日本人が多いと思いますが、全然違うんですよ~
大抵の日本人が思い浮かべるイタリア人像は、南イタリアの人。
背が高くなく、浅黒い肌で、髪の毛は黒、決してハンサムではないけれど人懐っこい感じ。

イタリアは、長年の間に色々な血が混ざっていますから、
人種はバラバラ、北と南では全く変わってきます。

ちなみに、ウチの夫は、いわゆる白人型の白い肌なので日焼けが出来ません。
ヒリヒリと赤くなって悲惨な状況になるだけです。
今は年を取ったのでロマンスグレイ(これ、いい言葉ですね)ですが、昔はブロンドでした。
背も188cm。
イタリアではかなりの長身です。
だから、日本へ行くと「Are you american?」と聞かれることが多かったです。
アメリカ人にさえも同類だと思われていたし!
でも、正真正銘のイタリア人。
母親がウンブリアで、父親がジェノヴァ出身です。

そんな父親を持っているから、ウチの息子も白い肌なのですが、半分日本人の血が入っているため、日焼けはバッチリ出来ます。
よかった~
赤くなるのってかっこ悪いですものね~








c0206352_5495033.jpg

ヴェネト通りをちょっと横に入った裏通り。

あれ~、どうしてこんな所を観光客を乗せた馬車が走っているんだろう?
この辺、何もないのに・・
あるのは、穴場の駐車スペース。
私は、車でベネト通りに来る時は、必ずこの辺に車を止めます。
街の中に車を止めるのは至難の技ですが、
このあたりは、絶対に無理という固定観念があるだけで、意外に穴場なのですよ~


さて、7月に入って、イタリアも急に暑くなりました~
時々、夜の間に曇ってしまって気温が下がらず、まるで日本と同じ状況が起こることがあります。

2011年も半分が過ぎてしまいましたね~
今年前半は、プラべでも息子ごとで色々忙しかったし、3月には日本で大変な惨事が起こるし、気の休まる暇もなかったわりに、濃厚な時間だったせいか、時間の進み具合が遅く感じます。
まだ半年しか経ってないんだ~って。

2011年後半戦が始まります。
日本も私も正念場!
頑張らなきゃね~




2つのランキングに参加しています♪
ご面倒でしょうが、2つともクリックして頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←こっちもクリックしてね♪
ありがとうございました~♪
by mayumi-roma | 2011-07-02 06:27 | ローマの日常

ローマ在住32年♪永遠の都からお伝えする私(上野真弓)の日々の暮らしや考えること。そして大好きな美術について・・
by mayumi-roma
プロフィールを見る
ブログジャンル
海外生活
50代
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。